「着信アリ2」のネタバレあらすじ結末

着信アリ2の紹介:2005年公開の日本映画。携帯電話で死の予告電話を受けた人物が、予告通りに死を遂げていく『着信アリ』の続編にあたる。舞台は日本に留まらず台湾にまで広がり、2種の呪いという意外な展開を見せる。

この映画を無料で観る

予告動画

着信アリ2の主な出演者

奥寺杏子(ミムラ)、桜井尚人(吉沢悠)、野添孝子(瀬戸朝香)、陳雨亭(ピーター・ホー)、本宮勇作(石橋蓮司)、水沼サチエ(鰐淵晴子)、内山まどか(ちすん)、王建峰(大久保運)、王美鳳(シャドウ・リュウ)、水沼美々子(大島かれん)、李麗(小泉奈々)

着信アリ2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①死の予告電話事件から1年後、同様の事件が相次ぐ。しかし以前と異なる点が現れた。女性ジャーナリスト・孝子と本宮刑事は、真相究明に乗り出す。 ②台湾でも同様の死の予告電話があると知った孝子は、台湾に手がかりがあると思い行く。廃鉱で昔リー・リィーという少女が生きたまま口を縫われて閉じ込められ、この呪いが今回の死の予告電話と判明。 ③しかし日本の美々子の予告電話も終わっていなかった。予告電話を受けた杏子は、恋人・尚人が代わりに電話を受けることで命を取り留めるが、本宮刑事と孝子は美々子の予告電話で死んだ。

【起】- 着信アリ2のあらすじ1

「死の予告電話」事件というのが立て続けにありました。発信元が自分の番号の着信が携帯電話にかかってくるのです。取るとその電話は未来からで、死ぬ瞬間の自分の声や音声が聞こえるというもので、死ぬ時の画像が送信されてくる場合もありました。
その電話を受けた者は必ず死に、死んだ者の携帯電話に登録されていた人物が、次の標的となる…というものでした。
かつて死の予告電話で妹を亡くした男・山下弘と女子大生・中村由美が協力し、死の予告電話が水沼美々子の怨霊によるものだと突き止めました。しかし死の予告電話を受けた由美は美々子に憑依され、山下を刺します。
その後、山下は病院へ収容されましたが、付き添うのは美々子に取り憑かれた由美でした…(『着信アリ』参照)。
…約1年後。
チャイルド・セラピストの資格を取ろうと勉強中の保育士・奥寺杏子の周辺で、再び不審死が始まりました。それは以前の「死の予告電話」と同じで、携帯電話に発信者が自分の番号から着信があるのです。
これにより、中華料理店を経営する店主・王(ワン)や、杏子の保育園の同僚・まどかが死にました。
死の予告電話のメロディは同じですが、以前の事件とは異なる点が2つありました。
1つは「着信があった時に電話を受けた者が本人でない場合には、電話を受けた相手が死ぬ」というものです。中華料理店のワンがそれに該当しました。
ワンには娘・美鳳(メイフォン)がおり、元々死の予告電話はメイフォンにかかってきたものです。メイフォンには最近付き合い始めた恋人がおり、その男を気に入らない父・ワンが電話を取ってしまいました。
結果、ワンが厨房の奥で死にます。ワンは携帯を所持していなかったので、不審な死とされました。
もう1つの異なる点は、死体から出てくるものが「口の中から赤い飴」ではなく、「胃の中から少量の石炭」でした。
山下や由美の時代から事件を追っている本宮刑事は、不可解だと感じます。死の予告電話と酷似しているのに、微妙に違う点があるということで、本宮刑事は警戒します。
若い女性ジャーナリスト・野添孝子も同様でした。孝子と本宮刑事は、情報交換をします。
ワンが死んだ時に居合わせたのは、店員・桜井尚人です。尚人は杏子の恋人で、メイフォンやまどかとも知りあいでした。
尚人はメイフォンのメロディが死の予告電話のものと同じだったことを告げ、その後、内山まどかにも同様の着信があったことを告げます。 この映画を無料で観る

【承】- 着信アリ2のあらすじ2

尚人から話を聞いた孝子はまどかに会わせてもらうことにしましたが、一足遅く、まどかは死んだ後でした。
まどかはその時杏子と通話しており、杏子もまどかのマンションに駆け付けます。
7月17日18:01のことで、予告電話のとおりにまどかは自室の浴槽で全身がよじれた格好で亡くなっていました。
続けてそのメロディが鳴り響きます。次の死の予告電話で、受けたのは杏子でした。予告では3日後の7月20日21:10となっており、金網にしがみつく杏子の画像が添付されていました。
孝子は杏子と尚人を連れ、本宮刑事のいる世田谷警察に行って相談します。
7月18日、孝子はさらに調査を進め、美々子の祖母に会いました。
美々子は母・水沼マリエがレイプされて身ごもった子で、レイプ現場を目撃したマリエの父・張偉(チャン・ウェイ)はその男を殺害して服役し、出所後は母国である台湾へ帰国したことを聞きます。
今回の謎は台湾と関係があると感じた孝子は、別居中の夫・陳雨亭(チェン・ユーティン)に電話しました。偶然ですが、孝子は台湾の男性と結婚していました。
すると、なんと台湾でも同じ事件が起きていました。しかも台湾では日本で事件が起こるよりも、ずっと以前から起きているそうです。ユーティンは台湾で弁護士をしていました。
孝子は本宮刑事に、胃の石炭は台湾のものではないかと言います。調べると、まさしくそうでした。
同じ死の予告電話ではあるけれども、今回のものは台湾発のものではないか…そう考えた孝子は、台湾へ行きます。
実は孝子が執拗に事件を追うのには、理由がありました。孝子は幼い頃、妹・真理子と神社で遊んでいる時に、社務所にある公衆電話にかかってきた電話を妹に取らせて、その後逃げるように家に帰ったのです。妹・真理子は翌日川で死体で発見され、孝子はずっと妹への罪悪感を抱えて生きていました。
7月19日。台湾でユーティンと2年振りに再会した孝子は、ユーティンから台湾の事件のファイルを見せてもらいます。そのファイルを作った人は、3日前に死の予告電話を受けて死にました。
同じ頃、日本で予告電話を受けた杏子は、雑踏で都市伝説を聞きます。夜中の2時22分に女の子が枕元に立っており、口が生きたまま縫われているのですが、「遊ぼう」という声が聞こえるそうです。
孝子と連絡を取っていた尚人と杏子も、台湾へ行くことを決意しました。

【転】- 着信アリ2のあらすじ3

7月20日。台湾で合流した3人は、手がかりの炭鉱へ行きます。そこは100年前まで炭鉱で栄えていましたが、今は廃鉱になった場所でした。
村の唯一の生き残り・高淑梅(ガオ・スウメイ)という女性とあった孝子&杏子&尚人は、スウメイの目が見えていないことに気づきます。幼い頃に自分で刺したらしいです。
スウメイは、村にいた女の子の話をしました。その少女の名は李麗(リー・リィー)と言います。
リー・リィーは幼い頃から不気味な雰囲気を纏う少女で、近所の同級生たちにいじめられていました。ある時、リー・リィーがいじめた男子に「3日後に死ぬ」と告げると、本当にその男子は3日後に死にました。
村の間では「リー・リィーが呪い殺した」という噂が広まります。ほかにも死んだ子がいたため、村人たちはリー・リィーを炭鉱に連れて行き、口を縫って閉じ込めて、鉱道をふさいだとのことでした。
しかしリー・リィーの「呪い」は冤罪(濡れ衣)でした。当時その村ではウイルスで血を吐いて死ぬ病気が流行しており、リー・リィーは「呪い殺した」のではなく「人の死を予知する力を持っていた」のではないかと孝子は考えました。
いずれにせよ、生きたままリー・リィーは口を縫われて閉じ込められ、そこから呪いが始まったのです。
台湾にいる孝子に、日本の本宮刑事から「由美が死んだ」という電話がありました。
死の予告電話を受けていながら生き延びた由美は、美々子に憑依されたとされていましたが、「共鳴していた」ということが判明します。
しかしその本宮刑事の電話は文字化けしたり、通話の途中で雑音が入って切れたりしました。
孝子は、今回の杏子らの死の予告電話は台湾発の、美々子とは別の死の予告電話だと突き止めます。また、同じ電話は別居中の夫・ユーティンにもかかっていました。
リー・リィーの遺体を探すため、孝子らは廃鉱となった炭鉱に入ります。20日の18時です(ユーティンの死の予告時間は19:59で、杏子の死の予告時間は21:10)。
二手に分かれて炭鉱を進んだ孝子は、そこで少女の姿を見ました。自分の妹と重ね合わせた孝子は、少女を抱きしめて「ごめんね、真理子(妹の名)」と言いました。時間は19:30です。
その後、孝子は急いでユーティンのところへ戻りました。
ユーティンは死の瞬間を記録に残そうと、部屋をビデオカメラで撮影していました。孝子の到着に動転するユーティンは「来るな」と言いますが、気づくと20時を過ぎていて、孝子は「真理子が助けてくれたのかも」と言ってユーティンと抱き合います。

【結】- 着信アリ2のあらすじ4

同じ頃、杏子と尚人は孝子の悲鳴を聞いて駆け付けます。尚人が「ここにいろ」と言いますが、杏子も「助けて」という声を聞きつけ、そちらの方向へ行きました。
井戸の中にずだ袋を見つけた杏子が開けると、死んだはずのメイフォンが出てきます。さらに後ろには死んだまどかが這ってきていました。
尚人が杏子の手を引いて連れ出しますが、外に出ると杏子ではなく、口を縫われた少女でした。杏子はさらに奥の道に行きますが、尚人からもらったネックレスを落とします。
道の奥に張り付けられた板があり、お札が貼られているのを見て、杏子は確信を持って中へ入ります。小部屋には椅子と縫い針がありました。縫い針を拾おうとした杏子の手首を、土中から出てきた手がつかまえます。
杏子の後ろに立った少女が、中国語で「遊ぼう」と言いました。
手首を掴まれた瞬間にリー・リィのつらさを知った杏子は、自分が犠牲となり、リー・リィーと共に残ろうと決意します。
しかしネックレスを見つけて追ってきた尚人が、杏子を連れ出しました。2人が逃げた先には巨大な電波塔があります。呪いはこの電波塔から発信されていました。
予告時間となり、杏子が見えない何かにひきずられていくのを見た尚人は、携帯電話に出ます。これにより、呪いの対象は尚人に移り(中華料理店・ワンと同じ)、尚人が連れて行かれました。杏子は助かります。
ユーティン宅から戻ってきた孝子が杏子を保護し、病院へ連れていきました。
本宮刑事に電話しようと世田谷警察署に電話した孝子は、本宮がもう死んだと聞かされます。
では、自分が話した相手は誰か…と疑問に思った孝子は、ユーティンの家にもう1度行きました。そこでビデオテープを巻き戻し、真実を知ります。
美々子の呪いはまだ続いていました。本宮刑事は美々子の呪いで死んでおり、そして…孝子自身も実はもう死んでいたのです。
文字化けで気づかなかっただけで、孝子も死の予告電話を受けていました。本宮刑事からの着信と思った電話が、孝子への死の予告電話でした(死の予告時刻は7月20日17:55)。
孝子はすでに炭鉱で死んでおり、…つまり…死んだ孝子がユーティン宅を訪問してユーティンを殺していました。
ビデオテープを再生して、ユーティンを殺す自分の姿を確認した孝子の口から、赤い飴玉が出てきました。飴玉を口から取り出した孝子は、かすかに微笑むと、飴玉を放り投げました。

みんなの感想

ライターの感想

『着信アリ』シリーズ第2弾。とっちらかってきました。
「どうして同じメロディなの?」という疑問は解決せず。これけっこう大事だと思うんだが。
美々子とリー・リィーの区別がつきにくい。
口を縫われたほうがリー・リィーっていうのは判ってても、ちょーっと俯かれると区別がつかないんだわ。
怖さはよく出ているんだけど、じっくりと後に検証すると「雰囲気で作ったね」と思ってしまう。
このシリーズ、次が完結。…正直、完結編は蛇足だったと思う。終わらせ方も納得がいかないんだが、ずるずる続かせるよりかは、ましかな。

映画の感想を投稿する

映画「着信アリ2」の商品はこちら