「病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズ」のネタバレあらすじ結末

病院坂の首縊りの家の紹介:1979年公開の日本映画。横溝正史の同名小説を、石坂浩二を主演に迎えて市川崑・監督が映画化。「金田一耕助最後の事件」として知られ、また最大の事件でもある。

この映画を無料で観る

病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズの主な出演者

金田一耕助(石坂浩二)、法眼弥生(佐久間良子)、法眼由香利(桜田淳子)、山内小雪(桜田淳子・一人二役)、日夏黙太郎(草刈正雄)、田辺光枝(三条美紀)、山内冬子(萩尾みどり)、本條直吉(清水紘治)、五十嵐猛蔵(久富惟晴)、等々力警部(加藤武)、本條徳兵衛(小沢栄太郎)

病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズのネタバレあらすじ

【起】- 病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズのあらすじ1

昭和26年、金田一耕助は本條写真館の経営者・徳兵衛から、誰かに狙われているような気がすると調査を依頼されました。
同日の夕方、ある女性が結婚写真の撮影依頼に本條写真館を訪れ、徳兵衛の息子・直吉が出向きます。行き先は通称・首縊りの家と呼ばれる法眼病院跡でした。
この家で終戦翌年に山内冬子という女性が、首を縊って死んだのが名の由来です。法眼病院は閉院しました。
直吉は依頼に来た女性(花嫁)と、ある男性(花婿)の写真を撮ります。
翌日また写真を撮ってほしいと電話が入りました。本條徳兵衛、直吉、弟子の黙太郎、金田一が現場に行くと、男性の縊死体が見つかり、現場から逃走する男・吉沢を捕まえました。 この映画を無料で観る

【承】- 病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズのあらすじ2

写真を現像した徳兵衛は、花嫁が法眼家の娘・由香利と似ていると言います。
被害者は山内敏男という男性で、写真の花嫁は敏男と血の繋がらない妹・小雪だと思われました。その小雪から遺書が警察に届きます。
「血の繋がりのない兄と結婚するのを断ったところ、諍いとなって兄を刺し、母への復讐も込めて法眼家に吊るしました。私も母、兄のもとへ旅立ちます」と。小雪は山内冬子の娘でした。
しかし遺書に小雪の指紋はありませんでした。
数日後、徳兵衛が殺され、その後吉沢も殺されます。
金田一は法眼家と五十嵐家、そして本條について調査しました。

【転】- 病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズのあらすじ3

法眼弥生は15歳の時、母の再婚相手・五十嵐猛蔵に犯され、その姿を徳兵衛に撮られました。
弥生が生んだ子は里子に出され、冬子と名付けられます。弥生はその後、琢也という男と結婚しますが、冬子は琢也の愛人になりました。
弥生と琢也の娘が由香利、冬子と琢也の娘が小雪です。由香利と小雪は瓜二つでした。
冬子はその後、生まれた頃から持っていた南部風鈴を持って実の母・弥生に会いに法眼家を訪れます。
しかし由香利に「父の愛人と会わせるわけがない。乞食め」と追い返されて、絶望した冬子は首を縊って死にました。
小雪と兄・敏男は母・冬子の復讐を誓います。

【結】- 病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズのあらすじ4

由香利を誘拐し写真を撮りましたが(冒頭の結婚写真)、暴れた由香利は敏男に突き飛ばされ、頭を打って死にます。
はずみで由香利を殺してしまった敏男は自殺し、小雪に自分の死体を吊りさげるよう指示しました。
命令通り実行した小雪は法眼弥生に電話をかけ、すべて告白します。最初は弥生も驚きますが、小雪の境遇と自分の境遇が似ていることに同情し、小雪を自分の娘・由香利とすることにしました。
徳兵衛は写真を撮ってからずっと弥生を脅迫しており、弥生に殺されます。吉沢も由香利と弥生の入れ替わりに気づいたので殺されました。
すべてが明るみになった時、弥生は密かに逃げだし、法眼病院へ行く人力車中で舌を噛み死にました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「病院坂の首縊りの家(1979年)-金田一耕助シリーズ」の商品はこちら