「鳥」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

鳥の紹介:1963年公開のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督の作品で、原作はダフネ・デュ・モーリアによる同タイトルの短編小説である。1970年代に量産された動物パニック映画の原点にあたる。

予告動画

鳥の主な出演者

メラニー・ダニエルズ(ティッピ・ヘドレン)、ミッチ・ブレナー(ロッド・テイラー)、リディア・ブレナー(ジェシカ・タンディ)、キャシー・ブレナー(ヴェロニカ・カートライト)、アニー・ヘイワース(スザンヌ・プレシェット)、バンディ夫人(エセル・グリフィス)

鳥のネタバレあらすじ

【起】- 鳥のあらすじ1

社交界の名士である若い女性・メラニーは、サンフランシスコの小鳥屋で謎の男性・ミッチと出会います。ミッチはメラニーのことを知っていましたが、メラニーにはミッチのことを覚えていません。ミッチに興味を持ったメラニーは、車のナンバーからミッチの住所を割り出し、カリフォルニア州ボデガ・ベイにあるミッチの自宅に、ミッチが探していたつがいのラブ・バードを置いてきました。その折に1羽のカモメがメラニーの額をつついて去っていきます。そしてこれが事件の予兆でした。

【承】- 鳥のあらすじ2

メラニーはミッチと親しくなります。ミッチは若い弁護士でした。ミッチと親しくなったメラニーは、ミッチの母・リディアや妹・キャシーに紹介されます。メラニーは地元の小学校の先生・アニーとも親しくなりましたが、アニーはミッチの元彼女だと知ります。そのアニーの家をメラニーが滞在していた折に、カモメがドアに突撃して死んでしまいました。また翌日のキャシーの誕生パーティで、子供たちがカモメに攻撃される事態になります。

【転】- 鳥のあらすじ3

ボデガ・ベイには次々に鳥が飛来し、その数は増える一方でした。そして、ついに農夫が鳥によって目玉をくりぬかれ、死んでしまいます。鳥による被害者が出たのでした。ますます数を増やした鳥たちは凶暴性を増します。授業中のアニーはメラニーの訪問を受け、驚きました。なんと大量のカモメの群れが校庭を埋め尽くしていたからです。キャシーをかばってアニーは亡くなりました。これを機に鳥たちは人間を一斉に襲い始めます。

【結】- 鳥のあらすじ4

ミッチ家の皆とメラニーはミッチの館に避難していましたが、窓を板で塞いでも鳥たちは大挙して板に体当たりし、家の中に入ろうとしました。身の危険を感じた一同は、車庫にあるメラニーの車に乗り込み、脱出します。サンフランシスコに向かう車の中、カーラジオでは、鳥の攻撃が近隣に拡大していると報じ、市民レベルではこの不可解な攻撃に対抗することがもはや不可能なため、州兵の出動を提案していると告げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「鳥」の商品はこちら