「13日の金曜日 ジェイソンの命日」のネタバレあらすじ結末

13日の金曜日 ジェイソンの命日の紹介:1993年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第9弾。ニュー・ライン・シネマ製作の、初のシリーズ作品。不死身の連続殺人鬼・ジェイソンのルーツなどが新たに描かれる。

13日の金曜日 ジェイソンの命日の主な出演者

スティーヴン・フリーマン(ジョン・D・ルメイ)、ジェシカ・キンブル(カリ・キーガン)、ダイアナ(エリン・グレイ)、クレイトン・デューク(スティーヴン・ウィリアムズ)、ロバート・キャンベル(スティーヴン・カルプ)、ジェイソン・ボーヒーズ&フレディ・クルーガー(ケイン・ホッダー)

13日の金曜日 ジェイソンの命日のネタバレあらすじ

【起】- 13日の金曜日 ジェイソンの命日のあらすじ1

アメリカ、ニュージャージー州ブレアーズタウンのキャンプ場クリスタル・レイクにある一軒家に、久しぶりに女性がやってきました。
彼女は部屋の電気を点けようとしますが、ちょうど電球が切れてしまいます。
電球を交換した後、女性がシャワーを浴びようとすると、ジェイソンが現れました。女性はバスタオル1枚で走って逃げます…。
と、突如として森にライトが照らされ、ジェイソンはFBI特殊部隊の総攻撃を受けます。さらに迫撃砲で攻撃されたジェイソンの肉体は、四散しました。女性は連続殺人鬼・ジェイソンをおびき出すための罠だったのです。
ジェイソンの遺体は集められ、オハイオ州ヤングスタウン連邦死体保管所に運ばれました。

【承】- 13日の金曜日 ジェイソンの命日のあらすじ2

ジェイソンとは、かつてクリスタル・レイクで溺死したとされる少年でしたが、実は生きていて、その後クリスタル・レイクにやってくる人たちを殺す、連続殺人鬼です。
しかも殺してもゾンビ化して蘇っており、今まで100人以上の犠牲者が出ていました(『13日の金曜日』シリーズ参照)。
アメリカはジェイソンを退治するとともに、ジェイソンの生態を解き明かすため、ジェイソンの死体を検死官が調査することになりました。
ジェイソンの肉体を分析していた検死官・フィルは、常人の2倍の大きさを持つジェイソンの心臓が動くのに魅入られ、かぶりつきます。
これによりジェイソンの魂は、フィルに乗り移りました。

【転】- 13日の金曜日 ジェイソンの命日のあらすじ3

乗り移ったジェイソンは、相棒の検死官と2人の警備員を殺すと、クリスタル・レイクへ行く途中にも殺人を重ねます。
TV局は連続殺人犯を捕らえた賞金稼ぎ・デュークを50万ドルで雇い、ジェイソン殺害を依頼しました。
キャンプ地に到着したジェイソンはデビーら若いカップルを殺し、地元の保安官・ジョシュを拉致すると、乗り換えます。
ジェイソンは乗り移っても、長時間はその体を動かせません。完璧に自分を復活させるためには、自分と同じボーヒーズ家の肉体が必要でした。
ジェイソンの肉親は、腹違いの妹・ダイアナと、ダイアナの娘・ジェシカ、さらにそのジェシカの赤ん坊・ステファニーがいます。

【結】- 13日の金曜日 ジェイソンの命日のあらすじ4

ジェイソンはダイアナを殺して乗り移ろうとしますが、ジェシカの元夫・スティーヴンに邪魔されました。スティーヴンは賞金稼ぎ・デュークと協力します。
ジェイソンは保安官・ジョシュから、ジェシカの恋人のTVアナウンサー・ロバートに乗り移りました。
警察署を破壊したジェイソンは、ダイアナの死体で蘇ります。肉親の体を使ったので、乗り移るのではなくジェイソンの姿で復活し、デュークは殺されます。
スティーヴンと戦うジェイソンを、ジェシカが聖剣で突き刺します。ジェイソンは倒れましたが、心臓は逃げたようです。
ジェイソンのホッケーマスクを、地中から現れたフレディ(『エルム街の悪夢』参照)の鉄の爪が引き込みました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「13日の金曜日 ジェイソンの命日」の商品はこちら