「女優霊」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

女優霊の紹介:1996年公開の日本映画。映画撮影所を舞台に、過去のフィルムに映っていた女優の幽霊にまつわる怪異について描いた作品。中田秀夫・監督のデビュー作にあたる。

この映画を無料で観る

予告動画

女優霊の主な出演者

村井俊男(柳ユーレイ)、黒川ひとみ(白島靖代)、村上沙織(石橋けい)、フィルムの女(李丹)、大谷(大杉漣)、関川(サブ)、六さん(高橋明)、定岡(芹沢礼多)、友保(染谷勝則)、粕谷(吉田祐健)、筒見トキコ(根岸季衣)

女優霊のネタバレあらすじ

【起】- 女優霊のあらすじ1

監督になったばかりの村井は、自分のデビュー作となる作品の撮影に意欲的でした。
自分がひそかに好きな女優・ひとみを口説いて映画に出てもらい、セットも組まれ、カメラテストも順調です。
ところがそのテストフィルムを再生してみると、途中からまるで別の映像が映っていました。未現像のフィルムの上に、重ねて焼いてしまったようなのです。
しかし村井はその別の映像に見覚えがありました。小学生の頃に、テレビで見たような気がするのです。
そんな村井の思いをよそに、撮影は順調に進んでいきました。しかし撮影所では、少しずつ奇妙な出来事が起こります。 この映画を無料で観る

【承】- 女優霊のあらすじ2

村井はロケバスの窓に、テストフィルムの女優の背後にいた、白い服を着た髪の長い女を見ました。他のスタッフや出演陣も、何となく人の気配を感じます。
撮影が佳境に入る頃、女優・沙織がふざけてのぼった三重(さんじゅう 撮影所の天井すぐ下に設けられた通路)から転落死する事故が発生しました。
沙織が転落する直前、村井は髪の長い女の影を見た気がします。またスタッフの1人も、沙織が落ちる時に誰かがしがみついていた気がするという発言をしました。
実家の母に電話をした村井はテレビで見た記憶があるのは小3の頃、昭和46年と突き止め、当時の新聞を調べます。

【転】- 女優霊のあらすじ3

村井の記憶にあったのは実際には放送されなかったものでした。
そして女優・城野由紀子が沙織と全く同じ第8スタジオで、全く同じ死に方をしていました。
ラストシーンの撮影中、ひとみはセットの隅で沙織の生首を見て、絶句します。沙織の控え(代役)の女性は何かに取り憑かれたようにケタケタ笑いました。
村井は転落死した女優が出演する予定だったドラマの内容を知ります。
それはサスペンスドラマで、母と息子が「家の天井裏に誰かいる」という設定で2人だけの遊びをするのですが、母に新たな男ができ、息子が邪魔になった母が、天井裏の架空の女は実際にいると思い始める…という話でした。

【結】- 女優霊のあらすじ4

ところが実際に撮影に入ると「いるはずのない架空の女」が見えると現場で話題になります。長い髪の女は、その「いるはずのない架空の女」でした。
村井はセットの三重に秘密が隠されていると思い、現場に行きます。するとひとみが三重にのぼっていて、慌てて村井は三重にのぼりました。
村井の目の前で、ひとみは長い髪の女になり、村井はどこかへ連れ去られます…。
そのまま村井は行方不明になりました。助監督とともに村井の部屋を訪れたひとみは、洗面所でだれもいないのに人の気配を感じました。
(エンドロール)長い髪の女が、三重から見下ろしつつ、ケタケタ高笑いしています…。

みんなの感想

    ホチムさんの感想

    最後の女が高笑いしたのがこわかったー(・∀・

映画の感想を投稿する

映画「女優霊」の商品はこちら