「少女たちの遺言」のネタバレあらすじ結末

少女たちの遺言の紹介:韓国の女子高を舞台に思春期の少女たちの切ない想いを描いたコリアン・ホラー「女校怪談」シリーズの第2作で、1999年公開の韓国のホラー映画。共同監督/脚本は「レイトオータム」「家族の誕生」のキム・テヨンと「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」「背徳の王宮」のミン・ギュドン。主演の3人はともに本作が映画デビュー作で、2000年韓国映画評論家協会賞、百想芸術大賞新人女優賞を獲得しています。音楽は「八月のクリスマス」「春が来れば」のチョ・ソンウ。英題は「Memento Mori(死を想え)」。

少女たちの遺言の主な出演者

ミナ(キム・ミンソン)、ヒョシン(パク・イェジン)、シウン(イ・ヨンジン)、ジウォン(コン・ヒョジン)、ヨナン(キム・ミニ)、コーラス部部長(ハン・スンヨン)、国語教師コ(ペク・チョンハク)、ミナの担任(イ・ヒョンスン)、生物教師(メン・ボンハク)など。

少女たちの遺言のネタバレあらすじ

【起】- 少女たちの遺言のあらすじ1

マザーグース風の詩を呟きながら、手の込んだ日記を一心に書く少女。
脚を赤い紐で縛り、水中に飛び込む2人の少女。けれど、1人がその紐を解き、追いすがるもう1人の肩を蹴り、一気に浮上していく…。
それは、学校のプールで1人泳ぐ、シウンの幻想でした。

垣根を越え登校したミナは、手洗い場で赤い日記帳を見つけて持ち帰ります。それはロマンチックで背徳的な扉から始まり、手の込んだ細工や配色で緻密に描かれた日記で、レズビアンと噂されるヒョシンとシウンの物らしく、楽しそうな2ショット写真が大量にコラージュされていました。

教室では、元気でひょうきんなジウォンが、相方でコーラス部のヨナンのビデオカメラでクラスメートを撮り、あちこちで笑いが起こる中、シウンが戻りますが、椅子に置かれたプレゼントには興味がないようです。その後、ビデオカメラは没収されます。

ヒョシンはミナとは違うクラスで美しく大人びた子でしたが苛められていました。また、シウンは、スレンダーで中性的な顔だちの同級生ですが、辛辣で他を寄せ付けないタイプでした。孤独な2人は互いに惹かれあい、友人以上の関係だったのです。
交換日記は、2人でトイレの個室に隠れていたのを見つかり、プール掃除の罰を受けた時、ヒョシンが言い出したことで、シウンは書くのが苦手で乗り気はしませんでした。
立ち入り禁止の屋上で2人は恋人同士のように過ごします。シウンは耳が悪く、医者から陸上を止めるよう言われている悩みを、ヒョシンは時折死にたくなることを打ち明け、子供のようにふざけ合い、陽が傾くまで2人の世界に浸っていたのです。

けれど、ここ1カ月は会わないままで、職員室で顔を合わせた時、2人はまだ心で語り合う”テレパシー”が通じることを確信しますが、ヒョシンは没収されたビデオカメラを黙って持ち去ります。

一方、授業をさぼって保健室で日記を読みふけっていたミナは、仕掛けられた「元気が出る薬」の金平糖を食べ、頓服の黄色い粉「私を愛さなければ死ぬ毒薬」を知らずに舐めてしまいますが、解毒剤は制作中のようで怯えます。またヨナンからは、ヒョシンはピアノ担当のコーラス部員で、最近シウンとはうまく行ってないようだと聞いていました。

その時、シウンが現れ、知らぬ間に隣のベッドにいたヒョシンと話し始めたため、ミナは盗み聞きします。ヒョシンはビデオでふざけながら保健の先生に妊娠の症状のようだと言われた、私たちの子供よと笑いますが、シウンは笑わず話があると連れ出します。

2人が屋上へ来たのは1カ月ぶりでした。ヒョシンはビデオカメラでシウンを撮りながら誕生日おめでとうとはしゃぎますが、シウンは笑いません。が、ヒョシンが死を匂わせやり直そうと言うと微笑みで応えます。ヒョシンは抱きついて喜びますが、シウンの表情は硬いままです。

身体検査で騒がしい中、シウンが戻ってプレゼントを開けますが、それはヒョシンからの誕生日プレゼントの陸上用シューズで、他にもプレゼントがあると書いた手紙も入っていましたが、彼女は興味なさげです。その後の聴力検査では、ミナがシウンに”テレパシー”を送り切り抜けますが、やはり彼女は無表情です。

その最中、突然廊下に生徒の叫び声が響き、生徒たちは廊下の窓に駆け寄り、中庭の石畳に駆けだします。中庭の石畳には血塗れのヒョシンが息絶えていました。震えるミナは屋上にシウンの姿を見た気がしました。 この映画を無料で観る

【承】- 少女たちの遺言のあらすじ2

検査は中止され、教室には赤いカナリアが舞い込み大騒ぎになります。もう1人自殺者が出れば廃校になると言う噂が流れ、残された恋人シウンにもあからさまな好奇の目が注がれますが、彼女は冷静でした。ミナはシウンをかばい、日記を返そうと彼女を追います。

総ガラス天井の吹き抜けになっている中央広場の廊下を広場を挟んでシウンを追うミナ。シウンの脳裏に浮かぶヒョシンとの思い出がミナにも見えます。けれどその中にはヒョシンが国語のコ先生とふざけ合うシーンもありました。

彼は国語の詩の授業で、ヒョシンが即興で美しい詩を語った時からその芸術的な感性に魅かれ、男女の関係となったのです。悪びれもせずコ先生との関係を認め、彼女とも別れたくないと言うヒョシンを、シウンは仕方なく許します。が、暗い教室で愚痴をこぼして泣くだけのコに傷ついたヒョシンは、シウンに慰められるうち、彼への興味を失っていきます。

一方、シウンを追って屋上へと行ったミナは、出入口の隙間から屋上を走るヒョシンを見て驚き、その脇の暗い用具室でシウンを見つけます。
ミナは2人が屋上に行くのを見たと言いますが、シウンは無表情にそれがどうした、あなたも死にたい?と答え、聴力検査の事も余計なことしないでと言い捨てて去ります。

ミナはジウォンとヨナンに日記の事を打ち明けますが、ヨナンにはヒョシンをからかって手ひどい反撃を受け、掴み合いの大喧嘩になった過去があり、その時、ヨナンを一方的に叱ったコ先生も含め、彼らに同情するミナに怒り、戸惑うジウォンの前でケンカになり、決裂してしまいます。ミナはその時、「日記帳を返して」と言うヒョシンの声を聞き、怯えます。
ほどなくして、ミナとシウンはコ先生に呼ばれて事情を聞かれますが、シウンはヒョシンとは昔は仲が良かったと言い、ミナは彼女が飛び降りた時、シウンと一緒にいたと偽証します。

ミナはヒョシンのロッカーに日記を返しに行きますが、中にいた血塗れの彼女に睨まれ、悲鳴を挙げて逃げ出します。返せないまま元の場所に置き教室に戻りますが、日記は自分の机の上に戻っていました。そこには「きっと後悔するはず」「Memento Mori-あなたを守る呪文」「死を記憶しろ」という言葉が書かれていました。

「メメント・モリ…」と繰り返し取り憑かれたようにつぶやく彼女をヒョシンが見つめています。やがて彼女の手がミナの身体を這いまわり、彼女は叫び声をあげ気を失ってしまいます。
保健室で目覚めた彼女は、トイレで2人の楽しそうな笑い声を聞きます。

【転】- 少女たちの遺言のあらすじ3

中央広場の廊下に逃げたミナは、ヒョシンの幻を追ううち、コーラス部が練習している講堂へと誘われます。彼女たちの美しい歌声の響く中、音楽室で白いアップライトピアノを見つけ、音の出ない鍵盤に気づいて足元の蓋を開けると、弦が取り払われ手の込んだ誕生日のプレゼントの見事な装飾が現れます。

それは、音が聞こえ辛く歌わないシウンに、ヒョシンが弦を切って弾ける音を聞かせ、人にはそれぞれ音があり時には不協和音となる事もある、私たちは素敵なハーモニーだよねと励ましたピアノでした。ミナは、またも”解毒剤”と書かれた瓶入りのカプセルを飲んでしまいます。

そこにやってきたシウンは、必死で解毒剤を探しますが見つからず、代わりにミナが嘔吐して苦しみ始めます。シウンは、彼女を放ったまま生徒の席で赤い日記を読み始め、回想します。

コ先生に冷めたヒョシンは、前にも増してシウンを求め束縛しますが、逆にヒョシンへの気持ちが冷め始めたシウンは、彼女を避けるようになっていきました。
ヒョシンは、授業中の罰の最中に手を繋いで見せたり、教室で長いディープキスをして満足しますが、教師に殴られ、クラスメートに疎外されるのはいつもシウンだけでした。その度ヒョシンは悲恋のヒロインのように振る舞いますが、シウンは消えてしまいたいほど居たたまれなくなるのです。

そしてついに、ある日の授業中、教室の前扉から堂々入り、教師を無視して自分に手を振るヒョシンを、シウンは無視してしまいます。自分のクラスに逃げ帰ったヒョシンは日記に何度も書き、謝るシウンにもすねて見せます。シウンは静かに切れ、日記を破り捨てたのです。
シウンは、ヒョシンが死んで以来、初めて声を出して泣いていました。

一方、コ先生を密かに想っていたジウォンは、直接彼に身の潔白を証明しろと怒って問い詰めますが、平手で殴られ、トイレの個室で泣いていたところ、ドアが乱暴に開き怯えます。が、その後に入った生徒が閉じ込められ、別の個室の便器には血だまりと赤いカナリアの死骸が現れ、騒ぎとなります。

その頃、外は激しい雷雨となり、なぜか正面玄関の扉が開きません。生徒たちは焦り、校内は事態の収拾に現れた教師と生徒でごった返し、騒乱状態に陥ります。

一方、職員室で一人思い出に浸るコの元にヒョシンが現れ微笑みます。コは彼女に「君は楽になった?」と聞きふざけるような仕草をしますが、彼女の姿は彼にしか見えません。

また、それでも練習を続けるコーラス部にヨナンが反発、部長と掴み合いのケンカになりますが、突然明かりが落ち、ピアノを弾いているヒョシンが現れ、部員は悲鳴を挙げて中央広場へと逃げ出します。
逃げ惑う部員たちを見た生徒たちは、完全なパニックとなり、中央広場では水槽が割れ、観葉樹の鉢が砕け、狂乱状態となります。 この映画を無料で観る

【結】- 少女たちの遺言のあらすじ4

薬で弱ったミナは、何度も突き飛ばされ、日記を落とし誰かが持ち去ります。
朦朧とする意識の中で彼女が見たのは、講堂のコーラス部の澄んだ歌声の中、新郎新婦のように祝福されるヒョシンとシウンの姿でした。全校生徒の拍手の中、蝋燭の灯った手作りのケーキをヨナンが2人の前に差し出しますが、2人が嬉しそうに蝋燭を消そうとした瞬間、ヨナンが意地悪そうに笑ってケーキを放り投げる光景でした。

講堂に1人残ったシウンは、ヒョシンとの最期の時を思い出していました。
シウンは、屋上で泣いてすがる彼女に、「あんたは特別じゃない、この恥さらし」と言い捨て、突き放したのです。

一方、中央広場のガラス天井には巨大なヒョシンの顔が浮かび、泣き叫び狂乱する教師や生徒たちを見下ろし微笑んでいました。その顔が遠くに消え去ると同時に扉が開き、生徒らは暴風雨の中散り散りに逃げ出していきます。
コは、一人職員室で手首を切り、息絶えていました。

「1人が死んだら、雨の日にもう1人を迎えに行く…その時にこの薬が役に立つの」
それは音楽室でピアノの弦を切りシウンを励ました時のヒョシンの言葉でした。

ミナが、体中青痣だらけで中央広場のベンチで気づいた時、薬を見つけられないまま、所在なく広場を歩くシウンを見かけます。ミナは”テレパシー”で日記を無くしてしまったことを謝り、シウンは心で、また書けばいいと答え、微笑みます。

けれど彼女の行く先は屋上でした。

気づいたミナはシウンを追いますが、屋上の扉を開けるとシウンではなく、あの日のヒョシンの姿がありました。
彼女はあの時、確かに微笑んでいたのです。

シウンとの楽しい日々を思い返しながら、そして多分、この日が来るのを思いながら。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「少女たちの遺言」の商品はこちら