「パラノーマルアクティビティ2」のネタバレあらすじ結末

パラノーマル・アクティビティ2の紹介:2010年製作のアメリカ映画。2009年に北米で公開された『パラノーマル・アクティビティ』の続編。続編であるが内容的には『パラノーマル・アクティビティ』の前日談である。

パラノーマルアクティビティ2の主な出演者

ケイティ(ケイティー・フェザーストン)、クリスティ(スプレイグ・グレイデン)、ダニエル(ブライアン・ボーランド)、アリ(モリー・イフラム)、ミカ(ミカ・スロート)、ブラッド(セス・ギンズバーグ)、マティーン(ヴィヴィス・コロンベッティ)

パラノーマルアクティビティ2のネタバレあらすじ

【起】- パラノーマルアクティビティ2のあらすじ1

〝この映像を提供してくれた遺族と、カールズバッド警察に感謝する〟
アメリカ・カリフォルニア州のカールズバッドに、ある一家が引っ越してきました。
まだ20歳前後の女性・クリスティと、夫・ダニエルです。ダニエルは前妻との間に10代半ばの長女・アリがいますが、アリと後妻・クリスティの仲は良好でした。
さらにクリスティは長男・ハンターを出産したばかりです。一家は四人家族になったのを機に、新居へ引っ越してきました。
ほかには賢いジャーマン・シェパードの飼い犬・アビーと、乳母・マティーンがいます。マティーンはスペイン語を話します。
家は2階建てで、裏庭にプールがあります。居間には50インチの大型画面のTVも備え付け、一家は幸福の絶頂にありました。
クリスティの姉・ケイティ(『パラノーマル・アクティビティ』参照)もお祝いに駆け付けます。ケイティの恋人・ミカは、この日は忙しいらしくケイティだけで訪問しました。
…引っ越した直後に一家が外出した留守のあいだに、部屋がぐちゃぐちゃに荒らされていました。TV画面は割れ、部屋中の物が散乱しています。
ダニエルとクリスティは空き巣の仕業だと思いました。しかしその荒らされようは、まるで嵐が襲った直後のように徹底しています。
不思議なことはまだあります。部屋が荒らされているのに金目のものは奪われていませんでした。ただ、クリスティの姉・ケイティからもらったネックレスだけありませんでした。
部屋はみな荒らされていますが、息子・ハンターの部屋は荒らされていません。地下室の一角に謎の液体があり、くさい臭いを発していました。
1週間後、ダニエルは防犯のために監視カメラをつけることにしました。24時間監視でき、暗視カメラもあるものです。
手の平サイズの小さな隠しカメラを、家中に合計6つ仕込みました。
〔第1夜 2006年8月7日〕
AM1:37、プール用の掃除機が動いていました。
翌朝、プール用の掃除機が外に出ているのをダニエルが見つけます。掃除機はてんとう虫の模様をしていて、いつも水中に入れていました。
犬・アビーが地下室のドアをしきりと気にします。アビーは夜間は赤ん坊・ハンターの部屋で寝ます。
マティーンが何かの気配に勘付き、おまじないを唱えます。アリがおまじないの意味を問うと「悪霊を退散させて、善い霊を招く儀式だ」とマティーンは答えました。
〔第2夜 2006年8月8日〕
AM1:33、ハンターが夜泣きしてクリスティがあやします。
翌日、ケイティと恋人・ミカがやって来ました(〝ミカ・スロートの死の60日前〟)。ダニエルはミカに空き巣のことを話します。
クリスティはケイティに子供の頃の超常現象(パラノーマル・アクティビティ)と、最近また何かが近くにいるような気がして怖いと訴えました。
PM4:23、2階のハンターの部屋の壁付近で、何か物音がします。PM4:26、ベビーベッドの上に吊り下げてある遊具が、勝手に回りました。
〔第3夜 2006年8月9日〕
AM3:19、パタパタという音がします。ハンターがベッドで立ちあがり、何かを一心に見つけています。その後、ハンターは何かに手招きしました。
外ではまたプール掃除機が派手に動いていました。
…昼間、ダニエルが新生児のハンターのアルバムを見ていて、8歳のケイティの写真を見つけました。
ケイティとダニエルが夫婦で夜に出かけます。

【承】- パラノーマルアクティビティ2のあらすじ2

〔第5夜 2006年8月11日〕
PM10:34、居間で物音がしてマティーンが見ます。ソファ付近に不穏な気配がして、マティーンは不安になりました。
PM10:35、すごく大きなドンッ! という音が鳴り響きます。犬・アビーは吠えて、ハンターは泣きます。
マティーンはお清めのために線香を焚き、おまじないを唱えながら全室の部屋を回ろうとしました。
PM10:45に夫婦が帰宅し、息子・ハンターの体によくないと線香の煙をダニエルが嫌います。マティーンはお清めのことを話しますが、ダニエルは二度としないでくれと言いました。
翌朝、2か月分の給料を貰い、マティーンはダニエルに解雇されました。マティーンは「この家は危険、ハンターが危ない」と言いますが、ダニエルは聞き入れません。
クリスティはハンターの動画を撮影しますが、ハンターは天井や鏡など、何か別のものが気になっているようです。
娘・アリはマティーンが辞めさせられたのを知って、父・ダニエルに怒ります。
〔第8夜 2006年8月14日〕
AM2:43、ハンターが泣いて、クリスティが来ます。AM2:49、外でゴトゴトゴトという音がし、クリスティは外を見ました。壁で小さなゴンという音もします。
その後、ゴトゴトゴト…ドン! と衝突音がしました。
…翌朝、壁にぶつかって死んだ鳥が庭で見つかりました。ダニエルが死骸を処分します。
〔第10夜 2006年8月16日〕
AM3:29、台所の天井から吊り下げる、フック型の収納器からフライパン(注意:字幕では「鍋」と表記されるが、見た目はフライパン)が落ちます。
クリスティは台所に移動してフライパンを戻しますが、AM3:31、再びフライパンが落ちました。驚いたクリスティはそのまま半泣きで2階へ逃げます。
プール掃除機がまた派手に動き回ります。
〔第11夜 2006年8月17日〕
AM0:53、台所のコンロに置いてあったフライパンから炎が出ます。炎はたちまち激しくなります。それと共に煙があがり、火災報知機が作動しました。
ダニエルは台所に行き、フライパンを裏庭のプールに投げて消しました。プールにはアリと恋人・ブラッドがいて、叱られます。
翌日の昼間プールでクリスティは、フライパンが勝手に落ちたことを話しますが、ダニエルは「ちゃんとかけないから落ちたのだ」と言います。さらに姉妹で昔からとりつかれていると、冗談で話しました。
それよりもダニエルは、プール掃除機が勝手に外に出ていることのほうが気になるようです。
ダニエルとクリスティはフライパンと掃除機のことで軽い口論になり、監視カメラで確認すればよいという話になりました。
録画した映像を見て、掃除機が勝手に動いて水から出ている瞬間を目撃したダニエルは、さすがにびっくりしますが、娘・アリに「床の掃除もしてくれてるのかも」と冗談にします。
また妻・クリスティのことを「ホルモンのバランスが崩れて妄想しているのだ」と言いました。
娘・アリは交霊術をしようかと言い、ダニエルは「いいかも」と答えました。
〔第12夜 2006年8月18日〕
AM3:14、また鍋が少し揺れています。AM3:15、息子・ハンターと犬・アビーは外を見ています。アビーは吠えました。
翌昼、ダニエルはプール掃除機の謎を自分なりに解明しました。水を逆噴射させれば、掃除機が水の外に出るのです。
ダニエルはひとりでプールに飛び込みますが、横にある小さい方のプールの温度設定が熱湯になっており、怒ります。但し水温は最高40度にしか設定できません。
その日の夜、ダニエルとクリスティが2人で食事に行くことになり、アリはハンターと留守番をします。

【転】- パラノーマルアクティビティ2のあらすじ3

PM8:25に恋人・ブラッドが遊びに来て、アリとブラッドはウィジャボード(悪魔と交霊する洋製コックリさんのようなもの)をしました。欲しいものは何かと唱えたところ、1回目は悪ふざけでブラッドがわざと「PUSS(プッシー 女性器)」と導きます。
2回目は真面目にやったところ、「HNT」と出てきました(ハンターだと思われる)。ブラッドは帰ります。
PM11:06、テレビを見ながらアリはうたたねをしていました。PM11:07、テレビが普通の放送から雑音になり、地下室から黒い影がアリに忍び寄ります。
アリが気配に気づいてがばっと起きた瞬間、影は消えてテレビも普通に戻りました。
PM11:08、玄関上部の窓に何かがぶつかる音がします。アリが様子を見に外へ出ると、勝手に玄関が閉まって鍵がかかりました。アリは中に入れなくなります。
アリは台所側の入口に回って開けようとしますが、鍵がかかっていて駄目です。犬・アビーが察知して駆け付けますが、犬なので何もできません。
PM11:10、ハンターがベビーベッドで何かにひきずられ、ベッドの縁にくっついたまま浮きます。ハイハイしかできない筈のハンターが、家の中をPM11:18まで歩き回りました。階段も二足歩行でのぼれます。
PM11:35、クリスティとダニエルが帰宅しました。その時にはハンターはベビーベッドに入っており、ダニエルはアリを探します。
アリは「うとうとしてたら名前を呼ばれた」「外に出たら勝手に扉が閉まり、閉め出された」と主張しますが、ダニエルは信じずに叱りました。
翌朝、アリは父・ダニエルに怒っています。
昼間アリは、はっきりしない何かが足元から見ていたと言い、恋人・ブラッドと共にインターネットのサイトで調べ物をします。
怪現象が何度も起こるのは幽霊ではなく悪魔の仕業だと、アリはネットの情報を見ました。
そして「富や権力を求め悪魔と契約した者は、生け贄を捧げよ。家系の最初の男児を。契約を破れば、悪魔は男児の魂を得るまで、契約者の一族を殺す」と読み上げました。
アリは証拠の映像をダニエルに見せますが、ダニエルは「風で閉まった」と言います。アリは悪魔説を唱え、マティーンのおまじないのことも言いました。
〔第17夜 2006年8月23日〕
AM3:12、階下から何かが来る音がしたのを聞きつけたアリが階下に降ります。ゴトッという音がします。
1階の居間にある子供用の機関車のおもちゃが、勝手にボーッと鳴りながら動きました。一旦は止まりましたが、もう一度おもちゃは動きます。
昼間にアリは怪奇現象をクリスティに話します。クリスティはアリに、幼少期に起きた不思議な現象を話し、また同じことが起こるのかと嘆きました。
クリスティはケイティにも話しますが「恐怖心が人を追いこむ」「ママはあの頃イライラしてた」と言ってケイティは否定し、クリスティも現象を無視することにすると宣言します。
PM3:29、お茶を淹れようとしたクリスティが椅子に座って湯が沸くのを待っていると、台所の戸棚が一斉に開き、中のものが出てきました。この時、アリは犬・アビーを連れて散歩に出ていました。
その夜アリは電話で、ブラッドに「ハンターはクリスティの家系にとって、1930年以降、初めての男児だ」「クリスティの曾祖母(ひいおばあちゃん)かも(悪魔と契約したのは)」と言いました。
〔第19夜 2006年8月25日〕
PM9:25、犬・アビーが落ち着きなくうろうろします。プールでは掃除機が動いていました。
AM0:49、1階の地下室のドアが開きました。犬・アビーが階下におり、地下室の入口のにおいを嗅いで吠えます。
次の瞬間、アビーがソファの後ろまで弾き飛ばされました。バンッという盛大な音がします。

【結】- パラノーマルアクティビティ2のあらすじ4

家族は皆これで起き、ソファの後ろで倒れているアビーを見つけたダニエルとアリが、動物病院に行きました。クリスティは家に残ります。
AM1:43、台所の鍋が揺れています。AM1:48、ハンターの部屋の電気が消え、クリスティは点けました。
その直後のAM1:49、クリスティは足をひっぱられ、部屋からひきずられていきます。階段で一度クリスティは自力で立とうとしますが、再び一気に階段からひきずりおろされ、地下室に引き込まれました。ドアはそのまま閉まります。
AM2:58、台所の窓のカーテンがふわっと揺れました。その後、地下室のドアがゆっくり開き、クリスティが出てきます。
翌朝、アリはブラッドに電話して「アビーは発作だと動物病院で言われた」と言います。ダニエルは妻・クリスティが起きないと心配しました。
ダニエルは大事な会議があるので出勤し、2時間経ったらアビーを連れて帰ってくると言って家を出ました。
アリは不安になり、ネットでいろいろ調べ、監視カメラの映像も見て、恋人・ブラッドに家に来てと言います。
PM1:32、壁をドンドンと叩く音が2回しました。アリが地下室の扉を開けて、そこに爪跡や何かの文字を見つけます。
2階に様子を見に行ったアリは、子ども部屋の椅子に座るクリスティの左ふとももに直径10cmほどの噛み傷があるのを見ました。その次の瞬間、クリスティの姿がありません。
PM3:16、アリは父・ダニエルに電話して、クリスティが変だと訴えます。
PM4:44、帰宅したダニエルにアリは、とにかく映像を見てくれと言います。前夜の、クリスティが地下室にひきずりこまれる映像です。
ダニエルは激しく動揺し、「警告を聞くべきだった」と後悔して、乳母・マティーンに来てもらうようお願いしました。
マティーンはやって来るとオリーブ油と十字架を用意して、除霊をすると言います。但し、別の人物にとり憑かせる必要があり、それはクリスティの血縁関係の者ではないと駄目でした。
ダニエルはケイティにとり憑かせようと言います。娘・アリは反対しますが、ダニエルにとっては家族の方が大事でした。
ダニエルが十字架を持ってクリスティに近寄った瞬間、クリスティがダニエルを襲おうとし、同時に家中で停電が起きます。ダニエルとアリ、マティーンはパニックになりました。
1階にいた乳母・マティーンからハンターを奪うとクリスティは地下室にこもります。ダニエルは必死で暗がりの中、地下室に行き、クリスティの首筋に十字架を押しあてました。
十字架をクリスティに押しあてた瞬間、床が盛大に揺れ、家がしばらくがたがた揺れた後、AM0:07、電気が復旧します。クリスティンの除霊も終わりました。
ダニエルは8月9日の昼間に見つけたケイティの幼少期の写真を燃やします。
…3週間後、クリスティはケイティにネックレスをプレゼントすると、変なことが起きてないか質問します。「今度はうちに何かいると言ったらミカが白い目で見る」とケイティは答えました。
その後ケイティはミカの元へ戻りました(注意:このシーンが『パラノーマル・アクティビティ』のオープニング映像に繋がる)。
〝ミカは2006年10月8日に殺された〟
〔2006年10月9日〕
PM11:48、居間でソファに横になって、ダニエルはテレビを見ていました。玄関に腹部を血で染めたシャツを着たケイティが、音もなく立っています。
ケイティは一瞬姿を消し、次の瞬間、ダニエルの首の骨を折りました。
2階の子ども部屋にいたクリスティは、ケイティに素早く近寄られると腹部に鋭いパンチを入れられ、天井のカメラのところまで吹き飛ばされました。
その後、ケイティはハンターを連れ去りました。
〝2006年10月12日、アリは学校の旅行から帰り、クリスティとダニエルの遺体を発見。
ケイティとハンターの行方は現在も不明である〟
(エンディング途中)機関車のおもちゃの音

みんなの感想

ライターの感想

前作よりも前日談…お、お、…お前らが元凶だったのかーーーーっ!(映画見た直後の感想)
ダニエルさん、ひどいです。家族を守るためとはいえ、妻・クリスティから追い出した悪魔を姉・ケイティに仕向けるなんて、ほんとアクマです。
今回も『パラノーマル・アクティビティ』に出てくる男の甲斐性のなさが炸裂。ダニエルを呼び出して、膝詰談判したいところです。
息子に煙を吸わせるなと、乳母・マティーンさんを即日解雇しておきながら、状態が悪化してピーンチになったらマティーンさん呼ぶという「あつかましさ」。
マティーンさん、それでも訪れてくれるあたり、ほんと申し訳ないし、しのびない。
飼い犬・アビー、いい演技してました。えと、劇場公開バージョンには、アビーが吹き飛ぶシーンがありますが、完全版にはアビーが吹き飛ぶシーンはおさめられず(なぜなのかは謎)、ソファ裏で倒れているシーンだけ登場します。
アメリカってこんなにフランクなんだろうか。10代半ばの娘・アリさんと、そのBF・ブラッドくんが家族公認なのはいいとしても、夜中の1時にふたりがプールでいちゃいちゃって(コンロが燃えて火災報知器作動の日)…父・ダニエルよ、プールの温度が熱いことを怒るより先に、このバカップルぶりに怒れ(時系列は逆だが)!

映画の感想を投稿する

映画「パラノーマルアクティビティ2」の商品はこちら