「ポルターガイスト」のネタバレあらすじ結末

ポルターガイストの紹介:1982年公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督による古典のホラー映画名作中の名作で、1986年に第2作『ポルターガイスト2』、1988年に第3作『ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…』が公開された。

ポルターガイストの主な出演者

スティーヴ・フリーリング(クレイグ・T・ネルソン)、ダイアン・フリーリング(ジョベス・ウィリアムズ)、ダナ・フリーリング(ドミニク・ダン)、ロビー・フリーリング(オリヴァー・ロビンス)、キャロル・アン・フリーリング(ヘザー・オルーク)、レシュ博士(ビアトリス・ストレイト)

ポルターガイストのネタバレあらすじ

【起】- ポルターガイストのあらすじ1

新興住宅地であるクエスタ・ベルデ・エステーツの一画に、フリーリング一家が引っ越してきました。フリーリング家は、夫のスティーヴ、妻のダイアンをはじめ、16歳の長女・ダナ、7歳の長男・ロビー、そして5歳になる末娘・キャロル・アンの五人家族です。新居に引っ越してきた一家を、不思議な現象が次々に襲い始めました。放送終了後の何も映っていないテレビ画面を見て、キャロル・アンが何か会話をしている現象を皮切りに、現象は起こります。

【承】- ポルターガイストのあらすじ2

翌日キャロル・アンが再びテレビと会話したかと思うと、家が揺れ、霊のような物体がテレビから飛び出してきました。それ以来、家の中で物が勝手に動き出すというおかしな現象が頻繁に起こり、嵐の夜に、庭の大木が突然ロビーを襲います。またそのとき、キャロル・アンがあやしく光るクローゼットの中に吸い込まれ、消えてしまいました。その後、テレビの中からキャロル・アンの声が聞こえてきます。

【転】- ポルターガイストのあらすじ3

スティーヴは超心理学の権威・レシュ博士に助けを求めました。レシュ博士は助手・ライアンとマーティをともなって、スティーヴの家で科学的な調査を始めます。またスティーヴはクエスタ・ベルデの住宅地が、昔インディアンの墓地だったことを会社の社長から聞きます。丁重に葬られずに勝手に住宅地を建てられたことで、行き場を失った霊が現れたと目されました。レシュ博士は超能力を持つ女性・タニヤの力を借りて異次元への入り口を開き、クローゼットの中にダイアンが入っていきました。

【結】- ポルターガイストのあらすじ4

ダイアンはキャロル・アンを連れて現れます。キャロル・アンは無事に戻ってきました。一件落着したように見えましたが、霊たちは怒って、土の中からミイラ化した死体が続々と出てきて襲ってきます。みんなが必死で家から脱出し、車で遠ざかったときに、家は突如として異次元へ吸い込まれるように消えました。その夜、一家はホテルに宿を取りますが、スティーヴは部屋からテレビを外に押し出しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ポルターガイスト」の商品はこちら