「ルール封印された都市伝説」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ルール 封印された都市伝説の紹介:2005年のホラー映画。学園を舞台に、30年前に誘拐されて行方不明になった女子生徒と同じ体験をしたヒロインが不可解な事件に遭遇する姿を描いた作品。ルールシリーズの3作目。監督は「ペット・セメタリー」のメアリー・ランバート。

ルール封印された都市伝説の主な出演者

サマンサ(ケイト・マーラ)、デイヴィッド(ロバート・ヴィート)、グレース(ティナ・リフォード)、ビル(エド・マリナロ)、パム(ナンシー・エヴァーハード)、ジャコビー監督(ドン・シャンクス)

ルール封印された都市伝説のネタバレあらすじ

【起】- ルール封印された都市伝説のあらすじ1

メアリーは、友人二人とパーティに出席して、男子生徒達と盛り上がります。男子生徒は、飲み物に薬を混ぜます。
友人達が眠らされて連れ去られるのを見たメアリーは、一緒に居た男子生徒のビルを恐れて校内に逃げ込みます。
追ってきたビルに殴られて気絶したメアリーでした。ビルは彼女が死んだと思い、箱の中に閉じ込めます。
それから30年以上が経って、サマンサは友人達と自宅で集まって楽しんでいました。母と一緒にいるのはビルでした。
サマンサは友人達とメアリーの話しをします。友人は母から、実際にあった話しだと聞かされていました。
それは都市伝説となっていて、サマンサは「ブラッディ・メアリー」と鏡に向かって3回呼びます。すると、彼女達の見えない所でメアリーが動き始めます。
眠っていたサマンサ達は、何者かの仕業によって眠らされ、工場の地下に連れて行かれます。サマンサの双子のデイヴィッドや母、そしてビルはサマンサが行方不明になったことで警察に知らせます。
数日してサマンサや友人達は、目を覚まして自宅に帰ってきます。これらの仕業はアメフト部によるものでした。
アメフト部の連中は、新聞部のサマンサの記事を見て、父から指示されたようなのです。実はメアリー達を襲った男子生徒達は、彼らの父でした。 この映画を無料で観る

【承】- ルール封印された都市伝説のあらすじ2

アメフト部のロジャーは、日焼けサロンにやってきます。温度が急激に上がって、ロジャーは焼死します。
ロジャーの葬儀が執り行われて、ジャコビー監督も出席します。彼がメアリーの墓に花を手向けているのをサマンサは目撃します。
昔はサマンサと仲良しだったヘザーは、現在はアメフト部の連中と一緒に居ます。そんな彼女ですが、休んでいたサマンサに宿題を届けてくれます。
ヘザーは、昔似たような事件があったと話します。翌日に話すことを告げて、自宅に帰って行きます。
翌朝、目覚めたヘザーは頬にデキモノができているのに気づきます。潰すと、そこから蜘蛛が大量に出て来てパニックに陥ります。
鏡に頭をぶつけてしまって、破片が顔に刺さります。それを自ら剥がして絶命します。
異変に気付いたサマンサが助けに来ますが、彼女は死んでいました。警察に知らせて、それから登校するサマンサでしたが、生徒達は彼女を恐れて行きます。
アメフト部の連中は、仲間ばかり死んで行ってる事に危機を感じます。ロジャーと仲の悪かったデイヴィッド、そしてサマンサが犯人だと考えて行動を起こそうとします。
しかし、また一人死んでしまいます。高圧電流の流れる柵に、立ち小便してしまって、何者かが電流のスイッチを入れたのです。

【転】- ルール封印された都市伝説のあらすじ3

ロジャーと仲の悪かったデイヴィッドと、ヘザーの第一発見者のサマンサは、このままでは犯人にされてしまうと考えます。メアリーの事件の事を調べることにします。
事件を受けて、休校になった学校に侵入し、二人はパソコンを使ってメアリーの事件を調べます。唯一の生存者のグレースの住所を見つけます。
彼女の家に向かうとドラッグ漬けになっていました。そこでデイヴィッドは、グレースが書いている絵や文字が、アメフト部の連中に起こった事件と類似していることに気づきます。
犯人はグレースだと考えるデイヴィッドに、サマンサはメアリーの仕業だと反論します。
アメフト部の生き残りのバックが危ないと考えて、彼に会いに行きます。バックは街を出ることにしたと言います。
モーテルに泊まっていたバックは、お菓子の自動販売機を壊してしまいます。無料でお菓子を手に入れて、部屋に戻るとメアリーが現れます。そして彼女によって殺されます。
バックが死んだ事を聞いて、デイヴィッドはグレースの家に向かいます。グレースから、メアリーの事件に関係したアメフト部の男子生徒の名前を聞き出そうとします。
するとグレースは、学校の資料館に行けば分かると教えます。そこでデイヴィッドは、ビルが関係しているのを見つけて、急いで自宅に帰ります。
すれ違いになって、サマンサはグレースの元に向かいます。サマンサは、メアリーが自分を見つけて欲しいと訴えかけているのを感じ取っていました。 この映画を無料で観る

【結】- ルール封印された都市伝説のあらすじ4

メアリーの遺体は未だ見つかってなくて、グレースは彼女の遺体を見つけて埋葬してあげるべきだと言います。
帰った来たデイヴィッドは、ビルによって殺されてしまいます。サマンサは、グレースからデイヴィッドが学校に行った事を聞いて向かうことにします。
グレースに車で送って欲しいことを頼みます。学校に到着すると、サマンサはメアリーからの訴えで、遺体がどこにあるか目星がついていました。
メアリーの遺体を見つけて、車に運び入れます。すると何者かが襲ってきて、サマンサは慌てて運転します。グレースはドラッグで気を失ってしまっていました。
サマンサは、ビルに助けを求めて墓地にいることを知らせます。メアリーの遺体を墓地に埋めようとしてると、ビルがやってきます。
手伝うといったビルが、サマンサにスコップで殴りかかります。気絶したサマンサを、目を覚ましたグレースが助けに来ます。しかし、ビルにやられてしまいます。
もう駄目だと思った瞬間、メアリーが現れます。そして彼女はビルを冥界へと引きずり込みます。
サマンサが目を覚ますと、グレースが警察を呼んでいました。ビルは心臓麻痺で死んだことになっていました。
そして彼がメアリーの事件に関与していたことが明白であることを、ニュースキャスターがカメラに向かって喋ってエンディングです。

関連する映画

ホラー映画

みんなの感想

ライターの感想

このホラー映画では、恐怖の場面がいくつか存在します。まずは、ヘザーが死んでしまう場面です。
頬にできたデキモノを潰すと、その中から大量に蜘蛛が出てきます。蜘蛛が体中を駆け巡り、パニックになったヘザーが鏡に頭をぶつけます。
すると、ガラスの破片が顔に刺さって、彼女が皮膚ごと破片を取ります。その悍ましいシーンには恐怖してしまいます。
次に恐ろしいのは、バックを殺しにベッドの下から出てくるメアリーです。恐ろしいメイクをしたメアリーが、酒の瓶を割って、尖った部分でバックを殺していきます。
最後のビルを引きずり込んで行く場面は、意外とロマンチックだったりします。生きてた頃のメアリーの姿になっていて、ビルと青春を思い出すかのように熱いキスをします。
バックにはロマンチックな音楽が流れて、良い雰囲気になります。しかし、急に恐ろしいメアリーに戻って、ビルを引きずり込んで行ってめでたしとなります。
この作品のストーリーは、細かく作り込まれていて、シーンごとに色々なヒントが隠されていながら物語が進行していきます。
犯人が一体誰なのか考えさせられる部分もあって、サスペンス映画のような楽しみを感じることができます。
劇中やエンドロールの曲でロマンチックなのがあって、聞き入ってしまいました。
最後まで見終わって、前作の1と2も見て見たくなりました。ホラー映画の要素のあるサスペンス映画のような作品で、見応えがありました。

映画の感想を投稿する

映画「ルール封印された都市伝説」の商品はこちら