「リアル鬼ごっこ」のネタバレあらすじ結末

リアル鬼ごっこの紹介:2008年公開の日本映画。山田悠介のベストセラー小説が原作のサスペンスホラー映画で、シリーズ化もされた。現実世界で佐藤姓の変死が相次ぐ中、異世界にワープした主人公が体験したものとは…!?

この映画を無料で観る

予告動画

リアル鬼ごっこの主な出演者

佐藤翼(石田卓也)、佐藤愛(谷村美月)、佐藤洋(大東俊介)、渡辺かをり(松本莉緒)、佐藤輝彦(吹越満)、佐藤益美(渡辺奈緒子)、王様(柄本明)、王様の側近(品川徹)

リアル鬼ごっこのネタバレあらすじ

【起】- リアル鬼ごっこのあらすじ1

日本では佐藤という苗字の人間が、次々に亡くなる現象が起きていました。
死因はさまざまで、ある人は落雷に打たれて死に、ある人は工事現場のワイヤーが切れて鉄骨の下敷きになって死に、ある人は突然友人の前で電車に投身自殺して死にます。いずれも事件ではありません。
しかし全国的で、あまりにも数が多いので連日ニュースで話題になります。
18歳の男子高校生・佐藤翼は、母・益美の死後アルコール依存症になった父・輝彦と、生まれつき言葉と感情を失って入院する妹・愛という家族がいます。
翼にはかつて幼馴染みの佐藤洋と親友同士でしたが、洋の両親はヤクザで翼たちが小5の時に抗争で死にました。
洋の両親の死後、洋はヤクザまがいの人間とつるむようになり、現在はチンピラの集金係になっていて、高校生の翼とは距離ができています。
ある日、翼が友人の鈴木誠と高橋剛と一緒に下校していて、商店街で洋が率いる不良集団に目をつけられました。洋の狙いは翼なので、友人2人と別れた翼は走って逃げます。
翼は足が速いだけでなく、逃げるのが天才的という特技を持っていました。鬼ごっこにかけては自信があります。
この日もあっという間に洋の集団をまくと、翼は帰宅しました。
翌日、翼は妹・愛の入院する病院へ行き、見舞います。一度もしゃべったり反応したりしたことのない無反応な愛ですが、それでも翼は愛を大事に思い、見舞いに行っていました。
この日の翼は、携帯マスコットの小さなパンダのぬいぐるみを持っていきました。手にすっぽり入るくらいの大きさで、スイッチを押すと笑い声がするぬいぐるみです。
妹・愛は主治医からセクハラを受けていますが、愛は心を閉ざしているので誰も気づきませんでした。
病院からの帰り道、翼は背後から洋の率いる不良グループにはがいじめにされ、捕まりました。かつては親友だったものの、堕落した自分に比べて健やかに成長する翼がうらやましく、洋は翼をなにかと敵視していました。
洋が殴ろうとした次の瞬間、翼は別の世界に行って現実世界で姿を消し、洋は翼をはがいじめしていた男を殴ります。洋は慌てて翼を探しましたが、現実世界は忽然と消えました。
翼は、日本が王制18年の別世界・パラレルワールドに飛びますが、事態が呑み込めません。通りがかった友人の剛と誠はオカマっぽい格好で、男同士手を繋いで歩いていました。2人は翼を知りませんでした。
洋が走って来たので翼は反射的に逃げますが、洋は翼を追いこして逃げます。洋は〝鬼〟に追われていました。わけが分からないまま洋と共に逃げた翼は、翼を知らないと言う洋に事情を聞きます。
この世界では王様が日本に君臨していました。王様は銀色のマスクで顔を隠し、超能力を持つとされる人物で、国民は皆王様に怯えていました。
王の苗字が佐藤のため、日本で一番多い苗字「佐藤」の数を減らすために〝リアル鬼ごっこ〟が開催されます。 この映画を無料で観る

【承】- リアル鬼ごっこのあらすじ2

一日のうちの日中の何時間か、佐藤苗字の人間は王が仕向けた〝鬼〟に追いかけられ、捕まればガス室送りで、抵抗すればその場で殺されます。
〝鬼〟は黒装束に赤い目の丸いマスクを着用する囚人たちで、捕まえた佐藤の数によっては減刑もあるので必死でした。
この世界では出生時に国民の体内にIDチップが埋め込まれ、鬼のかぶるマスクのGPS機能で、佐藤という苗字の人間がどこにいるか分かる仕組みになっています。
〝鬼〟の腕にはワイヤーナイフが仕込まれており、捕縛時に抵抗する人間は即時処刑していました。
決められた〝リアル鬼ごっこ〟の時間が終わるとサイレンが鳴らされます。〝鬼〟はルール厳守でした。守らないと〝鬼〟も処刑されるからです。
翼はパラレルワールドの世界の、リアル鬼ごっこ5日目にワープして飛び込んでいました。
すぐには話を信じられない翼ですが、目の前で女子高校生がワイヤーナイフで胴体を切断されるのを目撃し、街中の至る場所に〝鬼〟が出没して追われます。
翼は洋と共に自宅に行きますが、そこは空き家で、妹・愛のいる病室には別人の老人が入院していました。
一日の終わりには佐藤という苗字の分布図が日本列島で示され、最初の4日でほとんどの佐藤姓は処刑されたり捕まったりしたと洋は言います。
テレビ放送では王がタチの悪い逃亡を図った人間を「公開処刑」し、1週間逃げ切れば何でも言うことを叶えると言いました。
その日、翼は洋と共に公園で野宿します。
翌朝、翼は妹・愛に起こされました。この世界の愛は普通に会話する女の子です。愛は兄・翼に「一緒に来て」と言い、洋もついていきます。
愛は翼と洋を廃工場に連れていき、翼はアル中ではなくせっせと何かを作る父・輝彦と再会します。愛は事情を説明しました。
パラレルワールドである王制日本と、翼がいた現実世界とはリンクしており、王制日本で死んだ佐藤は現実世界でも死ぬ…これが、現実世界で佐藤という苗字の人物が次々に謎の死を遂げた理由でした。
妹・愛は現実世界の愛と意思疎通を図ることができる、特殊能力を持つ存在です。現実世界の愛はさらに翼をワープさせる能力を持っており、パラレルワールドの愛と輝彦がピンチに陥っているのを知って、翼を派遣しました。父・輝彦が右足を負傷して、逃げるのに時間がかかるのです。
さらに翼は衝撃的な事実を知りました。翼はパラレルワールドには存在しない唯一の「イレギュラーな(分身のいない)存在」でした。
愛が持つ超能力は母・益美からの遺伝です。妹・愛を生んだ直後に他界した母・益美は、現実世界からパラレルワールドに飛んで翼を出産し、翼を連れて戻ったため、翼という存在はパラレルワールドには一切存在しません。
友人や洋が翼を知らなかったのも、そのためでした。

【転】- リアル鬼ごっこのあらすじ3

翼は父・輝彦、愛、洋と4人で、6日目の〝リアル鬼ごっこ〟を迎えます。四手に分かれて自分の追っ手の〝鬼〟をまいた翼は、ケガのため足の遅い父・輝彦の所に行き、輝彦を追う〝鬼〟をひきつけて逃げました。
翼は逃げることにかけては天才的なので、ゲームは優位になります。
しかし〝鬼〟の数が圧倒的に多く、翼たちは橋の両側から挟み討ちにされました。翼たちを川に落とすと、父・輝彦は手製手榴弾を使い〝鬼〟を巻き添えにして自爆します。
同じ頃、現実世界では主治医のセクハラを目撃した父・輝彦が主治医と揉み合いになり、点滴を吊る金属棒が胸に刺さって父・輝彦は死んでいました。
〝リアル鬼ごっこ〟6日目が終了しました。
荒れる翼に対し、洋は「人は助け合わなきゃ駄目だ」「常に道はある」と前向き発言をします。現実世界のやさぐれた洋に対し、パラレルワールドの洋は前向きな好青年です。
少しの差異はあっても人間の本質はほぼ同じ、だから現実世界の洋も実際はこういう気質なのだろうと言い、またパラレルワールドと現実世界とは非常に似ているので、パラレルワールドでそばにいる人間は現実世界でもそばにいる可能性が高いと指摘します。
最終日の〝リアル鬼ごっこ〟がスタートしました。翼は洋と口論になり、単独行動します。
しかしTV女性キャスター・渡辺かをりに街頭インタビューを受けた翼は、考えを改めて洋と愛の元に戻りますが、2人はすでに逃走を開始していました。
愛と洋は2人で協力して逃げ、愛をかばって洋がワイヤーナイフで左足をケガします。
翼の方も大勢の〝鬼〟に追われて苦戦し、戦いながら逃げます。佐藤の苗字がほとんどいなくなったので、1人あたりの〝鬼〟の人数が増加していました。
廃ビルに隠れた洋と愛ですが、屋上に追いつめられてピンチに陥ります。
〝鬼〟を倒した際に取れた鬼マスクのGPSから2人の居場所を割り出した翼は、廃ビル屋上に駆け付けました。翼は戦いに乱入し、4人の〝鬼〟を屋上から落としますが、最後の1人が洋にしがみつき、洋もろとも屋上から落ちそうになります。
翼は必死で洋の手を握りますが、洋は翼を助けるために自ら手を離し、鬼と共に落ちました。
現実世界ではその頃、チンピラの上司・高田正義と揉めた翼が刺され、高田と共倒れになっていました。
ほっとしたのも束の間、妹・愛にワイヤーナイフの輪が通され〝リアル鬼ごっこ〟終了のサイレンが鳴り渡ります。サイレン前に捕縛されたので、愛はガス室送りで連行されました。
翼は妹・愛を救う方法を考えます。現実世界ではパラレルワールドほど佐藤苗字が死んでいないことに気づいた翼は、TV局に乱入して渡辺かをりを拉致し、裏事情を訊きました。ガス室送りの者はまだ生きており、IDの照合がなされた後に処刑されると知ります。
TVジャックした翼は放送で王様に直接呼びかけ、逃げ延びた者の願いを叶えると言った王様に「妹を返して欲しい」と言いました。

【結】- リアル鬼ごっこのあらすじ4

王様は翼を探していたと告げ、翼が来れば妹を解放すると言います。
妹・愛がすべてを暴きました。女性キャスターはこっそり録画します。
翼の父は王様でした。現実世界からパラレルワールドにスリップした母・益美は、パラレルワールドで王様(この時はまだ民間人)と出会い、結婚します。
王様は益美の能力を利用して、パラレルワールドでのし上がりました。パラレルスリップできる益美の能力を利用して、都合の悪い者、反抗する者を現実世界で殺したのです。
そして王制を敷き王様として君臨しました。王様に超能力があると国民に思われたのは、実際には益美の能力でした。
益美は自分が利用されていると知り、生まれたばかりの翼を連れて現実世界に戻ります。その時に出会った輝彦と再婚し、妹・愛が生まれました。
王様が欲しいのは益美の力で、そのために益美と自分の血を引く息子・翼を探していました。
父・輝彦が陰謀に気づいて王宮のデータベースをハッキングして破壊したため、佐藤という苗字しか分からなくなります。そこで王様は〝リアル鬼ごっこ〟開催を言い渡し、佐藤という苗字は片っ端から捕まえて、翼を探しました。
翼は愛を助けるため王宮へ行きます。王宮は都会の中心に高くそびえているので、場所はすぐ分かります。
しかしその途中で現実世界に戻ってしまいました…。
現実世界でも妹・愛は危険にさらされていました(リンクしているので)。主治医に「心を閉ざした振りをして、すべて分かっているのではないか」と疑われた愛は、病院の屋上まで追いつめられ、自殺を強要されます。
唐突に現実世界に戻った翼は、世界が連動しているなら現実世界の愛を助ければよいと考え、病院に行きます。落ちたパンダのぬいぐるみを目印に屋上へ行き、主治医を殴って愛を助けました。
パラレルワールドの愛はレーザー装置で処刑されそうになっていましたが、現実世界で助かったのでレーザー装置の電源が落ち、助かります。
パラレルワールドのキャスター・かをりが、録画した一部始終を放送しました。王様の化けの皮が剥がれ、従者はしたがわなくなります。
現実世界の主治医が翼に襲いかかり、2人は屋上から落ちそうになりました。妹・愛の手を自ら離した翼は、死を覚悟します。
…が、次の瞬間、翼は別の世界にスリップしていました。愛がワープさせていました。現実世界には主治医の死体しかありません。パラレルワールドの王も死に、王制は終わりました。
翼が飛んだ先は、荒れた日本でした。銃を持った兵士に包囲&連行された翼は、そこに妹・愛を見つけます。
環境破壊が進み、支配階級と奴隷とに分かれた別のパラレルワールドの日本に、翼は飛んでいました。妹・愛は解放軍(レジスタンス)のリーダーを務めています。
兵士の中に洋がいるのを見た翼は、洋の生存を喜びました。洋はビル屋上から落ちても命を取り留めており、現実世界の洋も助かっていました。
妹・愛の言うとおり、パラレルワールドは無限にあるのです。
レジスタンスとして戦う覚悟を決めた翼は、洋と共に砦までいっしょに走りました。

みんなの感想

ライターの感想

山田悠介のデビュー作である『リアル鬼ごっこ』の映画化。原作とは多少テイストが異なっています。
原作は現実世界自体が近未来の王制日本に対し、映画版ではパラレルワールドという世界にパラレルスリップするという設定をつけたして、エンタメ性を増幅させることに成功しています。
『鬼ごっこ』と言われるとおり、本編では全力疾走するシーンが多々出てきます。
映画はシリーズ化されますが、全力疾走シーンは引き継がれ、翼はじめ登場人物たちはよく走る、走る。
この全力疾走のシーンは美しいです。設定の残酷さを忘れて見とれてしまいます。
ちなみに、ラストで翼はさらに別のパラレルワールドに飛びます。
『リアル鬼ごっこ2』では1のラストを利用して、「将軍が統括する」支配階級と奴隷の世界で翼が鬼ごっこを繰り広げます。
個人的には、パラレルワールドでゲイになってた誠&剛コンビが好きです(笑)。おかまっぽい仕草も笑えました。
現実世界に戻った翼が、2人を見かけて「カミングアウトは早めにしたほうがいいぞ~」と言って立ち去る場面も笑えます。

    匿名さんの感想

    中2男子です 僕は毎日見てると言っても過言ではないくらいにみていますでも翼は最後まで逃げ切った(生き残った)それで王が死んで欲しいと願いを叶えた。
    なのに翼がその後に殺されたというのが気に食いません。

    ドラエモンさんの感想

    佐藤翼さんって速すぎる

映画の感想を投稿する

映画「リアル鬼ごっこ」の商品はこちら