「永遠のこどもたち」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

永遠のこどもたちの紹介:ホラー映画でありながらも、母親の深くそして強い愛情を描いた映画。孤児院で育った女性が30年の時を経て、心に刺さった棘をゆっくりと溶かしていきます。

映画「永遠のこどもたち」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「永遠のこどもたち」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

永遠のこどもたちの主な出演者

ラウラ(ベレン・ルエダ)、カルロス(フェルナンド・カヨ)、シモン(ロジェール・プリンセプ)、霊媒師(ジェラルディン・チャップリン)

永遠のこどもたちのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①孤児院出身の女性・ラウラは30年後、閉鎖された孤児院を再開しようと屋敷に越してくる。養子のシモンが屋敷に架空の友人を作るが、ある日忽然と姿を消す。半狂乱で探すラウラは、シモンが言っていた架空の友人がいるのではないかと思うように。 ②30年前にラウラが里親に引き取られた直後、孤児院ではラウラの友人たちが職員の女性・ベニグナの息子・トマスを意地悪で殺し、ベニグナが5人の少年少女を殺していた。 ③その謎を解いたラウラは、シモンが死ぬきっかけを作ったのが自分であると知り自殺。残された夫・カルロスは無常を感じつつもラウラは幸福なのかもと思う。

【起】- 永遠のこどもたちのあらすじ1

スペイン北部の、アストゥリアス州。

約30年前…。
アストゥリアス地方の灯台近くに〝よき羊飼い〟という孤児院がありました。そこには身寄りのない6人の少年少女たちが暮らしており、孤児院の経営者の女性・アントニアが見守っていました。
孤児院からは、夜になると灯台が周囲を明るく照らすのが見えます。
当時「1,2,3、壁を叩け」という遊び(注:日本の遊び「だるまさんがころんだ」に似ている。鬼がこの言葉を発したあと振り返り、近づく子が動いていないかチェックし、他の子は鬼の背中をタッチする遊び)が流行していました。みんなそれで遊んでいます。
少年少女の中のラウラが真っ先に、里親が決まりました。孤児院長・アントニアは「みんなが寂しがるわね」と呟きます。

…30年後。
37歳になったラウラは、夫・カルロスと共に現在は閉鎖された孤児院の屋敷を買い取り、そこでホーム(孤児院)を開こうと思っています。
ラウラはその孤児院出身であることを覚えており、お世話になった恩返しも兼ねています。自分が育った当時と同じくらいの規模で、預かるのも5~6人と決めていました。
夫・カルロスは医師で、ラウラとカルロスはシモンという7歳の少年を養子に迎えていましたが、表向きは実子のように振る舞っています。
孤児院も閉鎖されていましたが、それは近くの灯台も同じでした。現在の灯台は夜になっても灯りがともされず、暗いままです。
屋敷に引っ越した初日から、シモンは屋敷にワトソンとペペ以外に新たな友人を作って遊んでいました。ワトソンとペペというのは、以前からシモンが作っていた架空の友人です。
シモンの友人というワトソンもペペも、ラウラには見えません。ラウラとカルロスはそれを、子ども特有の「架空の友人を作り、その子たちと会話をしている」と思っています。
翌日から早速、ホーム開設のために修理工たちが屋敷に入りました。ラウラはシモンを連れて海辺に行き、満潮になると沈んでしまう(それ以外は入れる)灯台近くの洞窟に行きながら、海賊の話を作って聞かせます。
シモンは洞窟の奥に入ったまま、なかなか出てきませんでした。外でしばらく待ったラウラは、シモンの返答がないので迎えに行きます。
シモンは洞窟の奥で、誰かと話をしていました。聞くと、洞窟の奥に男の子がいたのだそうです。ワトソンとは別の子だとシモンは言い、ラウラは架空の友人だと思いました。
シモンはその男の子を家に呼びたいと言い、道に迷わないようにと帰り道、貝殻を一定の間隔で道に置いて帰ります。ラウラはそんなシモンを夢見がちな少年だと思いつつも、惜しみなく愛情を注いでいました。

雨の日に屋敷に訪問者がありました。70歳くらいの白髪の眼鏡をかけた初老の女性は、名刺をラウラに差し出すと、ソーシャルワーカーのベニグナ・エスコベードと名乗ります。
面接の約束はしていないと指摘するラウラに、ベニグナは「シモンのことで来た」と言います。
ベニグナはシモンの資料を出しました。そこにはラウラが知られたくない情報…『養子縁組による転居(知られたくないから養子にした後、ラウラたちは一度転居している)』『HIV(ヒト免疫不全ウイルス)ポジティブ(最終的にエイズを発症させるウイルスに、シモンが感染していることを示す)』が載っています。
ベニグナは「新しい治療法があるから試してみれば」とアドバイスしますが、知られたくない情報を持ってきたベニグナを疎んじたラウラは、夫・カルロスが医者であるからそのあたりは熟知していると告げ、資料を取り上げて早々に追い返しました。
資料は、ベニグナを帰した後、キッチンの戸棚に入れて鍵をかけます。
その夜、外で金属の物音がして起きたラウラは、月夜の差し込むなか庭を見回りました。納屋の扉が開いているので入ってみます。
すると納屋の隅にスコップを持ったベニグナが潜んでおり、ラウラに見つかると一目散に逃げました。ラウラは大声でカルロスを呼んで見回りますが、ベニグナはもういません。
カルロスは「また出たら警察を呼ぼう」と言いました。ラウラはその夜、シモンと一緒のベッドで眠ります。

翌朝、シモンに「もう目を覚ましてもいい?」と聞かれたラウラは、自分も一緒に起きました。玄関のドアを開けると、シモンが前日に置いた貝殻が玄関口に積み上げられていてラウラは驚きます。
絵本『ピーターパン』を読んだシモンは、ネバーランドの話をラウラにします。ラウラはいつまで生きるのかと質問したシモンは、「僕は大人にならない。友だちも」と言います。友だちは全部で6人いるそうで、シモンはそれを絵に描きました。絵に描かれた少年少女たちは、みんな手に宝箱を持っています。
「宝箱を盗まれたら探さなくてはならない。持ち主がヒントをくれて、見つけると願い事を叶えてくれる」とシモンが言い、自分の宝物はおじいさんが公園に忘れて行ったコインなのだと言いました。
そのコインを見せようとシモンが取り出すと、箱の中には抜けた乳歯が入っていました。シモンが「これは最初のヒントだ!」と言うので、ラウラはシモンが母子で遊びたいために仕掛けたものだと思い、一緒に探そうとします。
抜けた乳歯をしまっていた戸棚を開けるとインクつぼに砂が入っていました。シモンが「この家のどこか」と言うので、庭の砂場に行って探ると、ボタンが出てきます。

【承】- 永遠のこどもたちのあらすじ2

裁縫箱を探るとキリスト像のペンダントが出てきました。キリスト像の下の棚にはマトリョーシカ(ロシアの民芸品で、胴体の部分で上下に分割し、中に小さい人形が入っている入れ子式の人形)があります。
マトリョーシカの中にキッチンの戸棚の鍵を見つけたシモンは、それを持って棚を開けました。シモンの言う通り戸棚にはコインが入っていましたが、ラウラは隠した資料をシモンに見られていないか心配のあまり、思わずきつく叱ってしまいます。
するとシモンはラウラに「うそつきだ。本当のママじゃないくせに」と言いました。シモンは架空の友人のトマスが「僕たちはママがいないと聞いた」と言います。
シモンは病気のために常備薬を服用していました。その夜、この薬をやめたらどうなるのかとカルロスとラウラに聞いたシモンは、トマスに自分の病気のことを聞いた、僕はもうすぐ死ぬんだと言います。
ラウラは内心、やはりシモンは資料を読んだのだと思いました。それと同時に、カルロスとラウラはシモンが架空の友人との遊びに夢中になりすぎることに、精神的な悪影響を与えないかと心配します。

ホームの開設が間近に迫り、オープンを記念してのパーティーが開かれます。近所の人たちも招き、パーティーは大々的なものになりました。
パーティーは一風変わったもので、マスクをする仮装式です。集まった子どもたちは動物のマスクをつけている子が多くいます。
ラウラは主催者という立場もあり、忙しくしていました。
そのラウラにシモンが「トマスの部屋を見せたい」と声をかけますが、ラウラは忙しいのでおざなりな対応をします。それでもわがままを言ったシモンをラウラは軽い平手打ちをし、シモンは拗ねました。
ベニグマに似た後ろ姿を見つけたラウラは嫌な予感がしますが、全くの別人でした。
シモンを探しに屋敷に戻ったラウラは、廊下の反対側から異様な頭陀袋をかぶったマスクの少年が近づいてくるのを目撃します。頭陀袋は黄色っぽく、目の周りは黒くふちどられ、ほっぺに赤いマークがついています。先日シモンが描いた似顔絵の6人の少年少女の、中央近くに描かれていたマスクにそっくりでした(注:余談だが「こわいピカチュウの扮装」に見える)。
てっきりその子がシモンだと思ったラウラは、かぶっていた頭陀袋を取ろうとしました。するとその子はラウラを思い切り突き飛ばします。ラウラは勢い余ってバスルームの浴槽に転倒し、右手の中指の爪が取れる怪我を追いました。
頭陀袋の少年はバスルームに鍵をかけると逃げます。不吉な予感がして夢中で追ったラウラは、階段で足を踏み外して左足を負傷しました。
それでも必死でラウラはシモンを探します。階段下にある物置を開けると、金属のパイプが倒れてきたので、苛立ったラウラは乱暴に物置に押し込めてシモン捜索を再開します。
屋敷内をくまなく探したラウラは、外に出てパーティーに参加している子どもたちのマスクを手当たり次第剥がしていきました。次々に子どものマスクを外すので、ラウラを見て少女の1人は笑います。
ラウラは洞窟へ行こうとしますが、夫・カルロスに制止されます。
それ以降、シモンは行方不明になりました…。

足を負傷したラウラは病院へ運び込まれて治療を受け、夜に警備隊が洞窟を捜索します。それでもシモンは見つかりません。
カルロスの顔見知りで、警察の女性心理学者・ピラールが「一番考えられるのは、肉親の誘拐かもしれない」と指摘します。ベニグナというソーシャルワーカーは実在しないと言いました。
退院したラウラをカルロスは心配し、なるべく付き添うようにします。
ベッドで寝ていたラウラは海に潜った夢を見ていましたが、笛のような音を聞いて目覚めました。シモンの子ども部屋に行くと、人形が置かれていました。

…シモンがいなくなって半年が経過します。
シモンは常備薬を服用しないと危険なので、ラウラは必死でした。シモンがいなくなった頃から、ラウラは見えないけれども何かの気配を感じていました。上記の、子ども部屋に行くと人形が置かれていたことなどです。
しかし「見えない何かの気配を感じる」と言うと、精神病患者扱いされます。
今ではラウラは、シモンが言っていた架空の友人が実在し、その友人たちがシモンを連れて行ったのだと信じていました。カルロスは困った顔をします。
街で乳母車を押すベニグナを見つけたラウラは、唯一の手掛かりとばかり、声をかけました。ベニグナはラウラの呼び声に立ち止まりますが、その直後、横から猛スピードでやってきた車に轢かれます。
夫・カルロスが蘇生措置を施しますが、即死であることは明白でした。ベニグナの顎は割れ、無残な顔になっていました。その胸に笛のようなペンダントを見つけたラウラは、手に取ります。乳母車には人形が入っていました。

【転】- 永遠のこどもたちのあらすじ3

ベニグナの遺品が発見されます。古い写真と古いフィルムで、その写真を見たラウラは、アントニア院長と、自分と一緒にいた孤児たちの写真と気づきます。
写真の最後列には、若い頃のベニグナが写っていました。女性心理学者・ピラールが、ベニグナがかつて孤児院で働いていたこと、彼女にはトマスという息子がいたのですが、顔が崩れていた(左目はあるのだが、右目は皮膚に覆われていて、左側も皮膚が垂れている感じ)ので、人目を避けて育てていたことなどを調べてきました。
トマスを育てていたことを、周囲の村人たちは誰も知らなかったそうです。
トマスはいつも顔を隠すため、頭陀袋をかぶっていました。
ラウラが孤児院を出た後、トマスの存在を孤児院の少年少女たちは知りました。
少年少女たちはある日、海辺の洞窟の中でトマスの頭陀袋を剥ぎとって、それでも洞窟から出てくるかという実験、いたずらを仕掛けました。トマスは洞窟から出てこないまま満潮を迎え、溺死で発見されました。
夜、カルロスは仕事で机に向かっており、ラウラは眠れないままベッドにいました。部屋に入ってきた気配を感じたラウラは、夫・カルロスだと思って「そういえば2000gの超未熟児の子を産んだとかいう過去を聞いたことがあるような気がする」と、ベニグナの話をします。
ふと見ると、部屋の扉に人の足の影がありました。怯えるラウラですが、電気を消して入ってきたのはカルロスでした。
振り返ったラウラは、背後に誰もいないことに愕然とします。今まで自分の背後にいたのは誰だろうと思いますが、カルロスは考え過ぎだと言いました。

…シモンがいなくなって9か月が経過しました。
ラウラは、30年前に死んだ筈の少年・トマスがシモンを連れ去ったのだと考え、悪魔祓いの研究をしている教授を訪問して霊媒師を紹介してもらいます。
教授、アウローラという霊媒師の女性、カメラ係の若い男性の3人が屋敷を調べました。その頃には夫・カルロスは半ばあきれ気味です。
警察の心理学者・ピラールも同席することになりました。
屋敷の至るところに監視カメラを仕掛け、アウローラが30年前に戻る儀式を行ないます。アウローラにはGPSが仕掛けられており、どう移動したかが分かるようになっています。
アウローラは2階奥の部屋、当時の孤児たちの寝室に行くと、苦しんでいる声が聞こえると言いました。実際に「誰か来たよ」「助けて」という子どもたちの声も聞こえます。
子どもたちは泣いており、「苦しい」「開けてよ、出たいんだ」と訴えていました。アウローラが扉を開くと何人もの悲鳴が聞こえます。これは本当に聞こえる声です。
その霊媒師によって判明したことは、トマスが死んだことを嘆いたベニグナが、トマスの死の原因となった孤児院の子たち5名を毒殺したという事実でした。
ラウラは「シモンはどこ? ここ(30年前)にいるの?」と聞きますが、その瞬間、監視カメラがすべてスノーノイズ(砂嵐)になりました。
催眠を解かれたアウローラは、「今と違う家のようだった」「灯台の光が窓から差し込んでいた」と、真実を言い当てます。
しかし夫・カルロスとピラールは、これらはすべて彼らの演出で、金を巻き上げるのが目的なのだと言います。よしんば事実であったとしても、彼らの目的は「霊」であって、シモン探しには協力してくれないだろうとも言いました。
立ち去り際、アウローラはラウラに「信じなさい。そうすると自然に聞こえるようになるし、必ず見える」という助言を残します。

夫・カルロスは屋敷を出ようと言い出しました。ラウラは留まってシモンを探したいと思います。
翌朝、孤児たちが当時いた部屋の窓が降りて来て割れたのを見たラウラは、窓際に近づきます。
窓際には椅子があり(洋館には窓際に作りつけの椅子がある部屋が存在する)、はめ板を外すと中に人形が並べられていました。不自然な空間に、子ども部屋でシモン失踪直後に見つかった人形を入れると、ちょうどいい具合に収まります。
人形を収めた瞬間、写真が出てきました。ラウラとシモンの写真です。
宝物を見つけ出すと願いが叶うというシモンの遊びを思い出したラウラは、このゲームをやってみることにしました。収納していたはずのアルバムをめくると、そこには枯れたバラがあります。枯れたバラ園に行くと、キルトの布地の端切れがありました。クローゼットの端切れ置き場にはチョコの空き袋があり、このチョコの空き袋はかつてシモンが宝箱に入れているのを知っているラウラが宝箱を開けると、どこかのドアノブが見つかりました。
ラウラは家の中をすべてチェックしますが、すべてドアノブがついています。
納屋に行ったラウラは、以前にベニグナが潜んでいた場所にブローチを見つけ、そういえばベニグナはスコップを持っていたことを思い出しました。

【結】- 永遠のこどもたちのあらすじ4

その前に置いたセメント袋をどかせると、かまどのような扉が見つかります。ドアノブとは関係がないものの、入り口を破壊して奥を調べてみると、顎の骨が見つかりました。続けて大きな布袋が見つかり、中から頭蓋骨、肋骨が見つかります。マルティンという名札も出てきました。
ベニグナはここに毒殺した5人の骨を袋に入れ、隠していたのでした。ラウラが屋敷を買い取った当初にベニグナが深夜入り込んでいたのは、この骨が見つかるとまずいので、シャベルを持って回収しに来たのでした。
警察の実況見分で5人の骨と断定されました。30年前の友人が、自分が孤児院を出た後に全員殺されていたことに衝撃を受けます。
それと共に「トマスを殺した5人が、今度はシモンと自分を標的にしているのだ」とも思いました。

骨が見つかったこともあり、カルロスは家を出ると決意します。
ラウラは「2日だけでいいから、時間をちょうだい」と言い、自分だけ留まることを頼みました。
カルロスは自分が持っていた十字架のペンダントを渡すと、これを持っていてくれと言います。そしてラウラの願いを聞き入れて、自分は先に車で立ち去りました。

残ったラウラは必死で作業をし、当時の孤児院を再現しました。覚えているかぎりの当時の記憶を掘り起こし、ベニグナが持っていたフィルムも参考にして部屋を当時のものに戻します。
服装もその当時の孤児院の院長たちが着用していた制服に着替え、鐘を鳴らし、食卓にベリーを並べ、席には5人の友人の人形も置きました。それでも何も起きません。
何が足りないのか自問自答したラウラは、当時、孤児院でやっていた遊びを思い出します。
奥の孤児院の子ども部屋で「1,2,3、壁を叩け」としてみますが、ラウラ自身バカなことをやっているという自覚がありました。それでも続けてみると、3回目にかすかな物音がしました。
希望を見いだしたラウラが続けると、やがて部屋に少年少女たちの影が現れます。5人います。彼らはラウラの背中を叩きました。子どもたちにラウラはシモンの行方を聞きますが、彼らは答えずに逃げます。
影を追ったラウラは、階段下にある物置部屋に誰かが逃げ込んだのを見て、そこへ入りました。外から扉を閉められたので、中でラウラは灯りをつけます。
ふと思い立ったラウラは、壁を軽く叩いてみました。すると1か所だけ、軽い音がするところがあります。金属のポールが立てかけられたところです。
夢中で壁紙を剥がすと、そこにドアノブの穴がありました。シモンとの宝探しゲームで見つけたドアノブを差し込むと、ドアが開きます。
そこにはさらに地下へ続く階段があり、おりてみると広い地下室がありました。うしろに一瞬、少年の影が映ります。
灯りをつけると、そこにはアリシアやマーティンたちの絵が飾られていました。ベニグナとトマスの写真もあります。つまりこの地下室は、ベニグナが人目を忍んで育てていた、トマスの隠し部屋だったのです。

そういえば…ラウラは思い出しました。パーティーの日、シモンがいなくなった日、シモンは「トマスの部屋を見せたい」とワガママを言っていました。ラウラが軽く平手打ちをすると、拗ねて立ち去ったことも。
シモンはあの後、ひとりでトマスの隠し部屋に来たのでしょう。そしてそこで過ごしていたのを知らず、慌てたラウラはあの時、階段下の物置から金属パイプが倒れてきたのに苛立って、無造作に壁に立てかけました。その金属パイプが重すぎて、扉が開かなくなったのでしょう。
皮肉なことに、ラウラは自分でシモンを閉じ込めてしまっていたのです。それに気づいたラウラは愕然とします。

地下室の奥に、横たわったシモンの、ミイラ化した遺体がありました。ラウラはそれを抱きあげ、外の部屋に出ます。
2階奥の孤児院の寝室に入ったラウラは、シモンの遺体に常備薬を飲ませました。その後、自分も薬物を大量摂取します。
「シモンに会いたい」と呟くと、灯台の光がつき、子どもの頃の自分を庭先に見ました。(このあたりから実際のラウラはもう死んでいる。見ているのは、ラウラの願望の象徴)
抱いていたシモンが生き返り「もう目を覚ましてもいい?」と言います。朝起きる時の、シモンの口癖です。
「僕、コインを見つけたから、願い事を叶えてよ。ずっとここでみんなの面倒を見てあげて」と言われたラウラは、もちろん引き受けるつもりです。
すると、ベッドから5人の少年少女…30年前にラウラの友だちだった子どもたちが起き上がり、駆け寄ってきました。彼らは「ラウラよ」と言って「ウェンディみたい」と言い、30年ぶりの再会を喜びます。さらに1人加わりました、トマスです。
灯台の光は、朝日に変わります…。

…ラウラは死にました。ラウラの遺体と、見つかったシモンの遺体は同じ墓に納められます。
夫・カルロスはその墓に二輪のバラを手向けました。カルロスができたのは、この屋敷の片隅に墓を作ることだけでした。
屋敷を見回ったカルロスは、奥の子ども部屋で妻に渡したはずの十字架のペンダントを拾います。残念なことに、この十字架はラウラを引き留めることはできませんでした。
しかし…。カルロスは気づきます。カルロスがネックレスを拾った瞬間、ドアがかすかに開いたことを。
ラウラを失ったことはカルロスにとって寂しいことですが、ラウラにとっては、この結末は幸せだったのでしょう。
そう思ったカルロスは、開いたドアに微笑みかけました。

みんなの感想

ライターの感想

これは…ホラーテイストなのだが、ホラーだけじゃない要素もぎっしり。
先に言っておくと、怖いよ、うん。頭陀袋をかぶった少年はインパクトあるし。いや、ほんと、ホラー風ピカチュウ(失礼!)…。
孤児院の屋敷のたたずまいからして不気味で陰惨としていて、もちろんこれは演出なんだけど、正統派のホラーだなあと思う。
それまでも架空の友人を抱えていたシモンが、屋敷に越した途端にその架空の人物が一気に増える! まあ、このへんは「架空なんだ」と思っていれば別に問題はないのだが。
最初は「パーティーの日を境にいなくなったシモンを探す母」なわけだが、それが徐々に霊媒師にまで発展するからびっくり。
新たに出て来た事実。そして最後に辿り着く真相…この、真相がつらくてたまらん! 怖いだけじゃなくて切ない! やりきれない!
霊媒師が言っていた「死に近づいた者が見える」というのが暗示的。
常備薬を服用していてもシモンは死に近づいていたからこそ、孤児院の子どもたちを見ることができたのだろう。
そしてラスト、薬物を過剰摂取したラウラにもそれが見えるようになる。つまり、ラウラも死に近づいて初めて彼らの姿が見えるようになったということ。
一分の隙もなく張り巡らされた脚本にはアッパレ! 冒頭の「1,2,3、壁を叩け」からすでに伏線はスタートしているのだ!

映画の感想を投稿する

映画「永遠のこどもたち」の商品はこちら

永遠のこどもたち [DVD]