「神さまの言うとおり」のネタバレあらすじ結末

神さまの言うとおりの紹介:2014年公開の日本映画。〝命をかけた謎のゲーム〟に巻き込まれた高校生たちの姿を描く、人気コミックの映画化。三池崇史が監督を、福士蒼汰をはじめ、神木隆之介、染谷将太など、若手実力派が高校生役に扮する。

予告動画

神さまの言うとおりの主な出演者

高畑瞬(福士蒼汰)、秋元いちか(山崎紘菜)、サタケ(染谷将太)、高瀬翔子(優希美青)、奥栄治(入江甚儀)、平良幹則(山本涼介)、田岡由実(萩原みのり)、前田小太郎(高橋直人)、タクミ(大森南朋)、ホームレス(リリー・フランキー)、天谷武(神木隆之介)

神さまの言うとおりのネタバレあらすじ

【起】- 神さまの言うとおりのあらすじ1

高校2年生の高畑瞬は、平和な日本で平穏な日常を生きていました。他国では自爆テロが報道されても他人事でしかなく、現状の日常に退屈さを覚えます。
ある日、世界史の授業中に突然、教師の頭部が破壊され、そこから一体の「だるま」が出現しました。
教卓に陣取り「だるまさんがころんだ」を始めただるまは、振り返った時に動いた生徒の頭部を次々に破壊します。教室の戸は開きません。
瞬とサタケは、だるまの背中に「おしたならおわり」ボタンを見つけ、協力してボタンを押します。作戦は成功しますが、ボタンを押した瞬だけが生き残り、協力者・サタケは殺されました。
同じ試練を突破した幼馴染み・秋元いちかと瞬は出口を探します。

【承】- 神さまの言うとおりのあらすじ2

携帯は圏外で体育館までのルートしかなく、体育館に入った瞬といちかは次なる試練「まねきねこ」に挑戦しました。「ネコに鈴つけたならおわり」です。巨大なまねきねこは普通の猫のように動けます。
背中をかいてやると眠ることを知った瞬はまねきねこを眠らせますが、生徒間でもめごとが起きてねこが起き、時間制限もわずかとなりました。フェイクのバスケットボールを用意してクリアしますが、生き残ったのは瞬といちかと問題児・天谷武だけでした。
その頃、世間では、世界各国の高校で同時多発テロが起きたとして取りざたされていました。1000万以上の高校生が死に、クリアした者は空中に出現した謎の立方体の内部に閉じ込められます。

【転】- 神さまの言うとおりのあらすじ3

ネット上では「生き残った者は神の子だ」と言われました。
立方体の内部では五十音順に部屋分けされ、次なる試練「こけし」とかごめかごめをします。後ろの人物を当てたらこけしの負けで「カギで扉開けたならおわり」です。
平良と田岡が負け、中学で一緒だった同級生・翔子が名指しされた時、瞬が買って出ます。名を当てた瞬は鍵を手に入れ、翔子と部屋を脱出しました。
7人で7つの鍵を同時に回すお題をクリアした奥、前田、真田、翔子、いちか、天谷、瞬は次なる試練「白熊」に挑みます。「本当のこと、言ったならおわり」と背中に書かれた白熊は、本当のことを言えと強要しました。
白熊こそが偽者でア「クマ」だと瞬は看破します。

【結】- 神さまの言うとおりのあらすじ4

奥、前田、いちか、天谷、瞬は、最後の試練「マトリョーシカ」による「カンケリしたならオワリ」に挑戦しました。試練は「だるま」「まねきねこ」「こけし」「しろくま」「マトリョーシカ」と、しりとりで繋がっています。
鬼になった天谷が瞬以外を捕まえますが、蹴った缶が爆発する危険を冒し、瞬が缶を蹴って勝利しました。試合は終了し、マトリョーシカは誰も殺さず、皆にアイスキャンデーを配ります。
このアイスキャンデーの棒に「生きる」「死ぬ」が書かれており、生き残ったのは瞬と天谷のみでした。
立方体から出た2人は神の子と崇められ、2人の前に「マトリョーシカ」→「かみさま」、神様(ホームレス)が登場しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「神さまの言うとおり」の商品はこちら