「ババドック暗闇の魔物」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ババドック 暗闇の魔物の紹介:夫に先立たれたシングル・マザーのアメリアは問題児の息子サミュエルに手を焼いていた。ある日家の中で見つけた見覚えのない奇妙な絵本をサミュエルに読んで聞かせると、不気味な出来事が起こるようになる・・・ババドックは誰のところにも、いつでもどこでもやって来る。家の外ではなく、心の内側からノックして。2014年オーストラリア。(日本では未公開)監督:ジェニファー・ケント。シッチェス国際映画祭で審査員特別賞、最優秀女優賞受賞。その他世界各国の映画祭で多数の賞を受賞。

この映画を無料で観る

予告動画

ババドック暗闇の魔物の主な出演者

アメリア(エシー・デイヴィス)、サミュエル(ノア・ワイズマン)、クレア(ヘイリー・マケルヒニー)、ロビー(ダニエル・ヘンシュオール)、ローチ夫人(バーバラ・ウェスト)、オスカー(ベンジャミン・ウィンスピアー)

ババドック暗闇の魔物のネタバレあらすじ

【起】- ババドック暗闇の魔物のあらすじ1

アメリアは7歳になる息子のサミュエルと暮らすシングル・マザーです。サミュエルは非常に育てにくい子でした。
思ったことはすぐ口に出し、自作の武器を持ち歩いて物を壊し、思い通りにならないと奇声をあげます。夜は「部屋に怪物が隠れている」とぐずって、何度も気がすむまで絵本を読み聞かせなければ寝つきません。
ある日、サミュエルは学校に武器を持ちこんで退学になります。その晩、サミュエルは「ミスター・ババドック」という見覚えのない絵本を持ってきます。
<名前と姿を知った者は、ババドックから逃げられない>
不気味な絵の飛び出す絵本でした。
<彼の名はババドック。おかしな物音とノック3回。バ・バ・バ、ドック!ドック!ドック!それが彼の来た合図>
黒い怪人がベッドの上の男の子を襲っています。
<ゆかいな顔は仮の姿、本当の姿を知ったら、欲してやまなくなる…死を>
サミュエルは激しく泣き出し、それ以来「ババドックがいる」と怯えるようになります。 この映画を無料で観る

【承】- ババドック暗闇の魔物のあらすじ2

夫のオスカーは7年前お産のためアメリアを乗せて病院へ向かう途中で交通事故を起こして亡くなりました。サミュエルの誕生日はオスカーの命日と同じ日です。
サミュエルの誕生パーティは毎年アメリアの妹クレアの娘ルビーと合同でしていましたが、ルビーが今年は自分だけの誕生パーティにしたいと言い出します。
アメリアは同僚のロビーに好意を寄せられますが、サミュエルのせいでうまくゆきません。
スープにガラス片が入れられ、アメリアとオスカーの写真が悪魔のように落書きされていましたが、サミュエルは「ババドックの仕業だ!」と言います。
アメリアは絵本をビリビリに破いて捨てます。
ルビーの誕生パーティに行ったサミュエルはルビーから「パパとママから嫌われた要らない子」と言われて突き飛ばし、大怪我させてしまいます。
叱られたサミュエルはけいれんを起こして病院に運ばれ、心身ともに疲れ果てたアメリアは医師に頼み込んでサミュエルに鎮静剤を処方してもらいます。

【転】- ババドック暗闇の魔物のあらすじ3

久しぶりにぐっすり眠れたアメリアでしたが、翌朝家のドアを3回ノックする音が聞こえて、開けるとババドックの絵本が置いてありました。
<否定すればするほど私は強大になる>
前にはなかった続きのページが増えていて、アメリアそっくりの女性がババドックに憑りつかれて愛犬を殺してさらに息子の首を絞め、包丁で自分の喉を切る様子が描かれています。
アメリアは本を焼き捨てました。
ルビーは鼻を骨折して手術になりクレアからは絶交を言い渡され、警察に絵本のことを相談しても好奇の目で見られるだけです。
壁からゴキブリが湧き出る幻覚を見て、役所の人からはサミュエルへの虐待を疑われ、孤立無援で追いつめられた心に声が響きます。
「バ・バ…ドック!ドック!ドック!」
黒い怪人がアメリアの口の中へ入ってゆきました。
翌日仕事を欠勤して寝込むアメリアは、お腹が空いたというサミュエルを口汚く罵ってしまいます。
アメリアの様子に怯えたサミュエルは隣のローチ夫人に電話しますが、アメリアは包丁で電話線を切ります。

【結】- ババドック暗闇の魔物のあらすじ4

黒いマントと帽子にナイフのように尖った爪のババドックが現れ、アメリアと一体化します。そして激しく吠える愛犬のバグジーを捕まえて首をひねって殺し、サミュエルに怒鳴ります。
「死んだのが夫じゃなくてあんただったら・・・何度そう願ったか。時々、お前の頭を壁に叩きつけてかち割ってやりたくなる」
サミュエルは包丁をアメリアの太腿に突き立て、殴って気絶させ縛りつけます。
ロープをほどいたアメリアは両手でサミュエルの首を絞めますが、サミュエルは首を絞められながらもアメリアの頬を撫でます。するとアメリアの口から黒い液体が流れ出し、正気を取り戻します。
目の前に7年前オスカーが死んだ瞬間が再現され、ババドックが襲ってきます。アメリアはババドックに正面から立ち向かい「今度息子に手を出したら殺してやる!」と叫びます。
床の上に倒れたババドックの正体を見たアメリアはショックを受けます。ババドックは地下室へと逃げ込みます。
サミュエルの7歳の誕生日が来ます。生まれて初めて誕生日にパーティを開いてもらうサミュエルはすっかり落ち着き、新しい学校も決まります。
アメリアは庭で採ったミミズを集めて地下室に持って行き、ババドックにエサとして与えます。
<真実を見抜ける賢い者なら、この特別な存在と友達になれるかもしれない>
否定すればするほど強大になるババドックの存在を認め、折り合いをつけて生きて行くことにしたのです。
「ぼくも見られる?」と聞くサミュエルにアメリアは答えます。
「大きくなったらね」

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ババドック暗闇の魔物」の商品はこちら