「獣人繁殖」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

獣人繁殖の紹介:「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1本。文明が滅びた未来、洞窟で原始的に暮らし、クレイジーなシャーマンこと”親父”に束縛されていた6人の若者が逃亡、都市の廃墟に住む近代的な男女に救われるが、彼らには重大な秘密があり…という2001年公開のアメリカのホラー・SF。監督/出演は「ケンパーク」「KIDS/キッズ」のラリー・クラーク。オリジナルはロジャー・コーマン監督の「恐怖の獣人」(1958)。

この映画を無料で観る

予告動画

獣人繁殖の主な出演者

デビッド(アンドリュー・キーガン)、サラ(タラ・サブコフ)、ニール(リチャード・ヒルマン)、ジュディス(ティファニー・リモス)、ヴィンセント(スティーヴン・ジャッソ)、エリザベス(クリスタル・セレステ・グラント)、ジョシュア(ショーン・エリオット)、ヘザー(ヘイリー・キーナン)、”親父”(ポール・ヒップ)、ナサニエル老(ラリー・クラーク監督)など。

獣人繁殖のネタバレあらすじ

【起】- 獣人繁殖のあらすじ1

みすぼらしい服を着て岩場で狩りをする若者4人と老人。指導者らしき老人は、獲物を逃した短髪の若者を殴りちゃんと狙え!と叱ります。老人が次に号令をかけた時、その若者は剣先にテープを撒いただけの手製の武器で老人を仕留め、笑います。胸を貫かれた老人は「クソガキめ」と呟き息絶えます。彼は事故だ、こんな奴死んだっていいんだと言い、若者たちは口々に”親父”に報告に行こう、嵐が来ると言って去って行きます。傍には「スケートボード禁止区域」の看板が朽ちていました。

彼らは岩場の洞窟でドラム缶で火を焚き、ありあわせの衣服をまとい暮らしている老若男女数十人の一部で、”親父”と呼ばれる牧師のような身なりの男に支配されていました。
若者の1人デビッドは若者グループのリーダーで、肉をねだる中年男を往なし、心配していたサラに事情を話し、”親父”にナサニエル老は事故で死に遺体は隠したと報告しますが、老人の死より獲物が無い事を責められ役立たずと罵られます。
”親父”は皆の食事の席に現れ、ナサニエルの死を教訓と思えと言い、先人たちは神の怒りに触れ嵐で滅んだが、自分は神の声を聞き、この洞窟で慎ましく暮らせば必ず神が守って下さると語ります。そして人口増加や滅びの原因として姦通の罪を戒め、神託によりサラが侍女に選ばれたと言います。サラは諦めたように「名誉な事よ」とこぼします。
デビッドは自室でボロボロの本を音読し始めますが、”親父”が来て本を燃やし、滅んだ古い世界の知識など必要ない、それより生きる知恵を学べと恫喝します。彼は寝床に隠してあったポルノ雑誌を”親父”に突きつけ、神の別名はペニスかと責め、サラには手を出すな!と怒鳴ります。”親父”はサラは2人で共有しようと笑いデビッドに殴られますが、おまえの事は全てお見通しだ、全てが思い通りにできるこの神の力をおまえに与えたいと嘯きます。デビッドは罵り殴られますが、殴り返すことは出来ませんでした。

少し離れた洞窟には老人を殺したヴィンセント、狩りに同行していたジョシュアと大人びたヘザー、少し幼いエリザベスの若者グループが集まっていました。遅れて来たデビッドは集会は禁止されてると言うエリザベスに、規則は大人が自分たちをここに閉じ込めるためのものだと言い、奴らは古い世界を否定するが、昔の人々は高い壁の中で自然を自在に操り、豊かに暮らし夢を実現させてたと言い、勉強して復活させたいと話します。
けれど、彼らの勉強会の教本は”親父”から与えられたポルノ雑誌で、デビッドに読み間違いを直されたヴィンセントは、意味は知ってると笑います。デビッドはもう”親父”の嘘にはうんざりだと言い、エリザベスに”親父”に神罰で脅され性的奉仕をさせられた事を告白させます。ヘザーは何とかしないとと言い、ヴィンセントは憶えたばかりの下品な言葉で”親父”を罵ります。
その夜、”親父”はサラを寝床に呼び迫りますが、デビッドが止めに入り首を絞められ揉み合ううち、十字架で”親父”の目を突き刺し殺害してしまいます。彼は大人たちに捕まり洞窟の前にある枯れ木に縛られます。大人は彼に実の親を殺すなんてと唾を吐き、子供は石を投げますが、ほどなくしてサラが強引に仲間に加わり彼を救出、一同は洞窟から逃げ出します。 この映画を無料で観る

【承】- 獣人繁殖のあらすじ2

旅に出たのはデビッド、サラ、ヴィンセント、ジョシュア、エリザベス、ヘザーの6名で、古い世界には飢えも狩りも無く、車と言う乗り物でどこへでも自由に行けて、食物は店で買えたと話しながら岩場を進み、やがて巨大な都市の廃墟を発見します。
その時、激しい嵐が来て必死で身を守るうち気を失い、ロックの曲の爆音に驚いて目を覚まします。そこは最新式のプレイルームの中で、全員が水着に着替えさせられていました。
そこにノリノリで現れた若者はニール、アジア系の美女はジュディスと名乗ります。デビッドはそこが古代都市だと気づきなぜ動いてる?と感動します。ニールは、太陽光発電だと言い、80年代の遺物である冷蔵庫やテレビ、マグワイアのホームランボールなどを見せ、ここは古代研究所で自分たちの家だと言い、ジュディスは彼らをバスルームに案内します。
そこは四角い大型のジェットバスで、ジュディスが全裸で浸かると次々と彼らも服を脱ぎ湯に入ります。サラは他人に肌を見せてはならないと言い最後まで躊躇しますが、ニールは年長者の言う事に従ってたわけだと笑い、昔は強い意志があれば誰でも自由だったと言い、洞窟にいた仲間の人数を聞き、自分たちにも仲間はいたが伝染病で死んだと話します。
その後、ジュディスは彼らに服を選ばせ、4人は大喜びで試着しますが、サラはニールと別な部屋に行こうとします。が、倉庫でニールに会い、はずみでざっくり切れた彼の腕の傷が数秒で治るのを目撃します。デビッドはおまえ何者だ?と警戒しますが、ジュディスに往なされ、ニールには「暗くなったら猛獣に気をつけろ」と言われます。
彼らは2人に、自分たちは当時大学生で、気候を研究している科学者の人体実験により遺伝子を操作され、気候の変化に堪えられる新人類に改造されたと話し、ジュディスは120歳だと告白します。ニールは疑うデビッドに、実験のおかげで俺たちは生き延びた、聴覚は研ぎ澄まされ、不老不死だ、おまえら原始人に何が分かると怒ります。また、ジュディスは2人にみんなが怖がらないように上手く伝えてと頼み、サラが実験された他の人たちは?と聞くと、変化には衝撃があり俺たちはそれに耐えられたんだと言われます。

彼らは広間で皆に自作したと言うヤクと酒をすすめますが、サラは頑健に拒みデビッドと共に他の部屋に消えます。
4人はハイになり、ニールとジュディスの導きで乱交しますが、ヴィンセントと交わるジュディスを見つめるニールの眼は恐ろしく、額がむくりと変化しますが誰も気づかず、やがて4人とも寝入ってしまいます。
ほどなくしてエリザベスはひどい吐き気と痛みに襲われ、ニールとジュディスの部屋に駆け込み助けを求めますが、彼らは「こんなに早く現れるとは」と笑っていました。
彼女は苦しみながら廊下を逃げ回りますが仲間は誰一人気付かないうち、ニールたちに捕まりベッドに寝かされ、腹部が破裂し息絶えます。苦悶する彼女を見ながら自慰を始めたジュディスは残念そうに呻き、ニールに当たります。

【転】- 獣人繁殖のあらすじ3

翌朝、デビッドとサラは食堂に集まっていた3人にエリザベスがいないと言いますが受け流され、ニールとジュディスに、彼女ははしかに罹ったため感染するから会わせられないと言われます。が、食い下がる2人にジュディスはサラだけならと言い、ニールが彼女をテントに連れて行きます。
エリザベスは存外元気そうにテントで寝ていてニールとジュディスがいるから大丈夫と言いますが、彼女は一瞬ジュディスに変わり目が青く光り、めまいを感じたサラがテントから出た途端、ジュディスに戻ります。が、広間に戻るとジュディスは3人と楽しく話していて、「エリザベスは病気なのに笑ってて変だった」と言うサラの報告を聞き終ると去って行きます。
寝室に行ったジュディスはニールに「あの子に気づかれたわ!」「計画が台無しよ!」と怒りますが、彼は勘付かれたら殺せばいいと怒鳴り返します。

彼らが倉庫でバスケやボードで遊んでいる中、サラはヘザーにデビッドとセックスしたかと聞かれますが、彼とはしてないしあんなのはイヤだと答えます。3人はニールとジュディスと一緒に”午後のお楽しみ”に向かいますが、サラはデビッドを引き留め関係を急かす彼にこれまで通り口でならと話します。また、彼らが楽しんでいる最中、肉を調達しに行くと言い出したニールにジョシュアがついて行きます。
ジョシュアは初めての車に感動し、ここは洞窟とは別世界で何もかもが素晴らしいと言い、やがてジュディスのセックスの素晴らしさを語り始めます。が、黙って聞いていたニールは顔が変わり彼の腹部を拳で貫いて殺害、「ちきしょう!やっちまった!」と叫びます。
ニールは彼の死体を広間に運んで皆に見せ、猛獣にやられた!1人で歩くなと言ったのに!と大げさに嘆き、皆は彼を外の地面に埋葬します。
その場に残ったサラは猛獣なんて信じられないと言い、「ニールは思い通りにならないと殴る”親父”と同じだ」と言うデビッドに、2人がなぜ自分たちを助けたのか優しくするのか目的を探ろうと話します。
一方寝室では、ジュディスがニールに猛獣なんて作り話は2度としないでと言いますが、彼は90年も一緒に暮らしたおまえと原始人のセックス話なんて聞いてられるかと笑います。彼女は気持ち悪い!とその頬を全力で叩き、ジョシュアは出会った頃のあんたみたいだった、でも抜け殻になったあんたには20年前から触られるのも嫌だ、そのため自殺すら考えたと激怒し、愛してるんだとすがる彼に、あんたは志願してなったけど私はあんたから感染(うつ)された、私は死にたいの、もうほっといて!!と叫び蹴りつけます。

広間で、落ち込んだニールが何度も腕を切りその傷が見る間に塞がって行くのをぼんやり見つめているところに、泥酔したデビッドがやってきます。彼は感覚が鋭いから痛みは君らより感じてると言い、忘れないようにするためさとこぼします。2人は彼女の愚痴で意気投合し飲み始めますが、ニールがヤクを頑なに拒むデビッドにキレて殴り、分れます。
ほどなくして、サラとデビッドは、ニールが酔いつぶれているのを確認し、寝室でパソコンに向かっていたジュディスをサラが連れ出し、デビッドがパソコンを盗み見ます。それは彼らが広間で乱交している動画で、最適なウイルス感染の方法は性交とオーラルセックス、エリザベスは6時間で変化が始まり死亡と解説され、エリザベスの無惨な最期が映し出されます。
彼は、サラに迫っていたジュディスにニールが変だと訴えて引き離し、ヴィンセントとヘザーに事実を打ち明け、2人の車を奪って逃げようと持ちかけます。ヴィンセントは永遠に生きるのも悪くないと言いますが、サラを信じたヘザーは間もなく内臓破裂で死亡します。
サラは倉庫にいたデビットの元に走り、私たちも死ぬわ、でもこのままでは死ねない、あなたを愛したいと言い、倉庫にマットを敷き愛し合います。けれど、それはジュディスが化けたサラで、繋がったままの彼らの前に、ニールとヴィンセントに捕まったサラが現れます。
ヴィンセントは、今日変化したばかりだが絶好調だ、石も素手で割れるし”親父”やナサニエルより強い、神となって永遠に生きると笑い、ニールは、人間として生きる時代は終わったと笑います。

【結】- 獣人繁殖のあらすじ4

彼らは広間に2人を連れて行き、デビッドに”変化の衝撃への耐性を高める薬”を注射します。彼の顔はむくむくと変化し苦しみだしますが、間もなく平常に戻って別世界だと叫び、臭いや音に感動し、野球ボールを素手で握りつぶします。
彼らはデビッドをサラにけし掛けますが、彼は怯える彼女に手が出せません。ニールは、気候の変化に対応できない人類は死滅する、ウイルスで感染する俺たちにはこれまで感染させる相手がいなかったが、おまえたちにより繁殖の可能性が生まれた、失敗すれば死ぬが、選ばれた者は不死身の身体で快適な暮らしが楽しめる、俺たちは意のままに操れるパラダイスを再建するんだ!と迫ります。
また、彼らは貯め込んだ催涙ガスとショットガンで洞窟襲撃を目論みますが、殺戮に浮かれるヴィンセントをニールが怒鳴ります。
デビッドはセックスを拒み感染を頑健に拒否しイラつくサラを気にして、隙を見てサラを逃がします。が、彼女はヴィンセントに捕まり、襲われかけたところでニールが現れ、ヴィンセントの首をもぎ取ります。
ニールは彼女に口止めをして部屋に連れ戻しますが、デビッドがヴィンセントの首を持ち帰ってすぐにバラし、激怒したジュディスは、「こいつらを殺して2人で暮らそう」、「愛してるんだ」とすがるニールに、「私の家族も坊やもあんたが殺した!あんたなんか大っ嫌い!」と泣き叫び、叩き続けます。
ニールは、彼女をなだめようとするうち、彼女の胸を拳で突き破り心臓を掴みだしてしまい、慟哭しながらモンスターへと変化します。

逃げた2人はすぐにニールに追いつかれ攻撃されますが、デビットもモンスター化し「俺にも同じ力があるんだ!」と叫び掴みかかります。が、彼は力を制御しきれておらず、サラに迫っては苦しみ悶えます。ニールは、苦悶する彼をあっさり諦め首にロープを撒いて吊り下げ、サラを追います。バスルームに追い込まれた彼女が抵抗するうち、ニールは浴槽に落ちさらに醜く変身します。
その間に、デビッドはロープを外し、元の姿に戻って彼女と合流、追ってきたニールとデビッドがバトルする間、サラはショットガンと手榴弾を持って戻ります。
「おまえがジュディスを殺したんだ!」と叫ぶニールに組み伏せられたデビッドに、サラがショットガンを投げ、彼はニールの腹を撃ち抜き、サラがその穴に手榴弾を投げ込みます。
ニールはそれでも笑っていましたが、傷は手榴弾を飲み込んで塞がり体内で爆発し、彼の上半身は木端微塵に吹き飛びます。

2人はヴィンセントの首とジュディスの死体が転がる広間で抱き合いますが、デビッドはサラに、洞窟に戻れ、僕は君とは違う、抱いたら君は死ぬと言いますが、彼女は彼を受け入れ愛し合います。

ほどなくして彼は、1人で洞窟に行き、子供だけを連れ帰ります。
彼の姿は、ニールと同じく80年代のクレージーなハードロッカーのようでした。

みんなの感想

ライターの感想

過激な性描写で話題となった青春群像劇「ケン パーク」のラリー・クラーク監督のSF・ホラーで、ご本人も冒頭殺されるナサニエル老役で出演もしているんですが、近未来SFだ人体改造だ言っても設定はざっくり、放送禁止用語満載の割にエロさもなく、音楽は不快なだけで、主人公は頼りなくヒロインも可愛げがないと言う、SFとしてはかなり絶望的な作品かも。
頼りの特殊メイクは、冒頭のエリザベス爆発シーンにはいろんな意味でちょっとびっくりさせられるんですが、フルメイクはクライマックスの10分ほどが本格的なだけ、CGもかなり荒さが目立ちます。
ちなみに本作のジュディス役ティファニー・リモス、ヴィンセント役スティーヴン・ジャッソは「ケンパーク」のメインキャストだとか(いろんな意味でなるほど過ぎる)。あちらも激しく賛否が分かれていて、フィーリングの合う合わないで大きく印象が変わるようなので、ご自分の眼でお確かめ頂くのが一番かも。

★本作は「クリチャー・フィーチャーズ DVDボックス」にも収録されています。

映画の感想を投稿する

映画「獣人繁殖」の商品はこちら