ママ/Mama(ホラー)

「ママ/Mama(ホラー)」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

「パシフィック・リム」や「パンズ・ラビリンス」で知られる鬼才・ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めるホラームービー。「母性愛」を軸に、山奥の小屋で何者かに襲われる恐怖と、それに取り込まれた幼い姉妹の姿を描く。2014年一月現在では日本未公開予定となっている。

映画「ママ/Mama(ホラー)」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ママ/Mama(ホラー)」のネタバレあらすじに注意ください。

ママ/Mama(ホラー)の主な出演者

ヴィクトリア(ミーガン・シャルパンティエ)、リリー(イザベル・ネリッセ)、ルーカス・姉妹の父親(ニコライ・ワルド)、アナベル(ジェシカ・チャステイン)、ドレイファス医師(ダニエル・カッシュ)

ママ/Mama(ホラー)のネタバレあらすじ

【起】- ママ/Mama(ホラー)のあらすじ1

事業の経営に失敗した男が、会社の重役や別居中の妻を刺殺し、二人の幼い姉妹を連れて逃走。雪山に立てこもった男は娘たちと心中しようとするが、何者かが現れ男を殺す。途中の事故で眼鏡が壊れた姉妹の姉ヴィクトリアには何が起きたか分からず、一歳前後の妹リリーと共に、山小屋に残される。暖炉の火が消えかけた頃に、暗闇から何者かが投げてよこしたサクランボが現れる。

【承】- ママ/Mama(ホラー)のあらすじ2

事件から五年後、行方不明中の兄と姪達を、弟のルーカスは捜し続けていた。やがて山小屋にて、すっかり野生化した姉妹達が発見される。病院での保護により、ヴィクトリアだけは少しずつ言葉を取り戻していく。ドレイファス医師は、姉妹は「ママ」という妄想を作り上げて生活していた、と考察する。また、郊外の家で姉妹がルーカスやアナベル(ルーカスの恋人)と暮らすことを提案し、姉妹の叔母との親権問題も解消される。

【転】- ママ/Mama(ホラー)のあらすじ3

医師の調査により、五年間姉妹が過ごした山小屋の近くに、かつて精神病院があったこと、その患者の一人であるエディスが引き離された子供を拉致して逃走し、湖へと飛び込んだことが判明。子供を探し続けるエディスは黒い蛾と化し、森をさまよううち山小屋で姉妹と出会い、五年間「ママ」として二人を育てた、と語るヴィクトリア。姉妹と生活していく中で母性愛を持つようになるアナベルだったが、ある日エディスに二人を連れ去られてしまう。

【結】- ママ/Mama(ホラー)のあらすじ4

姉妹を連れて崖からと飛び込もうとしているエディスを発見したアナベルは、エディスの赤ん坊の遺体を差し出し、二人を返すように言う。しかし野生化したままのリリーにママと呼ばれ、やはり姉妹もろとも飛び込もうとするエディス。必死に止めるアナベルによってヴィクトリアは救われるが、リリーはエディスに縋りついたまま、幸せそうな表情を浮かべて湖へと消えた。

みんなの感想

    おぼんさんの感想

    ママは子ども逹といつまでも一緒にいたかったんだろうね。でも子ども逹がアナベルになつき出して、「こりゃいかん」と思ったのでは。で例の崖へ連れて行く。あんなに探していた愛しい我が子を抱いた時、うれしいというよりも、その変わり果てた姿に相当ショックをうけたよう。で2人の子どもの事を忘れかけた所にリリーちゃんの呼ぶ声が。ハットわれに帰り「やっぱりこっち」とばかりに遺骨を放り投げる。ビクトリアに手をはなされた時、ちょっと理解できないような寂しそうな表情。でもリリーちゃんを抱いて幸せそうに成仏していった。これも一種のハッピーエンドだろうか。

映画の感想を投稿する

映画「ママ/Mama(ホラー)」の商品はこちら

MAMA [DVD]