「バッドマイロ」のネタバレあらすじ結末

バッド・マイロ!の紹介:2013年製作のアメリカ映画。ストレスによって腸腫瘍となった怪物が、人間たちを襲う恐怖を描いている。主人公と怪物との交流等も描かれているホラー・コメディ。CGを使ってない怪物の姿や動きにも注目の作品。

予告動画

バッドマイロの主な出演者

ダンカン(ケン・マリーノ)、サラ(ジリアン・ジェイコブス)、フィル(パトリック・ウォーバートン)、ベトライス(メアリー・ケイ・プレイス)、ロジャー(スティーヴン・ルート)、ハイスミス先生(ピーター・ストーメア)、ジリアン(クローディア・チョイ)

バッドマイロのネタバレあらすじ

【起】- バッドマイロのあらすじ1

ダンカンは恐ろしい怪物・マイロに追われて、家に逃げ帰ってきます。サラに地下に避難するように指示しますが、マイロが玄関のドアを突破します。
123時間前、ダンカンはポリープができていると診断されます。形が妙ですが、原因はストレスではないかと説明されます。精神的苦痛を失くすためにも、医師からセラピーを受けるようにと勧められます。
オフィスに行くと、会計士のダンカンは異動になります。上司のフィルから、社員を解雇する仕事を任されます。案内されたオフィスはトイレで、アリステアと共に再建計画書を作成するように頼まれます。
ダンカンは、妻の案内でハイスミス先生の診療所を訪れます。彼は催眠療法で潜在意識を掘り起こし、本当の自分を呼び覚ますと、何とも胡散臭い様子です。ダンカンは帰ることにします。
ダンカンの母は、若い夫ボビーと再婚していました。ダンカンの前で濃厚なキスをしています。
ダンカンは母の勧めで、ダンカンとサラ夫妻は、ディップ医師に診てもらうように言われます。夫妻には子供がいませんでした。ダンカンの母は、どうしても孫が欲しいのです。
さらにアリステアから電話がかかってきて、ダンカンは1年かけて製作したデータを消去されてしまいます。ストレスが溜まりに溜まり、腹痛に絶えれなくなり、ダンカンはトイレに駆け込みます。
ダンカンの悲痛な叫び声は、家中に響き渡ります。ダンカンは雑誌を歯に挟んで、歯を食いしばります。そしてマイロが誕生します。
マイロはアリステアの元に向かって、彼を食い殺します。そして家に戻ってくるマイロでした。

【承】- バッドマイロのあらすじ2

家のトイレで気絶していたダンカンは、朝になって目を覚まします。すると妊娠しないと思っていたサマンサが妊娠したと、サラは告げてきます。アリステアが死亡したニュースが流れ、犯人はアライグマではないかと疑われていました。
出勤したダンカンは、解雇を知らせるようにフィルに指示されます。次々と社員に解雇を知らせますが、ため息しかでませんでした。
ダンカンは病院に行きます。医師が肛門からカメラで調べていると、あるはずのポリープが無くなっていました。そして急にカメラに歯が映って、医師は顔を噛まれ、ダンカンの尻に顔がダイブします。
医師の顔が血まみれとなります。気がついたダンカンは、今のは何だったんだと驚きます。
ダンカンはハイスミス先生に催眠療法をしてもらいます。するとダンカンのお尻から、マイロが出てきます。
お尻をかじられたハイスミス先生は、ダンカンを起こします。目の前にいるマイロに驚くダンカンでした。マイロは窓から飛び出して逃げていきます。ダンカンの尻は無事でした。
ハイスミス先生は古代から伝わる肛門の神話の話しをします。本にも書いてあり、宿主のストレスがたまると、マイロが出てきて誰かを殺すのです。
マイロはダンカンの負の感情を具現化したものでした。奴はダンカンの一部であり、殺すことは脳を切り取るのと同じでした。なので絆を深めて制御することが大切だと、ハイスミス先生はアドバイスします。
マイロの次のターゲットはディップ医師です。ブリタニーに逃げられていたディップ医師は、彼女が帰ってきたと思います。しかし、やってきたのはマイロで、性器を食いちぎられます。
その後、マイロはダンカンの元に帰ってきます。ハイスミス先生は、戻りたいのだと言います。ダンカンはでかすぎると思いますが、ズボンを脱ぐことにします。そして苦しみますが、マイロは肛門の中に戻っていきます。

【転】- バッドマイロのあらすじ3

翌日、遅刻したダンカンは、ポールソンの口座が0になったことを聞きます。2週間前までは順調だったのです。上司は社の年金基金を使って、損失を隠すように指示します。これは監督不行き届きであると言われ、ダンカンは違法ながらも従うことにします。
ディップ医師のニュースが流れて、ダンカンはハイスミス先生の元に行きます。人形を使って、ダンカンのストレスの原因の元を探ります。父のことが出てきて、ダンカンはお腹がゴロゴロ言い出します。ハイスミス先生は父を探すように指示します。
ダンカンの父はボロ小屋に住んでいて、見栄っ張りで麻薬中毒でした。会って話すと、ダンカンはストレスが溜まって、マイロが出てきます。どうか父を食べないで、お菓子をあげるからとマイロに頼んで、肛門の中に戻ってもらいます。
ダンカンは一緒にセラピーを受ければ、問題を解決できると父に言います。しかし、父はできないと言い、ダンカンは帰ることにします。
会社に戻ると、FBIが捜査にやってきていました。会社は差し押さえられ、口座は凍結されます。
従業員の口座はもちろんありません。フィルは会社に投資しておらず、従業員の口座の金を盗んでいました。
弱虫は生き残れないと言われ、ダンカンの肛門からマイロが出てきます。そして、ダンカンはフィルにくたばれと言います。マイロはフィルを食います。
家に戻ったダンカンは、サラから妊娠したことを聞きます。会社のことを話して取り乱すダンカンは、子供は待とうと言ったのにと、ストレスが溜まってお腹が痛くなります。
家を出たダンカンは、父に頼みがあると連絡します。一緒にセラピーを受けることになり、ダンカンはなぜ捨てたのかと父に問いかけます。
ロジャーは保身のためだと言います。次第にストレスが溜まったダンカンは、お腹が痛くなってマイロが出てきます。するとロジャーもお腹が痛くなり、怪物ラルフが肛門から出てきます。
マイロとラルフの殺し合いが始まります。マイロがラルフを刺していき、ロジャーは倒れます。マイロは窓から飛び出していきます。

【結】- バッドマイロのあらすじ4

妊娠したサラが危ないと、ダンカンはパーティーが開かれてる母の家に向かいます。電話をかけますが、走りながらで、電話を落として壊してしまいます。
そして冒頭に戻ります。ダンカンはマイロがやってきて、玄関のドアを抑えます。マイロはドアを突き破ります。
サラは地下へとやってきて、SMグッズがたくさんあって驚きます。ダンカンはマイロを制御しようと、包丁を手に持ちます。しかし、マイロは排水口を通って、地下へと向かいます。
サラはマイロに飛び乗られて、殴られて気絶します。お腹を食べられそうになった時、ダンカンが斧で扉を壊して助けにきます。
目を覚ましたサラに逃げるように指示し、ダンカンはマイロと格闘します。外に出たサラは、ダンカンの母やパーティーの出席者と共にマイロを待ちかまえます。
マイロは地下から飛び出し、サラの元へとやってきます。皆は松明を向けて、マイロを追い払おうとします。ダンカンがやってきて、マイロの手足を斧で切除します。
ダンカンはサラに謝罪して、マイロを抱きます。パパと呼ぶマイロを見て、皆は疑問に思います。ダンカンの母は、ラルフが出て来る父のことを知っていました。しかし、ダンカンが失望すると思って話しませんでした。まさか遺伝するとは思ってなかったのです。
ダンカンとサラは、大人しくなったマイロを抱っこしてトイレに向かいます。マイロが尻の穴に入ることに、サラは疑問に感じます。それが入るんです。
無事にマイロがダンカンの尻に戻ります。ダンカンとサラはキスをします。
ダンカンはコンサルティングの会社を起業します。パーティーが開かれ、ロジャーの目線はサラのお腹です。サラのお腹の中で、怪物の声がしてきます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ホラーとコメディが合わさった面白い作品です。キュートでグロい怪物マイロが特徴的です。大人しければ可愛いのですが、人を食う恐ろしさを秘めています。
マイロの面白い設定は、尻から出てくることです。尻を使ったネタが豊富で、下ネタ好きにはたまらなく面白いです。医師がダンカンの尻にダイブした時は笑いました。
その他にも、ハイスミス先生の冗談いっぱいなシーンなど、笑える場面が豊富にあります。ホラーコメディを見たい時は今作で決まりです。

映画の感想を投稿する

映画「バッドマイロ」の商品はこちら