「死国」のネタバレあらすじ結末

死国の紹介:1999年公開の日本映画。坂東眞砂子の同名小説を原作とする。四国八十八ヶ所を死者の歳の数だけ逆に回り死者を蘇らせる、禁断の「逆打ち」なる伝承儀式を巡って繰り広げられる、愛憎の悲劇を描いたホラー映画である。

予告動画

死国の主な出演者

明神比奈子(夏川結衣)、秋沢文也(筒井道隆)、日浦莎代里(栗山千明)、日浦莎代里〔少女時代〕(鈴木美帆)、日浦照子(根岸季衣)、日浦康鷹(大杉漣)、仙頭直朗(佐藤允)、浅川ゆかり(大寶智子)、小田(諏訪太朗)

死国のネタバレあらすじ

【起】- 死国のあらすじ1

明神比奈子は東京でイラストレーターをしています。現在は無人の田舎の実家を処分するために、比奈子は15年ぶりに故郷の四国・高知県矢狗村に帰ってきました。比奈子は中学時代に転校したため、その後の同級生の消息を知りませんでした。仲の良かった幼馴染の莎代里が、16歳の時に死んだことを昔の友人に知らされた比奈子は驚きます。
その後、初恋の相手だったもう1人の幼馴染・秋沢文也に再会した比奈子は、文也から莎代里の死に関する忌まわしい噂を聞きました。莎代里は死者の霊を黄泉の国から呼び出して口寄せする、依童の仕事を幼い頃からしていました。その莎代里は事故死ではなく悪霊に取り憑かれて殺されたという噂です。

【承】- 死国のあらすじ2

比奈子は文也が好きでしたが、文也は当時莎代里と交際していました。文也は現在も莎代里の死を引きずっており、比奈子は再び文也に惹かれていきます。そして文也のほうも、比奈子が莎代里への呪縛から解き放つ希望となりうると、比奈子に思いを寄せていきました。
その頃村では、「神の谷」と呼ばれる場所の入り口にある地蔵の首が奪われる事件が起きます。これを皮切りに、村では奇妙な事象が頻発しました。他界したはずの祖父の姿を見たという少年が現れたり、地蔵を調査する役所の人物が倒れたり、比奈子の枕元には16歳の莎代里が現れたりします。それらの現象の発端は、莎代里の母・照子によってもたらされたものでした。

【転】- 死国のあらすじ3

先祖代々から口寄せの仕事をする家系・日浦家の血を絶やしてはならないと考えた照子は、「逆打ち」をしていました。逆打ちとは、四国八十八ヶ所の札所を、死者の歳の数だけ逆に回るという死者を蘇らせる儀式です。照子はこれを完遂させ、娘・莎代里を蘇らそうとしていたのでした。
照子はもうすぐ16回目(莎代里が死んだ年齢)の逆打ちを終えようとしています。逆打ちが成功して黄泉の国への結界が破られると、四国は死者の国、即ち「死国」となってしまいます。それを知った比奈子と文也は、照子の計画を阻止しようとしますが、照子は16回目の逆打ちを終え、日浦家の者以外は立ち入ることの許されない神の谷で祈祷を始めました。

【結】- 死国のあらすじ4

ついに莎代里が蘇ります。蘇った莎代里は、自分の愛する文也と再び愛し合おうとしました。蘇った莎代里は母・照子を殺し、比奈子から文也を奪おうとします。しかし人間ではない莎代里は加減を誤って、文也を殺してしまいました。
事情を知る祈祷師・仙頭が、祈りによって莎代里を黄泉の国へ送ろうとしますが、現世に未練がある莎代里は比奈子の同情心をあおります。そこへ文也の霊が現れ、莎代里を黄泉の国へ連れ去りました。黄泉の国への門は無事閉ざされ、四国は元の姿になります。比奈子は実家を処分して東京へ戻る前に、死者が登るといわれる石槌山に手を合わせました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「死国」の商品はこちら