「新エイリアン最終繁殖」のネタバレあらすじ結末

新エイリアン 最終繁殖の紹介:2015年製作のアメリカ映画。完全な進化を遂げた新種のエイリアンが襲い掛かるSFアクション。不良高校生たちの更生プログラムに臨時ガイドとして参加することになったロス。グループは途中で謎の物体と惨殺された遺体を発見する。その夜、一行の前に突如、謎のエイリアンが現れ…。

予告動画

新エイリアン最終繁殖の主な出演者

ロス・ヤング(ジョン・レッドリンガー)、クレアテイラー(ジェス・マッカラン)、バート・グッドマン(カール・マキネン)、コートニー(クレア・ニーダープルーム)、ルイス・ラミレス(ライアン・ジマー)、トラッパー・アンドリュース(カーディフ・ゲルハード)、ミーカ(アシュリー・サントス)、ウェス・ルイス(ブライアン・ダーレイ)、サマー(クリスティーナ・サーモンド)、トム(マイク・ロー)、レニー(ジェイ・ピース)

新エイリアン最終繁殖のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アメリカの山間部に謎の飛行物体が墜落。金属製の恐竜に似たエイリアンは卵を生んだ。その山に若者ロスと叔父・バート&クレアのカップルが主催する高校生の更生プログラムを実施。次々に餌食となる。 ②ロスはなんとか成体のエイリアンを殺すことに成功。生還者はロス&コートニー&ルイス。ただし、大量の卵はまだ残っている。 ③死ぬ順番「トラック運転手・レニー → 叔父・バート → ウェス → クレア → ミーカ → ヘリのパイロット・トム → トラッパー → 伯母・サマー」

【起】- 新エイリアン最終繁殖のあらすじ1

アメリカ。田舎町。
夜間にトラックを運転していた中年男性・レニーが車から降りて立ち小便をしていると、ラジオの周波数がおかしくなり、トラックの前照灯が点滅します。
大きな音がして上からまばゆい光が差したと思うと、前方の荒れ地に落ちました。レニーは懐中電灯を持って、見に行きます。
燃えカスの中には、直径2mほどの大きな円筒形のものがありました。その中に直径30cmほどの卵を見つけたレニーは、携帯で撮影します。
その後、近づいて観察していると卵が動き、右後方から巨大な何か(エイリアンの成体)が立ちあがりました。レニーはおびえてトラックまで逃げます。
トラックを発進されたレニーですが、フロントガラスに何か(エイリアンの成体)が降り立ち、ガラスを突き破ってレニーの胸を突き刺しました。
レニーの乗った車は崖から落ちます…。
…数日後。
若い男性・ロスが車から降り、慣れた様子で途中にある洞窟に荷物を運びこみます。
リュックを置いたすぐ横の壁に何かの液体がありますが、ロスは気づきませんでした。
ロスは車を運転して、田舎のキャンプ小屋に行きます。
そこにはロスの叔父がいました。ロスの叔父は中年男性のバート・グッドマンといい、以前はレスラーをしていましたが、現在は不良高校生たちの更生プログラムをする仕事をしています。
バートには中年女性の恋人クレア・テイラーがいました。入籍はしていませんが、2人は長く一緒に暮らしています。
更生プログラムは、1週間大自然の中でキャンプ生活を体験するものでした。初老の伯母・サマーも準備だけ手伝っています。
今回、人手が足りないということで、ロスが駆り出されました。ロスは自分と同じ年くらいの男女を相手にすることになるので、自分に従うわけがないと文句を言います。
そうこうしているうちに、ヘリで5人の男女が運ばれてきました。みんな高校生です。
ヘリから降りたのは、トラッパー、ウェス、ルイスという男性と、ミーカ、コートニーという女性の5人です。
キャンプ地の少しふもとに住むサマーは、入れ違いに帰りました。
ヘリのパイロット・トムは、クレアに届いた手紙を渡すと「早く入金をしてくれ」と頼みます。手紙はバートの暴行に対する通知書でした。バートは不良高校生を更生させるためとはいえ、時々かっとなって殴りつけることがあり、それを保護者から訴えられたのでした。
コートニーが着替えているのを知らずにテントに入ってしまい、敵視されます。

【承】- 新エイリアン最終繁殖のあらすじ2

バートは5人に携帯電話を出せと言い、1か所に集めました。キャンプの間は、携帯電話、タブレット、ドラッグの使用は一切禁止だと言い渡します。
さりげなく5人を観察したバートは、ロスに「トラッパーに要注意だ」と言いました。
5人の若者とロス、バート、クレアの合計8人は、荷物を持ってキャンプを開始します。
バートたちが住む小屋がスタート地点で、これから1週間かけて山の中を歩き回るのです。ロスが来る際に洞窟へ置いていたのは、彼らの補給物資でした。
初日、最初の野営地点まで24kmの道のりを、8人は歩きます。途中、野生の馬を見てウェスは興奮しました。
夜、テントを張って一同は就寝しますが、夜中に馬の群れが暴走する地鳴りを聞きつけて、みんな急いでテントから出て避難します。
逃げ遅れてテントに残ってしまったコートニーを、ロスが助けました。コートニーはロスへの気持ちを改め、好意を持ってロスを見るようになります。
初日から起こったトラブルにウェスとルイスは文句を言いました。テントを撤収しようとすると、何かの鳴き声が聞こえ、みんな不気味に思います。
2日目。歩きながらミーカが暑いとぼやきます。バートの前職を知るルイスが引退の理由を聞き、バートは、事故とはいえ相手を殺してしまったことがきっかけで職を辞したと言います。
荒れ地に出ると、巨大な隕石が落ちたような跡が発見されました。宇宙からきた隕石かもしれないとウェスは興奮します。
若者たちを置いて、クレアとバートが荒れ地を降りて探索しました。バートが、崖から落ちたレニーの車を発見します。
中にはレニーの遺体があり、衛星電話は馬に踏みつぶされていました。車の無線も壊れており、通報しようにもできません。
フロントガラスの割れた痕を見て、バートはただ崖から落ちたわけではなく何かに襲われたのではないかと考えました。
すぐにキャンプを中止して戻ろうと思いますが、それをクレアが止めます。もし中止したら、更生プログラムの料金がもらえないからです。
クレアは、バートが告訴されたことを告げ(これから裁判費用がかかる)、今戻るとよくないと言いました。
レニーの死は若者たちには内緒にしておいて、キャンプが終わってから通報しようと、クレアはバートに言います。
夜。もうトラッパーはキャンプがこりごりだと言いながら、トイレに行きます。それを追ったバートは、怪物に遭遇しました。エイリアンです。
エイリアンは高さ5mほどの、簡単に言うと恐竜のような形状をしていました。目はなく嗅覚で周囲を感じ取り、身体は金属のようなものでできています。しっぽも長く、胸から伸びる触手のようなもので人間の血を吸い、栄養分にしていました。

【転】- 新エイリアン最終繁殖のあらすじ3

バートの悲鳴を聞いてロスが駆け付けますが、バートは押し倒されて胸部に触手を刺されて息絶えます。トラッパーはバートがかばったため、右腕の負傷だけですみました。
リーダーのバートを失ったので、一行は3km先の洞窟に避難することにします。そこにはロスが行きに置いた非常食や物資があるからです。
そこへ移動して一泊した後、翌日に小屋に戻ろうとロスが指示しました。クレアはバートの死に動転しています。
バートの遺体はそのままにして皆は移動しました。洞窟に入ったロスは無線でレニーに呼びかけますが、応答はありません(ロスはレニーの死を知らない)。
洞窟に座ったウェスは、粘着質の物体が手についたと訴えました。見ると周囲にはたくさん卵がうみつけられています。卵を割ったため、粘液が手についたのでした。
洞窟の奥からエイリアンが現れ、ウェスを襲います。ロスが助けようとしましたが、あっという間のできごとでした。エイリアンを見た他の若者は動転します。
3日目の朝。
無線に呼びかけながらロスたちは移動しますが、エイリアン自体が磁気に似たエネルギーを発しており、それがちょうど妨害電波の役目をして一向に連絡が取れません。
昨日の場所まで戻ったロスは、そこでレニーの死を初めて知りました。クレアを責めますが、クレアは動物の仕業だと思っていたと弁解します。
キャンプ地まで戻ったメンバーは、翌朝の8時にヘリが到着するまでそこで待機することにしました。携帯は圏外で通じません。
そこへエイリアンが現れました。クレアとミーカは仮設トイレに逃げ込み、あとのメンバーは小屋に逃げ込みました。エイリアンはトイレの臭いを嗅ぎます。
合図とともにクレアとミーカはトイレのドアを開けて、小屋へダッシュしました。その直後、トイレは無残にも壊されます。
あともう少しというところで、クレアが胸に触手を刺されました。クレアは死にます。
ロスとトラッパーが口論になりますが、山奥なのでどうしようもありません。エイリアンが近くに来ると電波が乱れることに気づいた一同は、携帯ラジオで警戒することにしました。
夜、ロスが見張りをし、あとのメンバーは寝ます。コートニーはロスに「ここに来る前は死にたいと思っていたけど、今は死にたくないと思う」と言いました。
ロスはコートニーに猟銃の使い方を教えます。コートニーは撃てないと言いますが、備えは大事、知っておいた方がいいとロスが言い聞かせて教えました。ロスとコートニーはキスします。
4日目の朝。ヘリが来ました(迎えではなく、本来の目的は物資補給のためだと思われる)。

【結】- 新エイリアン最終繁殖のあらすじ4

携帯ラジオで周辺にエイリアンがいないのを確認し、着陸したヘリのパイロット・トムにロスは皆を乗せてくれと頼みます。
事情は後で説明するからとトムを説得しますが、トムはバートらがいないことを心配して「きちんと原因を話さないと離陸しない」と言いました。
クレアの遺体を見てショックを受けたトムを、やむをえず猟銃で脅してロスはヘリで出発しようとしますが、「全員を乗せるには荷物をおろさねばならない」と言われ、ロスは荷物を急いでおろします。
乗り込んで離陸の準備をしていると、計器類が異常を示す音がしました。それと共に、エイリアンが登場します。
ヘリの横にとりついたエイリアンにルイスが発砲しますが、ミーカが襲われ、サムもしっぽで攻撃されました。ロス、コートニー、ルイス、トラッパーはヘリから降ります。
ヘリは崖にぶつかって爆発しました。4人はサマーの家に行きます。
トラッパーは疲れて休憩したいと言いますが、ロスは休むことを許しません。トラッパーが棒を持って殴りかかり、ロスと喧嘩になりました。ロスが喧嘩に勝ちます。
その頃、エイリアンはヘリから出て、移動を開始しました。
ショベルカーで木材を運ぶ伯母・サマーを頼ったロスは、事情を話して一緒に逃げようと言います。
その時のロスとサマーの会話を聞いたトラッパーが、車でひとりで逃げようとしますが、エイリアンに攻撃されて車は大破しました。トラッパーは胸に触手を刺されて死にます。
ルイスがいろいろなアイテムを作ります。金属の板を加工した鎧やパイプ爆弾を作って、エイリアンへの攻撃に備えました。
コートニーがエイリアンに連れて行かれました。ロスは洞窟に救いに行きます。コートニーは赤ん坊のエイリアンに触手を刺され、血液を吸われていました。
ロスは赤ん坊のエイリアンを撃ってコートニーを救出し、パイプ爆弾に火をつけて洞窟の入り口を塞ぎ、時間稼ぎをして逃げます。
残ったルイスとサマーは協力してオイルを運びました。ルイスは金網に静電気を溜めて感電させ、焼き殺す作戦を立てます。
それが効かなかった場合には、家に運んだドラム缶のガソリンを爆発させる予定でした。ロスがおとりになります。
エイリアンがやってきました。金網の静電気を受けた筈なのですが、エイリアンはダメージを受けていません。
伯母・サマーがショベルカーでエイリアンに突進し、小屋のガソリンに突っ込みました。サマーはエイリアンと心中するつもりで爆発させます。
ところがエイリアンは無事でした。その口にロスがパイプ爆弾を差し込んで爆発させ、ようやくエイリアンが死にます。
生き残ったロスとコートニーとルイスはほっとしました。ふもとから警察がやってきます。
(エンド後)ラジオのノイズ音(大量の卵がまだ残っているし)。

みんなの感想

ライターの感想

前半がとにかく長い。冒頭でいきなりエイリアンが登場はするものの、暗がりの中で見えず。
そのあとしばらくは、ロスなどの登場人物の説明に割かれ、無駄にキャンプの話になり、エイリアンの再登場はなんと中盤以降。
その代わり、再登場してからは、話が急展開、怒涛の勢い。
『エイリアン』っていうとシガニー・ウィーバーの出てくる本家本元のエイリアンを想像しちゃいますが、今作品は尻尾が長い恐竜型。
「クリーチャー(化け物)」という表現がなされていました。DVDのパッケージは『エイリアン』に似せてますが、かなり形状はあのエイリアンと異なる。
終盤にかけて若干話の筋が雑になる。コートニーだけなぜ生きて連れ去られたのか、など(子どもに吸わせるためか)。
ただ、90分強の作品なので、このくらいの規模でいいのかも。

映画の感想を投稿する

映画「新エイリアン最終繁殖」の商品はこちら