「ハロウィン2007年」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ハロウィン(2007年)の紹介:1978年公開のスラッシャー系ホラー映画の元祖と言われる「ハロウィン」のリメイク版。ハロウィンの夜に姉や母の愛人など4人を惨殺した10歳のマイケル・マイヤーズは精神病院に収監される。17年後のハロウィンの日、病院を脱走したマイケルは故郷の町に帰ってくる。2007年米国。脚本・監督:ロブ・ゾンビ。オリジナルの方では描かれなかったマイケルの家族関係や学校生活などの背景が描写されている。ルーミス医師役は「時計仕掛けのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。アニー役のダニエル・ハリスはオリジナルのシリーズの第4作と第5作でローリーの娘ジェイミーを演じた。

ハロウィン2007年の主な出演者

サム・ルーミス医師(マルコム・マクダウェル)、ローリー・ストロード(スカウト・テイラー=コンプトン)、マイケル・マイヤーズ(タイラー・メイン)、マイケル・マイヤーズ[10歳](デーグ・フェアーク)、デボラ・マイヤーズ(シェリ・ムーン・ゾンビ)、ロニー・ホワイト(ウィリアム・フォーサイス)、アニー・ブラケット(ダニエル・ハリス)、リンダ・ヴァン・ダー・クロック(クリスティーナ・クリープ)、イスマエル・クルス[病院職員](ダニー・トレホ)、ジュディス・マイヤーズ(ハンナ・ポール)、ブラケット保安官(ブラッド・ドゥーリフ)

ハロウィン2007年のネタバレあらすじ

【起】- ハロウィン2007年のあらすじ1

イリノイ州ハドンフィールド、10月31日ハロウィン。
10歳のマイケル・マイヤーズはストリッパーの母デボラ、飲んだくれで怠け者の母の愛人ロニー、高校生の姉ジュディス、赤ん坊の妹ブーと暮らしていました。
母と愛人は毎日ケンカで怒鳴り合い、姉はマイケルを馬鹿にして無視し、学校でも友達のいないマイケルは孤独な日々を送るうちにネズミや猫などの小動物を殺して快感を覚えるようになります。
その日、上級生から母デボラの写真が載っているストリップ劇場のチラシを見せられたマイケルはケンカになり、デボラは学校に呼び出されます。
校長は度重なるマイケルの問題行動や動物虐待を見かねて精神科医のルーミスを紹介してマイケルを診察させようとしますが、デボラは拒否します。
マイケルは学校帰りにケンカした上級生の後をつけて太い木の枝で殴り殺します。
その夜、マイケルは母の愛人の喉を包丁で切り裂き、部屋でセックスしていた姉とボーイフレンドを惨殺します。

【承】- ハロウィン2007年のあらすじ2

マイケルは警察の精神病院に収監され、ルーミス医師が主治医となって毎日マイケルを診察します。
デボラは毎週欠かさず面会に来ていましたが、次第にマイケルは発語が減り、常に自分で作ったお面を被って意志の疎通が取れなくなります。
ある日、デボラが面会に来ていた時にわずかな隙をついたマイケルはフォークで看護婦の頸部を刺して殺します。ショックを受け絶望したデボラはその晩拳銃自殺しました。
事件から17年後の10月30日。身長2mを超える大男に成長したマイケルは、5人の看守と長年励まし続けてくれていた職員を殺して病院を脱走し、トラック運転手を殺して服を奪います。
10月31日ハドンフィールド。マイケルは廃屋となった自分の家に戻り、床下に隠していたハロウィンのマスクと包丁を取り出します。
近所に住む高校生のローリーは、学校の窓から顔の白い男がこちらをじっと見つめているのに気付きます。
帰り道でも同じ男がこちらを見ているので、友人のリンダとアニーがふざけて声をかけると無言で去って行きました。

【転】- ハロウィン2007年のあらすじ3

ルーミス医師はマイケルの主治医をやめてマイケルを悪魔扱いした本を出版していましたが、脱走の連絡を受けてハドンフィールドへ行きます。
その夜リンダとボーイフレンドのボブは廃屋となったマイヤーズ家に入り込んでセックスした後、ボブはマイケルに包丁で刺し殺され、シーツを被って眼鏡をかけたマイケルをボブだと思い込んだリンダは全裸で首を絞め殺されます。
ローリーがアニーの車でバイトに出かけた直後、マイケルはストロード家に押し入りローリーの両親を殺害します。
ローリーは小学生のトミーの、アニーはその近所のリンジーのベビーシッターのバイトでしたが、アニーはリンジーをトミーの家に預けてボーイフレンドのポールを呼びます。
ルーミスはブラケット保安官に捜査協力を求め、マイケルの目的は妹を捜すことだと言います。
17年前、デボラの自殺現場に駆けつけた保安官は彼女の赤ん坊を将来の事を思って密かに隣町の病院の前に捨て、その子は後にストロード夫妻の養女になりました。
ローリー・ストロードはマイケルの妹だったのです。

【結】- ハロウィン2007年のあらすじ4

アニーとポールはリンジーの家でセックスしているところをマイケルに襲われます。
ローリーがリンジーを連れて家に入ると、ポールの死体と瀕死のアニーを見つけます。
マイケルは通報で駆けつけた警官2人を殺害して、気絶したローリーをマイヤーズ家へ連れ去ります。
目を覚ましたローリーの前にはリンダの死体があり、マイケルは幼い自分が赤ん坊のローリーを抱いている写真を差し出してマスクを取りますが、ローリーにはその意味がわからず包丁でマイケルを刺して逃げます。
マイケルは再びマスクを被ってローリーを殺そうとしますが、駆けつけたルーミスに3発の銃弾を撃ち込まれ倒れます。
しかし、起き上がったマイケルはルーミスの頭を掴んで両目を親指で潰し、逃げるローリーを追います。
2階の窓からマイケルと一緒に転落したローリーは気を失っているマイケルの頭に向けて銃の引き金を引きますが、弾は出ません。
2回目、3回目も不発で、目覚めたマイケルがローリーの手を掴みます。
その時、4回目で弾が発射され、ローリーは返り血を浴びて絶叫しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハロウィン2007年」の商品はこちら