「獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズ」のネタバレあらすじ結末

獄門島(1977年)の紹介:1977年公開の日本映画。横溝正史の同名小説を、石坂浩二を主演に迎えて市川崑・監督が映画化。名探偵・金田一耕助シリーズの第3作。祖父の願いと、本家と分家の争いを描いた作品。

この映画を無料で観る

獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズの主な出演者

金田一耕助(石坂浩二)、勝野(司葉子)、早苗(大原麗子)、お小夜(草笛光子)、巴(太地喜和子)、鬼頭月代(浅野ゆう子)、お七(坂口良子)、等々力警部(加藤武)、分鬼頭儀兵衛(大滝秀治)、漢方医幸庵(松村達雄)、鬼頭嘉右衛門(東野英治郎)、了然和尚(佐分利信)

獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズのネタバレあらすじ

【起】- 獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズのあらすじ1

獄門島には、かつて鬼頭嘉右衛門という当主がいました。嘉右衛門には千万太と一の2人の男の孫を溺愛していました。
昭和21年9月、金田一は千万太の遺書を届けに獄門島の了然和尚を訪ねます。本家筋の千万太が戦争で死に、分家筋の一が生き残ったことになり、了然和尚は複雑な心境でした。
金田一は千万太から不吉なことを聞いていました。千万太が死ぬと、3人の妹(月代、雪枝、花子)が殺されるというのです。妹たちは精神に異常をきたし隔離された現当主・与三松と、後妻・お小夜の間に生まれた子ですが、嘉右衛門はお小夜との結婚に反対でした。
金田一が島に来て3日目に花子が、梅の木に帯で逆さづりになって死んでいました。 この映画を無料で観る

【承】- 獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズのあらすじ2

さらに、天狗の鼻のように突き出た崖の上にある千光寺の吊り鐘の中で、雪枝が死体となって発見されます。
そして花子、雪枝の通夜の晩、月代が祈祷所で萩の花びらを振りまかれた死体で見つかりました。
岡山県警の等々力警部は海賊の仕業と思いますが、捜査もむなしく犯人の目星は全くつきません。
金田一は、これらが「鶯の身をさかさまに初音かな」「むざんやな冑(かぶと)の下のきりぎりす」「一つ家に遊女も寝たり萩と月」の俳句になぞらえて殺されたものだと推理しました。
また最初の殺人現場で、了然和尚が「きちがいじゃ(「季ちがい」「気ちがい」をかけている)」と言ったのを思い出し、和尚に話を聞きます。

【転】- 獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズのあらすじ3

了然和尚が花子を殺していました。またその時に犯行現場を目撃した海賊男も和尚は殺します。
リウマチを患っている和尚は、犯行に力が必要な雪枝や月代の殺害ができません。この2人の殺害の犯人は、女中・勝野でした。
犯行の背景は昔にさかのぼります。嘉右衛門は与三松とお小夜の結婚に最後まで反対し、2人の間に生まれた3人の娘(月代、雪枝、花子)に後を継がせることを望みませんでした。
分家筋では一と一の妹・早苗がいます。一と早苗の本当の母は女中をしている勝野でした。これを知っているのは勝野と了然和尚だけです。
嘉右衛門は、もし本家筋の千万太が死に一が生き残った場合、3人の娘を殺害せよと言い残していました。

【結】- 獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズのあらすじ4

本家筋の長男・千万太が死ぬと、本家は3人の娘の誰かが継ぎます。嘉右衛門はそれを嫌い、それだったらむしろ分家の一が鬼頭家を正式に継いで、家を盛りたててくれたらよいと考えたのです。
月代、雪枝、花子は奔放な性格で、鬼頭家の当主には不適当だと客観的にも明らかでした。
3人娘の身を案じた勝野は、ぜひ生きて帰ってくれと千万太に手紙を送ります。しかし甲斐なく千万太は死んでしまいました。
勝野はいつのまにか実子である一に愛情を傾けてしまい、雪枝や月代の殺害を実行してしまいました。
すべてを告白した勝野は「いつのまにか嘉右衛門の怨念に操られていたのかもしれない」と言い、了然和尚とともに崖から身を投げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「獄門島(1977年)-金田一耕助シリーズ」の商品はこちら