「ボディハント」のネタバレあらすじ結末

ボディ・ハントの紹介:2012年公開のアメリカ映画。殺害事件があった家の隣に引っ越してきた母と娘が体験する恐怖の出来事を描いている。ジェニファー・ローレンス主演で贈るホラー・スリラー作品。

予告動画

ボディハントの主な出演者

エリッサ・キャシディ(ジェニファー・ローレンス)、ライアン・ジェイコブソン(マックス・シエリオット)、サラ・キャシディ(エリザベス・シュー)、ビル・ウィーヴァー(ギル・ベローズ)、タイラー・レイノルズ(ノーラン・ジェラード・ファンク)、キャリー・アン(エヴァ・リンク)、ジリアン(アリー・マクドナルド)

ボディハントのネタバレあらすじ

【起】- ボディハントのあらすじ1

嵐が吹き荒れる夜、少女キャリーは廊下を歩いています。両親がまた起きたと気付き、母が様子を見に行きます。
キャリーは手にハンマーを持ち、母を殴り殺します。異変に気づいた父がドアを見つめていると、キャリーが飛び出してきて叫び声が響き渡ります。
4年後、シカゴから17歳のエリッサと母のサラが、シカゴから引っ越してきます。引越し先はキャリーの家の隣の家です。
4年前の殺人事件により、土地の価格が下がったので、安く借りることができたのです。広い家にエリッサは納得し、サラはここで再スタートを決意します。
ふと夜中に目が覚めて、サラは窓から外を見ます。空き家のはずのキャリーの家に電気がつき、時計を見ると3時4分でした。
翌日、家の契約主のダンたちとの昼食会に出席して、昨夜のことを聞いてみることにします。すると空き家ではなく、キャリーの兄、ライアンが住んでいることが分かります。
ライアンは引きこもりがちで、あの家は取り壊して更地にする案も出ていました。エリッサは昼食会で、ダンの息子のタイラーと知り合います。
エリッサは隣の家で何があったのか聞くうち、ライアンはどこにいたのか気になります。彼は伯母に預けられていました。キャリーの遺体がないことから、森の中を今でもさ迷っているかもしれないと噂されています。
信じられないエリッサでしたが、サラとの帰り道、森の中で何かが動く音を聞きます。結局何かは分からずに帰りますが、エリッサを見続ける何かは存在しています。
学校が終わり、エリッサがタブレットを操作していると、タイラーが飢餓救済の集会に来ないかと誘ってきます。今夜は母と映画があるから、と断ると彼女から電話がかかってきます。
医師のサラは転職早々遅番を頼まれ、断ることが出来ないからと遅くなると言ってきます。エリッサは大丈夫と言い、タイラーに集会に行くことを告げると、彼はガッツポーズをします。
飢餓救済の集会は名ばかりで、実際は学生たちの遊び場となっていました。前回の募金活動はタイラーの父のクレジットカードを使っただけで、エリッサは大層な悪なタイラーを尊敬してしまいます。
酔っ払ったタイラーは、エリッサに言い寄ってきます。嫌がるエリッサは集会を後にし、一人15kmもの道を歩いて帰ることにします。
母に電話をしますが、仕事中なのか出ませんでした。一台の車がエリッサの前に停まり、バックして彼女の横にやってきます。
何者なのかと恐れるエリッサに、車の中の男性は隣の家に住んでいる者だと伝えてきます。彼がこの周辺一体の有名人ライアンでした。
ライアンは家まで送ると善意を示しますが、エリッサは不安な様子で断ることにします。しかし雨が降ってきて、仕方なく送ってもらうことにします。
シカゴでバンドをしていたエリッサは、車内にあるカセットテープに興味がありました。ライアンは、この車が父親のものであると説明します。
聞いてはいけないと思いつつも、エリッサはなぜあの家に住み続けるのか問いかけます。ライアンは7歳で伯母に預けられ、両親との思い出はあの家だけなのだと語ります。
実際、住んでみると大変で、修理して売ろうと思っていると話します。エリッサの今朝の歌が良かったと言い出し、彼女は聞こえていたことに恥ずかしがります。
自宅に到着し、母から電話がきたのでエリッサは車から出ていきます。サラはライアンに送ってもらったことに驚き、電話してくれれば迎えに行ったのにと言ってきます。やれやれな様子なエリッサでした。

【承】- ボディハントのあらすじ2

帰宅したライアンは、食事を用意して地下に続く床下の扉を開きます。厳重な鍵のついた扉を開けると、キャリーが襲ってきます。すかさず注射を打ってキャリーを落ち着かせます。
翌日、エリッサは学校で、タイラーを見かけて避けます。そこへジリアンという女性が話しかけてきます。酒が弱い彼女は集会の時、気分が悪くなっていて、エリッサが毛布をかけてあげていました。
ジリアンは兄と友人を彼女に紹介します。彼らはネットでエリッサがバンドをしていたことを知っていて、今度の演奏で歌わないかと誘ってきます。了承したエリッサに、ジリアンは気があるみたいと言います。
サラは仕事中に、病院に来ていた一人の警官を尋ねます。警官の名はビルと言い、ライアンについて聞くと色々と話してくれます。
ライアンは伯母の面倒を良く見ていて、こっちに帰ってきてから伯母を看取りました。何かと苦労をしていて、問題を起こしたことはない青年です。
しかし、不動産の価値に関しては色々と非難されているのが現状でした。無線で連絡が入り、ビルはパトカーに乗ってその場を後にします。
エリッサはライアンの家を訪ね、自分の曲をCDにして渡しに行きます。ライアンに家を修理した箇所を案内してもらい、エリッサはキャリーの部屋に行きます。
ライアンは過去にあった事故について説明します。両親に代わって、ライアンがキャリーの面倒を見ていました。2人はキャリーの大好きなブランコで遊んでいて、両親はドラッグをやっていました。
ブランコを高く高くしていくうちに、キャリーは勢いがつきすぎて飛んでいきます。次にキャリーが目を覚ました時には、脳に障害ができて暴れ続けていました。昔は正常で仲良く遊んでいたのに、その事故をきっかけにライアンは伯母の家に行くことになります。
エリッサはライアンの家を後にし、出勤前のサラに何をしていたか聞かれます。ライアンの家に行ったことを説明すると、サラは救いたいんでしょと気づいていました。救えない人もいると説明しますが、優しくて悲しい雰囲気漂うライアンに、エリッサは好意を寄せていました。
キャリーを寝かしつけたライアンでしたが、鍵を閉めるのを忘れてしまいます。ライアンは自室でパソコンをしています。キャリーは目を覚まし、不気味なうめき声をあげながら、ゆっくりと扉を開いて歩きます。
外へと繰り出したキャリーに、ライアンが気づいて追いかけます。キャリーの目標は明かりのついているエリッサの家です。サラが仕事に行っているため、家にはエリッサしかいませんでした。
テレビのスイッチをつけたエリッサでしたが、ドアノブの音が回る音を聞きます。様子を見に行くと、ジリアンが遊びに来て驚かせただけでした。しかし、すぐ近くにはライアンがキャリーの口を抑えて隠れていました。
サラはライアンを夕食に招待します。突然のサプライズに驚くエリッサで、ライアンは事件以来初めて招待されたと喜んでいます。
酒を飲み続けるサラは、光熱費とかどうしてるのと聞きます。ライアンは両親が遺した遺産が少しあることから、自分だけなら十分であることを説明します。
また、現在は医大にも通っていて、いつか精神科医になりたいと夢を持っています。エリッサは、サラが父と別れて通ってたとこだと言ってやります。
サラはエリッサのことが心配なことから、二人きりで会うのだけは止めて欲しいと釘を差します。どういうことかとエリッサが怒り出し、空気を読んだライアンは家に帰ることにします。

【転】- ボディハントのあらすじ3

招待しといて追い返す母に激怒し、エリッサは口を利かなくなります。悩むサラはビルに相談し、エリッサはジリアンに相談します。
二人きりが駄目なのならと、ジリアンを誘って家に送ってもらうことにします。最初にジリアンを送ると、二人きりになってしまい、ライアンは約束を破ってしまうよと言います。
サラは今晩も仕事で遅くなることを連絡してきます。エリッサは自宅にかかってきた電話を携帯にかかるようにしていました。
ライアンは、母との思い出の場所にエリッサを連れてきます。その場所は一本の樹がある場所で、その樹を見つめると人の顔になってきます。人は誰しもが秘密を持っていると、ライアンが母から聞いた言葉の一つでもありました。
ロマンチックで素敵な展開に、エリッサはライアンの唇にキスをします。盛り上がった二人は、ライアンの家のソファーでキスを続けます。少し待っていてとエリッサが席を外します。
居間とキャリーの部屋では、声が聞こえるようになっていました。エリッサの声で目覚めたキャリーは、ドアの下の隙間にダンボールを入れます。
そしてドアの上に置いている鍵を、何度もドアを叩いて落とします。鍵はダンボールの上に落ちてきたので、キャリーは自分の方へ引きます。すると鍵を手にすることができ、扉を開けてゆっくりと居間へと向かいます。
包丁を手に入れたキャリーは外へと走り出し、ライアンが気付きます。エリッサに直ぐに帰るように言って、ライアンはキャリーを追いかけます。
森の中、男女のカップルが車の中でイチャついていました。一瞬見えたキャリーをカップルは辺りを探します。ライアンがキャリーの口を抑えていましたが、暴れる彼女を刺してしまいます。
何てことをしてしまったんだとライアンは後悔し、車のトランクにキャリーの遺体を乗せて、森の中へと行きます。突然帰れと言われたエリッサは悲しみ、ジリアンに相談していると母がやってきます。母親らしくなりたいと頑張っていることと謝罪をしてきます。
ライアンは電話でエリッサに、この間の件を説明したいから会いたいと言います。演奏会の練習をしていたエリッサは見に来て欲しいと伝えます。
演奏会当日、学校にやってきたライアンをタイラーたちは罵ります。無視してエリッサに会いに行くと、タイラーたちはライアンの車を破壊します。
タイラーたちは、様子を見に来たライアンを6人がかりで暴行を加えます。ライアンはタイラーの足を折り、走り去っていきます。
タイラーをやられた仲間たちは、ライアンの家に火を放って帰ります。エリッサはライアンの車に乗って、彼の家に投げ込まれた火を消します。
タイラーが病院に運ばれてきて、心配したサラはエリッサに電話をします。自宅にいるというエリッサは、サラを納得させるために自宅に電話させます。自動転送されて、エリッサは本当であることを伝えて電話を切ります。
病院にはビルが来ていて、サラをみかねて自宅を見に行くと言います。タイラーの両親がライアンを責め立てる中、ビルはタイラーから喧嘩を仕掛けたなら、捕まるのはお宅の息子だぞと声をあげます。

【結】- ボディハントのあらすじ4

エリッサはライアンの家のゴミ箱の中に、タンポンとコンタクトレンズの空箱を見つけます。床下の扉を見つけて、中へと入っていくと、喋れないように拘束された女性が襲ってきます。
ライアンは彼女をキャリーと呼び、エリッサは味方だと叫びながら注射をして落ち着かせます。一人居間へと戻ったエリッサは、コンタクトレンズの箱がカラーコンタクトで青色であることに気づきます。キャリーの目の色は青色でした。
また、口を拘束されていた女性の財布を見つけて、彼女の身分証から名前がペギーであることに気づきます。ライアンがやってきて、キャリーのことは黙っていてくれるねと言ってきます。エリッサは彼女がキャリーでないことに気づきながらも、分からないフリをして帰ろうとします。
しかし、察しの良いライアンはエリッサをドアにぶつけて気絶させます。エリッサは地下の部屋に拘束され、ライアンからキャリーはブランコの事故で死んだことを聞かされます。キャリーが死んでいるなら、両親を殺したのは…とエリッサは聞きます。
ライアンはキャリーが二人もいらないことから、喋れないように拘束していた女性を運び出します。彼女に手を出さないでと叫ぶエリッサでしたが、ライアンは聞く耳を持ちません。
ビルがライアンの家にやってきます。ノックの音で気づいたライアンが出向くと、タイラーのことを聞いてきます。ただ、やられたからやり返しただけと言います。
ライアンは翌朝調書をとるから、警察に来てくれとビルに言われます。エリッサは来てないか聞かれて、来てないと嘘をつきます。ビルは家を出ていきますが、ドアの前でサラの家に電話をかけます。自動転送のことを聞いていたビルは、ライアンの家の中から着信音が聞こえることに気づきます。
バレたことに気づき、ライアンは包丁を手に取ります。ビルは銃を手に持ち、少しずつ潜入していきます。階段を降りていると、ライアンが襲ってきて転げ落ちます。
銃は転がっていき、負傷したビルは這いつくばります。今までかばったのにとビルが言いますが、ライアンは彼の胸に包丁を刺して殺します。
きつく縛られていましたが、エリッサはスタンドライトで焼いたりして、拘束を解きます。ライアンが降りてきたので、隙をついて地下の部屋に閉じ込めます。
床下の扉には家具を置いて時間を稼ぎますが、1階へと続く扉には鍵がしてあります。隣の部屋にあった車に乗り込み、鍵を探そうと小箱を開けると、クロロホルムの瓶を発見します。ライアンが襲ってきて、クロロホルムを嗅がされてエリッサは意識を失います。
心配してサラがライアンの家にやってきます。呼び鈴の音でライアンが玄関に向かいます。
その頃、エリッサは死体の女性と一緒にトランクの中でした。目を覚まして、蹴りまくって後部座席から逃げ出します。ドアの窓をトンカチで割って、サラに助けを乞います。
気づいたサラに、ライアンはアイスピックを刺します。エリッサは窓から隣の部屋に移って隠れ、ライアンはサラを担いで行きます。
エリッサが逃げたことに気づいたライアンは、サラを置いて彼女を探しに行きます。物音で気づかれたエリッサは、ビルの落とした拳銃を拾って撃ちます。
隠れたライアンはブレーカーを落として見えなくします。ライトを拾ってつけたエリッサは、襲ってくるライアンを数発撃ちます。
ブレーカーをつけて、扉の鍵を彼のポケットから取り出そうとします。するとライアンはまだ生きていて襲ってきます。サラが気付いて、トンカチで殴って気絶させます。
エリッサとサラは生き延び、引っ越しの準備を整えます。ライアンとの思い出の樹の場所に来て、エリッサはサラに何に見える聞いて涙を流します。
収容されたライアンは、一人机の前で座っています。そして思い出します。母親からキャリーになれと殴られた記憶を。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、緩急をつけた恐怖の場面の数々です。突然キャリーが襲ってきたり、ライアンが横から襲ってくる場面に体がビクつきます。
また、ライアン役のマックス・シエリオットの常に冷静な演技は、とても殺人鬼には序盤思えません。それが後半からのどんでん返しな展開に、驚く要因ともなります。
この作品はストーリーが良く考えられています。携帯電話の自動転送やライアンをかばうビルの人物像など、細かい所まで考えが行き届いています。
今作ではジェニファー・ローレンスの弾き語りのシーンがあるので、彼女の歌声を聞きたい時にはもってこいの映画になっています。全体を通して、スリラー要素が多い作品で、ハラハラしたい時にオススメです。

映画の感想を投稿する

映画「ボディハント」の商品はこちら