「人狼ゲーム(ビーストサイド)」のネタバレあらすじ結末

人狼ゲーム ビーストサイドの紹介:2014年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟の映画化第2弾。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。

予告動画

人狼ゲーム(ビーストサイド)の主な出演者

樺山由佳(土屋太鳳)、宗像美海(森川葵)、萬田麗子(青山美郷)、平一也(藤原季節)、対馬瞳(佐久間由衣)、榎本亜希子(小野花梨)、小曽根正則(加藤諒)、伊勢淳(育乃介)、柳川祐貴(國島直希)、藤堂由紀彦(桜田通)

人狼ゲーム(ビーストサイド)のネタバレあらすじ

【起】- 人狼ゲーム(ビーストサイド)のあらすじ1

〔1日目〕
…夏休みのある日、樺山由佳が目覚めると、同じ高校3年生の男女合計10名が館内にいました。館は明るく清潔で、近代的な広い建物です。
藤堂が部屋から出ようとすると、部屋の中央のテレビ画面にメッセージが映し出され、
「まだ部屋から出ないでください」
と表示されました。
人狼ゲーム開催が言い渡されます。
【ゲーム内容】
・10人のうち8人は村人で、人狼が2人いる
・毎晩8時に皆で話し合い、人狼を1人投票で決めて、夜9時までにその人を殺すこと
・殺せなかった場合、全員死亡
・殺し方は自由で、6発入りの拳銃も用意してある
・ただし、拳銃は部屋から持ち出さないこと
・人狼は、もう1人の人狼(カードに記されている)と話し合い、夜12時から2時までの間に、村人を殺すこと
・殺せなかった場合、全員死亡
・村人は夜12時から朝6時までは、扉を絞めて自室から出ないこと
・参加拒否したり、建物から脱出したり、他人の役柄カードを見たり、その他ルール違反した者は死亡
・カードは皆のポケットにそれぞれ入っている
・村人の中には、預言者が1人、用心棒が1人、共有者が2人いる
・預言者は毎晩誰か1人を選び、その人が村人か人狼か占うことができる
・用心棒が毎晩1人選び、その人を人狼から守ることができる(部屋を施錠して守る)。但し、自分を守ることはできない
・共有者は、互いのことが村人だと分かる
・人狼を殲滅させれば村人の勝ち、村人の数が人狼の数と同じになったら、人狼の勝ち
・勝った方に1億円支払う(保証する)
というものでした。
…皆の首にはシールが貼られており、ルール違反すると、頸動脈が切れて死亡する仕組みです。
館には充分な食糧と、個室が用意されていました。
樺山由佳は、人狼でした。もう1人の人狼は萬田麗子だとカードに記されています。
【人物】
・樺山由佳…人狼(ついでにいうと主人公)、404号室
・萬田麗子…人狼、ピンクの髪留めをする優等生、401号室
・柳川祐貴…まじめそうな男子生徒、麗子と交際している
・小曽根正則…まゆげの太い男子生徒、403号室
・藤堂由紀彦…オレンジのTシャツに白いワイシャツ姿の男子生徒、406号室
・平一也…パンダ柄のTシャツにアロハ柄のシャツ、409号室
・対馬瞳…ショートカットにロングスカートの私服、407号室
・伊勢淳…坊主頭の男子生徒
・宗像美海…ズボンの私服の女子生徒、408号室
・榎本亜希子…青いカーディガンの女子生徒、伊勢と交際している、405号室

【承】- 人狼ゲーム(ビーストサイド)のあらすじ2

各人それぞれ建物の中を見回りしてみました。個室部屋には写真と名前が書かれています。ただし、鍵の部分が加工されていて施錠できません。施錠できるのは用心棒だけというのは本当のようです。
屋上に出て携帯電話での通話を試みますが、圏外と表示されて無理でした。電池で火を起こして煙を発生させようとしますが、これもできません。尤も、人里離れた場所のようなので、もし煙が出せたとしても人を呼べたかは疑問が残るところでした。
夜8時になり、1回目の投票の時間になります。
亜希子が「私は共有者だ」と言い出し、用心棒に「今夜は私を守ってくれ」と頼みました。みな本当かどうか図りかねます。
麗子の恋人・柳川が「俺に投票してよ」と立候補しました。建物から外に出ると何が起こるのか実験したいと柳川が言い、皆は1回目の対象を柳川にします。
麗子にプロポーズして建物に出た柳川の頸動脈が切れ、柳川は血を噴き出しながら絶命しました。みんなは吃驚し、泣きだす人も現れました。
この建物には、自宅で拉致されてきた人と、自ら望んでやってきた人とがいました。
都市伝説で「8月5日朝6時、新宿高速バスターミナル前に行くと、命がけ人狼ゲームの送迎バスが来る」というのがあり、伊勢と亜希子のカップルはこのバスに乗ってやって来ていました。
夜、由佳は麗子に「誰か1人殺せば、みんな助かるんだ」と言い、殺そうと決意します。一番善良そうな小曽根を狙いますが、用心棒に守られて扉が施錠されており、殺せませんでした。
殺そうと行動したからルール違反にはあたらず、1日目の夜は犠牲者がありませんでした。
〔2日目〕
誰も死んでいないことに、みんな安堵しました。由佳は建物の外に出て死んだ柳川の靴を取り、ご遺族に渡すと言います。
由佳は麗子と午後3時にトイレで待ち合わせしましたが、その時間に伊勢に来てくれと呼ばれました。
伊勢は藤堂と小曽根、瞳と由佳を前に「亜希子が人狼だったんだけど、どうしようと相談を受けた」と言います。伊勢と亜希子は付き合っています。
夜8時の投票の時、由佳が麗子に対して突然「預言者だよね」「(恋人の)柳川に話している会話、聞いちゃったんだ」と言いました。
麗子は預言者宣言をしますが、小曽根も預言者宣言します。

【転】- 人狼ゲーム(ビーストサイド)のあらすじ3

揉めている間に、伊勢が亜希子を人狼だと言ったことが亜希子にばれました。実は亜希子は伊勢の子を妊娠しており、伊勢は亜希子を邪魔に思っていました。
一同にそのことが露見し、投票で伊勢が選ばれます。伊勢は悪あがきして平と揉み合いになり、平のシャツのボタンが取れました。由佳はこっそり拾います。
小曽根が撃ち、続いて亜希子が撃ちますが伊勢に当たらず、最終的に由佳が連発して伊勢を殺しました。拳銃の弾はなくなります。
預言者宣言をした麗子は「亜希子を占った。亜希子は村人だった」と答え、解散しました。
夜、麗子は由佳に「私は最後まで預言者を演じきるから、由佳が殺す役をやってくれ」と頼み、由佳も引き受けます。
用心棒は預言者だと宣言した麗子か小曽根を守っているだろうと予想した2人は、亜希子の元へ行って包丁で殺しました。麗子が口を塞ぎ、由佳が刺します。
〔3日目〕
藤堂が預言者発言をします。なぜ今まで黙っていたとみなに言われ、藤堂は困りました。さらに誰を占ったか聞かれた藤堂は人狼ゲームのルールのことをよく知らないと言い、だから初日は占っていないと言います。
亜希子の死体が発見され、預言者と嘘をついたと言って、亜希子に刺さった包丁を取り上げた小曽根が自殺しました。
亜希子のベッドから麗子の髪留めのビーズが見つかり、麗子が人狼ではないかと疑われます。
麗子は人狼だと認めますが「ここで私を殺すと最低あと2日かかって4人死ぬ」「私を生かせば最短で明日で終わり、死ぬのは2人だけ」と言いだしました。
しかし夜8時の投票で麗子が選ばれました。麗子はもう1人の人狼が誰かを言わないまま死にます。
俺が預言者だと藤堂がもう1度言い、今晩由佳を占うから守ってくれと、用心棒に向けて頼みました。
夜、藤堂の部屋へ行くと施錠されておらず、由佳は鉛筆を藤堂の目に刺して殺害します。
〔4日目〕
藤堂が殺されたことで、由佳が疑われます。由佳は「女ひとりじゃ男を殺せない」と主張しました。美海と瞳も納得します。
由佳は平に「人狼じゃない証拠を見せろ」と詰め寄り、平は「共有者で、亜希子の相棒は俺だった」発言をしますが、亜希子が死んだので立証できません。

【結】- 人狼ゲーム(ビーストサイド)のあらすじ4

藤堂の握りしめたこぶしに平のボタンがあるのを、瞳が見つけました。追いつめられた平は自分のカードを見せようとし、見るとルール違反になるので、由佳と瞳と美海は慌ててそっぽを向き、しまうよう言いました。
夜8時の投票で平が選ばれ、平は外に走り去って頸動脈が切れ、死にます。
館にいる間に、ロケンローラー(「ロックンローラー」の由佳なりの言い回し)志望の由佳は、絵が上手な美海と親しくなりました。
美海は由佳が歌う曲(『全裸は私の制服』)を真似して「むきだせよ おいむいてみろよ はきだせよ おいはいてみろよ」と歌ってみます。
夜、「タイマン勝負よ」と由佳は美海を殺しに行きますが、施錠されていました。誰も死にませんが、殺しに行ったのでゲームはクリアします。
・人狼…樺山由佳と宗像麗子
・預言者…藤堂由紀彦(ルールを知らないというのは本当だった)
・共有者…平一也と榎本亜希子
・用心棒…対馬瞳
でした。
瞳は目立たない存在でした。現場の状況を見て、自分に優しくしてくれた相手を選んでいました(本能に忠実だった)。
〔5日目〕
朝、由佳は美海に自分が用心棒で、自分が美海を守ったと言います。しかし嘘はすぐにばれました。
美海は「もし用心棒だったら、昨晩3人になった時点で言えたはず」と言います。
由佳は「初めての人狼ゲームだったから、よく分からなかったのだ」と言いますが、「うそつき、そんなのロックじゃないよね」と美海に指摘されました。
由佳は「人狼ゲームは3回目、麗子は2回目だった。ゲームに勝っても解放されない」と言います。
その日の投票で、瞳は由佳をさし、由佳は瞳をさし、美海は…瞳をさしました。「なぜ?」と問う瞳に「このクソみたいなゲーム、あと2回も続けられる?」と美海は瞳に言い、瞳も納得します。
瞳が死んだことで村人と人狼の数が同じになり、人狼の勝利となりました。美海の頸動脈も切れて死にます。
テレビ画面に「人狼が勝利しました。追って、賞金1億円をお支払いします」と表示されました。
夜、由佳はノートに「犯人、殺る」と書きます。
〔6日目〕
由佳は全員の遺品を集めます。美海がノートに由佳のイラストを描いているのを見て、由佳は泣きました。
坂道をくだりながらみんなの遺品をばらまきつつ、由佳は去りました。
(生き残ったのは樺山由佳のみ)

みんなの感想

ライターの感想

『人狼ゲーム』の映画、第2弾。
前作での主人公の結末がそうだったが、『人狼ゲーム』をクリアして解放されるためには、「村人」で勝利しても駄目なのだ。解放されず、人狼側にまわされるだけ。
「人狼」で勝利しないとならず、そして…「1人で勝利すること」も条件にあるのかも。
たぶん「私(由佳)は3回目、麗子は2回目」という発言は嘘ではないと思われるので、そうなると仮に人狼で勝利しても「2人で勝利」した場合は、解放されないのだろう。
そのために由佳は早期の段階で、同じ人狼である麗子を「預言者だ」と告げる。
皆の判断をミスリードさせることと、人狼と露見した場合に矢面に立たせることの2つの要素を含めて。
遺品をばらまきながら建物を去った由佳の今後だが、ノートに前日の夜に記したとおり、『人狼ゲーム』主催者を見つけて殺すのであろう。
劇中で何度も歌われる『全裸は私の制服』、「あちい! あちい! 全裸 たった三つの音でしかない 別に真面目に言うほどのことじゃない なっちゃえばいいと思うんだよね」
この歌、局所局所で主人公・由佳がつぶやくのだが、妙に頭に残る。ある意味名曲かも。
  • オオカミさんの感想

    瞳が納得して死んだと書いてあるが、全然納得していないし思いっきり抵抗していた。
    あと由佳の3回目発言は嘘。
    公式サイトのストーリーに2回目と書いてあり、由佳のモノローグ形式なのでここで嘘をつく理由がない。
    自分が人狼だということが明白になった由佳が、美海を絶望させて自殺に追い込むために3回目と言ったと思われる。
    作品後の由佳が主催者側を捜し復讐することは無いだろう。
    基本的に冷酷で頭が良い人物なのでそれがほぼ不可能だと理解しているだろうし、そもそも主催者側をそこまで恨んでいるとも思えない。
    全員の遺品を捨てているところからもそれがわかる。
    まぁ行方不明で処理される人間の遺品などという面倒な物を、主催者側が素直に持ち帰らせるとも思えないが。
    もし由佳が主催者側を探すとしたら、それはもう一度人狼ゲームに関わるためだろう。
    参加者としてか主催者側としてかは分からないが。

映画の感想を投稿する

映画「人狼ゲーム(ビーストサイド)」の商品はこちら