「パラノーマルアクティビティ4」のネタバレあらすじ結末

パラノーマル・アクティビティ4の紹介:2012年公開のアメリカ映画。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの4作目。時系列的には『パラノーマル・アクティビティ2』の5年後の物語である。

この映画を無料で観る

予告動画

パラノーマルアクティビティ4の主な出演者

ケイティ(ケイティー・フェザーストン)、アレックス(キャスリン・ニュートン)、ベン(マット・シヴリー)、ダグ(スティーヴン・ダンハム)、ホリー(アレクソンドラ・リー)、ロビー(ブレイディ・アレン)、ワイエット(エイデン・ラヴカンプ)、クリスティ(スプレイグ・グレイデン)

パラノーマルアクティビティ4のネタバレあらすじ

【起】- パラノーマルアクティビティ4のあらすじ1

2006年9月、アメリカ・カリフォルニア州、カールズバッド。
若い女性・ケイティは、妹・クリスティの息子・ハンターを可愛がっています。ケイティにとって、ハンターは初の甥でした。
ケイティはハンターにネックレスのプレゼントをしましたが、赤ん坊のハンターは箱の方が気になるようです。クリスティ宅の愛犬・ジャーマンシェパードのアビーも見守ります。
〝2006年10月9日、ハンターは誘拐された〟
〝ケイティとハンターの行方は現在も不明である〟(『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ参照)
…2011年10月31日、アメリカ・ネバダ州ヘンダーソン。
15歳の少女・アレックスは、幸福な家庭に育っていました。父・ダグ・ネルソンと母・ホリーは倦怠期に突入していますが、喧嘩することなく、6歳の弟・ワイエットはサッカーに夢中の無邪気な少年です。茶トラの猫を飼っています。
アレックスも、男友達以上恋人未満のメカに詳しいベンがいて、幸福に暮らしていました。
ハロウィンのこの日、ワイエットは忍者、ベンはカウボーイ、アレックスは妖精ティンカーベルの格好で近所を巡り、お菓子を貰います。ベンはカウボーイのつもりですが、アレックスの母・ホリーからは「ヴィレッジ・ピープル」と言われ、父・ダグからは「銀行強盗」の扮装と間違われて心外です。
この日、アレックスの向かいの家に引っ越してきた一家がいるようで、ワイエットと同じ年の頃の金髪の少年を目撃しました。
夜、ベンとアレックスは近所を回ります。この時、引っ越してきた家の子が夜にも関わらず外にいて、2人を見ると逃げました。
アレックス宅はドアが開くと機械アナウンスで「裏口が開きました」「玄関が開きました」などと音声で知らせてくれる家です。
…ワイエットがサッカーの試合に出るのを姉・アレックスが撮影します。父・ダグは試合に間に合いませんでしたが、食事の後に現れました。アレックスは弟・ワイエットに側転を教えます。
サッカーの試合を引っ越してきた金髪の男の子が見に来ていました。
…ベンが夜10時に家へ遊びに来て、アレックスは自宅の庭にある砂場の上の遊具の小部屋を「私の城」と案内します。そこに男の子がいて2人は吃驚しました。
アレックスはお向かいの家まで男の子を送りに行きました。
…向かいの子の名はロビーと言い、ワイエットと同じ6歳でした。母子家庭で、母は忙しく留守がちでロビーは引っ越す前の場所でも、夜中に隣の家で遊んでいたそうです。
夜中にベンとアレックスがライブチャットをしている時、ロビー少年の家に救急車がやってきました。
…ロビーの母が入院し、アレックス宅はロビーを預かることになりました。アレックスはロビーを弟・ワイエットに紹介します。ロビーは積極的に握手を求めました。
ロビーはお泊まり用に、ブタの形の枕と、シプシューバという100歳の羊のぬいぐるみと、スペシャルなフォークを持っていました。フォークで未来が分かるとロビーは言います。
…ベンとアレックスがチャットライブをしている最中、音声アナウンスで裏口が開いたことが分かり、アレックスは見に行きます。ロビーが裏口の所でドアを開いたまま台所で立っていました。アレックスの部屋の後ろを、黒い人影が映ります。
…ベンがチャット録画を見せました。ベン宅のパソコンはチャットライブをすると自動録画の設定になり、この日ログオフしなかったために、就寝時のアレックスの姿が録画されていました。
寝姿を撮影されたアレックスは怒りますが、ベンは別のことを言いたいのです。深夜、ロビーがアレックスのベッドに入ってくると、横を向いて寝ているアレックスの傍で寝て、アレックスの肩に手を置いていました。
録画を見たアレックスは気持ち悪いと思い、母・ホリーに言いますが、母・ホリーはロビーが寂しくて寝床に潜り込んだのだろうと言います。 この映画を無料で観る

【承】- パラノーマルアクティビティ4のあらすじ2

…砂場の遊具でロビーとワイエットが静かに遊んでいて、アレックスとベンが行くと、見えない何かがいるとワイエットが言いました。それは友達のトビーだそうです。
ロビーとワイエットは室内でゲーム機で遊び始めますが、ゲーム機が誰も操作していないのに動き、ベンはおかしがります。
カメラを暗視モードにすると、ゲーム機の光で照らされた一同は無数の光の点でくっきりと映し出され、綺麗です。ベンはカメラを置き、みんなで踊る様子を撮影しました。
…その映像を再生すると、ロビーだけは踊らずにソファに座って見ていたのですが、ロビーの横に何かもやもやっとしたものが映ります。ベンはアレックスにそれを見せました。
…アレックスは弟・ワイエットとロビーに、インターネットにアップロードされているどっきり動画を見せます。ワイエットはびっくりして逃げますが、ロビーは平然としていました。ロビーは不思議な雰囲気を持つ少年です。
この日の夜、アレックスが階下に降りると1階天井から吊り下げているシャンデリアが揺れており、台所にテレビがついていました。
〔第1夜 2011年11月6日〕
AM3:02、物音が聞こえてアレックスは目が覚めます。子ども部屋にロビーの姿はなく、居間でうろうろしていました。AM3:04、ロビーの周囲に大きな黒い何かが横切り、ロビーは去ります。天井から物音がしていました。
昼間、何かが横切るのを再生確認したベンはアレックスの父・ダグに見せますが、ダグはベンが作った怪奇現象の動画だと真に受けません。
…ベンとアレックスがチャットライブしている最中に、アレックスがひきずられます。ベンのいたずらでした。
ロビーが来てから何か超常現象(パラノーマル・アクティビティ)のような事象が起こるので、アレックスはベンに相談し、両親の寝室と自分の部屋のノートパソコンのカメラ機能を自動録画設定にし、台所と居間のゲーム機は電源をオンにしたまま録画設定してもらいます。
〔第3夜 2011年11月8日〕
AM3:23ロビーが子ども部屋の2段ベッドの上から降りてワイエットに声をかけ、3:26、2人は1階の台所と居間で遊びます。3:34、起きて来た母・ホリーに注意され、2人は部屋に戻りました。
…アレックスが昼に帰宅すると、階上からバスケットボールが落ちてきて、階段の途中で止まります。
アレックスが自室でスマホを操作していると1階でゴトッという物音が2度し、部屋を出ようとするとバンッ! という音がしました。
廊下には点々とお菓子とおもちゃが並べられ、子ども部屋の物置に続いています。突然、電車のおもちゃが動き始めました。
1階に降りたアレックスは、居間のシャンデリアが盛大に揺れるのを確認します。直後、台所のアレックスの手前にあったシャンデリアが落ちてきて、アレックスは危ない体験をしました。直後にアレックスは2階にロビーがいるのを見ます。
父・ダグは業者に電話してシャンデリアの修理と点検を頼みます。ロビーが「あの人が(トビーが)撮るなって言った」と言います。
アレックスは父・ダグに怪奇現象とロビーが犯人かもしれないと話をしますが、ダグは真剣に取り合いません。
〔第6夜 2011年11月11日〕
AM2:12、外で物音がしてアレックスは起きます。向かいのロビー宅にたくさんの車が停まっていて、アレックスは好奇心で見に行きました。
向かいの家を覗こうとすると、中年女性に話しかけられて、慌ててアレックスは退散します。

【転】- パラノーマルアクティビティ4のあらすじ3

昼間、ワイエットは座って漕ぐ車の形をした遊具を運転して、居間で遊びます。すると椅子が勝手に動いて進路を妨害し、ワイエットは驚きました。方向を変えて運転しますが、そちらでも椅子の妨害に遭います。
さらに誰も乗っていない遊具の車が動き始めました。
夜、ベンにアレックスはロビーの不気味さを訴えます。2階で派手な物音がして行くと、ワイエットとロビーが物置で遊んでいました。ワイエットは上半身裸で、△の中に○印が背中に緑色で描かれ、他にも幾つからくがきされていました。
ワイエットはロビーが来てから、姉・アレックスが話しかけても無愛想で態度が悪く、元気がなさそうにも見えます。ワイエットとロビーは、トビーに会うという話をしていました。
〔第7夜 2011年11月12日〕
AM3:02、ワイエットが1階に降りてきて、居間で見上げながら誰かと話をしています。
…そういえばハロウィンの日の砂場に△の中に○印があったとアレックスが言い、確認しました。ありました。△の中に○印について、アレックスはインターネットで調べます。
それは〝古代ハットゥシャの豊穣の印〟で、悪魔が男児を手に入れる聖なる儀式です。3つの行為でヒッタイトは悪魔を体内に呼び寄せます。
〝1つめ 作動 宿主になった者は超自然的な力を持つ〟
〝2つめ 確約 超自然的な力を悪魔に証明する〟
〝3つめ 犠牲 宿主は汚れなき者の血を捧げる。他者と汚れた交わりをせず清い体を持つ者の血だ〟
読みあげたアレックスに、ベンが処女ということかと訊きます。アレックスは処女でした。
…母・ホリーが料理番組を見ながら調理しますが、居間の方を振り返った間に、包丁が素早く上に移動しました。母・ホリーはしばらく探しますが見つからず、別の包丁を出して調理します。
ゴトッという音が階上からしました。
〔第8夜 2011年11月13日〕
アレックスのドアに△の中に○印が描かれています。
AM2:39、ワイエットが子ども部屋でうろうろしていると、ベッドが一瞬で動きました。また戻ります。ワイエットはベッドに戻りました。
AM2:40、起きたアレックスが電気をつけて、1階を見て回ります。2:42、居間の分厚い本が落ちてアレックスは元の場所に戻しますが、また落ちます。階上でダンダンという音がして、アレックスは電気を消して慌てて逃げます。
昼間、ロビーとワイエットが外出し、アレックスが追いかけてハイブリッド車と接触事故を起こしそうになりました。ロビーとワイエットは向かいのロビー宅に行きます。
アレックスが家の中に入ると、奥から母親らしき女性・ケイティ(!?)が現れ、退院したこととロビーを預かってくれてありがとうと言いました。
アレックスが退院のことを話すと、母・ホリーは留守電にメッセージが入っていたと言います。ロビーはアレックス宅から去り、向かいの自宅に戻りました。
〔第9夜 2011年11月14日〕
AM1:21、父・ダグが居間でテレビを見ているとゴトッという音がして、ダグは見に行きます。1:22、台所のテレビが勝手につきました。チェックしてダグは消しますが、またテレビはつきます。
後ろに黒い大きな影が横切りますがダグは気づきません。その直後、天井から包丁が落ちてきて、ダグは驚きました。
AM1:24、ホリーが部屋に来いと言い、1:31、ダグは包丁を気にしながらも階上に上がりました。
…昼間アレックスは、なぜ前日ロビーの家に行ったのかワイエットを問い詰めます。ワイエットは「あの人(トビー)に会いに行った」と言いました。
さらにロビーもワイエットも養子で、ロビーはもう1つの家族に帰らないとならないと言ったと発言します。

【結】- パラノーマルアクティビティ4のあらすじ4

〔第10夜 2011年11月15日〕
AM3:18、子ども部屋のドアが開きます。3:19、ワイエットが起き上がり、階段を降ります。後ろにもやっとした影があります。
ワイエットは見えない何かと会話をし「ハンターじゃないよ!」と言いました。もやっとした影はまだあります。
AM3:21、ワイエットの声に起きた父・ダグがワイエットを連れて行きます。
…昼間、ワイエットとロビーが遊んでいるように見えましたが、アレックスが行くとワイエットだけでした。「僕の番だって」とワイエットが言います。
…夜、ワイエットがお風呂に入ります。ドンという音が浴槽からし、ワイエットは湯船に引きずり込まれました。
しばらくするとワイエットは湯船から顔を出し無事でしたが、放心状態です。
〔第11夜 2011年11月16日〕
AM0:13、アレックスは熟睡しています。この2日不眠が続いたのを見かねた母・ホリーが睡眠薬をのませたのです。父・ダグとホリーはそのことで口論になります。
AM0:04、ワイエットが起き出して、子ども部屋の物置を開けます。
AM0:09、薬で熟睡する姉・アレックスの部屋にワイエットが入ってくると、一瞬で布団がはぎ取られます。アレックスはえびぞり状態で空中に浮きました。
…朝7:30、母・ホリーがアレックスを起こしに来ました。パソコンがアクセス不能になります。Hunterという紫の文字が壁に書かれており、ワイエットは「僕の名」と言います。
…ベンとホリー夫妻が外食に出かけ、アレックスとワイエットは留守番です。
〔第12夜 2011年11月17日〕
AM0:56、アレックスはベンとワイエットの本当の母親についてチャットライブで話をしました。居間にケイティがいますが、気づきません。
AM0:57、車庫が開いた音がして、アレックスはチャットライブを終了させて見に行きます。車庫のシャッターが途中で止まっており、0:58シャッターが一瞬で閉まりアレックスは車庫に閉じ込められました。さらに車のエンジンがかかり、排気ガスが車庫に充満します。アレックスは排気ガスでせき込み、ピンチだと察してAM1:16、ゴルフクラブで車の窓を割ってバックで車をシャッターを破壊しながら車庫から脱出しました。
同じ頃、居間にいたケイティは子ども部屋に行き、物置にいるワイエットに「ハンター、ケイティ伯母さんよ。ドアを開けて。準備が整いそうよ」と言います。
…帰宅した両親に訴えますが、父・ダグは信じません。昼間父はアレックスを外食に連れていきました。母・ホリーは電話しています。その間にケイティが子ども部屋に行きました。ワイエットは子ども部屋の2段ベッド上部に避難します。
居間でバサッという音がして、母・ホリーがチェックします。目の前で本が何冊も落ちるのを見て、ホリーはショックを受けました。ホリーの耳元で風が起き、直後、ホリーは盛大に吹き飛ばされてうつぶせ状態で気絶します。ケイティが気絶したホリーを目につかない場所に移動させました。
アレックスのBF・ベンが勝手に訪問し、冷蔵庫を開けて飲み物を取ると居間に行きます。後ろでバンッという音がして、ベンは2階へ行きました。
アレックスの部屋のビーズカーテンが揺れており、ベンはチェックします。パソコンに座ったベンの後ろに音もなくケイティが立ち、ベンは首を折られました。
…ワイエットとケイティは去ります。
…帰宅したアレックスがベンの携帯に電話すると、自分の部屋で鳴ります。不思議に思ったアレックスは唐突に激しく何かに突き飛ばされ、さらにひきずられます。
半狂乱で両親を探したアレックスが向かいの家へ行くと、父・ベンも向かいの家の中で盛大にひきずられており、ベンはそのまま行方不明になりました。奥の部屋を覗いたアレックスは、壁にスペイン語表記の新聞記事を見ます。
声を頼りに進んだアレックスは庭に弟・ワイエットがいるのを発見しますが、ケイティがダッシュで向かって来て逃げます。ケイティは上半身でドアを突き破りました。
アレックスは逃げましたが、別のドアを開いた先に、大量の中年女性の集団がいます。驚いたアレックスは、左側からやってきたケイティに襲われました…(暗転)。
(エンドロール途中)〝スティーヴン・ダンハムを偲んで(注意:父親役の俳優)〟

みんなの感想

ライターの感想

劇場公開当時には、エンドクレジット後にさらに「若い男性が店で撮影していると、魔女みたいな女性が目の前に現れて、慌てて退散する」という映像があったらしいのですが、DVDには「劇場公開版」にも「完全版」にも収録されていません。今では幻の映像です。
劇中で出てくるゲーム機は、私は疎いのですけど「X-box Kinect」というゲーム機らしく、これでナイトビジョンで見ると本当に映像が綺麗です。この映像を見るだけでも映画を見る価値があるかも。
映画内容ですが、4作目にして迷走度合いがアップしました。どうやらハンターくんはケイティに拉致された後に里子に出され、アレックス宅の養子になっていたらしいのですが、なぜだかは不明。
そして金髪の少年・ロビーくんがどうなったのかも不明。謎が多い作品です。
ただシリーズちゅう、最もエンタメ性は高いです。暗視カメラになるとどきどき感はアップしますし、物音がするとどきっとします。
毎度おなじみ「ひきずられ」「つきとばされ」もパワーアップし、さらにアレックスさんは空中浮遊までしてくれます。
ベンくんはGF宅に堂々とあがりこみ、許可なく冷蔵庫をあけて飲み物を飲む。アメリカって自由ですね(少し皮肉)。
飼い猫の名前は不明のままでしたが、昼間も夜中もカメラ映像にちょいちょい映り込むので、猫好きの人にはおすすめかも。
しかし…私は最初、飼い猫が出て来た瞬間「猫が何もない空間に向かって〝シャーーッ〟と言いながら毛を逆立てる」のかと期待してたのですが、そういうの一切なし。
あ、そういえば、アレックス宅で無事だったのって、猫だけだ。
エンドロール途中で流れる父・ダグ役の俳優スティーヴン・ダンハムさんは、48歳の若さで心臓発作で亡くなったそうです。アメリカ劇場公開の1か月前です。

映画の感想を投稿する

映画「パラノーマルアクティビティ4」の商品はこちら