「ムカデ人間2」のネタバレあらすじ結末

ムカデ人間2の紹介:2011年公開のオランダ・イギリス映画。トム・シックス監督のホラー映画。『ムカデ人間』の続編で、前作『ムカデ人間』を鑑賞した中年男が映画の内容を自分で実行するというストーリーである。

この映画を無料で観る

予告動画

ムカデ人間2の主な出演者

マーティン(ローレンス・R・ハーヴェイ)、アシュリン・イェニー(アシュリン・イェニー 本人役)、キャンディ(マディ・ブラック)、ポール(ドミニク・ボレリ)

ムカデ人間2のネタバレあらすじ

【起】- ムカデ人間2のあらすじ1

(全編、基本的にはモノクロです 注意:1か所だけ色つきあり、後述)
イギリス・ロンドンの地下駐車場で警備員として働く中年男性・マーティンは、幼い頃から父親に性的虐待を受けていました。マーティンは中年になっても、精神的な発達障害と喘息に悩まされています。加えてマーティンは背が低くて超肥満体なだけでなく、言葉を話しません。「あー」とか「うー」とかいう喃語(赤ちゃん言葉)程度しか発しませんでした。
マーティンの母は、夫がマーティンへの性的虐待で逮捕されたことを逆恨みしており、「心中したい(息子を殺して自分も死にたい)」と言うのが口癖でした。
マーティンの楽しみは、職場に持ち込んだノートパソコンで勤務中に、映画『ムカデ人間』のDVDを見ることです。見終わったDVDを早戻しするマーティンは、最初まで早戻しした後、何度でもまた見るつもりです(※)。
マーティンは『ムカデ人間』を視聴しながら、劇中に登場する、人間同士の口と肛門を接合したムカデ人間を自分も作ることを夢見ていました。
映画の熱狂的なファンのマーティンは、自作のムカデ人間アルバムも作るくらいです。そこには映画に出た女優の写真や記事だけでなく、映画のハイター博士が劇中で説明していた手術内容まで書き込まれていました。
いよいよムカデ人間を作る欲望にあらがえなくなったマーティンは、実行に移し始めました。
地下駐車場を訪れた人たちを金属製のバールで襲い始めました。銃も所持しています。
気に入らない相手は無造作に殺し、これぞという相手はバールで殴って気絶させると両手両足首をガムテープで拘束し、自分のバンの後部に詰め込みました。
併行して、ムカデ人間を作るアジトを用意するために、マーティンは貸倉庫を見せてもらいます。コンクリート打ちっぱなしの広い貸倉庫に案内されたマーティンはご満悦で、契約を促すオーナーを早速バールで殴りました。オーナーもムカデ人間に加えたかったのですが死んでしまい、蘇生に失敗したマーティンは落胆します。
「貸倉庫」の看板を外すと中に入り、拉致した人間を入れていきました。拉致した人間は一定の間隔を置いて保管し、ハサミで衣服を切って裸にすると、口にはガムテープを貼ります。両手足のガムテープは手錠に交換しました。
携帯電話の留守電に「ロンドンのオーディションに北村とウィリアムズは参加できません」というメッセージが入り、マーティンはがっくりしました。映画に出てきた俳優をムカデ人間に入れたいと考えているのです。
映画でリンジー役(ムカデの中央部分担当)を演じたアシュリン・イェニーはオーディションに参加するかもしれないというメッセージを聞き、マーティンは期待します。 この映画を無料で観る

【承】- ムカデ人間2のあらすじ2

マーティンの論理では、ムカデ人間を作るには12人必要でした。アシュリンを加えて12人の人間を用意するため、マーティンは働きながら準備を重ねます。
自宅にマーティンの主治医・シーブリング医師が訪問しました。初老でひげの長いシーブリング医師は、マーティンの気管支喘息の薬を持ってきたり、カウンセリングをしたりします。
マーティンの母はシーブリング医師に「ムカデの話ばかり」と洩らしました。シーブリング医師はそれらにもっともらしい説明「ムカデは男根の象徴」「ムカデに刺されることによる痛みは父から受けた性的虐待を意味している」などと言い、一時的なものだと母を慰めます。
シーブリング医師は男色の傾向があり、マーティンがお好みで、カウンセリングをしながらマーティンの膝を撫でていました。
マーティンと母が住むアパートの真上には、全身にいれずみを入れた大男が住んでいます。いつも食事どきに大音量で音楽を鳴らすので、母はほうきの柄でドンドン叩きます。
全身いれずみ男が文句を言いに来ますが、マーティンは反抗することなく罵られるだけでした。
マーティンは本物のムカデをペットにしており、生き餌をやっては喜んでいました。
昼間は駐車場でこれぞという人物を物色して、マーティンは12人の人間を集めようとします。身重の妊婦と赤ちゃんがいる夫婦を見つけたマーティンは、夫を拳銃で殺し、身重の妊婦をさらい、赤ちゃんは車の助手席に乗せます(○)。
駐車場で『ムカデ人間』を見ながらヤスリで性器をこすり、オナニーしているところを女性2人連れに見られたマーティンは、2人もバールで殴って倉庫に運び込みます。
アシュリンの所属するクリエイティブ芸能事務所からメッセージがあり、オーディションに参加すると聞いたマーティンは喜びました。
そのメッセージを聞いた黒人男性が『ムカデ人間』の映画に気付き「あれは映画だ!」と言い、拘束された一同はマーティンの意図を知り、おののきます。
夜、包丁を持つ母に寝込みを襲われたマーティンは、それを予期してかわします。母は手首を切りますが、マーティンがベッドのスプリングの下に隠した大事な『ムカデ人間』のアルバムを見つけると、破ってぐしゃぐしゃにしました。
マーティンはショックを受け、ハイター博士の写真を抱きしめて泣きます。
半泣きのまま白衣に着替えたマーティンは、汚らしいものは捨てろと言う母の顔をムカデの水槽に入れてムカデに噛ませ、痛がる母の頭部をバールで執拗に殴りました。
顔に穴があいた母を食卓に座らせると、階上の音楽にほうきの柄で文句をつけ、やってきた全身いれずみ男のふとももを銃で撃つと、殴ります。
工具箱の中のものをスーツケースに詰めると、家を出ました。

【転】- ムカデ人間2のあらすじ3

血まみれの白衣のまま駐車場にいたマーティンは、シーブリング医師と駐車場で会います。シーブリング医師は運転手の手配で、売春婦に車中でフェラチオさせながら、本当はマーティンがいいのにという発言をしました。
マーティンは運転手を銃で撃つと、逃げる女にも発砲します。シーブリング医師の股間と頭を銃撃すると、階段の途中まで逃げた女性を拉致しました。
いよいよ明朝6時にアシュリンがオーディションに来ます。アシュリンの事務所には「タランティーノ監督の映画への出演依頼」と偽っていました。
アシュリン到着までに11人を揃えたマーティンは、車でヒースロー空港に迎えに行きました。
アシュリンはオーディションと思い込んでいます。貸倉庫の入口に停まったベンツの車(貸倉庫のオーナーのもの)を見て、タランティーノ監督の車だと思いますが、倉庫に入った直後にマーティンに頭部を殴られて気絶しました。
マーティンはペットのムカデを入れた水槽も倉庫に持ち込み、いよいよ手術にかかります。
12人を繋げる順番に、縦一直線に並べました。栄えある先頭は妊婦さんの予定です。
工具類を手術用具のように厳かに並べると、麻酔代わりに頭を殴って全員を気絶させ、トンカチで歯を叩いて抜いていきます。ついでにナイフで口角も逆V字型に切りました。
途中、身重の妊婦が死んでいるのを発見したマーティンはショックを受け、涙します。まだお腹の胎児が動く音を聞いたものの、死んだ人間は使えないので、倉庫の隅に移動させるとビニールシートをかぶせました。先頭は女優・アシュリンに変更します。
映画で見た通り膝蓋骨にマジックで下書きすると、ナイフで切れ込みを入れて靭帯を切っていきました。1つ1つ切るたびに、マーティンは満足げな笑みを浮かべます。
お尻にV字型のマジックで下書きし、ナイフで切ると、スキンヘッドの男がショック死しました。マーティンは泣きながら男を揺すり、それでも反応がないと倉庫の隅に移動させ、ビニールシートをかけます。
仕上げにタッカー(工具用の巨大ホッチキス)でくっつけ作業をしました。作業のうちに外は雨が降り出します。時々襲う喘息の発作を薬でまぎらせながら、マーティンは必死で作業をしました。
予定よりは2人欠けたものの、10人のムカデ人間ができました。包帯の代わりにガムテープを使用しています。
完成したムカデ人間を前にしたマーティンには讃歌が聞こえ、マーティンは笑みを浮かべながら指揮者のように腕を振ります。
ムカデ人間を丸くして、手鏡で1人1人に見せていきます。餌皿を用意して缶詰を先頭の女優・アシュリンの前に置きますが、アシュリンは手で払いのけました。

【結】- ムカデ人間2のあらすじ4

カチンときたマーティンは漏斗とホースを用意し、ホースをアシュリンの喉に奥まで突っ込むと、無理矢理ミルクを胃に流し込みます。ホースを抜くとアシュリンが騒ぐので、うるさいと思ったマーティンはアシュリンの舌をペンチで抜きました。
留守電にUSA芸能事務所から連絡が入り「北村とウィリアムズも参加できるかも」というメッセージに、マーティンは小躍りします。
肥満男性のお腹を揺すって便意を促したマーティンは、便が出る音を聞いて興奮し、「プー」と唇を鳴らしました。
映画の内容を思い出し、下剤を用意して2人目以降の口の隙間から下剤を飲ませていきます。その後ムカデ人間の反応をうかがったマーティンは、グルグルというお腹の音を聞いて愉快そうに笑いました。
雑にくっつけてあるだけなので、あちこちで便が洩れ始めます(注意:この時カメラに飛び散った便のみ、唯一のカラー「茶色」で表現される)。最初は喜んでいたマーティンですが、部屋がくさくなって吐きました。
吐いたついでにいちばん後ろの女性を見て、ふと思いついたマーティンは、性器を露出させると有刺鉄線を巻き、挿入します。これでマーティンもムカデ人間と繋がりました。大喜び&大興奮です。
レイプされている女性は暴れますが、射精したマーティンは満足しました。
その頃、ビニールシートの下で身重の妊婦が蘇生していました。破水した女性は悲鳴をあげながら外へダッシュし、ベンツに乗り込みます。マーティンは急いで追いかけました。
エンジンがうまくかからずいきんだ女性は、運転席で赤子を出産します。まだへその緒がついた赤子がアクセルの下に落ち、女性はその頭を踏みつける形でアクセルをベタ踏みすると、車を発進させました。
マーティンがいなくなった倉庫では、ムカデが2つに分離していました。ちょうど5体と5体に分かれています。
女性を取り逃がして落胆したマーティンは、2つに分かれたムカデが気に食わず、後方部分の5人の頭を銃で撃って殺しました。
前方5人は必死で移動し、アシュリンが電気のスイッチを消します。マーティンが電気をつけるとすぐ前にアシュリンがムカデ入りの水槽を持ち、ぶん投げました。
マーティンは後ろから銃で殺していきますが、1人殺したところで銃の弾が切れ、そこから先はナイフで首をギコギコと切って殺します。
女優・アシュリンだけとなりました。すすり泣くアシュリンに執着のあるマーティンは一瞬、躊躇います。
その隙に股間を手で殴ったアシュリンは、痛みでもだえるマーティンの肛門に漏斗を差し込み、ムカデを入れました。
マーティンが首を刺してアシュリンは息絶えましたが、腸にムカデが入ったマーティンは腹を押さえて苦しみながら、倉庫の外に出ました…。
…マーティンの目の前にはエンドクレジットが流れています。
実はこれは、マーティンの空想でした(起の※以降が妄想)。『ムカデ人間』のDVDを視聴しながら妄想に耽っていたのです。
しかし駐車場には赤ん坊の泣き声(承の○で助手席に置いた赤ん坊)が響き渡ります…。

みんなの感想

ライターの感想

とんでもないシリーズ第2弾、『ムカデ人間2』です。ほんとに「とんでもないことばかり凝縮した」内容になっています。
前回よりはるかにパワーアップ、ムカデ人間三部作のなかで、今作品が一番エログロです。
突っ込み上等! な感じで序盤からマーティンはどんどん人を殺し、気に入った者は車に詰め込みます。
こんなに堂々と犯罪を重ねてて大丈夫だろうか…心配ありません、まさかの妄想オチです。そこもある種「禁断」、やっちゃいけないオチだろう、という意味でむしろアリかも。
マーティンは劇中、ひとことも会話をしません。本当に喋れないのではないかと思ってしまうほど真に迫っていますが、『ムカデ人間3』では比較的良識のある人間を上手に演じています。
一部のDVDパッケージに書かれているとおりです。「過激描写に耐性のある18歳以上の方以外は絶対に見ないで下さい!!」…これに尽きます。

    はるかさんの感想

    びっくり!妄想んだったんかい!(笑)

    匿名さんの感想

    昨日、1を見たのですが、見終わった後の倦怠感、複雑な気分になり、2はさすがに立て続けに見ることはできないと思いつつも気になるので、ネットではいろいろ情報を探している自分がいました。
    こちらの映画の説明でとても充分で満足しました。
    最後の妄想オチだったと言うことでなぜか安心しています。 このまま3のも読ませていただきます。

    グロ好き名無しさんの感想

    これはヤバい…(;・∀・)

映画の感想を投稿する

映画「ムカデ人間2」の商品はこちら