「富江アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

富江 アンリミテッドの紹介:2011年公開の日本映画。伊藤潤二による原作コミックを下敷きにした『富江』劇場版シリーズ第8弾。『片腕マシンガール』などで海外でも高い評価を受ける井口昇監督が残酷かつ奇怪な世界を描く。人気アイドルの仲村みうが富江に扮し、これまで富江を演じてきた女優の中で一番原作に近いと評判を呼んだ。

この映画を無料で観る

予告動画

富江アンリミテッドの主な出演者

月子(荒井萌)、富江(仲村みう)、佳恵(多田愛佳)、下田俊夫(大和田健介)、飯塚政史(大堀こういち)、飯塚喜美子(川上麻衣子)

富江アンリミテッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①月子は姉・富江の美貌が羨ましかった。その富江は工事現場から落ちて来た鉄骨が刺さり、月子の目の前で死亡する。しかし一周忌を迎えた頃、何事もなかったかのように富江は戻ってきた。 ②戻ってきた富江はわがまま放題。両親はそれでも見入られ、狂ったように富江を殺してバラバラにした。 ③月子の学校に転校生として富江が現れ、さらに親友・佳恵も富江になり、月子も富江に吸収された。

【起】- 富江アンリミテッドのあらすじ1

月子は県立花田ヶ丘高等学校の写真部に所属する、平凡な女子高校生です。いつもニコンの一眼レフでいろんなものを撮影しています。
ある日、月子は親友の佳恵(よしえ)と共に、工事現場を撮影していました。その時に、帰宅途中の姉・富江と俊夫先輩が一緒にいるところに遭遇します。
月子は柔道部所属の俊夫先輩のことが好きですが、俊夫先輩は富江のことが好きです。
富江に頼まれて、月子は富江の写真を撮りました。しかし内心では、地味な自分と違ってまぶしいくらいの美しさを誇る姉・富江のことがねたましくてなりません。
月子の心中を察したかのように、富江が「写真って、撮ってる人の心次第で、美しくも醜くもなるらしいわよ」と声をかけます。
姉・富江の言葉にどきっとした月子は、工事現場のビルの屋上から鉄骨が落下するのを見ました。次の瞬間、鉄骨は十字の形をしたまま、姉・富江の身体を斜めに貫通します。
富江は月子の目の前で死に、月子は悲鳴をあげてカメラを取り落としました。カメラは落としても、勝手に富江を撮り続けました…。
…1年後。
姉・富江の死後、月子は夜毎おなじ悪夢にうなされる生活を送っています。両親も月子を心配していました。
その日は姉・富江の誕生日でした。亡き富江のためにバースデーケーキを買った両親は、「生きていたら18歳だわね」と言いながら富江をしのびます。
両親にとっては、富江は自慢すべき娘でした。ですから「もし生きてたら成人式も」「もし生きてたら結婚式も」と、いつまでも話が続きます。それに比べて、月子は昔からあまり両親に可愛がられていませんでした。
富江の死を嘆く両親を前にして、月子は「死んだのが自分の方がよかったのではないか」と思わざるをえませんでした。
佳恵から携帯に着信があり、明後日の柔道の試合を月子に撮ってほしいと、俊夫先輩から依頼があったと聞きます。
月子の思いを知る佳恵は、「もう富江が死んで1年になるのだから、そろそろ俊夫先輩にアタックしてもいいのではないか」と月子に言いました。
その会話中に玄関のドアチャイムが鳴ります。月子は電話を切り、玄関のドアを開きました。
玄関の影に向かって誰かと問うた月子は「私よ。富江」という言葉に、いたずらかと思って両親を呼びます。
ドアを開くと、そこには生前と全く同じ姿の富江が立っていました。あぜんとする月子をよそに、両親は喜んで富江に抱きつきます。 この映画を無料で観る

【承】- 富江アンリミテッドのあらすじ2

「私、お腹空いちゃった」と言う富江に両親はバースデーケーキを勧め、ひと口食べた富江は「まずい」と言って「キャビアが欲しい。フォアグラが欲しい」とわがままを言いました。
それでも両親は嬉しく、父が「明日買って来る」と富江に声をかけました。富江は、月子が撮った富江の写真が飾られているのを見て、写真立てを割ります。
戻ってきた富江を前に、月子はまだ信じられませんでした。お風呂に入る富江を覗き見た月子は、富江の肩に傷がないのを確認します。肩…鉄骨が刺さった左肩の鎖骨の部分です。
月子が覗いていたことを知る富江が「一緒にお風呂に入ろうよ」と月子を誘いました。月子が断ると「そっか。気持ち悪いか、一度死んだ人とお風呂なんて」と言って無邪気に笑いました。
帰って来た富江を、両親は溺愛します。富江にステーキを食べさせながら、父は富江の髪の毛をやさしくつまんで、しゃぶっています。
その光景の異様さに、月子は思わず父に声をかけました。父は我に返ったものの、開き直って「お前は妹なのに、嬉しそうじゃないぞ」と怒ります。
母は富江に指示された通り、庭で富江の写真を焼いていました。「思い出の写真なんてもう必要ない。思い出なんて、これから作っていけばいいじゃない」と富江は言います。
何かが狂っている…そう感じながらも、月子は確信を持てずにいました。あるいは自分のほうが狂っているかもしれないと思っていたからです。
富江は「お父さん、この子(月子)にはしつけが必要よ」と言って、切り取ったアイロンのコードを渡し、父は月子を鞭打ちました。
その後、風呂に入っていた月子は、富江が一緒に入ろうとしても拒めませんでした。
富江を前に「誰からも必要とされていない私が、あの時死ぬべきだった」と言った月子は、富江に「そんなこと言うあなたは素敵よ」と慰められ、キスされます。
富江にキスされながら、月子はふと富江の左肩に傷口ができ、そこから舌が生えているのを見ました。傷口は小さな顔になります。
気持ち悪さにその小さな顔を攻撃して月子は風呂から出ますが、続いて出てきた富江の肩には、何もありませんでした。
富江は気分を害して出て行くと言い出し、両親は駄目だと止めます。「どうせ実の子じゃないし」と言う富江を、父がナイフで刺しました。
その後、取り憑かれたように、父と母は風呂場で富江をばらばらに切断します。月子はそれを見ているしかできませんでした。

【転】- 富江アンリミテッドのあらすじ3

翌朝、3人とも疲れて居眠りをしていましたが、月子が目覚めて学校に登校しようとすると、母が止めます。
「弁当を持って行かないと不自然に思われるだろう」と言って、慌てて作り始めた母の身体に付着していた富江の頭皮が、白米に落ちました。
その日、月子のクラスに転校生がやってきました。柊富江と名乗る女子生徒は、姉・富江と瓜二つです。月子はびっくりしますが、親友の佳恵は「ただの偶然だろう」と取り合いませんでした。
昼食時、弁当箱を開けた月子は、白米に小さな富江の顔が6つ並んでいるのを見て驚愕します。慌てて蓋を閉め、ごみ捨て場に捨てに行きました。
月子の様子がおかしいことに気づいた佳恵が後を追い、ごみ捨て場で奇妙な鳴き声を聞きます。可燃ごみのある部分が動いており、黒いビニール服をどけると現れたのは弁当箱だったので、佳恵はほっとしました。
しかし弁当箱を開いた途端、6つの富江の小さな顔から舌が伸び、佳恵の口に突っ込まれ、佳恵は窒息死しました。
何も知らない月子は、午後になっても佳恵が戻ってこないのを心配します。
その頃家では、ごみ箱に捨てた富江の生首がしゃべり始め、父に「まずは、やるべきことをやりましょう」と言いました。父は母を見ます。
放課後、月子が柔道部の俊夫先輩と会話している最中に、転校生の富江が道場破りに来たと宣言しました。富江はセーラー服のまま男たちに挑み、次々に投げ飛ばします。
俊夫先輩は誘惑され、富江に押し倒されて皆の前でキスされました。
月子は転校生の富江に「俊夫先輩に近づかないで」と注意しますが、富江はそれを無視して校外に出ると、見知らぬサラリーマンの腕を取って去っていきました。
帰宅した月子は、母の姿がないことに気づきます。父は「母は留守だ。富江の死体は、山に捨てて来た」と言いました。
しかし父は部屋で、富江の生首を育てていました。富江の生首からは脊髄ができ始めており、キャビアを食べながら「先に身体が欲しい」と父に訴えます。
父は、母の死体をハサミで切り、富江はそれを見て哄笑しました。
翌日から転校生の富江は俊夫先輩とべったりくっついていました。月子は内心ショックです。
暗室で現像すると、転校生の富江の肩のところに白い影を見つけました。

【結】- 富江アンリミテッドのあらすじ4

その時、いなくなっていた佳恵が姿を現すと「新しい親友ができた。富江ちゃんよ」と言い、肩口に生えた小さな顔(小さな顔だけの富江)を見せます。
佳恵は月子が好きで(同性愛)、俊夫先輩に奪われたくないと思っていました。富江は俊夫と月子の仲を邪魔したいようです。
柔道部に行くと、俊夫先輩は富江とどこかに姿を消していました。柔道部員は、肩に富江がついた佳恵を、カッターナイフや植木ばさみで攻撃します。
他の部員が押さえ、1人の柔道部員が、佳恵の首を植木バサミで切断しました。すると富江が首の切断部分から生えてきて、柔道部員は皆「富江さん」と言いながら追いかけます。
月子は、俊夫先輩が富江を笑いながらカッターで刺している現場を目撃します。「富江を殺せ」という声が、皆の頭の中に響いていました。
思い余った月子は俊夫先輩をカッターナイフで刺し、「私の前から消えて」と言いながら富江の顔も刺します。
しかしそこへ本体が佳恵の富江が現れました。月子は柔道部の部室に逃げ込んで鍵をかけますが、部屋の中のごみ箱からも富江の顔が現れます。
ごみ箱から出てきた富江の生首は、小さな富江の顔をたくさんぶらさげていました。さらにロッカーからも転校生・富江が、背後からは本体が佳恵の富江が現れ、月子に詰め寄ります…。
…夢を見ていた月子は、目覚めてから両親にその話をしました。そこで両親に「ありもしない現実」と言われます。
両親から「お前はひとりっ子だ」と言われた月子は、では今までのことはなんだったのだろうと一瞬混乱しました。
そこへ巨大な富江の顔が扉の向こうに現れ、むかでのように富江の顔だけが連なった虫のような富江(むかで富江)が複数やってきます。
階段の上からは俊夫先輩が現れ、佳恵も出てきます。俊夫先輩も佳恵も階段から落ちて、むかで富江に食べられました。佳恵に至っては、むかで富江に争って、上半身と下半身がちぎれます。
自室に行った月子は、巨大な富江の目ににらまれ「月子の愛する人を奪うのが目的だった」と言われました。
富江は月子を吸収したがっていました。それを知った月子は「分かったわ。あなたは私を必要としてくれる」と言うと、むかで富江に食べられます…。
…そして、大量の富江ができました。ドアから出て来たたくさんの富江は、街のあちこちに散らばります。
ある富江はサラリーマンに声をかけられて、夜にはそのサラリーマンに刺されます。
「必要とされてるわよ、月子」と言って笑う富江の声が、いつまでも聞こえていました。
(エンド後)富江の笑い声。

みんなの感想

ライターの感想

今作品は『富江』シリーズの中で最もグロテスクなのではないか。とにかくエグい。グロな描写が苦手な人にはオススメしない。
いちばん気持ち悪いのは終盤で出てくる、数珠つなぎになったむかで富江なのだが、その前の「生首に脊髄生えてます富江」もかなりグロテスク。
肩から生えた小さな富江も気持ち悪いし、弁当箱に入った6つの富江も見てて「うわっ」だし…。
…そう、今作品は徹底的に「グロテスクな描写」に重きを置いた作品。だから内容なんかどうだっていいのだ。
そういえば冒頭からいきなり「鉄骨に串刺し」もグロだった…このシーンは『オーメン』の神父さん串刺しから着想を得たのだろう。鉄骨が十字架の形してるし。
む、ということは、今作品での富江は悪魔だったのか。なるほど。

映画の感想を投稿する

映画「富江アンリミテッド」の商品はこちら