「幻覚」のネタバレあらすじ結末

幻覚の紹介:ヤクザの兄貴分の女の”毒消し(薬物中毒者を軟禁し症状を緩和させる)”を命じられたタツヤは、女と子分らと共に山奥の別荘に籠るが、女は一度発作を起こすと手に負えず、案内人で狂犬と呼ばれる古参のヤクザは幽霊が出ると怯え、次第にそれぞれの暗部が明らかになっていく…という2005年のホラー・サスペンス。製作総指揮は俳優で知られる竹内力で兄貴分セジマ役で出演。原案/監督は「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説」の宮坂武志、脚本は「死刑確定」「捨て犬」の小谷暢亮と「難波金融伝ミナミの帝王劇場版XIII リストラの代償」の友松直之。音楽は「新・日本の首領」の野島健太郎。主演は「新 影の軍団」シリーズの山口祥行、「エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS」の吉野きみか。

この映画を無料で観る

幻覚の主な出演者

タツヤ(山口祥行)、キミコ(吉野きみか)、ノリコ(三輪ひとみ)、アキラ(舘昌美)、ロブ(加藤知宏)、”狂犬”ブンタ(森羅万象)、エミ(矢縄沙弓)など。

幻覚のネタバレあらすじ

【起】- 幻覚のあらすじ1

…毒消し…主にアルコール等の薬物依存症を解消するために、当該病状者を軟禁・拘束し、一定期間、それらの薬物等から隔離することにより、中毒症状を緩和させる行為の隠語…
背中に見事な龍の彫物があるヤクザのタツヤは、ある日、兄貴分のセジマから、彼の女キミコの”毒消し”を命じられ、6日後に迎えに行くと言う約束で山中の別荘に向かう事に。セジマはタツヤにキミコには手を出すなと脅しますが、彼女は、自覚は無いが(禁断症状の)発作となれば嘔吐や粗相もするらしい、面倒見てくれるの?とからかいます。同行するのは、舎弟のアキラと若い女ノリコ、またセジマの子分で初対面の大柄な強面ロブが運転手を務めます。
行きの車中では、件の別荘はかつて組幹部の秘密の遊び場で、案内人の”狂犬”ブンタは、7人殺害したものの精神鑑定で実刑を逃れた精神障害者だと聞き、一同は怯えながらも腹を決めます。

1日目。森の入口で待っていたブンタは、”狂犬”と言う噂にはあまりに不似合いな小太りで人の良さそうな中年男で、別荘までは歩きで4、5時間かかると言い登山用のリュックを背負い、「まいったなぁ」とこぼし理由を聞かれても答えません。皆はスーツに大荷物を抱え、白いスーツのキミコは用意された靴に履き替えしぶしぶ従い黙々と道なき道を進みます。ブンタは無言で時おり方向磁石を確認しことごとくマイペース、キミコは水をガブ飲みしノリコを拒絶します。
道中の森では、キミコが突然「誰かいる!」と怯えて錯乱、全力で逃げ出し、取りすがる男たちを凄まじい力で振り払い、元看護師のノリコが鎮静剤を打って眠らせ連れ戻します。
けれど荷物は置き去りのままブンタが消え、アキラとロブに探しに行かせたタツヤは、下着姿で股間から夥しい血を流している女が草叢に立ち睨みつけているのを見て「エミ…」と呟き愕然とします。それはノリコに呼ばれ正気に戻った時には消えますが、携帯は圏外で、間もなく戻ったブンタは、実は逃げようと思った、でもあんたらが遭難するよな、行きたかねぇけど覚悟決めねぇとなと独りごち、再び一同を連れ歩き始めます。

日が暮れる間際、ようやく一同は霧に煙る木立の中に幽然と聳える別荘にたどり着きます。
それはかなり大掛かりな中庭付きの木造の別荘でしたが庭は荒れ果て、ブンタは秘密の遊び場と言うのは嘘だと一蹴します。けれど室内は片付いていて、いくつかある部屋の一番豪華なダブルベッドにキミコを寝かせ、ノリコがその看護と皆の食事の世話をすることに。
タツヤはノリコにお前は大丈夫なのか?と言い、いきなり注射痕を確認しますが、あったのは幾筋ものリスカ跡で「(覚せい剤は)やってません!」と否定され、逆に森での出来事を問い質され、覚せい剤は数年前に止め、幻覚は1年ぶりだと白状します。ノリコはフラッシュバックは何年経っても突然起こるからと言い、食事の支度に向かいます。
夕食の席で、ノリコは皆にこれから起こるキミコの禁断症状を説明します。普段はイラつく程度だが、症状がピークになると筋肉や関節の痛み、悪寒、痙攣、嘔吐が起こり幻覚を見る、やがてそれが襲ってきて薬を求めて暴れ、別人のようになると言うのです。
するとブンタは突然立ち上がり、幻覚じゃなくてここはほんとにオバケが出るんだ、俺は怖ぇんだよと言い、窓辺から外をうかがい、彼が見せた安産のお守りをからかったアキラを激昂して突き飛ばし謝ります。そのあまりの必死さに一同は慄然とします。
またブンタとノリコが席を外すと、ロブがセジマに試し撃ちをして来いと言われたと数丁の拳銃と実弾を出しますが、タツヤには知らされて無い事でした。
その夜。タツヤは居間のソファでうたた寝するうち、エミの悪夢で目覚めます。彼女は下着姿で股間から夥しい血を流し、金髪のヤクザに犯されながら首を絞められ殺害され、それを見つけたタツヤは、男を顔の判別がつかないほど殴りますが手遅れだったのです。
が、ふと見ると窓の外に痣だらけのエミがいてじっとタツヤを見つめ、目を離すと消えていました。
その時、傍らには包丁を持ったキミコがいて「こんなとこに閉じ込めやがって!あんたの好きにはさせないから!」と叫び、襲い掛かってきます。キミコは駆けつけた男たちを撥ねつけ凄まじい力で暴れ、ノリコの注射でようやく気を失います。
そこにブンタが来て「こんな呪われたとこじゃ良くなるはずがねぇ」と呟き去って行きます。 この映画を無料で観る

【承】- 幻覚のあらすじ2

2日目。タツヤは森の中で拳銃の試し撃ちをした後、残りを子分に任せ帰ろうとした時、森の中にスコップを持って佇むブンタを見かけ、流れ弾に当たるから帰りましょうと声を掛けます。
ブンタは呆然と「このへんに埋めたんだよぉ」と呟いていましたが、彼に気づくと、あの別荘は組が死体を隠すために買ったもので、以前セジマたちと来た時、殺した奴の幽霊が出て1人が狂い死傷者が出た、何体かはきちんと埋葬したが残り2人がどうしても見つからないと怯えます。そしてその時セジマも幽霊を見たから来たがらない、怖ぇんだよ、俺も怖ぇがよ…と呟き、森の奥へと入って行きます。
その夜。キミコはソファでぼんやりしていて、皆も寛いでいましたが、アキラが窓の外に長い髪の女がいる!と騒ぎ、キミコも森で見たのはその女だと言い出します。またブンタは残り2人が成仏してないからだと言いリュックにカンテラで探しに出て行きます。
ノリコは眠るキミコのボタンを外し、ブンタは暗い森ですぐ見つけてやるからと言いながら穴を掘っていました。

3日目の朝。タツヤはぼんやりと居間のテーブルに座るキミコに声を掛けますが、彼女はここにいると捨てられた気がする、セジマは女が好きだから、迎えに来るはずないと泣きます。兄貴はキミコさんに惚れてるからそんなはずないと励ますタツヤにキミコがついと近づいた時、ノリコの悲鳴が響きます。
彼女は1階の奥の廊下で腰を抜かし、窓の外には首を吊った青い制服の女がぶら下がっていました。アキラは昨夜見たのは多分この女だと言いますが、キミコはわからないと言います。そのポケットにはびっしりと恨み言が書かれたメモが入っていました。
死体は男3人で森に埋めますが、作業が終わった時、アキラが半目でぼんやりしているのを見てロブは取り憑かれてるんじゃないかとこぼします。
その帰り、彼らは森で一心不乱に穴を掘るブンタを見て、昨夜の幽霊は自殺志願のOLで、死体は埋めて焼香もしたからけりがついたと声を掛けます。けれど彼はそれは幽霊じゃないと言い掘り続けます。穴はいくつも掘られ、両手も擦り切れ血塗れでした。

その夜、ノリコがキミコの事で話があるとタツヤの部屋を訪ねた時、居間で叫び声がして駆けつけると、アキラは割れたビール瓶を握り、ロブの額は血塗れでした。
ロブはそいつがいきなり殴りかかってきた!シャブ中だ!と激怒し、アキラは、ロブがキミコを狙ってる!全員殺す気だ!と喚き錯乱しています。タツヤは困惑しながらもアキラの腕に酷い注射痕を見つけて激怒、彼を部屋に閉じ込め、荷物から出た覚せい剤を外の水道に流します。
ノリコに手当てされたロブは、タツヤに詫びられても仕方がない、あいつの”毒消し”もやるのか、今日からまた6日なんてイヤだと言われてキレ、ロブは怒って部屋に戻ります。
その時、ブンタはまだ森にいて、鬼気迫る様子で穴を掘り続けていましたが、ふと森の奥の何かを見てふらふらと歩き始めます。
タツヤと2人きりになると、ノリコは、キミコの体を調べたが薬物痕は無く、セジマとの事で追い詰められ、禁断症状に似た状態になっただけで薬物中毒ではないと思うと打ち明けます。
それが真実であってセジマが知っていたなら、そもそも毒消しの必要はないわけで、タツヤは、セジマの腹が読めずにイラついてノリコに口止めし、ブンタに相談して山を下りるか決めると言い探しに出ます。けれどブンタは荷物を残して消えていて、ロブと一晩中探しますが見つかりませんでした。

【転】- 幻覚のあらすじ3

4日目の夜明け。2人は、ブンタが掘った場所で話すうち、ロブがブンタはセジマに命じられ、彼の女に手を出した舎弟も殺してると打ち明け、俺らも気をつけないとと言い、またセジマから、タツヤが自分の女を強姦して絞め殺した兄貴分を撲殺、女を守れなかったことをいまだに引きずってると聞いたと話します。
タツヤにとってはどちらも不愉快な話でしたが、ロブは続けて、人を殺した人間には幽霊が見えると言うが本当かと聞かれ、耐え切れず歩き出すと「この場所は不気味だ、下じゃドンパチやってるのにとんだ貧乏くじだ」とこぼすのを聞いて愕然とし、振り向きます。
彼は「えぇ?セジマさんから聞いてないんすか?森田組と揉めてるみたいで、なんだか俺ら外されたみてぇだなぁ、そんな気しませんか?タツヤさん」と言い、睨め上げます。
タツヤは憤然として無理矢理拳銃を取り上げ、ブンタを探す、見つけたら拳銃で合図をしろと言い分れます。

一方、別荘では、ノリコの水薬を飲んでいたキミコが突然「あんた、セジマに抱かれたんでしょ?」と絡み始めます。キミコは、あんた、薬打ち間違えて人殺したんでしょ?この薬にも毒が入ってんの?と言って彼女に浴びせ、人殺し看護婦のくせにあたしを殺してセジマの女になるつもりかと責め、あんたもセジマに捨てられた、あたしと一緒で地獄行きだと嗤い、背を向けます。
ノリコは鎮静剤打ちますよ!とキレますが、キミコは「打って殺せばいい、人殺し看護婦!」と繰り返し嗤います。ノリコは薬箱の底から別の薬液の注射を出してキミコに打ち、彼女は目を剥いて息絶えます。が、それはノリコの幻覚でした。
ノリコは廊下で再び、窓の外で首を吊る女を見ますが、それは手首を切り首を吊った白衣の自分自身で、廊下には「シャブくださいよぉ」というアキラの声が響いています。彼もまた閉じ込められた部屋の壁に笑いながら何度も額を打ちつけ血だらけでした。
やがて森では、ロブが巨大な穴の底で息絶えているブンタを発見した銃声が響きます。
ロブが、ブンタのお守り袋には彼が殺害したと思われる数人の男の古い写真が入ってると話す中、タツヤは突然ブンタが起き上がりロブに襲いかかる幻覚を見ます。
2人はブンタを埋め、お守り袋と線香代わりの煙草を供えますが、ロブはブンタを失った今、自力で山を下りるなら食料のあるうちにと言い、タツヤはブンタの方位磁石をポケットに入れ別荘に戻ります。
夜になり、キミコはブンタはセジマの兄貴分なのにあんたらが殺した、もうお終いだ、セジマは迎えに来ない、あたしたちは捨てられたと言い、迎えに来ると言い張るタツヤをまだ信じてんの?と嗤います。が、ロブもそれに賛同した事でタツヤがキれ、アキラが狂ったように殴り掛かりますが、タツヤに止められます。ノリコは泣きながらあと2日待つしかないの!と叫びます。
部屋に戻ったロブは、窓の外から見つめる彼によく似た男に「まだ死に足りねぇのか!何回でも殺してやるよ!」と銃を向けますが、男は消え「クソ親父が!」とこぼします。
タツヤとノリコは見つめ合い結ばれますが、彼女の内股には注射跡があり、キミコは2人の喘ぎ声をぼんやり聞いていました。

5日目の早朝。タツヤは銃声で目覚めますがノリコはおらず、ポケットにはブンタの方位磁石が入っていました。
銃声はロブが森に向けて撃っていたものでしたが、話しかけてもうわの空で「殺した父親を撃ってるんです。タツヤさんにも見えてるんですよね?俺にはここに来てからずーっと親父が見えてる」と話します。
彼は、中学の時、酔って母親に暴力を振るう父親を殺したと言い、ナイフだったのがまずかった、頭に10発撃ち込めば出なくなると言い、撃ち続けます。が、タツヤが呆れて去ろうとすると突然振り向いて彼を何発も撃ち、セジマからお前ら全員殺して山を下りて来いと言われた、「おまえェ!外されたんだよォ!」と大声で嗤い撃ち続けます。が、それもタツヤの幻覚でした。
一方別荘では、ノリコが、昨日の事は全部聞いてた、2人で山を下りるつもり?お願い置いてかないで!とすがるキミコを振り払います。
戻ったタツヤは、汚物にまみれ廃人のようになったアキラを、山を下りて兄貴にどうして俺を戦争から外したのか直接聞きに行く、支度しろ!とどやしつけます。アキラはへらへらと聞いていましたが、俺を拾ってくれたタツヤさんには感謝してる、俺、タツヤさんのためだったら命張りますから!と叫び駆け出します。それを追って駆け出したタツヤは、一人にしないでぇ!と取りすがるキミコを振り払い、森へと向かいます。
タツヤが駆けつけた時には、ロブとアキラは互いに銃を向け睨み合っていました。ロブはすでに片手を撃たれ、こいつ狂ってる!キミコとデキてる!と激怒し、アキラはこいつはセジマに俺らを殺せと言われてる!俺らはセジマに捨てられたと泣いています。
真ん中に立ったタツヤが「落ち着け―!お前らァ!」と叫んだ瞬間、アキラの弾がロブの腹を撃ち抜き、2人は弾を撃ち尽くすまで撃ち合い倒れます。タツヤは何度も自らの顔を叩き幻覚だと思おうとしますが、2人の死は現実でした。

【結】- 幻覚のあらすじ4

タツヤは掠れた声で短く叫び、アキラに駆け寄りますが、森に立つエミを見つけて「おめぇを助けられなかったのは、俺のせいじゃないだろうが!」と凄み銃を向けます。
エミは下着で股間から血を流した姿で現れては消え、鬼の形相で追うタツヤを別荘へと誘います。彼の頭の中にはセジマの優しい言葉が響いていて、兄貴が俺を戦争から外すわけねぇんだよ!俺ぁ期待されてんだよ!と凄んでいます。
彼女はキミコのベッドに現れ、次に階段下の廊下に現れ、無表情な冷たい目で彼をじっと見上げていました。「知ってますか?10発撃ち込めば出て来なくなる」…ロブの言葉が響きます。
タツヤは鬼の形相で6発撃ち切り、弾を4発詰め直して撃ち、満足気な笑みを浮かべ階段を降りますが、血だらけでこと切れていたのはノリコでした。
彼が愕然として座り込んだ時キミコが現れ、思わず引き金を引きますが、弾はありませんでした。
2人は一晩かけて森に大きな穴を掘ります。

6日目の朝未だき。
3人を埋め終えた2人は、3本の煙草を供えて別荘に戻り、居間の床に倒れ込んで爆睡、やがて目覚めるとどちらからともなく絡み合い、泥まみれで口づけを貪ります。
彼らはキミコのベッドで激しく求め合いますが、タツヤは、キミコがやがてノリコになりエミに変わっても狂ったように腰を動かし続けます。エミは彼の腹の下で優しく微笑んでいましたが、彼の眼は恐ろしいモノを見ているかのようにギラついています。
その時、庭に白い靴とスーツの男が現れ、出しっ放しになっていた蛇口を閉めます。
タツヤはキミコに跨り激しく腰を振っていましたが、キミコは現れた何者かに怯え「殺される」と呟きます。
タツヤは、ベッドの脇に憤怒の表情で立つセジマを一瞥し「幻覚だ」と言い、再び腰を振り始め、部屋に銃声が響きます。
セジマは2人の死体を子分に引かせ、スコップを持って森に歩き出します。

みんなの感想

ライターの感想

ヤクザ映画と言うべきか、いっそホラーと呼ぶべきか迷うところですが、スタッフは竹内力はじめソレ系の大ベテラン揃いなので、どの店舗でも並んでるのは多分ソレ系の棚と思われる作品です。
途中までマジで”怖い”んですよ、いろんな意味で。
そもそもタツヤの頭が悪く事情を知らな過ぎ、アキラは壊れ過ぎ、ブンタは優しい見た目や物言いとは裏腹に一瞬でヤバさマックスになるおっちゃんで地雷が全くわからない、ソレ系強面デブのロブは喋り始めた途端タツヤの地雷を土足で蹴散らかしプライドを完全破壊、唯一の理性だったノリコの注射痕が見えた瞬間、もうダメだ!といきなり絶望の淵に立たされる。
もしかして蠱毒的な後続決め?まさかの終末モノ?夢オチ?イヤぁ!これどうなっちゃうのー!と期待度マックスで臨んだラストでしたが…まー…多分…これでいいんだと思います(笑)。竹内の兄ぃ、何せ製作総指揮ですから。
アクションシーンは本気度がハンパなく、男女ともに実に見事でカメラも機敏、上下関係にも細かい配慮がされていて、タツヤを幻覚から発狂にまで至らしめる差し迫った疎外感も胸に迫ります。
とにもかくにもキミコ役吉野きみかが絶妙。ド迫力の妖艶さもさることながら壊れ方、暴れ方まで非の打ちどころがない。対するノリコ役三輪ひとみも解説に介護に翻弄される姿が健気で、ちら見えのエミ役矢縄沙弓のまだ幼さが残る顔だちもいい意味で惨い余韻を残します。
毛色の変わったホラー映画をお探しの方には超プッシュ。拾い物です。

映画の感想を投稿する

映画「幻覚」の商品はこちら