「仄暗い水の底から」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

仄暗い水の底からの紹介:2002年公開の日本映画。鈴木光司の短編集の一編「浮遊する水」をモチーフに、『リング』を手掛けた中田英夫・監督が映画化した。「水」をモチーフに身近な恐怖から娘を守ろうと奮闘する母を描いた恐怖の作品。

この映画を無料で観る

仄暗い水の底からの主な出演者

松原淑美(黒木瞳)、松原淑美〔幼少期〕(碇由貴子)、浜田邦夫(小日向文世)、松原郁子(菅野莉央)、浜田(松原)郁子〔高校生〕(水川あさみ)、河合美津子(小口美澪)、岸田弁護士(小木茂光)、太田(徳井優)、神谷(谷津勲)、弁護士(吾羽七朗)

仄暗い水の底からのネタバレあらすじ

【起】- 仄暗い水の底からのあらすじ1

淑美は幼い頃、仕事に忙しい母に育てられて孤独な少女時代を過ごしました。そのため幸福な家庭を持つことに憧れていました。
しかし実際には夫・浜田とうまくいかず、結婚6年めにして家庭裁判所で離婚の調停中です。5歳になる一人娘・郁子の親権をめぐって浜田と争っていました。
裁判で少しでも有利にしようと、淑美は中古の分譲マンションを購入し、三ツ葉出版への就職を決めます。
しかし郁子と暮らし始めた淑美は、マンションで奇妙なことに悩まされ始めます。
マンションの部屋は3階にもかかわらず、当初から湿気がひどいところでした(一般的に1階が最も湿気がこもりやすく、上層階になるほど湿気は少なくなります)。 この映画を無料で観る

【承】- 仄暗い水の底からのあらすじ2

暮らし始めてすぐ、寝室の天井から雨漏りが始まります。管理人や不動産屋に言っても聞き入れられません。
頭痛薬を服用しようと水道水の蛇口を開くと、水に髪の毛が1本入っていることもありました。
305号室に住む淑美は、雨漏りがひどいので真上の405号室を訪問しましたが留守です。しかし何かがいる気配はしました。
同じ頃、近くの幼稚園に通い始めた郁子の様子も奇妙になります。ひとりごとが多くなり、屋上で見つけたうさぎのプリントされた赤いバッグに執着しました。
近所の電柱の貼り紙で、淑美は郁子と同じ幼稚園に通う少女・美津子が2年前に行方不明になったことを知ります。美津子は真上の階に住んでいた住人でした。

【転】- 仄暗い水の底からのあらすじ3

美津子が行方不明になる直前に、美津子の母は家を出たそうです。それ以降、美津子は仕事で忙しい父と暮らしていました。淑美は自分の幼い頃と重ね合わせて、美津子の孤独を知ります。
郁子が幼稚園で突然倒れ、熱を出します。淑美は美津子が郁子を連れ去ろうとしていると考えました。405号室を訪れた淑美は、施錠されていない部屋に入ります。そこは一面水浸しの部屋でした。
引っ越しを考えた淑美は、弁護士・岸田に相談します。何度も移転するのは裁判で不利に働くと判断した岸田は、理詰めで冷静に対応しました。管理人と不動産屋に連絡を取って405号室に立ち入り、問題は一旦解決します。
しかしその後も奇妙な現象は続きました。

【結】- 仄暗い水の底からのあらすじ4

美津子が行方不明になった日が屋上の貯水槽点検の日と一致すると突き止めた淑美は、美津子が貯水槽で溺死したと悟ります。
その頃風呂場に蛇口から汚水が流れ込み、郁子が水にひきずりこまれました。
風呂場で倒れている郁子に息があるのを確認した淑美は、郁子を抱いてエレベーターへ逃げます。ところが倒れていた少女は美津子でした。郁子は淑美を追って、エレベーター前まで来ます。
淑美は自分が犠牲になろうと決断し、淑美は郁子の目前で連れ去られました。
…10年後、高校生の郁子は幼少の記憶がおぼろげです。昔住んだマンションに入った郁子は、当時そのままの淑美と再会して、淑美が郁子を守るため犠牲になったことを知りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「仄暗い水の底から」の商品はこちら