「最終感染アンチソーシャル2」のネタバレあらすじ結末

最/終/感/染 ~アンチ・ソーシャルの紹介:2015年製作のアメリカ映画。SNSを通じて感染する新型ウイルスの恐怖を描いたパニック・サバイバルホラー。映画『パンデミック・サイト』の続編。SNS・レッドルームから発生したウイルスで世界中の人間がゾンビ化し、レッドルームのウイルスは世界が荒廃してもプログラムのアップデートをし続け…。

予告動画

最終感染アンチソーシャル2の主な出演者

サム(ミッシェル・マイレット)、マックス(ステファン・ボガルト)、ベアトリクス〔ビーン〕(ジョセット・ハルパート)、ジェイコブ(サミュエル・ファラーチ)、オリヴィア(カサンドラ・サントス)、メイ(クリスティーナ・ニコール)

最終感染アンチソーシャル2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①〝レッドルーム〟のウイルス感染から生還した女性・サムは妊娠4か月で出産するが、赤ん坊は連れ去られた。3年後、サムは奪われた赤ん坊を探し続けていた。ビーンという少女と出会ったサムは軍に拉致される。 ②サムの息子・ジェイコブは特殊能力を持ち、ワクチンを作ろうとするビーンの父・マックス軍人に監視されていた。サムとジェイコブは再会するが〝レッドルーム〟のアップデートが完了し、全世界の人類が感染、つながった。

【起】- 最終感染アンチソーシャル2のあらすじ1

世界中である日、コンピューター・ウイルスがまん延します。
感染経路はSNSの〝レッドルーム〟からで、頻繁な利用を促すための、サブリミナル信号が元凶でした。
ウイルスは人に感染し、感染者は死後、生存者を襲う感情のない暴徒として蘇ります。
一部の感染者は常識外れの治療法で、ウイルス腫瘍を取り除いて生還し、さらに数分間の〝レッドルーム〟免疫を得ました。
軍によるサイト閉鎖後も感染は収まらず、サイトは自ら再起動します。
世界は荒れ果ててしまい、生存者は混乱の中、ただ逃げ回るしかありませんでした(映画『パンデミック・サイト』参照)…。

〝レッドルーム〟を閲覧すると、まず鼻や耳から血が出てウイルスに感染します。
ウイルスに感染すると、細長い虫が体内にいる幻覚を見ます。
女子大学生のサムは、好意を寄せていた医学生の男性・マークと共に、感染者と戦っていました。
頭に穴を開けて脳にある腫瘍を取り除くとよいという治療方法を試し、サムは自分で自分の頭の腫瘍を取り除きました。
感染者同士は互いに情報を共有することができます。
サムは斧を持って、戦いに臨んでいました。

感染した時に妊娠していたサムは、まだ妊娠4か月にも関わらず、陣痛に似た症状を呈していました。斧で扉を破り、廃屋に入りこみます。
そこにいた中年女性・メイはサムの出産の手助けをしました。サムは男児を産みますが、サムが死ぬと思ったメイは、サムを放置して赤ん坊を連れ去ります。

3年後。
サムは生きており、奪われた息子を探していました。赤い車に乗り、奪われた場所を拠点にして捜索しています。
感染した後、腫瘍を摘出した人物のことは『欠陥品』と呼ばれるようになっていました。
感染者は死後によみがえり、人間を襲います。
〝レッドルーム〟は再起動し、アップデートを続けていました。現在、79%です。
アップデートが100%になってしまうと、閲覧していなくても全人類がウイルスに感染し、ひとつに繋がることが、軍により判明していました。

【承】- 最終感染アンチソーシャル2のあらすじ2

サムが赤い車をおりると、人間の男2人に殴られて拉致されます。
男たちはサムをレイプしようとしますが、サムが元感染者の『欠陥品』と判明すると、油をかけて火をつけようとしました。
そこへ感染者が現れます。男性2人は走って逃げました。
車で去ったサムは、野営します。

車のトランクで眠ったサムは、翌朝、車をあさる少女・ビーンを見つけました。ビーンの本名はベアトリクスというのですが、本人はその名を嫌い、ビーンという名で通しています。
ビーンはパソコンに精通しており、人探しアプリや感染者を動かすアプリを使っていました。前日サムを殺そうとした男2人に感染者を襲わせたのも、ビーンです。
ビーンの父は陸軍の軍人でした。ビーンと母は感染して治療を施し、2人とも『欠陥品』となりましたが、母は再び感染して死にました。
ビーンは軍の施設から家出してきていました。「パパは私を嫌っている」と言います。
ビーンとサムは共に行動します。

ビーンは軍の施設にいたので、『レッドルーム』のアップデートを知っていました。100%になった暁には全員が感染することを、サムにも話します。
近くにいる感染者を移動させるアプリがあることを話したビーンは、感染者のジョーイという青年を好きだという秘密も、サムに打ち明けました。
車内で寝ていたサムとビーンは、軍隊に襲われて連行されます。

軍の施設ではビーンの父・マックスが、ある少年を観察していました。
その少年・ジェイコブは、まだ3歳であるにもかかわらず、精神的にも肉体的にも8歳ほどに成長しています。
超能力を持つジェイコブは、手をかざしただけで相手を殺すことができました。また、外部の情報も知ることができます。
軍の施設にサムとビーンが連行されると、ジェイコブはサムが乗っていた赤い車や、サムの絵を描きました。

ビーンは父・マックスの仕事&研究の手伝いに戻らされます。

【転】- 最終感染アンチソーシャル2のあらすじ3

ビーンがパソコンに詳しいのは、『欠陥品』として〝レッドルーム〟を一定時間閲覧する免疫がついているからです。
サムは別室で監禁され、マックスの聴取を受けていました。調べたところ、サムは普通の人間とも『欠陥品』とも違う、異質な存在だということが分かります。
マックスは大勢の人を人体実験し、感染を防ぐ抗体となるワクチンを作ろうとしていました。そのためには、大勢の人の死もやむをえないと考えています。

その頃、アップデートはすでに90%を突破していました。
サムは部屋に監禁されます。
ジェイコブは部屋にいる小さなクモを殺しました。その後、クモに手をかざして生き返らせます。
ジェイコブは自分の監視をする2人の男性を操り、戦わせました。それをマックスに見せ、サムに会わせろと言います。
マックスは催眠ガスを流し、無理やりジェイコブを寝かしつけました。

ジェイコブが固執するサムの秘密を知りたいマックスは、サムに暴力的な実験をします。
頭に器具をつけ、強制的に〝レッドルーム〟を閲覧させ続けたのです。
3分20秒が経過しても、サムは感染しませんでした。そこで器具が停止し、サムが気絶します。
サムとジェイコブは連動しており、サムが気絶するとジェイコブも気絶しました。
その結果を知り、マックスはサムがワクチンを作る足がかりとなると思います。

その頃、軍の施設では反乱が起き始めていました。
マックスがいつまでもワクチンを作らないので、メンバーたちがジェイコブに会わせろと言い出したのです。彼らはジェイコブが救世主だと思っていました。
会わせると言った後、マックスはリーダーの男を射殺します。そして残るメンバーに「必ず安全を保証する」と言って、反乱をおさめます。

アップデートが95%になりました。
マックスはサムを手術台の上に縛り付け、腹にナイフを刺し、中からウイルスを取り出しました。
取り出したウイルスを、サムの耳から脳に入れます。

【結】- 最終感染アンチソーシャル2のあらすじ4

再びサムを感染させれば、ワクチンがつくれると考えたのです。
ビーンはそれを制止しようとしましたが、スタッフに追い出されました。
中年女性のメイがサムを見て、生きていたことに驚きます。
メイはサムの出産に立ち会い、ジェイコブを連れ去った女性でした。マックスはメイの話を聞いて、サムとジェイコブが親子だと初めて知ります。
脳にウイルスを植え付けられたサムは死に、ジェイコブは「言ったよね。みんな、つながる」と、アップデートの止め方はないと答えました。

ビーンは『欠陥品』であることを嘆き、思いを寄せるジョーイと繋がるために感染を考えます。〝レッドルーム〟を見続けて、再発しました。
それを知った父・マックスはショックを受けます。
ビーンはマックスを襲い、射殺されました。

サムは死んでいませんでした。隙をみてメイを襲い、ジェイコブの居場所を聞きます。
部屋を出たサムはまずビーンのところへ行きますが、ビーンが死んでいるのを見てショックを受けました。
ジェイコブの部屋に行きます。
その頃にはアップデートが99%になり、臨界状態を迎えていました。

ジェイコブの部屋にはマックスがおり、「生んだのはサムかもしれないが、育てたのは私だ」と言い、ジェイコブにアップデートを止めさせようとします。
しかしサムがマックスに口移しでウイルスを流しこみ、感染させました。その後、マックスの腹を横に一直線に切り、首も切って殺しました。

100%になり、アップデートが完了します。
サムもジェイコブも、そして全世界の人物が頭を抱え、うめきます。
ビーンはあこがれのジョーイとつながったと喜びました。
サムは、愛するマークの姿を見ました。喜ぶサムですが、いっぽうでマークは死んだはず…と思っています。
実際の現実世界では、サムも感染し、みんなが繋がっていました。
ジェイコブは、暴れるサムを拘束します。
ジェイコブだけが取り残されており、母であるサムとつながろうと模索していました。
(続編の可能性も高し)

みんなの感想

ライターの感想

前作品と較べると、格段にうすっぺらい内容になってしまった。
全3部作にしようと考えているのか。「つなぎの作品」にしか思えない。
息子のジェイコブが超能力を持っているっぽい感じが前面に出ているのだが、詳細は触れられず。
アップデートが完了したら全員がつながるのも理解できるのだが、それができたらどうなるの?
…そのあたりが全くつかめないままなので、物語ぜんぶがぼんやりしたまま。
もし次の作品をつくるのであれば、きちんと落としどころを考えておいてほしい。

映画の感想を投稿する

映画「最終感染アンチソーシャル2」の商品はこちら