「血まみれスケバンチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

血まみれスケバンチェーンソーの紹介:2016年公開の日本映画。自分の帝国を築こうとする少女が同級生たちを改造。襲いかかってくる同級生たちに、スケバン女学生が自前のチェーンソーを振り回し立ち向かっていく。主演は『仮面ライダードライブ』などに出演する内田理央。マッド・サイエンティストと化す少女をグラビア出身の山地まりが演じる。

予告動画

血まみれスケバンチェーンソーの主な出演者

鋸村ギーコ(内田理央)、爆谷さゆり(佐藤聖羅)、碧井ネロ(山地まり)、怨憎(玉城裕規)、仙崎(奥田佳弥子)、チコ(西村禮)、神田(阿部恍沙穂)、高橋(中村誠治郎)

血まみれスケバンチェーンソーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①自宅が解体屋の鋸村ギーコが通ううぐいす学園では、3年A組の発明家志望の女子生徒・碧井ネロがイジメをきっかけに、クラスメイトを次々に改造死体に仕立て上げていた。ネロの次のターゲットはギーコ。しかしギーコは正直どうでもよく、追試の方が大事だった。 ②ギーコは向かってくる刺客を倒しながら追試を受けた。追試で世話になった仙崎に説得され、ネロと対峙する。ネロはギーコに愛憎入り乱れた感情を持っていた。戦いに勝ったギーコは学校から帰る。

【起】- 血まみれスケバンチェーンソーのあらすじ1

海と山に囲まれた学校・うぐいす学園に通学する女生徒・鋸村ギーコは、自宅が解体業を営む家です。自分で改造した特製のチェーンソーを持っており、毎日その電動チェーンソーを持って自転車で通学していました。
登校途中に改造死体に襲われると、電動チェーンソーを使って撃退しています(注:改造死体についての経緯は後に記す)。
その日も通学途中のギーコの前に、爆谷さゆりらの3人の生徒が立ちはだかりました。ギーコは背中にしょった電動チェーンソーで立ち向かいました。
戦いの際には派手にパンチラするのですが、厳密にはパンツではなくふんどしだそうです(白いので一見するとショーツに見えるのだが、若干もこもこしている。予備知識がないとショーツと見間違えそう)。
1人目の金髪女子生徒の左腕と首を切断し、2人目の男子生徒の腹を切断し(上半身と下半身が泣き別れ)ました。爆谷さゆりは腕に仕込んだ爆弾で応戦しますが、ギーコはよけます。
それでも立ちはだかる爆谷さゆりに、ギーコは「戦う理由を説明してくれ。理由がないと、対バンは張らねえ」と言いますが、チアリーダーをしているさゆりは「チアは理由がなくても戦う」と言いました。
さゆりは過去は明るくて純真無垢な優等生の女子生徒でしたが、下着姿(パンチラ姿)を隠し撮りされ、写真をこっそり売られました。
それがきっかけで、男子生徒からは「誰にでもやらせる」と噂され、女子生徒からも誤解されて、さゆりは孤立します。その時に碧井ネロ(後述)に声をかけられて、人体を改造しました。
さゆりは「チアはパンツ見せて踊って喜ぶ女扱い。パンツじゃなくて、アンダースコートだ!」と憤り、局所から爆弾を発射します。
ところが途中で弾切れを起こし、さゆりは慌てて股間に爆弾を補充しました。それを見て爆笑したギーコは、待っている義理もないからと言って去ります。
首だけの看護師(よく見ると金属製の小さな足4本が、首の下から生えている)が「ネロさまからの贈り物よ」と言い、包帯などの簡易キットを持ってきました。
ギーコは負傷した爆谷さゆりたちも手当てします。
「なぜ敵の私を助けてくれるのか」とさゆりが聞きますが、ギーコは「おめーらなんか的じゃねえ。スケバンは、己のプライドのために戦う。おめーらはただの障害物だ」と答えました。
「なぜネロはこんなことをするのか」とギーコがさゆりに問いますが、さゆりは答えませんでした。

【承】- 血まみれスケバンチェーンソーのあらすじ2

…実はこの日、ギーコが必死になって登校したのは、追試のためです。追試を受けておかないと進級できないので、なんとしても受けるつもりでした。
学校内にも敵はわんさかいます。
男性教諭に「チェーンソー持ち込み禁止」とギーコは言われますが、家が解体屋なのだと主張します。
すぐ横を、足がフェンシングの剣になった女子生徒・チコが通ったので、ギーコは「おい、あいつは見逃すのかよ」と詰め寄りますが、男性教諭は「さすがに今のは、関わり合いたくない」と答え、ギーコも納得しました。
結局、チェーンソーはケースに入れれば持ちこみ可になりました。
複数の敵に次々に囲まれますが、チャイムが鳴ったのでギーコは3年A組の教室に急ぎます。
追試を受けるのはギーコだけでした。朝食抜きで登校したギーコに、首だけの看護師が弁当を頭に乗せて運んできます。
時間になっても教室に先生が現れないので、ギーコはやむなく職員室に行きます。
職員室の前にはバリケードが築かれ、先生は自分たちまで改造されたら嫌なので、教室に籠城していました。学校に来ているのは、給料をもらうためです。
先生は職員室の上段の窓からギーコにテスト用紙を放ると、できたら提出しに来いと言いました。
受け取ったテストを持って教室に向かいながら、ギーコは「いつからこんなことになったのか」回想します。
そもそものきっかけは、科学者志望の女子生徒・碧井ネロが段ボールを持ちこんだことからでした。
段ボールの中には『ザ・死んでるのに生きてる猫』が入っていました。猫の下には戦車が取りつけられています。
ネロは捕まえた野良猫を使って改造したつもりでしたが、その猫はクラスメイトのゴッちんの飼い猫・ミケでした。
ゴッちんの飼い猫を勝手に発明に使ったことで、ネロはクラスで総スカンと激しいイジメを食らいます。先生が気にするのはPTAの顔色ばかりで、ネロをかばう様子もありませんでした。
ネロは「今はまだ怒らない。実験が成功したら、皆に一斉に復讐する」と言います。そしてクラスメイトを次々に改造していったのでした。改造されたクラスメイトは「改造死体」になり、バラバラにされてもネロが修理すれば何度でも復活します。
ギーコとの確執は…擦れ違いごしに軽くぶつかっただけ…でした。
教室に向かう途中に、ゾンビ忍者部隊3人衆が現れます。元は忍者研究部の人たちです。
3人のうち1人・恨憎(はんぞう)は、元は女子生徒・ささやまかおりでした。性別も女性から男性に変えられています。

【転】- 血まみれスケバンチェーンソーのあらすじ3

電動チェーンソーで忍者部隊を撃退しましたが、ギーコのチェーンソーが壊れてしまいました。
ギーコはすぐ横の教室、工作部の部室に入ってテストを受けようとします。中は機械油の匂いがし、機械工作部の部長の女子生徒・仙崎がいました。奇跡的に人間の姿のままです。
仙崎は他の部員を人質に取られてネロに脅され、ネロの発明品の部品を作る役目を担っていました。そのため、改造されるのを免れていたのです。
仙崎は壊れたギーコの電動チェーンソーを修理し、さらにカスタムアップしました。そしてスkバンのギーコに協力を要請します。
ギーコもずっとネロに狙われているため、仙崎の申し出を検討しました。
そこへゾンビ忍者部隊が再びギーコを急襲しますが、チューンナップしたチェーンソーでギーコは迎え討ちます。
怨憎は他の学生たちに忍者研究部がバカにされるのを耐えかねて、ネロに改造を頼んでいました。それを聞いたギーコは「何かに夢中になっている奴は、はたから見たらマヌケなんだ。笑われただけ気合いが入っているってことで、それは誇るべきものだ」と答え、怨憎はその言葉が身に染みます。
仙崎に協力してもらってカンニングし放題の追試を受けたギーコは、先生に試験問題を提出しました。仙崎は改めて、ギーコに協力を頼みます。
このままいくと改造死体は3年A組だけでなく、他のクラスにも及びそうでした。
「改造死体だらけの文化祭や運動会、想像してみて」と言われたギーコは、「なかなか面白そうだ」と笑います。
仙崎はギーコに「なんだかんだ言いながら、不良は学校が好きなんだ。嫌なら学校に来ない。でもちゃんとお前たちは来る。不良やスケバンは本当は学校が好きなんだ。だったら学校を救え」と訴えました。
それを聞いたギーコは、学校を救う気持ちになります。
校内のあちこちには監視カメラがつけられていました。仙崎とギーコの様子を見ていたネロが、校内放送を使ってギーコに宣戦布告します。
「私のことを嫌いか、好きか」と放送で聞かれたギーコは「それ以前に、あんたのことをよく知らないんだけど」と答え、ギーコの発言にネロはショックを受けました。
その間にギーコは放送室に乱入します。「なぜここにいることが分かった?」とネロは驚きますが、校内放送を使っていることから、居場所はすぐに分かります。
ネロは改造死体を解き放ち、屋上へ逃げました。ギーコはたちはだかる大量の敵をチェーンソーでやっつけ(また派手にパンチラ、もとい「ふんどしチラ」)ます。

【結】- 血まみれスケバンチェーンソーのあらすじ4

廊下には盛大に臓物が撒き散らされ、死体が累々と積み重なりました。
屋上でネロと対峙したギーコは、あることを思い出します。
それは…ネロが体育の時間の後、ゴッちゃんたちに制服を隠されて、やむなくスクール水着で過ごさねばならなかった日のことでした。
屋上の給水塔のところにいたネロに、あとからやってきたギーコが「教えて欲しいことがある」と言ったのです。「お前、よく見たら綺麗な顔してるから聞くんだけど、キスの仕方、知ってっか?」と恥ずかしそうに聞きました。これがネロの怒りを買った模様です。
ギーコのチェーンソーに対抗すべく、ネロも自作のチェーンソーを用意していました。ネロのチェーンソーは機械工作部の部員で作られており、副部長のミズシマたちの頭蓋骨が埋められています。
ネロとギーコの戦いは接戦ですが、ギーコのチェーンソーが壊れてピンチに陥った時、思わぬ助太刀が入りました。ゾンビ忍者部隊の怨憎が、ギーコの味方をしに乱入します。
「ギーコに魂を救われた。敵ではないと思う」と言った怨憎は、ネロにチェーンソーで縦一直線に斬られました。
爆谷さゆりもやってくると、仙崎を人質に取ると休戦を要求します。仙崎はネロの部品を作っているので、脅しは有効です。
さゆりはギーコとネロが協力しあい、別の敵と戦うべきだと言いますが、ネロはさゆりに仕込んだ自爆装置のスイッチを入れました。改造死体にはすべて自爆装置が埋め込まれています。
「いつか地獄で再会した折には、仲間として認めて欲しい」とギーコに言ったさゆりは、屋上からダイブして皆を巻き込まずに死にます。
さゆりの死に心を痛めたギーコは「私は仲間を失った」と言い、「お前、さみしいだけじゃないか」とネロに叫びました。ネロのチェーンソーも反逆を訴え、ギーコサイドにつきます。
互いに凶器のチェーンソーが使えなくなったので、ギーコはネロに肉弾戦を仕掛けます。
ネロを蹴倒してビンタしたギーコは、ネロにキスをすると「キスなんかしちゃったから、私たち、もう相当仲良しだね」と言って、ネロのチェーンソーで腹部を貫きました。
ギーコとネロの戦いは、ギーコの勝利で終わります。
校庭におりたギーコは、さゆりの腕とチェーンソーを持って走ります。白いトラックが迎えに来ました。中に乗っているのは、ギーコがひそかに思いを寄せる男性です。
その男性に「いい解体屋になるためには、ちゃんと進学しろよ」と言われたギーコは、しおらしく微笑みました。2人の乗った車は、学校から立ち去りました。

みんなの感想

ライターの感想

原作があったなんて知らなかった! 原作はコミックスで、現在も連載中とのこと(私は原作未読)。
原作を知っていないと理解できないわけではないが、知っているとより深く理解できるかも?
スプラッターが基本だが、要所にギャグも取りこんでいる。
独特の世界観。公式ホームページでも「なんのこっちゃよく分からない! ハチャメチャな次世代エンターテインメイント」と書かれているが、まさしくその通り。
スカートの下のふんどしは…解説されるまで気づかなかった…(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「血まみれスケバンチェーンソー」の商品はこちら