「ハングマン(2015年)」のネタバレあらすじ結末

ハングマンの紹介:2015年製作のイギリス映画。ある家に侵入して監視、ストーカー化した犯人の行動を描く、犯人が持ち歩くビデオカメラと盗撮映像のみで構成された、新感覚POVスリラー。実際の事件にインスパイアされた、リアルな恐怖体験がつむぎだされる。アダム・メイソン監督作品。

予告動画

ハングマン(2015年)の主な出演者

アーロン・メラー(ジェレミー・シスト)、ベス・メラー(ケイト・アシュフィールド)、マーリー・メラー(ライアン・シンプキンス)、マックス・メラー(タイ・シンプキンス)、ハングマン(エリック・マイケル・コール)、メリッサ(エイミー・スマート)、トレイシー(エリカ・ブルク・ローザ)

ハングマン(2015年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①夫・アーロン、妻・ベス、娘・マーリーと息子・マックスの幸福な4人家族のメラー家が長期旅行に行った間に、車が盗まれてナビで自宅が突き止められた。犯人・ハングマンは自宅に忍び込み監視カメラを設置して屋根裏に潜伏する。 ②家族を見張って秘密をあさり、ハングマンは徐々に行動をエスカレートさせていく。夫婦を殺して立ち去り、次なる獲物を探す。目的は、ない。

【起】- ハングマン(2015年)のあらすじ1

イギリス、ロンドン近郊。
ミルトン通り3242番地に住む住人の女性が、夜中、警察に通報します。家に侵入者があり、閉じ込められていて夫・マイケルがいないと警察に訴えますが、電話は切られました。
通報した妻が別の部屋に行くと、そこには首吊りにされた夫・マイケルの遺体がぶらさがっています。部屋には場違いに軽快な音楽が流れていました。
(注:今作品のキーマンの役名は海外サイトでも「ハングマン」になっていますので、この表記にします。「ハングマン」=「絞首刑執行人」という意味です)
犯人・ハングマンに詰め寄られた妻は「愛していると言え」と強要され、言わずにいると刺されます。家の中には赤ん坊の泣き声が響きました…。
…ある昼間。
立体駐車場に車を停めた家族を見張っているハングマンの目がありました。家族たちは長期旅行に出かけるようで、飛行機に遅れたら大変だと言いながら、ばたばたと車から出ると去っていきます。
ハングマンはその家族たちが去って行った後、車をピッキングして開けるとナビで「自宅」を選択し、車を走らせて自宅を突き止めました。目的地は、オークツー通り4161番地の、オレンジの屋根の一軒家です。
薄い手袋をはめて台所のガラスを割って家に侵入すると、ハングマンは部屋を物色し始めました。途中からは靴を脱いで家の中を歩き回ります。
家にあるホームビデオのDVDを再生して視聴し、家族の情報を得ました。
・アーロン…この家の夫。黒髪で髭あり。
・ベス…妻。金髪が肩まである女性。二児の母。
・マーリー…メガネをかけた少し髪の毛長めの、10代半ばの少女。
・マックス…黒髪の少年。10代前半。
ハングマンはこの家の妻・ベスが気に入ったようで、ホームビデオのベスが登場しているシーンを一時停止にすると、画面に手を這わせます。
その後、メラー家の家族が帰って来るまでの間、家の中にも10か所近く、家の外にも監視カメラを設置しました。わざと部屋の中を散らかします。
家の屋根裏の片隅を定住地と決め、そこに監視カメラ映像が見られるようパソコンを設置しました。狭いところにハングマンが潜むと、メラー家の家族が帰宅するのを待ちます。
約2週間後、一家が帰宅しました。部屋が荒らされて台所のガラスが割られているので、妻・ベスが警察に通報し、その間にアーロンが家の中をチェックします。
2階の子ども部屋のテレビがつけっぱなしで、2階洗面所は水道が流しっぱなしでした。夫・アーロンは夫婦寝室の奥のクローゼットに気配を感じて近づき、マネキンが首を吊られているのを見ます。
ほかにも、アーロンは気づきませんが壁に首吊りのイラストが描かれていました。
通報を受けて駆け付けた警官の見解は、ホームレスが泊まったか若者が悪ふざけでパーティーを開いたか、いたずらだろうとのことでした。
マネキンがクローゼットに吊られていたことを、アーロンは警官には言いましたが妻・ベスには黙っておきます。気味が悪いからです。
防犯用の警報をつけるかという話が出ますが、立ち消えになりました。

【承】- ハングマン(2015年)のあらすじ2

娘・マーリーの部屋にテレビがついていたと夫・アーロンが言い、妻・ベスは気持ち悪がります。アーロンは、娘・マーリーがバイブを持っていたと言いました。
窓ガラスの修理を知人のミゲルに電話で頼みます。妻・ベスはホテルに泊まった方がいいと言いますが、もう心配ないとアーロンが言いました。
深夜。
皆が寝ていることを各部屋の監視カメラで確認し、ハングマンが家の中に出没します。
ハングマンは屋根裏の片隅で身をひそめ、家族たちの動向を常にカメラで確認していました。夫婦の寝室にあるクローゼット、マネキンが吊られていた場所の天板から梯子をおろして出入りします。
ハングマンは身体に密着した服と薄い手袋、はだしで、ストッキングやタオルなどを顔に巻いて隠しています。各部屋を開けてくまなく見回りました。
息子・マックスが母を呼ぶ声に、妻・ベスは電気もつけずに飛んで行きました。マックスは怖い夢を見て母を呼びましたが、寝ている夫婦のベッドの横にハングマンが立っていました。
ハングマンの狙いは妻・ベスです。ストーカーのようにあちこち嗅ぎ回ります。
…朝、オレンジジュースが冷蔵庫から出しっぱなしでベスがぼやきました。アーロンは会社、マーリーとマックスは学校です。昼間は妻・ベスがひとりになります。
洗濯、掃除をしていると、1階の台所で物音がしてベスは怯えました。その直後にドアチャイムが鳴り中年男性・ミゲルが来ます。物音の正体はミゲルで、先に割られたガラスの様子を見ていたと言いました。ベスはほっとします。
深夜。
ハングマンは夫婦の寝室の足元に立って寝入った夫婦を見た後、台所でオレンジジュースを飲んでつばを容器に入れます。
夫・アーロンが起きてきて台所で手を洗い、水で薬を服用しました。
…朝。またオレンジジュースが冷蔵庫から出ていたとベスが言い、僕が犯人だとアーロンが言いました。
昼間ミゲルが修理中にトイレを勝手に借りて用を足した際、肘が当たって額縁を落とします。急いで元に戻そうとしたミゲルは、額縁に隠すようにして監視カメラが設置されているのに気づきました。
カメラに見入るミゲルの背後にハングマンが立ち、ビニール袋を顔にかけます(その後は描かれないが、ミゲルは処刑された模様)。
ハングマンは外出する妻・ベスを尾行して地下鉄に乗りました(この時のハングマンの服装までは分からない、たぶん周囲から浮かない格好に着替えていると思われる)。
女友達・メリッサから電話があり、帰宅したベスが電話を取ります。
電話の後、寝室のクローゼットが気になったベスは天板を開け、思い切って屋根裏に入りました。ハングマンに近いところまで行きますが、ハングマンがこもっている場所は板で仕切られているので見つけられません。
ベスは床に落ちていた裸電球を割ってしまい、驚いて屋根裏からおりました。帰宅した夫・アーロンに、銃を持とうと提案します。
深夜。ハングマンは廊下の花瓶を移動させます。
…朝。
花瓶がないとベスが気づき、夫・アーロンが「ミゲルが持ち帰ったのかも」と発言してベスと娘・マーリーの不興を買います。

【転】- ハングマン(2015年)のあらすじ3

昼間、ハングマンはマーリーが隠していた成績表を取り出して見ました。
銃を手に入れた夫婦は保管ケースの開け方と暗証番号246を口に出し、寝室に隠します。
シャワーを浴びるベスの、シャワーカーテンのすぐ近くまでハングマンが近づき、ベスが出てくるとウォークインクローゼットの隅に隠れました。
夜。門限は22時半と言われながら、娘・マーリーはボーイフレンドのコリンと出かけ、ハングマンが車で尾行します。
夜景の見える丘で車を止めたコリンは、マーリーとペッティングしながら、週末に両親が留守にするから泊まりに来いと言いました。
その車の隣に停めていたハングマンは、撮影しているのがばれて、コリンに話しかけられます。黙ってピースサインをしたハングマンを不気味に思ったコリンは、車を発進させて去りました。
深夜。シャワーを浴びるベスの録画をハングマンは何度も見直します。
夜、メリッサが男性を連れてカップルでメラー家を訪問し、アーロンとベスがもてなします。
ダイニングでお酒を呑んで談笑している4人の隙を見てハングマンは階段をおり、階段の下にかけてあるメリッサのポーチを探って口紅を抜き取りました。
息子・マックスに呼ばれたベスが中座して2階へ行きます。マックスの部屋の前の床が濡れていると気づきましたが、ベスはマックスがおねしょしたのだと思いました。
メリッサらが帰った後、夫婦の寝室のベッドの上にマーリーの成績表が置かれていました。数学の成績が下がっているとベスが言います。
…翌朝。
ベッドの上に成績表を置いたのは息子・マックスの仕業ということになり、マーリーが弟に無断で部屋に入るなと怒ります。マーリーがあんなに怒るのは、バイブを隠しているのを知られたくないからだと、夫・アーロンは苦笑します。
マーリーが親のサインを真似て学校に提出したと揉めます。
部屋を掃除していたベスは、マックスの部屋に不気味な絵がいくつも描かれているのを見つけ、マックスに聞きました。
マックスは、夢に出てくるジミーの絵で「ジミーがメリッサはいい人じゃないと言っていた」と言います。その絵はハングマンそっくりでした。
(マックスはハングマンの姿を目撃しているのだろうが、年の割に幼いマックスの証言はあまり聞き入れられなかった模様。マックス自身も夢のできごとと言っているため、夫婦は深刻に捉えなかった)
夕方、無人になったのを見計らってハングマンは部屋におり、冷蔵庫から出した材料でサンドイッチを作ると食べます。
夫婦が外出先から帰宅しました。子どもたちは預けているようで夫婦のみです。夫婦はリビングのソファでいちゃいちゃし、寝室でセックスしましたが、妻・ベスは眠れません。
ハングマンは録画を何度も再生し、深夜に台所の冷蔵庫にあるワインに睡眠薬を盛りました。
…翌朝。夫・アーロンが帰りが遅くなると言います。マックスは隣の家に宿泊し、マーリーは映画を見に行くそうです。
夜、ワインを飲んだ妻・ベスは、読書をしながらリビングのソファで寝入りました。ハングマンは残りのワインを捨てて証拠隠滅をはかり、眠ったベスの顔の前で両手を叩いて音を立てますが、ベスは熟睡していて起きません。

【結】- ハングマン(2015年)のあらすじ4

ハングマンはベスを2階の寝室まで運びました(その後何かしたか不明だが、何もしてないっぽい)。
帰宅したアーロンは、妻・ベスが熟睡しているので電気を消します。ベッドの下からハングマンが出てきて、眠ったベスを見続けました。
…翌朝。ベスはまだぼうっとしており、呑み過ぎたのではとアーロンに指摘され、否定すると妊娠しているのではと言われます。
そういえばミゲルから請求書が来ないとアーロンが発言しました。ミゲルは殺されたのですが、彼らは知りません。
一家で出かけていったのを見送った後、ハングマンは夫婦の寝室のベッドの上に座ってアルバム写真を見て、クッションで口を覆って大声をあげました。
自分の好きな音楽を聞きながら屋根裏を掃除します。
帰宅した家族は、今度の休暇は旅行に行くか行かないか話し合いますが、行かないことになりました。
夜、ハングマンはメリッサからくすねた口紅を塗ります(アーロンのYシャツにキスマークを付けるためだが、この段階では不明)。
…翌昼。娘・マーリーと彼・コリンは遊園地デートしますが、マーリーはコリンの家に泊まるのを断り、喧嘩になりました。コリンが避妊しないのが問題なようです。
尾行したハングマンは、コリンが遊園地のトイレに行った時を襲い、腹部を何度も刺して殺しました。その後、コリンの携帯を操作して「ふざけるな、俺は帰る」とマーリーに送信します。
コリンのポケットから赤い袋のコンドームが出て来たので、ハングマンは持ち帰ります。
帰宅したハングマンは屋根裏で号泣しました。
妻・ベスが帰宅します。妊娠検査薬を使った後、夫に電話して早く帰るよう留守電に残しました。
洗濯物を触っていて、ベスは夫・アーロンのポケットに赤いコンドームが入っているのに気づきました。ベスはショックを受けます。
息子・マックスに話しかけたベスですが、マックスは夢の中の人物・ジミーと約束していて話してはダメと言いました。それを無理に聞き出すと、「パパがメリッサにキスしたって」と言います。
ベスは子どもたちを預けた後、帰宅した夫・アーロンにベスが詰め寄りました。赤いコンドームと口紅のついたYシャツを見せて、ベスは浮気を問い詰めます。いたずらだとアーロンは否定しますが、マックスの証言からベスは浮気相手がメリッサだと思っていました。
夫婦で口論している時に、屋根裏から物音がしました。オルゴールの音も聞こえ始めます。
寝室のクローゼットの天板から梯子が下がっているのに気づいたアーロンは銃を出し、妻・ベスは警察に通報して住所を言い、侵入者がいると告げました。
屋根裏に行ったアーロンが帰ってこないのでベスが呼びかけると、首吊り状態で落ちてきます。それと共にハングマンも姿を現しました。
驚いたベスは銃を拾って手にしますが、弾は抜かれています。
弾を見せながら「僕は浮気なんてしない。するわけないだろ。君を心から愛しているのに。『愛してる』と言え」と、ハングマンは妻・ベスに詰め寄りました。
ベスは「愛している」と言いますが、ハングマンはベスの頭部を撃ち抜きました。
…後日。ベスを撃ったシーンを何度も再生して視聴したハングマンは、次なるターゲットを探していました。
夫婦と幼い娘2人の車に目をつけます…。
(ハングマンは幸福な家族宅に忍び寄って潜伏し、夫婦仲を険悪にして殺して立ち去る。動機や目的は特にない模様。幸福そうな家庭を壊したい感じ)

みんなの感想

ライターの感想

POV形式の映画は多いけれども、犯人側からのカメラ&視点っていうのは珍しい。
気持ち悪さはよーく出てます。映画を見ながら思うのは「家族たち、早く気づいてよ、早くしないと!」ということ。ハラハラ感が楽しめる。
なぜハングマンがこんなことするのか考えてしまったけれども、理由なんてないんだろうな。
あえて穿って考えるとすれば、倖せな幼少期ではなかったハングマンが他人の不幸を願って、幸福そうな家族を壊すのが目的か。
駐車場に置かれた車に車載されているナビを使って自宅に行く…こ、これ、トラウマになりそう。怖い~。
確かにこれ使えば、一発で自宅突き止められるよね。自宅ボタンには確認とかもいらないし(電話番号などから目的地を設定して、それが個人宅だった場合は、個人宅の苗字などの入力を求められるんです。会社などの場合は入力不要)。
ハングマンのたたずまいが不気味。これは予告動画で確認できます。
ハングマンは顔も隠しているので正体不明なのですが、声は若そう。…年増好み?

映画の感想を投稿する

映画「ハングマン(2015年)」の商品はこちら