「ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…」のネタバレあらすじ結末

ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…の紹介:1988年公開のアメリカ映画。『ポルターガイスト』シリーズ3作目。本作の撮影終盤に、キャロル・アン役のヘザー・オルークが原因不明の奇病でわずか12歳で急死し、ラスト部分は変更を余儀なくされた。

この映画を無料で観る

ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…の主な出演者

ブルース・ガードナー(トム・スケリット)、パトリシア・ガードナー(ナンシー・アレン)、キャロル・アン・フリーリング(ヘザー・オルーク)、タンジーナ(ゼルダ・ルビンスタイン)、ドナ・ガードナー(ララ・フリン・ボイル)、ケイン牧師(ネイザン・デーヴィス)

ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…のネタバレあらすじ

【起】- ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…のあらすじ1

過去2度にもわたって襲われた(『ポルターガイスト』『ポルターガイスト2』参照)キャロル・アンは、フリーリング家から出て、シカゴに住んでいる母・ダイアンの妹・パトリシアとその夫・ブルース・ガードナーのもとで暮らすことになりました。新たな環境、新たな生活に期待するキャロル・アンでしたが、ガードナー夫妻にあまり歓迎されていないことを感じ取ります。また学校でもキャロル・アンはいじめられました。ある日キャロル・アンは、ケイン牧師の姿を目にして不安に駆られます。キャロル・アンと同じ頃、霊媒師・タンジーナは悪霊がキャロル・アンの行方を突き止めたことを察知しました。 この映画を無料で観る

【承】- ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…のあらすじ2

キャロル・アンの不安は的中し、やがて新しい土地に身を置くキャロル・アンの周囲で、異常な現象(ポルターガイスト現象 物体が自ら勝手に動き始める現象のこと)が始まります。精神科医・シートン博士は知能指数の高いキャロル・アンの能力に興味を持ち、ひそかに彼女を研究していました。そしてガードナー夫妻がパーティーに出席し、キャロル・アンが独り家の留守番をしていた夜に、キャロル・アンはとうとう地下にある駐車場の水たまりにひきずりこまれます。キャロル・アンを助けようとしたガードナー夫妻の娘・ドナとドナのボーイフレンド・スコットも巻き込まれました。

【転】- ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…のあらすじ3

パーティーから帰宅したガードナー夫妻は、家のプールがなぜか凍りつき、ドナとキャロル・アンの姿が見えないことに気づきます。そのとき凍ったプールからスコットが出てきて、ドナとキャロル・アンがケイン牧師に捕まったことを告げました。スコットを連れて部屋に戻ったガードナー夫妻は、そこにキャロル・アンの姿を見つけます。しかしそのときタンジーナが現れ、そのキャロル・アンは偽者だと言いました。精神科医・シートン博士も訪問し、シートン博士とタンジーナはスコットに催眠術をかけ、真の居場所を突き止めます。

【結】- ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…のあらすじ4

鏡の向こう側の世界にひきずり込まれていることを知ったガードナー夫妻は、タンジーナとシートン博士の協力を得て、ドナとキャロル・アンを助けようとしました。再び現れた偽のキャロル・アンにタンジーナが殺され、シートン博士も偽者のドナにエレベーターから突き落とされて命を落とします。亡くなったタンジーナの霊がケイン牧師を説得し、ケイン牧師は光の世界へタンジーナと一緒に向かいました(成仏的な概念?)。これにより、ガードナー夫妻はドナとキャロル・アンを救出することに成功しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…」の商品はこちら