「輪廻」のネタバレあらすじ結末

輪廻の紹介:2005年制作の日本映画。『呪怨』シリーズの清水崇・監督が、優香・主演で新たな恐怖劇を完成させた。“生まれ変わり”をテーマに、現在と過去の衝撃的な因縁を語り明かすミステリー・ホラー作品。

予告動画

輪廻の主な出演者

杉浦渚(優香)、松村郁夫(椎名桔平)、村田忠司(杉本哲太)、山中(小市慢太郎)、木下弥生(香里奈)、尾西和也(小栗旬)、森田由香(松本まりか)、大森千里(佐々木麻緒)、大森優也(伊藤大翔)、大森範久(治田敦)、大森歩美(三條美紀)、大森歩美〔若い頃〕(望月美緑)

輪廻のネタバレあらすじ

【起】- 輪廻のあらすじ1

今から35年前の昭和45年(1970年)に、群馬県のホテルで無差別殺人事件が起きました。
ホテルの宿泊客の大学教授・大森範久が犯人で、大森は最初に妻・歩美を刺し、次々と宿泊客と従業員を殺していき、最後に長男・優也と長女・千里を殺して自らの命を絶ちました。
被疑者が自殺したため大量殺人の理由は明らかになっていませんが、大森が発狂したと目されました。生き残ったのは、重態で一時は意識不明だった大森の妻・歩美のみでした。
…現代。
この群馬無差別殺傷事件を題材にした映画『記憶』を、名の知れた映画監督・松村が制作しようとします。
新人女優・渚は映画のオーディションに参加し、主役の少女役に抜擢されました。 この映画を無料で観る

【承】- 輪廻のあらすじ2

しかし直後から渚の周辺に、不気味な少女が現れます。少女は変わった風貌の人形を抱えていました。この少女は事件の被害者・千里です。
同じ頃、平凡な女子大生・弥生も妙な夢に悩まされていました。赤い屋根の大きなホテルがいつも登場します。
行ったことのないその場所は、いまは廃墟となっている事件のあった群馬県のホテル「ONO KANKO HOTEL」でした。
大学でクリプトムネジア現象(転生、輪廻、前世)について教わった弥生は、事件被害者の生まれ変わりなのかと考えます。
渚も弥生同様、自分が千里の生まれ変わりだという結論に至りました。
撮影が開始されます。スタッフは廃墟となったホテルに一度足を運びました。

【転】- 輪廻のあらすじ3

ホテルに入った渚は、生まれ変わりの思いをより強く深めます。現場を見ると、そこで起きた凄惨な事件の現場が頭の中にフラッシュバックするからでした。
スタジオでセットによる撮影が開始されます。
ある日渚は自分のベッドの中に謎の8mmカメラが入っていることに気づき、マネージャー・村田にフィルムの現像を頼みました。
弥生は現地に行き、廃墟のホテルに入ります。すると徐々に記憶が掘り起こされました。
スタジオでは撮影が佳境に入っています。村田は現像したフィルムを再生しました。
スタジオの渚と松村監督、廃墟の弥生、再生されたフィルムによって犯行当時の様子が明らかになります。 この映画を無料で観る

【結】- 輪廻のあらすじ4

犯人・大森は発狂していませんでした。肉体と魂の研究をしていた大森は「肉体は器でしかない」という結論に至り、輪廻転生の実験で大量殺人を行ったのです。
廃墟のホテルには弥生だけでなく、他の被害者の生まれ変わりが続々と集結し、同じ死に方をしていました。
いつの間にか渚はスタジオから廃墟のホテルに迷い込み、松村監督が被害者の少年・優也の生まれ変わりだと知ります。
しかし少女・千里の生まれ変わりは渚ではなく、弥生でした。
渚は…実は犯人・大森の生まれ変わりでした。それを知った渚は発狂します。
試写が行われた際にそれを知った歩美は、渚が隔離されている精神病棟の部屋に行き、千里の人形を渡しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「輪廻」の商品はこちら