「ホーンテッドキャンパス」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ホーンテッド・キャンパスの紹介:2016年公開の日本映画。幽霊が見えてしまう体質のヘタレな大学生が、日々起きる怪奇現象や恋を通して成長していく姿を描く、櫛木理宇原作のミステリー小説を映画化。大好きな後輩こよみのためにオカルト研究会に入部した大学生の八神が呪われたキャンパスの謎に挑む。

この映画を無料で観る

ホーンテッドキャンパスの主な出演者

八神森司(中山優馬)、灘こよみ(島崎遥香)、黒沼泉水(大野拓朗)、三田村藍(高橋メアリージュン)、黒沼麟太郎(安井謙太郎)、竹村肇(大和田伸也)

ホーンテッドキャンパスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①怖がりなのに霊が見える森司は好きなこよみに近づきたくてオカルト研究会に入部。オカ研で霊が視えるのは泉水だけだが、力の強い森司の入部でオカ研は事件解決もできるように。江藤の部屋の女性の顔事件を解決する。 ②オカ研を敵視する竹村教授の娘・巴絵のひきこもり問題&B校舎に出る投身自殺の幽霊の謎を解き、森司は巴絵を救った。こよみとの距離も少し縮まる。

【起】- ホーンテッドキャンパスのあらすじ1

平成28年度、雪越大学の合格発表が行なわれていました。
入試結果を見た1人の女子高校生が、受験不合格に肩を落として大学の非常階段をのぼって屋上へ行くと、そこからそのまま飛び降り自殺しました。
路上のコンクリートに頭を打つ、鈍い音が響きます…。

「霊感なんか、あったっていいことは何もない」と思う八神森司(やがみ しんじ)は、臆病で人一倍怖がりでした。なのに、幽霊が見えてしまうのです。
踏切の遮断機の向こう側に、そこで死んだと思われるランドセルを背負った女子児童の姿を見て怯える森司は「幽霊は、見ない、近寄らない、関わらない」をモットーとして生きてきました。
1年間の浪人生活のあとに雪越大学に合格した森司は、ごく平凡なキャンパスライフを送るつもりでした。
しかし食堂の窓から見える景色に、ある女性を見つけたことから、森司のモットーが崩れることになります。
その女性は灘(なだ)こよみという、森司のひとつ年下の後輩でした。
高校時代、森司はずっとこよみに片思いをしていました。ブサ猫という灰色っぽい猫のキャラクターのぬいぐるみストラップをプレゼントし、卒業までに告白するつもりでしたが、結局言えずに高校を卒業しました。
大学でこよみと同級生(森司は1年浪人しているから)になったのは「運命の再会」だと思った森司は、今度こそこよみに告白したいと思います。
まずは「灘」呼びから「こよみちゃん」呼びに変更したいと思いながらも、ヘタレの森司は失敗しました。
こよみと近づきたいと思った森司は、こよみになんのサークルに入るか質問しました。
こよみは、部長が幼馴染みで誘われた「オカルト研究会」に入るつもりだと言います。
そんな研究会に本当は入りたくないのですが、こよみ目当てで森司も研究会に入りました。

なぜしぶしぶオカルト研究会、通称・オカ研に森司が入ったのかというと、それはある体験が元です。
高校時代の頃、校庭の花壇に水をやるこよみに、体育倉庫から不気味な黒い影が近寄っていくのを、森司は見たのです。
その時は必死で倉庫の扉を閉めて事なきを得ました。しかし森司はこよみを心配します。
こよみは無色透明で、そのために取り憑かれやすい体質でした。
こよみを守りたい思いがあって、森司はそばで守ろうと思ったのです。

さてそのオカルト研究部ですが、メンバーはほかに3人いました。

・黒沼鱗太郎(くろぬま りんたろう)…オカルト研究会部長の男性で、こよみの幼馴染み。黒沼家の本家で泉水からは「本家」と呼ばれている。幼馴染みだがこよみを女性として意識しているわけではなく、森司と同様、こよみが無色透明だと知って守るためにそばに置いた。
・黒沼泉水(くろぬま いずみ)…鱗太郎の従兄弟の男性。引越屋、運送屋、警備員、ガソリンスタンドなどいくつものバイトをかけ持ちしているので、滅多に研究会に顔を出せないが、オカ研で唯一、視(み)える人。本家の鱗太郎を守るため所属している。
・三田村藍(みたむら あい)…オカ研の女性。森司のこよみへの思いに気づいており(というか傍目にはバレバレ)、森司にハッパをかけてこよみにアタックさせようとする、世話好きの女性。

竹村肇(たけむら はじめ)教授の講義で眠りこんでしまった森司は、レポートの提出をしそこねました。すぐに竹村教授の研究室に行きますが、受け付けてもらえません。 この映画を無料で観る

【承】- ホーンテッドキャンパスのあらすじ2

藍によると竹村教授はオカ研を目の敵にしており、オカ研のメンバーは誰も単位を取れなかったそうです。宇宙物理学の権威である竹村教授にとっては、オカルトの存在を認めたくないみたいです。
オカ研に依頼者がやってきました。怖がりでヘタレの森司は帰ろうとしますが、依頼者と鉢合わせたため帰れなくなります。
部長の鱗太郎は、「オカルト研究会は基本的に依頼者の相談に乗ることはできるが、いわゆる除霊とかお祓いとかいった専門的なことはできない」と断ったうえで、依頼者である経済学部2年の男性・江藤(えとう)の話を聞きました。江藤は持ってきた写真を見せます。
写真は「壁に浮き出た女の顔に見えるシミ」でした。白い壁に、黒の濃淡で女性の顔っぽいものが写っています。
シミュラクラ現象(逆三角形に配置された三点を見ると、人は心理的に人の顔と認識してしまう脳の働き)ではないと、部長の鱗太郎は言いました。
その壁は江藤の借りているアパートの部屋のものです。実は前に住んでいた部屋も、その前の部屋も同じ顔が出てきており、引っ越しを繰り返してもしばらくすると顔が浮き出てくるのだそうです。
江藤に心当たりはありませんでした。今まで女性に告白されたこともなければ、振ったこともなく、つきあったこともないそうです。
オカ研はその女性の顔を見に、江藤の部屋へ行きました。こよみが行くので森司もついていきます。
顔は普段はポスターで隠していました。
江藤はアンティーク雑貨を集めるのが好きだそうで、そのコレクションも見せます。
そのうちの1つ、古びた缶の中にあるお手製の指人形を触った森司は、その瞬間に「女性が男性を包丁で何度も刺した後、首吊り自殺を図る」映像が見えました。驚きます。
壁の顔から女性が出てきて「見つけて」と言うと、こよみの横に忍び寄るのを見た森司は、思わずこよみをかばいました。それがきっかけで、オカ研メンバーに森司も霊が視(み)えるとバレます。
バレた森司は缶と指人形から霊視した内容を話し、江藤がそれを買った店に行きました。

初老の男性店主・芦田は喜びます。その缶は芦田の大事な人の形見だったのですが、それを知らないアルバイト店員が勝手に売っていたからでした。
人形の持ち主が死んだのかと森司が聞くと、芦田はとある家にみんなを招き、事情を話します。
芦田は40年前に、加賀田舞美(かがた まいみ)という幼馴染みとひそかに両想いでした。
舞美は幼い頃に両親が離婚し、母親に引き取られます。舞美が高校の時に母が再婚しますが、母はすぐ亡くなってしまいました。義父と2人暮らしになった舞美はやがてふさぎがちになり、ある日義父を刺し殺すと自殺したそうです。
あとになって、生前の舞美が義父から性的虐待を受けていたと芦田は知りました。
芦田が案内したのは、舞美が住んでいた家でした。
部屋に現れた舞美に触れた森司は、舞美の思いを視ます。
舞美は性的虐待されただけではなく、義父との子どもも出産していました。指人形は、その赤ん坊のために作ったものでした。
舞美に「何かできることはないか」と森司が言うと、舞美は畳を優しく撫で、頬ずりします。その下には赤ん坊のミイラがありました。舞美は自分の赤ん坊を見つけてほしかったのです。

【転】- ホーンテッドキャンパスのあらすじ3

芦田が指人形を赤ん坊の横に置くと、舞美に「気づいてあげられなくて、助けてあげられなくてごめんよ」と言って泣きました…。
芦田は赤ん坊を供養しました。江藤の部屋の壁のシミは消えました。
事件を解決した森司は、みんなに感心されます。鱗太郎は「いいんだよ、視えて」と肯定し、森司は受け入れてもいいのだろうかと思い始めました。

大学構内のカフェで藍が森司にハッパをかけている現場を、こよみが目撃します。
こよみはやきもちを焼いて近づいてきました。しかしこよみの思いを森司は気づきません。
その頃、大学では大きな噂が立っていました。
今年の大学受験で失敗した女子生徒が飛び降り自殺をし、以来、B校舎に幽霊が出るというのです。しかし大学側は自殺のことを正式発表しておらず、隠しています。
本当に自殺があったのかオカ研は探り始めました。
学務室に行って自殺のことを聞くと、露骨な反応をされます。やはり自殺があったようです。
オカ研を嫌う竹村教授がそれを見て「オカルトに飽きて、今度は探偵ごっこか」と言います。
森司はB校舎の屋上へ行きました。するとひとりの女子高校生が非常階段をのぼり、屋上から身を投げる映像が視えます(冒頭の映像)。
カフェの店長が森司に、助けてやってくれと言いました。店長は当時のことをよく知っています。
実は自殺した女子生徒は、竹村教授の娘・巴絵(ともえ)の同級生・樹里子(きりこ)でした。
巴絵と樹里子は一緒にこの大学を受けたのですが、大学受験に失敗した樹里子が自殺してしまい、以来、巴絵は引きこもりになっているそうです。
竹村教授はオカ研を目の敵にしていますが、家ではよき父親なのです。

しかし森司は迷っていました。
オカ研に入って以来、自分の霊感がとみに強くなったのを感じた森司は、「自分が近くにいることで、霊に取り憑かれやすいこよみを危険にさらすのではないか」と心配しているのです。
オカ研メンバーを避けるようになった森司でしたが、メンバーはみんな森司の思いに気づいていました。
避ける森司を追った泉水は、「こよみを守ってやれ」と励まします。続いてやってきた藍は「誰かに(こよみを)とられちゃうよ」とけしかけ、続いて鱗太郎もやってきますが川に落ち(しかもしばらく放置された)、こよみも最後にやってきました。
こよみは「私、もっと強くなります。でも何かあった時は、先輩が守って下さい」と言います。森司はオカ研に戻る決意をしました。
(その横で鱗太郎が泉水とバイト先の先輩の2人に引き揚げてもらっている)

オカ研で「森司が戻ってきた」お祝いの宴会が開かれました。派手に酔っ払った森司は、前夜のことを覚えていません。降霊会が開かれることになったと翌日聞いて、驚きます。
しかもなんと宴会の時、森司自身が言い出したことでした。
宴会を叱りにやってきた竹村教授に、酔っ払った森司がべらべらしゃべり「亡くなった友達の霊を呼んで、竹村教授の娘と話し合わせよう」ということになったそうです。

【結】- ホーンテッドキャンパスのあらすじ4

森司は「うまくいったら、レポートを受け取ってくれ。できなかったら自主退学宣言」まで、していました。森司は頭を抱えます。

その日、図書館で降霊会が開かれました。竹村教授は娘・巴絵も連れてきます。
ヴィジャ盤(降霊術に使う、アメリカ版コックリさんのようなもの。アルファベット表記)を円卓に乗せ、操作するブランシェットを7人みんなで持って霊を呼び出しました。
YESに動いたのでみんな驚きますが、巴絵が笑いながら、自分がわざとそっちへ動かしたと言い、「いくらやっても無駄だと思う」と断言します。
「私は樹里子に憧れてたの」と言った巴絵は、樹里子がかわいくて勉強もスポーツもできる人気者で、とりえを持たない女生徒は嫉妬し、男子生徒は先生も含めみんないやらしいスケベな目で見ていたと言いました。
「高崎君だけは違った」と言った瞬間、だれも手にしていないブランシェットが動き始め、アルファベットを示し始めます。「(KIRIKOGATOMOE)樹里子が巴絵」と動きました。
つまり巴絵の身体に、樹里子が取り憑いているのです。
しかしそれを信じない竹村教授が巴絵に掴みかかり、制止しようとした森司が巴絵に触れた瞬間、霊視します。
…巴絵が言った「樹里子像」は全く異なっており、本物の樹里子はにきび面で、しかもバスケ部でバンドもやっている人気者の同級生の高崎君に告白して振られていました。
高崎君が好きなのは、巴絵でした。
樹里子が投身自殺したのは大学を落ちたからではなく、高崎君に振られたからです。樹里子は死ぬ時に「巴絵が好き」という、高崎君の言葉を繰り返していました。そして死後、巴絵に乗り移ったのです。
ところが巴絵に乗り移るとにきびが出てきて、理想の姿ではなくなりました。目の前にいるこのみをねたんだ樹里子は、巴絵の身体を出てこのみに乗り移ります。
そんな樹里子に、森司は「俺はお前をずっと追いかけ回してやる」発言をしました。ストーカー発言です。
樹里子は驚いてヒキますが、「その身体は、俺の一番大事な人のものだからだよ」と壁ドンダブルで森司が迫りました。勢いに呑まれた樹里子はこのみの身体を抜け、ウィジャ盤に飛びます。
藍が急いで「GOOD-BYE」にブランシェットを移動させ、強制終了させました。森司は樹里子からこのみを守りました。

「森司はヘタレなりに頑張っている」と藍とこよみが学食で話すのを、森司は聞きます。
竹村教授の娘・巴絵はその後部屋を出て、大学に通い始めたそうです。
竹村教授が森司の顔を見ると「俺は別にオカルトの存在を信じたわけない」と言いながらも「レポートは今日の12時までに持ってこい」と言いました。レポート提出を認めてくれるようです。
ところが12時まであと10分なので、森司はあせりました。
こよみの笑顔を見て、森司は「これでまた、頑張れちゃうんだよな」と思います…。

(エンド後)非常階段を降りていた森司。大学キャンパスのベンチに座るこよみに、また黒い影が忍び寄っているのを見つけた。
「灘!」と呼びかけながら、駆け寄るが…。
(どうなったかまでは、見せてくれない。不明だが間に合うスピードではなさそう。こよみはまた何者かに乗り移られたか)

みんなの感想

ライターの感想

基本的にはラブコメなんだけど、はっきり言って幽霊のシーンは怖い!
特に前半の、江藤の部屋の壁から出てくる幽霊・舞美登場シーンは、貞子みたいで怖かった!!
いちおうホラー初級者向けかな。ほんとに怖がりの人は避けるべき?(赤ちゃんのミイラもかなり精巧に作りこまれてたし)
私は原作小説を未読なのだが、原作はけっこう人気でシリーズ化もされているようで。
もしかしたら続編もできるかも?

映画の感想を投稿する

映画「ホーンテッドキャンパス」の商品はこちら