「新生トイレの花子さん」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

新生トイレの花子さんの紹介:学校怪談”トイレの花子さん”を題材とした1998年公開の日本のホラー映画。思春期少女の瑞々しくナイーブな心の機微を絡めつつ怪異の謎に迫るというエンターテインメントな学校怪談で、中でもラスボスの禍々しさはトラウマもの。V6長野、当時猿岩石でブレイク中だった有吉、森脇コンビの教師が絡む学校怪談エピソードもお奨めです。監督は「20世紀少年」「TRICK」の堤幸彦、脚本は「リング」「おろち」の高橋洋。音楽は「ケイゾク」の見岳章、主題歌はaikoの「あした」。主演は「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」「バトル・ロワイヤルⅡ」の前田愛。

この映画を無料で観る

予告動画

新生トイレの花子さんの主な出演者

倉橋里美(前田愛)、沢口香苗(浜丘麻矢)、柏木浩輔(笠原秀幸)、間宮悦子(大村彩子)、新聞部安城(野村佑香)、鹿島玲子(高島礼子)、教師矢部(長野博/V6)、教師浅岡(荻島真一)、里美の姉倉橋かおり(須山彩)、里美の両親(山口美也子、小倉一郎)、その他教師(ふせえり/養護教諭、有吉弘行・森脇和成/猿岩石)など。

新生トイレの花子さんのネタバレあらすじ

【起】- 新生トイレの花子さんのあらすじ1

緑台中学校の入学式。倉橋里美と沢口香苗は同じA組になって大喜びしますが、里美は母に昔よく遊んだ柏木浩輔も同じクラスだと言われますが思い出せません。里美の両親はベテラン教師浅岡にも挨拶し11年前とはすっかり変わったと話します。A組の担任矢部は若い男性教師で、初めのHRで口答えした柏木をきつく叱ります。
その後、里美と香苗は、学校裏の小さな古い社の前で生徒を見て立ち寄りますが、里美は誰かに呼ばれたような気がします。その社は、11年前にその中学校で行方不明になったままの姉かおりのアルバムにも写っていました。

数日後、浅岡の理科室での授業直前に不調を感じた里美は、トイレを探すうち授業が始まってしまいます。浅岡に里美を探すよう頼まれた香苗は、2年の女子トイレで倒れている彼女を発見します。里美は誰もいない2年の女子トイレの鏡に木造の古いトイレが映り個室から不気味な人影が出てくるのを目撃し気を失ったのです。保健室で目覚めた彼女に養護教諭は生理のアドバイスをして帰します。里美は2年のトイレに戻って扉を睨み噂になります。

その晩、宿直だった矢部は職員室で、前任の学校の不思議な出来事を話します。放課後、赤いジャージの女生徒を見かけて注意したが逃げられ、総出で探したが見つからず、後になって、自分にだけ懐いていたが自殺してしまった女生徒のジャージが赤だったと思い出したと言うのです。
そこに浅岡が来て、矢部に11年前のかおりの件を打ち明け、里美が倒れたことと合わせて気を付けて欲しいと頼みます。

昼休み、A組にC組の間宮悦子がきて、里美が倒れた1件で2年が話したがっていると言われ、放課後一緒に行く約束をしますが、柏木には間宮とは付き合わない方がいいと忠告されます。
放課後、2人は約束を反故するつもりでしたが、途中の階段で立ち止ります。その階段は香苗が里美を探している時にも気になり、いやな感じがすると呟きます。そこに間宮が来て、2人はしぶしぶ付き合うことに。
教室には美保をリーダーとした4人の2年生がいて、倒れた日の事を聞かれ、里美は夢だと前置きしてその時見た光景を話しますが、間宮が夢ではないと口を挟みます。2年生たちは「この学校では、花子さんの話をすると必ず誰かが死んだりいなくなるから、誰も花子さんの話をしない」と言い、この件を吹聴するなと警告し、霊感があると自称する間宮を諌めます。

けれど間宮は古い社にも何かいると言い、里美が「子供…」と呟いたため、一同は社へと向かいます。美保は「花子さんを見た子は、部屋にお札を貼らないと花子さんが迎えに来る」と脅しますが、間宮がこの社に花子さんがいると言い出したため、社のカギをこじ開け扉を開き、箱の封印を剥がして開けてしまいます。
中には大振りで重厚な赤い着物の市松人形が納められていて、2年生たちは怯えて逃げ出しますが、間宮はご神体だと言いふたをして拝みます。
その帰り、町のアイスクリームショップで、間宮は里美に心霊本を薦め、ご神体を言い当てたとおだて、柏木とは6年の時付き合ったが今がチャンスだと一方的に話し、禁止されているコックリさんをやろうと言います。無視された香苗はへこみ、里美も気まずい思いをします。

【承】- 新生トイレの花子さんのあらすじ2

翌日の放課後、里美は1人新聞部を訪ね、妹だと打ち明け11年前のスクラップを見せてもらい、大事件だったことを知ります。部長の安城はミッシングチルドレンだと言いますが、里美が当時も花子さんの噂があったのかと聞くと、部活ノートになら書いてあるかもと言い探しておくと約束します。
間宮は同じクラスの北村も引き入れ里美に急接近しますが、里美は香苗が弾かれ落ち込んでいるのが気掛かりです。また、柏木は矢部に逆らって罰を受け放課後呼び出されます。里美は柏木に授業のノートを渡し初めて笑顔で話します。

が、待っていた香苗は、里美が続けて間宮たちに囲まれるのを見て教室を飛び出し、あの階段を泣きながら駆け上がり、2年のトイレで花子さんを呼びます。香苗が顔を洗っている最中、鏡に古いトイレが映り、幼い少女の「おかあさん」という声を聞き逃げ出します。
香苗が里美と間宮たちに泣きながら今の出来事を話すと、北村が幼い花子さんは帰りの遅い教師の母親を探すうち迷い込んだ学校で殺害されたため、方々の学校に出るらしいと話し、間宮は、怯える香苗と里美にコックリさんで花子さんを呼び、直接聞こうと言い出します。
コックリさんをしたのはC組の間宮と北村と斉藤、里美と香苗は儀式を見つめています。
一方、柏木は面接室で矢部に補習を受けていました。矢部は社の事を知らず、儀式が始まった頃、補習を終えた柏木は不穏な空気を感じ、社に向かいます。

儀式では10円玉が自分が花子だと答えた途端、教室の明かりが瞬き、香苗が倒れます。香苗はお母さん!怖いよ!!と子供のように泣き叫び、里美は強く抱きしめ母親のように話しかけます。
けれど間宮は冷静で、香苗(花子)にあなたはもう死んだのよ、どうして欲しいの?と語りかけます。香苗は「人形…」と呟き、里美はひとりぼっちにならないよう人形の中にいたいのねと言い、間宮がならば人形の中にいなさいと言うと、香苗は脱力し里美が呼ぶうち正気に返ります。その間、社の前にいた柏木は、社から不気味な気配が飛び出したのを感じます。

翌朝、香苗は里美と元気に登校し、間宮は昼休みに社に花を供えに行こうと言います。新聞部の安城は、鹿島玲子という強力な霊感を持った生徒が何度も出てくると言って里美に11年前の部活ノートを渡します。が、昼休み、里美たちが社に行くと、扉が壊され中が荒らされ人形が無くなっていました。
緊急にHRが開かれ矢部が気まずそうに社を荒らした者は名乗り出ろと促すと、里美が中が見たくてやった、中には人形があったと言い、クラスは騒然とします。放課後、矢部は柏木に確認しますが否定したため、謝って廊下を歩き去ります。が、彼は矢部の背中に赤いジャージの不気味なモノが取り憑いているのを目撃します。
夜、里美は間宮に電話をしますが、母親に寝てしまったと言われます。が、部活ノートでは、鹿島玲子の噂が暴走し”仮死魔霊子”と書かれているのを見つけます。

翌日、2年の浅岡の授業に美保がいないことに気づいた浅岡はトイレで倒れている彼女を発見しますが錯乱状態で、学校中が騒然とします。
矢部は事態を収拾するためHRを開き、美保は軽い貧血で平常に戻ったと説明しますが、生徒たちは”誰かが死ぬ”という部分にこだわり紛糾する中、柏木が里美をかばい、先生の後ろにも前の学校から憑いてきた赤いジャージの子がいると発言、矢部が狼狽える中、天井を子供が駆け回る足音が響きます。
矢部は動揺して2年の女子トイレに向かいますが、噂の古いトイレの扉が開くのを目撃しパニックになり、赤いジャージの恐ろしいモノに襲われ絶叫します。
彼は入院し、浅岡はA組の非常勤として他校教師鹿島玲子に連絡、倉橋かおりの件で非常勤に来てほしいと頼み、鹿島は私の問題ですからと承諾します。

【転】- 新生トイレの花子さんのあらすじ3

翌日、着任した鹿島は浅岡に、11年前と同じことが起こると言われ厳しい顔で頷きます。彼女は教室で柏木を見て、里美に被ったかおりの姿を目撃します。
一方、間宮は体育の授業前にA組にやってきて、里美と香苗にコックリさんの事は絶対に鹿島に言うなと脅します。里美の腕には知らぬ間に大きな痣が出来ていました。
夜、里美の母は、里美の部屋の扉に貼られたお札を見て狼狽えますが、里美は姉さんみたいになるのはイヤだといい部屋にこもってしまいます。

学校では鹿島が2年のトイレで、親友のかおりを救えなかったことを悔やみ思い返していました。が、「あんたに何ができる」という声に振り向くと、黒髪が逃げるのを目撃します。
鹿島は里美と柏木と間宮を呼び個人面談を試みますが、間宮は面談を拒否、柏木には”見ないようにしている”事を指摘し、自分も同じだと打ち明けます。が、その時、廊下で待っていた里美は、香苗が人形に操られるようにふらふらと廊下を歩いているのを目撃し後を追います。
香苗は古いトイレに変わった2年のトイレの個室に茫洋と入るところを里美に止められ正気に返ります。個室の奥には異世界のトンネルが開いていました。
里美も苦しそうに助けを求めるかおりの姿を見て、魅かれるように手を伸ばします。2人の手が触れる寸前、香苗が里美を引き戻しトイレも元に戻ります。香苗の太腿にも痣ができていました。
駆けつけた鹿島と柏木は2人の無事を見て安心しますが、鹿島は里美に間宮が始めたのかと聞き、里美はうなずきます。
4人は急ぎ間宮の自宅に向かいますが、鹿島は、自分も間宮と同じで霊感は友だちを作る口実で始めたのは自分だった、かおりがいなくなってしばらくすると人形は戻っていたと打ち明けます。また”可哀想な花子さん”なんて存在しない、あの学校にいる”何か”に騙されているだけだと断言します。

間宮の家では黒髪を目撃、階段では間宮の母が腰を抜かし2階を指差しています。2階の廊下には小さな黒い足跡があり、間宮の部屋は荒らされ彼女はいませんでした。鹿島は儀式をした残りの2人を柏木に託し「1人じゃ済まないかもしれない」と呟きます。
鹿島は里美と香苗を里美の家に連れて行き、母親には2人を絶対部屋から出さないよう言い、2人にはドアのお札を生きていたいという思いを込めて書き直し、ドアと窓に貼り絶対出てはだめと言って学校へと向かい、2人は指示に従います。

学校に戻った鹿島は浅岡と共にあの階段へと向かい、この学校の霊の出入り口は2年のトイレと社の2ヶ所だが、社は強すぎて近寄れない、この階段も強まっていると呟きます。また、自分は(霊的)ガードを全て解除するが取り込まれるかもしれない、そして浅岡に助力を求め、2人は手を取り合い階段を昇り始めます。
2年のトイレは古いトイレに変わり風が逆巻いていました。が、鹿島が間宮さんを帰して!と叫ぶと風が止み助けを求めるかおりの声が響きます。かおりの声は「どうしてあなただけが生きてるの?助けてくれなかったの?」と鹿島を責め、私の所に来てと言い異界のトンネルに続く扉を開きます。呆然となった彼女は浅岡に呼び戻され、もうおまえはかおりじゃない!ただのバケモノよ!と叫びます。その途端扉は閉まりトイレは元に戻ります。

一方、里美の部屋では温度が急激に上がりお札が濡れ始めていました。その時父親が帰宅し、迎えに出た母と玄関で話すその脇をかおりがさりげなく通り過ぎていきました。
母はハッとして「かおり、帰ってきた!」と叫んで後を追います。かおりは里美の部屋の前に立ち、不愉快そうに札を見て「なにこれ、私の部屋に」と呟きます。母はすまなそうに「今は里美が、」と言い扉を開けてしまいます。「里美!おねえちゃんが帰ってきたのよ!」…その途端かおりの姿は消え、母は狂ったようにかおりを探し戸惑う父に止められます。
が、里美たちが振り向くと窓が開き、お札がはがれ、人形が窓から覗きます。異変を感じ駆けつけた柏木が体当たりで扉を開け、人形のビジョンを見て学校だ!と叫び駆け出します。泣き崩れる母を父が懸命に励ますのを見ていた里美たちも、学校へと向かいます。 この映画を無料で観る

【結】- 新生トイレの花子さんのあらすじ4

鹿島と浅岡は社が光るのを見て、鹿島が霊界の門が開きすべての霊が寄り集まり邪悪なモノになっている!と叫びますが弾き飛ばされ、スコップで殴り掛かった浅岡も地面に叩きつけられ気を失ってしまいます。
鹿島があんたはいったい誰なの!と叫ぶと、社には赤いジャージの悪霊やかおりの姿が次々と浮かび、大勢の顔が彼女を見下ろし笑い始めます。彼女の身体が引き摺られ遠ざけられた時、柏木、里美、香苗の3人が駆けつけます。
柏木は鹿島の手を取り、さっきあいつの正体が見えた、俺も(霊的)ガードを全部降ろすと言い、2人は手を取り合い、社へと向かって歩き始め、それに里美も加わります。

3人は社の正面に立ち、中央の柏木が「おまえは誰でもない!花子でもこの子の姉さんでもない!おまえはただの人形だ!」と叫んだ途端、社の扉が開き強烈な光と風が吹き荒れます。が、彼は怯まず「おまえの中味は藁屑だ!ただの人形に何ができる!!」と叫ぶと扉は閉まり気配が掻き消えます。
すると社の扉が静かに開き、間宮が中に座り、里美に早く!かおりさんが…と呟きます。里美は思わず社の中に入りますが、その途端間宮の顔は悪鬼の人形の顔に変わって2人を睨めつけ、扉が閉まります。閉じ込められた里美の前で間宮は悪鬼の顔をした人形に変わり里美に襲いかかります。

鹿島は固く両手を結び「全ての悪霊たちを私の中に!」と唱え叫びます。風は吹き荒れ社が激しく光って、黒いモノが無数に飛び出して鹿島に集り、人形の箱が投げ出されます。
柏木は札が貼られた箱のふたを掲げ、箱に戻れ!!と絶叫します。風は吹き荒れ、光は明滅し、里美に迫る人形は恐ろしいかおりの姿にも変わりますが、やがて黒い無数のモノと共に人形は元に戻ります。が、柏木がふたを閉じようとしたその瞬間、人形の顔が再び悪鬼に変わり、じろりと睨みますが、彼はふたを閉じて押え込みます。

周囲には静寂が戻り、浅岡も気づいて立ち上がり、鹿島は今度こそほんとに消えてる!と呟き周囲を見渡します。5人は2年のトイレで倒れている間宮を発見し、彼女も正気に戻り、里美と香苗の痣も消えていました。間宮は2人に謝り、3人は抱き合って喜びます。
学校は平常に戻り、花子さんの噂も気づけば立ち消えていました。矢部も授業に復帰、鹿島は元の学校に戻ります。

桜が満開の晴天の日、人形供養が行われます。僧侶は「人形は人の形をしているが魂が無い、その隙間に時として魔物が棲み憑くのです」と語り、その読経が続く中、箱に納められた人形は火葬場の窯に入れられますが、火が入って間もなく、固い鉄の扉が内側が激しい勢いで叩かれ、かおりの声が聞こえてきます。
「里美、熱い!熱いよ!…ここから出して…」…泣きながら扉に近づこうとする里美を鹿島が強く抱きしめ「あれは姉さんじゃないのよ…」と呟きますが、彼女の目にも涙が光っています。かおりは彼女の親友でもあるのですから…。僧侶は厳しい口調で「情けを掛けてはいかん!」と言い、読経を続けます。
やがて、一度だけ強く叩く音がして、僧侶が鋭い眼で睨めつけ、音が止みます。
炉の中では人形が焼け崩れていきました。

みんなの感想

ライターの感想

「TRICK」で知られ「20世紀少年」でブレイクする前の堤幸彦監督の初期作品ですが、Jホラーの巨匠高橋洋が脚本で参加、根幹にブレが無くコメディ要素も薄く、前半は思春期のナイーブな心情を絡め、中盤のホラーシーンの畳み掛けからクライマックスのスペクタクルへと発展する徹底したエンターテインメント作品に仕上がっている”花子さんモノホラー”ではダントツ1位の作品です。

市松人形の造形は、通常も重厚な大振りのアンティークでちょっと怖い感じの立派な市松人形なのですが、後半、白い小さな歯を剥いて悪鬼憎悪の表情に変化する特殊造形はトラウマ級です。
また、V6長野が演じる矢部先生に取り憑いた”赤いジャージの少女”は、「自分だけに懐いていたのに自殺してしまった」しかもそれを実話怪談として他校教師に軽々しく吹聴すると言うかなりヤバめな設定な上にビジュアルも最凶で、かなり恐ろしいエピソードに仕上がっているのですが、後年同監督の「TRICK 新作スペシャル~死ぬ日を当てる女占い師(2005年11月放送)」で登場したウヌャニュペェィギュゥリュ星人に既視感を感じた方も多いはず。
同じものかどうかはわかりませんが、現在どちらを調べても特殊造形の担当者名が出てこないのが、大変惜しまれるところです。

    はるかさんの感想

    赤い人形が怖いし、かおりが可哀想だった

    あしかがさんの感想

    日本産のジュブナイルホラーとしては出色の出来ではないかと思う。

    欧米の思春期ホラーが「イチャイチャしてると殺人鬼が来るぞ!」という分かりやすい構造なのに比べ、この作品は、恋に恋する中学一年生の不安定さが絡まり合って異界への扉を開くという、複雑でありながら大人には郷愁を、若年者には共感を呼ぶ構造を持っている。前田愛が演じるヒロインの恋心が叶わないであろうと暗示する点も心憎い。

    現在の目でDVDを見ると、どうにも画質の粗さが目についてしまうのが難だろうか。

    匿名さんの感想

    花子さんキモイ

映画の感想を投稿する

映画「新生トイレの花子さん」の商品はこちら