「心霊写真部(劇場版)」のネタバレあらすじ結末

心霊写真部(劇場版)の紹介:2015年公開の日本映画。ニコニコ生放送のホラー映画企画で、ユーザーアンケート1位の高評価を獲得したオリジナルビデオ作品「心霊写真部」の劇場版。高校の心霊写真部に入学した女子高生が、心霊写真の謎に迫ってゆく。

この映画を無料で観る

心霊写真部(劇場版)の主な出演者

二宮佳夕(奥仲麻琴)、牧村部長(伊藤陽佑)、リリ先輩(上野優華)、真壁望海(工藤美桜)、真壁晴恵(森田亜紀)、謎の少女(谷内里早)、萩尾瑞菜(戸田れい)

心霊写真部(劇場版)のネタバレあらすじ

【起】- 心霊写真部(劇場版)のあらすじ1

女子高校生の二宮佳夕は、元々霊感の強い少女でした。ある時、佳夕は謎の少女と屋上で知り合いますが、その少女の存在を知る者はほかにいませんでした。
ふとしたことがきっかけで、佳夕はリリ先輩に誘われて写真部に入部します。
しかしそれは、小さいメモで「心霊」と足されている「心霊写真部」でした。
心霊写真部では、牧村部長とリリ先輩が寄せられた心霊写真を研究したり、調査したりする部活です。ここに佳夕も加わりました。
その頃、世間では殺した相手の顔を剥ぐ「マスク殺人鬼」による猟奇殺人事件が相次いでいました…。
…女子高校生・真壁望海が天使の写真が撮れたと言い、心霊写真部に持ち込まれました。写真はLEDの照明のところに、天使の像が写るものです。
牧村部長は「撮影された現場を調べてみないと」と言い、牧村部長、リリ先輩、佳夕の3人は望海の家を訪問しました。
望海は家にひとりでいました。両親は望海が幼い頃に離婚し、父とはそれ以来会っていません。母・晴恵は仕事で留守にしていました。
「実はここ、出るんです」と唐突に望海は言います。夜中に変な物音が聞こえるのだそうです。元々その土地は里山を切り開いて立てたところで、工事中にも無縁墓地や遺骨、子供のミイラなどが見つかったのだそうです。
ドアが勝手に開くこともしょっちゅうあるとかで、望海の部屋は、外側からかんぬき(錠)がかかるようにしていました。
3人を部屋に通した望海は、写真が撮れた当時のことを振り返ります。それは望海が友人と「エンジェル様」をしていた時でした。
エンジェル様とはこっくりさんの変形で、19世紀の時に西洋で流行したテーブルターニング方式の降霊術の一種です。
「あ」から順に五十音をハート形に書き、中央には「はい」「いいえ」を記します。その中央に鉛筆かシャーペンを立てて念じると、エンジェル様がやってきて答えてくれるというものです。
きつねなどの動物霊を呼ぶこっくりさんに対し、エンジェル様は天使がつく、というのが違いでした。
望海はそのエンジェル様を、友人と4人でおこないました。その時何を話したのかは秘密です。
どうせなので4人でしてみようと望海が誘い、望海、牧村部長、リリ先輩、佳夕の4人でエンジェル様をします。
鉛筆を4人で持ち、望海が「エンジェル様、エンジェル様、どうぞおいでください。もしおいでくださいましたら、『はい』へお進みください」と言うと、しばらくして唐突に鉛筆が「はい」へ進みました。
佳夕は初めてエンジェル様をするので、吃驚しました。
望海が「お戻りください」と言いましたが、鉛筆は戻らず、そのまま「はい」のところでぐるぐる回り始めます。

【承】- 心霊写真部(劇場版)のあらすじ2

そのうち突然エンジェル様の用紙から光が出て四散し、天井へ飛びました。牧村部長とリリ先輩は気絶し、佳夕が気づくと望海はいません。
佳夕が部屋から出ようとすると、外から施錠されていました。牧村部長とリリ先輩が立ちあがり、佳夕の首を絞めようとします。天井の照明近くに黒いもやのようなものが現れ、牧村部長とリリ先輩は痙攣しながら再び気絶しました。
気がついた牧村部長とリリ先輩は、今度は正常でした。この部屋から出る方法を考えようと話し合い、部屋の中をあさると、机の引き出しには大量のロープがあり、別の段には天使の白い像がありました。
写真に写っている天使そのものです。牧村部長が望海のパソコンを操作すると、問題の写真の照明部分には上から天使像が貼り付けられており、外すと黒いもやが写っていました。
ドアが開きます。部屋を出た3人がドンドンという音を探して寝室に行くと、クローゼットの中に縛られた望海の母・晴恵がいました。
紐をほどいて望海の友人だと名乗り、3人は事情を説明します。晴恵もその写真は望海から見せてもらったと言いました。
本来の黒いもやの写真を見せると、母・晴恵は「地下駐車場の壁の染みに似ている」と言います。佳夕が案内してもらうと、確かにそれらしき染みがありました。
そこへ望海が現れます。望海は天使と話をしたと言いました。
1人でしてはならないエンジェル様を何度も1人でするうちに、望海は天使と話ができるようになったのですが、天使と一緒に望海の中に変な霊が住みついたのです。
その霊を祓う方法は「他の人に呪いをなすりつけることだ」と天使に教わった望海は、佳夕らに呪いを移したのでした。
話を聞いた佳夕は「それは天使を装ったきつねの霊で、あなたはこっくりさんをやっていたのだ」と指摘します。望海は怒って佳夕を鉛筆で刺そうとしましたが、できませんでした。
「霊は人を騙すことがある」と謎の少女が出てきて言います。
「霊は昔から人に対して強い恨みや怨念を抱く存在も少なくない。だから罠を仕掛けて、心の弱い人に取り憑く」と言った謎の少女が見つめると、望海の中から黒いものが出てきて気絶しました。
気づくと謎の少女も消えていました。
望海は病院に入院しますが、黒装束でミイラのようなお面をつけたマスク殺人鬼に、母・晴恵と望海は殺されました…。
…ある朝、佳夕はスマホに謎の写真を受け取りました。花火する写真のようですが、数人の少年少女の前に大きな白い光が覆っています。
学校の廊下を歩いた佳夕は、吹き抜け部分の手すり近くに、輪郭のぼやけた詰襟姿の青年を見ました。
牧村部長とリリ先輩が来て、そこは有名な心霊スポットだと言います。佳夕は詰襟の学生服を着た男子高校生の姿を見たと告げました。

【転】- 心霊写真部(劇場版)のあらすじ3

部室に行った3人は、届いた花火大会の心霊写真の話題になります。光は合成ではないと牧村部長は言いました。その時佳夕の記憶が蘇り「カメラのストラップ」と言います。
カメラに装着したストラップ部分がレンズにかぶさって、反射して写った光でした。問題は解決します。
部室に見たことのない封筒がありました。封筒の中には佳夕が先ほど廊下で見た青年の写真が3枚ありました。うち1つは青年の顔が消えていて、脇腹部分に顔のような模様が浮き出ています。
3人は卒業アルバムで青年の正体を探しました。心霊写真部は途中に空白時期はあるものの、30年の歴史を持つ部です。
青年を探していた佳夕は、「写真部」に謎の少女が写っていることに気づきました。しかし12年前のアルバムなので、いま現在は大人になっている筈です。
卒業アルバムで見つけた謎の少女の名前は「一ノ谷未沙来」とありました。海外を放浪して帰国後有名になったプロカメラマンですが、6年前に謎の失踪を遂げて現在は行方不明だと、牧村部長は言います。
その後、図書館で調べる佳夕の元へ謎の少女が現れました。謎の少女は「一ノ谷未沙来は私の母」と言い、彼女自身は玲花と名乗ります。1年E組の生徒でした。
吹き抜けの廊下の写真の青年は篠原圭人と言い、高校時代に屋上から飛び降り自殺した玲花の父です。圭人と未沙来は高校時代、恋人同士でした。
玲花の情報によると、部室にあった封筒の3枚の写真は、高校3年の秋に圭人を被写体として母・未沙来が撮ったものでした。
3枚目を撮った直後、圭人の様子がおかしくなって自殺したそうです。飛び降り自殺した際、花壇の角にぶつかって、圭人の顔はぐじゃぐじゃになっていたそうです。
卒業後に玲花を生んだ未沙来は、両親の遺産で生活していましたが、玲花が10歳の時に突然失踪しました。海外を放浪していたというのは世間の噂で、未沙来はずっと日本にいたそうです。
玲花は佳夕に「あなたは母と同じ道を歩もうとしている」と告げ、写真は処分するよう指示すると去りました。
花火大会の写真を見た佳夕は、「これは私が撮ったもので、この時に霊感が目覚めた」と気づきます。その写真の右隅には、玲花が写っていました。未沙来のカメラを借りて、幼い佳夕が撮った写真でした。
牧村部長とリリ先輩は、青年の3枚の写真を再現しようとしました。演劇部で詰襟の制服を借りて来て部長に着せ、同じ場所で同じ時間に撮影します。
3枚目の写真を撮った時に異変が起きたのは、部長ではなく佳夕でした。屋上へあがり、フェンスから飛び降りようとしたのです。
佳夕はその時、ミイラの仮面をかぶった男に襲われる幻影を見ました。篠原圭人は自殺ではなく殺されたのだと、佳夕は思います。
その日を境に、玲花と連絡が取れなくなりました。
悩んだ佳夕は、10日後思い切って玲花の自宅を訪れます。 この映画を無料で観る

【結】- 心霊写真部(劇場版)のあらすじ4

そこで男女の刑事に会った佳夕は、玲花の母・未沙来がある事件の重要参考人になっていて、刑事と玲花は定期的に連絡を取っていたことを聞かされました。刑事たちも玲花と連絡が取れなくなり、家を訪問しました。
有名な心霊スポットの洞窟の写真を見た時、牧村部長とリリ先輩は洞窟に顔を2つ見つけますが、佳夕はそこに無数の顔が写っていることに気づきます。しかし黙っていました。
その洞窟に行こうという話が出ていましたが、牧村部長の体調が悪くなり、リリ先輩も気分が悪いということで、その日は下校します。
しかし翌朝、部長から洞窟内部の写真のメールが届きます。リリ先輩からの着信を受けた佳夕は、牧村部長と連絡が取れないと聞きました。その心霊スポットは「夜泣き洞窟」というところです。
リリ先輩と洞窟に入った佳夕は、洞窟の途中で牧村部長のカメラを見つけました。リリ先輩がミイラの仮面をかぶったマスク殺人鬼に襲われ、ナイフで背中を刺されます。
抵抗した佳夕はマスク殺人鬼のマスクを剥ぎました。マスクをかぶっていたのは牧村部長で、痙攣を始めます。
心霊写真部の部報を見つけた佳夕は、そこに夜泣き洞窟の写真を見つけました。写真に写る無数の顔がみな同じ方向…洞窟の奥を向いているのを見て、佳夕は奥へ進みます。
洞窟の奥には祭壇があり、その傍らで血みどろの玲花が倒れていました。中央に木箱があり、お札がたくさん貼られています。木箱を開けると、中にはミイラ化した骸骨がありました。
高校時代、玲花の母・未沙来と圭人は夜泣き洞窟へ行き、木箱の中のミイラを撮影しました。その時、木箱に封印された怨霊を解放してしまったのです。
解放された怨霊は未沙来に取り憑き、未沙来はマスク殺人鬼になりました。圭人を殺したのも未沙来です。
その後、殺人を繰り返した未沙来ですが、ある時、娘・玲花を殺せと怨霊に指示された時、抵抗しました。
怨霊は母・未沙来から娘・玲花に乗り換えて、娘・玲花は母・未沙来を殺します。それ以来、玲花が新たなマスク殺人鬼になっていました。
玲花はある時、新たな(自分以外の)マスク殺人鬼と出会いました。それは佳夕でした。
怨霊は可能性があるとみた人間に取り憑きますが、大抵の人間は体が持ちません。その最たる例が牧村部長で、マスク殺人鬼になってもすぐに倒れました。
霊に強い体質を持った人のみが、長く活動を続けられるのです。玲花は自殺することで解放されようとしていました。
気がついて洞窟の奥まで追って来た牧村部長とリリ先輩が、部報を燃やします。すると佳夕は我にかえりました。
「写真を撮ることで、封印できるかもしれない」と考えた佳夕は、自分で自分の腹を刺します。そして自分の中から出てきた怨霊の写真を撮り、封印すると、カメラを木箱に納めました…。事件は解決します。
事件後しばらくは入院していた3人ですが、退院しました。しかし事件に巻き込まれたので、心霊写真部は3か月の活動停止を言い渡されています。
新しいカメラを探しに行こうと牧村部長が言い、リリ先輩と佳夕は出かけます。佳夕は窓に玲花の姿を見ました。

みんなの感想

ライターの感想

牧村部長、30代って本当ですか!?
び、吃驚しました…。学生にしか見えません。
劇場版だけでも話が判るようになってるけど、たぶんその前段階の
DVD『壱限目』『弐限目』を見たほうが、もっと面白いんだろうなと思う。
今作品ではマスク殺人鬼の正体が明らかにされることに重きがおかれ、
…うん、そのせいか、いっぱい突っ込みどころはあったと思う。
謎の少女、正体判明したらただの1年生って、それはどうも…。
パソコンに詳しい筈の部長が天使のトリックも見破れないのも変だし。
一所懸命、映画に取り組んでいる姿勢は認めます。ファンの間では好評のようです。

映画の感想を投稿する

映画「心霊写真部(劇場版)」の商品はこちら