「フェノミナ」のネタバレあらすじ結末

フェノミナの紹介:虫と交信できる不思議な力を持った美少女ジェニファーはスイスの寄宿学校に預けられるが、その地域では少女ばかりを狙った連続殺人事件が起きていた。1985年イタリア。監督:ダリオ・アルジェント。音楽にはアルジェント作品の常連のゴブリンやクラウディオ・シモネッティの他に、モーターヘッド、アイアン・メイデンなどのヘビメタバンドが起用された。冒頭で殺害され首を切断される少女ベラを演じているのは監督の娘フィオーレ・アルジェントである。14歳のジェニファー・コネリーが演じる完璧な美少女と、その美少女をウジ虫プールに落とす監督のサディスト性が話題になった。

この映画を無料で観る

フェノミナの主な出演者

ジェニファー・コルビノ(ジェニファー・コネリー)、ジョン・マクレガー教授(ドナルド・プレザンス)、ブルックナー(ダリア・ニコロディ)、校長(ダリラ・ディ・ラザーロ)、ルドルフ・ガイガー警部(パトリック・ボーショー)、ソフィ(フェデリカ・マストロヤンニ)、ベラ・グランド(フィオーレ・アルジェント)

フェノミナのネタバレあらすじ

【起】- フェノミナのあらすじ1

スイス、チューリッヒ郊外の山間部。バスに乗り遅れた外国人観光客の少女ベラは、助けを求めて入った一軒の家で何者かに襲われ首を切断されます。
8か月半後腐乱した首が発見され、捜査担当のガイガー警部に意見を求められた昆虫学者のマクレガー教授は死体に付いていたウジ虫から死亡時期を推定し、首はベラのものと判明しました。この地域ではベラの後にも何人もの少女が行方不明になっていました。
チューリッヒの全寮制女学校にアメリカから転校生のジェニファーがやって来ます。ジェニファーには虫と心を通わせることができる能力がありました。ジェニファーの母は愛人を作って家を出て行き、父は有名な映画スターですが長期海外出張中で寄宿学校に預けられたのです。
教師のブルックナーに付き添われて学校に着いたジェニファーは、寮でフランス人のソフィと同室になります。その夜夢遊病の発作を起こしたジェニファーは、学校内の古い建物に迷い込み少女が惨殺されるのを目撃します。 この映画を無料で観る

【承】- フェノミナのあらすじ2

道路にさまよい出たジェニファーは、マクレガー教授の家でナースをしているチンパンジーのインガに助けられます。教授は車イス生活のためインガに身の回りの世話をさせていました。ジェニファーが虫に好かれている様子を見た教授は驚き、いつでも訪ねておいでと言います。
しかし学校に戻ると校長からは異常者扱いされ、他の生徒たちからは好奇の目で見られます。唯一の仲良しだったソフィも、夜中に恋人に会うために寮を抜け出したところを殺害されます。
悲鳴を聞いて庭に捜しに出たジェニファーは、一匹の蛍に導かれて手袋を見つけます。その手袋にはウジ虫が付着していて、ウジ虫に触れた瞬間ソフィの死に顔が頭に浮かんだジェニファーは悲鳴をあげました。
手袋が犯人のものだと思ったジェニファーはマクレガー教授を訪ね、ウジ虫を調べてもらいます。ジェニファーから虫と交信する力があると打ち明けられた教授は、それは異常なことではないと慰めました。

【転】- フェノミナのあらすじ3

学校に帰ったジェニファーは他の女生徒達から取り囲まれ虫の女王とからかわれます。ジェニファーがパニックになると、どこからともなく蠅の大群が飛んできて窓にびっしりと貼り付き、生徒達は怯えジェニファーは気を失います。
校長に精神病院に入院させられそうになったジェニファーは教授の家へと逃げます。教授は手袋についていた虫はサルコファガスという人間の死体だけを食べるウジ虫だと説明します。犯人は殺した死体を傍に置くのが好きな異常者だと推理し、蠅の鋭い嗅覚を使って探し出せると言うのです。
ジェニファーは蠅と一緒にベラが消えた場所に行き例の家を見つけますが、8か月前から空き家になっていました。一方、ガイガー警部もその家に目をつけて元の持ち主を調べていました。
その夜マクレガー教授が何者かに殺害されます。インガは犯人の姿を目撃していました。
教授の死を知ったジェニファーがアメリカに帰ろうと父の代理人モリスに連絡すると、女学校の教師ブルックナーが現れます。

【結】- フェノミナのあらすじ4

ジェニファーはブルックナーの家に連れて行かれます。病気の子供と二人暮らしだと言うブルックナーはだんだんヒステリックになってジェニファーを監禁し、気づくと家中にサルコファガスの幼虫がいます。
地下室へ逃げたジェニファーは捜査に来て捕えられたガイガー警部が鎖で繋がれている姿に驚き、その傍にあった被害者たちの死体とウジ虫で満たされたプールに落ちてもがきます。
なんとか這い上がると、5歳くらいの男の子が部屋の隅で泣いています。振り向くと、口が裂けた化け物のような恐ろしい顔でした。
ブルックナーは15年前精神病院で看護師をしていた時に、重症患者の檻に引きずりこまれてレイプされ子供を産みました。その子は重い奇形があり性格も異常でした。
ジェニファーは家の裏の湖にボートで逃げ、追いかけて来て殺そうとした息子に蠅の大群が飛んできて群がり、息子を湖の中に落します。
そこへ心配したモリスが駆けつけますが、ブルックナーに瞬殺され首が飛びます。
ジェニファーも殺そうとするブルックナーに、剃刀を持ったインガが現れ切り付けます。インガはブルックナーが教授を殺した事を憶えていたのです。
ブルックナーを殺したインガは剃刀を捨て、ジェニファーに寄り添いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フェノミナ」の商品はこちら