「リング2」のネタバレあらすじ結末

リング2の紹介:1999年公開の日本映画。映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在するが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品である

リング2の主な出演者

高野舞(中谷美紀)、浅川陽一(大高力也)、川尻医師(小日向文世)、倉橋雅美(佐藤仁美)、山村敬(沼田曜一)、沢口香苗(深田恭子)、岡崎(柳憂怜)、大牟田刑事(石丸謙二郎)、浅川玲子(松嶋菜々子)、高山竜司(真田広之)、山村志津子(雅子)、山村和枝(梶三和子)、浅川浩一(松村克己)、山村貞子(伊野尾理枝)

リング2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①呪いのビデオテープによって死んだ恋人・竜司の死の謎を解くため、同じ超能力を持つ舞は独自に捜査に乗り出した。テレビ局のアシスタントディレクター・岡崎と協力し、徐々に確信に迫る。 ②呪いはあちこちに飛び火しており、雅美や玲子の息子・陽一にも怨念が宿っていた。超能力研究の川尻医師が恐怖の解放実験をするが、川尻は死亡。舞と陽一は助かる。岡崎は発狂。

【起】- リング2のあらすじ1

「呪いのビデオテープ」という都市伝説を調査していたテレビ局のディレクター・浅川玲子は、調査していく過程でビデオを見てしまい、超能力を持つ元夫・高山竜司に助けを求めました。竜司は玲子に協力して呪いの元凶が山村貞子という超能力を持つ女性で、生きたまま井戸に落とされたと知ります。
玲子と竜司は井戸から貞子の遺体を見つけました。玲子の呪いは解けましたが、竜司は解けずに呪い殺されます。
呪いを解く方法は「ダビングして他人に見せる」でした(『リング』参照)…。
井戸から山村貞子の遺体が発見され、検死官によって頭蓋骨に骨格復元がおこなわれます。身元確認のために貞子の母・志津子のいとこにあたる山村敬が警察に呼ばれました。
その時、敬は不気味なことを聞きました。貞子は30年以上前に井戸に突き落とされ、コンクリートで蓋をされたのですが、貞子自身の死亡時期は1~2年前だというのです。
つまり、井戸の中で貞子は30年間もずっと生きていたことになるのです。貞子の心中を想像した敬は、ぞっとしました。
…高山竜司の恋人・高野舞は、竜司の遺体の第一発見者になりました。竜司の死に納得がいかない舞は、なぜ竜司が死ななければならなかったのかを探るため、呪いのビデオについて調査を始めます。
実は舞も竜司と同様、特殊な能力を持つ人間でした。人に触れるだけで考えていることや、事象を見ることができるのです。
玲子の後輩のアシスタントディレクター・岡崎と連絡を取った舞は、竜司の元妻・玲子が行方不明になっていると聞かされました。
アパートの管理人に玲子宅の鍵を開けてもらった舞と岡崎は、ブラウン管が割れたテレビ画面と、風呂場で焼けたビデオテープを見つけました。そこへ、群馬県にいる玲子の父が遺体で見つかった知らせが入ります。
遺体の顔は恐怖に歪んでおり、普通の死に方ではありませんでした。玲子の父の家には2つのビデオデッキがあり、何かをダビングしたのだと思われます。
玲子の息子・陽一の通う世田谷区桜町小学校を訪問した舞は、陽一がもう10日以上も欠席していると知りました。学校を出た舞の目に、何かを言っている陽一らしき少年の幻影が見えますが、何を告げているのかは分かりません。 この映画を無料で観る

【承】- リング2のあらすじ2

その夜、舞の家を警察が訪問しました。竜司の遺体の第一発見者ということで、舞は事情聴取を受けます。
その際、「山村貞子」「山村志津子」「伊熊平八郎」これらの名に覚えがないかと聞かれました。竜司は伊豆パシフィックホテルのコテージにある井戸で、山村貞子の遺体を見つけたという情報を、舞は得ます。
ビデオテープが竜司の死に関係していると分かりながらも、それ以上は手づまりだった舞は、岡崎と共にある精神病院を訪問しました。
そこには、玲子の姪・智子の死に際を見て、精神に異常をきたした女子高校生・倉橋雅美が入院していました。担当医は川尻医師で、偶然にも大学時代の竜司の同期生です。
川尻医師は超能力について研究を重ねており、雅美を被験者としてさまざまな実験をしています。
フィルムだけを渡して雅美に念写させると、白い影が写る中、写真の1舞いに「貞」の反転文字が写っていました。雅美はテレビを極端に恐れています。
病院をあとにする舞と、雅美が廊下で会いました。その時雅美はテレビに見入り、テレビ画面に井戸が映し出されます。ロビーにいた他の患者や舞にも共通の意識がなだれ込み、その場はパニックになりました。
雅美が舞に手を伸ばしながら、声にならない「助けて」という言葉を発した時、舞は小学校前で陽一の口の動きが「助けて」だったと気づきます。
竜司と親しくなるきっかけになった阿佐ヶ谷駅で佇んだ舞は、偶然、玲子と陽一に出くわしました。玲子は現在隠れ住んでいる部屋に、舞を招きます。
陽一はしゃべれなくなっていました。舞は「時々顔を出してもいいですか」と玲子に言います。
同じ頃、岡崎は取材の過程で「呪いのテープ」を持つ女子高校生・沢口香苗と出会いました。香苗はテープを入手したものの、怖くて見ていないと言います。
ビデオの貸し出しを頼んだ岡崎は、香苗から受け取りますが、その際、香苗から真剣な顔で「絶対に見て下さいね」と念を押されました。貸し出しの前に、好奇心に負けた香苗は呪いのビデオを見てしまったのです。
岡崎は「分かった」と約束しながらも、薄気味悪さを感じました。謝礼を支払おうとしますが、香苗は固辞して「その代わり絶対にビデオを見て」と念押しして去ります。

【転】- リング2のあらすじ3

川尻医師は雅美を使って、新たな実験をしようとしていました。カメラの念写から一歩進んで、水を用いて念を送り、水の浸透力を使って脳波から「恐怖の解放」をしたいと思います。
実験のためにビデオカメラが用意され、雅美の脳内に映る映像を記録します。すると呪いのビデオと同じ映像が流れ始め、女性・志津子が鏡に向かって櫛で髪をとくシーンで雅美は気を失いました。
同席した舞も岡崎も、実験の一部始終を見ていました。
このビデオは怨念がこもっていてよくないと考えた舞は、川尻医師が雅美に駆け寄った隙にテレビのブラウン管を割り、ビデオもテープを出して破棄します。
夜、香苗に電話した岡崎がためしに「鏡に映っている変な女性」と言うと、香苗は岡崎がビデオを見たと思い込みます。
岡崎は呪いのビデオの一部を見てしまったと感じ、ビデオテープを視聴するのはやめて机の引き出しに入れ、鍵をかけました。
恐ろしくなった岡崎が玲子と陽一の住所を警視庁に知らせ、玲子と陽一は重要参考人として連行されます。
それを知った舞が中根警察署に行きました。舞はテレパシーで陽一に「逃げなさい」と呼びかけ、陽一は刑事2人を睨んだだけで弾き飛ばします。
玲子と陽一は逃げますが、息子・陽一の呪いは解けたものの、貞子と同じ能力が宿ってしまっていることを知った玲子はショックを受けました。玲子はふらふらと車道に出てトラックに轢かれ、即死します。
目の前で母・玲子が死ぬ一部始終を見た陽一は、追ってきた大牟田刑事を睨みつけました。大牟田刑事は首に手をやりながら苦しみます。
舞は陽一を制止し、陽一を連れて逃亡しました。そしてすべての謎を解くため、陽一を連れて伊豆大島へフェリーで渡ります。
同じ頃、貞子の遺体を入れた棺を漁船に乗せて伊豆大島に渡る志津子のいとこ・山村敬は、貞子が海に帰してほしがっていると思い、棺を海に捨てました。棺は海に沈んでいきます。
旅館・山村荘に行った舞と陽一は、ビデオに映っていた鏡と同じものを見つけました。夜、「たとえ誰がやってきても、あんなこと(大牟田を睨んで殺そうとしたこと)をしちゃ駄目よ」と言った舞は、陽一を寝かせつけると、洞窟に行きます。
そこで敬に会った舞は、貞子が洞窟で生まれたと知りました。父親は伊熊平八郎と言われているが、本当のところは知らないと敬は言います。 この映画を無料で観る

【結】- リング2のあらすじ4

翌朝、川尻医師も山村荘を訪れました。川尻医師は陽一に実験を施し、陽一が超能力を持つことを確信します。
恐怖の念を解放するために、先日雅美に施した水を媒介にした実験を行なうことにしました。大量の真水をプールに用意し、そのそばで「水で貞子を呼び出し、舞が貞子を消す係」をします。
陽一と舞の頭に脳波を計測する器具が装着され、実験が開始されます。
開始直後からプールの水に白い亡霊のようなものが多々浮き上がりました。この世とあの世が繋がったのです。
海に沈めた筈の棺がプールの中央に浮かんだのを見た敬は「俺でおしまいにしろ」と言うと、自らプールに入っていきました。川尻医師は操られるように、器具を持ってプールに飛び込んで溺死します。
陽一と舞は、貞子が殺された井戸の中に移動していました。陽一をおぶって井戸から脱出しようとしますが、下から貞子の霊が追ってきます。その顔はのっぺりとして、ちょうど「骨格復元の顔」でした(目とか口がない)。
必死で逃げる舞を追った貞子は、口のない顔で「なんであなただけ助かるの」と責めました。そう言いながら貞子は井戸の壁から落ちます。
竜司の霊が協力し、舞と陽一を助けます。井戸から登るとプールになっており、目覚めた陽一はしゃべれるようになっていました。
…事件は一段落しました。敬と川尻医師は亡くなりましたが、陽一と舞は助かります(実験に立ちあった看護師は気絶しているだけなのか、死んだのかは不明)。
舞は陽一に「もう怖くない?」と聞き、陽一は「うん。お姉さんは?」と聞き返します。舞は「私? …まだ少し怖いかな」と答えました。
…テレビ局のアシスタントディレクター・岡崎は、精神病院に隔離されます。岡崎は結局ビデオを見ず、女子高校生・香苗は死にました。香苗を取材したビデオの編集の最中に、香苗の映像が乱れ、こちらを睨むのを見た岡崎は、発狂したのです。
収容された時に撮られた岡崎の写真の顔は歪んでいました。呪いのビデオを見た者は、その後写真に写った時には顔が歪むのです。
隔離された岡崎のそばには、死んだ香苗の霊が寄り添っていました。
ビデオの呪いはまだ終わっていないようです…。

みんなの感想

ライターの感想

映画『リング』シリーズ、正式な続編は『らせん』だが、そのパラレルワールドともいえる作品が『リング2』。
パラレルということで、いきなり超能力全開路線に進む。でもって、超能力実験。
…うーむ、この流れって、映画『エクソシスト』みたい。『エクソシスト』も1は正統派のホラーだったんだが、2はいきなり超能力ワールドにいっちゃったしね。
なんかすごく「それっぽいこと」を説明してくれるんだが、見た後も残る「なぜプールが必要だったんだろう」実験。苦笑してしまう。
水を介して貞子の怨念を溶かしこむらしいんだが…いやあ、ごめん、この時点でもう私はマユツバだと思ってしまったよ。
海水じゃ駄目なの? 海水のほうがより一層溶けそうだけど?
出演シーンは短いんだが、松嶋菜々子と真田広之が出てきてくれるのは、すごく嬉しい。

    ナナシさんの感想

    海水は駄目ってセリフあったよ?

映画の感想を投稿する

映画「リング2」の商品はこちら