「ミラーズ」のネタバレあらすじ結末

ミラーズの紹介:2008年制作のアメリカ映画。鏡(ミラー)が引き起こす連続変死事件と、その背景に潜む恐ろしい真実を描いたホラー映画。テレビドラマ『24』シリーズで有名なキーファー・サザーランドが主演を務める。

ミラーズの主な出演者

ベン・カーソン(キーファー・サザーランド)、エイミー・カーソン(ポーラ・パットン)、アンジェラ(エイミー・スマート)、マイケル(キャメロン・ボイス)、デイジー(エリカ・グルック)、アンナ・エシィカー(メアリー・ベス・ペイル)、ラリー・バーン刑事(ジェイソン・フレミング)

ミラーズのネタバレあらすじ

【起】- ミラーズのあらすじ1

NY市警の刑事・ベンは1年前に同僚を誤って射殺し、停職処分となりました。ベンはアルコールに溺れて妻・エイミーに別居され、今は妹・アンジェラの部屋に居候しています。
ベンの望みは復職してエイミーや子どもたちの信頼を取り戻すことでした。復職に向け、ベンは警備員の夜警の仕事に就きます。
ベンの勤務先はNY6番街の一角にあるメイフラワーデパートの焼け跡でした。ここでは5年前に大火災で多数の死傷者を出し、現在は法的な手続きのため、廃墟となったまま保存&放置されています。
夜警の仕事に就いたベンは、現場の異様な雰囲気に呑まれました。フロア全体にただよう異様な雰囲気、あちこちに転がるマネキン、無数の鏡…。

【承】- ミラーズのあらすじ2

フロアの中で火災に遭ってもなお光沢を保つ巨大な鏡が、ひときわ存在感を放っていました。鏡に触れたベンは奇妙な幻覚に襲われます。全身を焼き尽くすような激痛、聞こえてくる呻き声、焼けただれた女性の姿…。
これがきっかけで、ベンの周囲に奇妙な現象が起き始めます。
ベンの前任者・ルイスが駅で変死体として見つかりました。その直後、デパート火災の新聞記事が他ならぬそのルイスの名でベンに送られます。
検屍官をする妻・エイミーに頼み、ベンはルイスの死体を見ました。死体のルイスは「エシィカー」と叫びますが、これはベンだけに見えた幻です。
アンジェラが部屋の風呂場で、口を上下に裂かれた無残な死体となり発見されます。

【転】- ミラーズのあらすじ3

ベンはデパートの鏡が原因だと推測しました。夜警に行き、鏡に問います。すると鏡の表面に「エシィカー」という文字が現れました。
妹の次は妻子が狙われると感じたベンは、エイミー宅に押し入り、不審がられつつも鏡をすべて取り除きます。
ベンは市警の元同僚・ラリーの協力を得て、デパートが50年前には精神病院だったことを知りました。そして夜警のかたわら地下を掘り、鏡張りの部屋と拘束具つきの椅子がある特別病棟をベンは発見します。
さらに調査を進めたベンは、アンナ・エシィカーという患者がいたことを突き止めました。
凶暴さを持て余した家族に自宅幽閉されたアンナの症状に興味を持った精神科医により入院させられます。

【結】- ミラーズのあらすじ4

病院で患者同士が殺し合う事件が起き、当時14歳のアンナも死亡したと調査書にありますが、実際にはアンナは事件3日前に退院していました。
その頃、息子・マイケルの様子が変だと気づいたエイミーはベンに助けを呼び、ベンは家中の鏡をペンキで塗ります。
アンナの家族に会ったベンは事情を聞きます。医者はアンナに取り憑いた悪魔を呼びだすため用いた鏡を封印しました。しかし悪魔は鏡を用いて凶行を続けていたのです。
修道院にいたアンナをベンは連れ現場に行きました。アンナの肉体を取り戻した悪魔と戦い、デパートの鏡を破壊してベンは勝利しました。
…しかし、ベンは鏡の向こうの世界に取り残され、現実世界に戻れませんでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ミラーズ」の商品はこちら