「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」のネタバレあらすじ結末

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.への紹介:1989年公開のアメリカ&カナダ映画。『13日の金曜日』シリーズ第8弾。不死身の連続殺人鬼・ジェイソンがニューヨーク行きの旅客船で、殺戮を繰り返す。パラマウントのシリーズ最後の作品。

予告動画

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.への主な出演者

レニー(ジャンセン・ダジェット)、ショーン(スコット・リーヴス)、マカラロック先生(ピーター・マーク・リッチマン)、バン・デューゼン先生(バーバラ・ビンガム)、ジュリアス(V・C・デュプリー)、ジェイソン(ケイン・ホッダー)、ジェイソン〔少年〕(ティモシー・バー・マーコヴィッチ)

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へのネタバレあらすじ

【起】- 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へのあらすじ1

アメリカ、ニュージャージー州ブレアーズタウンのキャンプ場クリスタル・レイク付近で暮らす少女・ティナは、超能力を持っていました。
この付近に出没する連続殺人鬼・ジェイソンを、ティナと父・シェパードが倒しました(『13日の金曜日 PART7 新しい恐怖』参照)…。
それから数年後。
レイクビュー高校の3年生たちが、客船・ラザロ号(パナマ)で卒業旅行でNYに向かう予定になっていました。
その前夜、ジムとスージーのカップルが湖の小型船で2人だけの時を楽しんでいました。
その船の錨が湖底にある電気ケーブルに接触し、湖に沈んでいたジェイソンの死体が感電し、ジェイソンは蘇ります。

【承】- 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へのあらすじ2

ジェイソンは早速ジムとスージーを殺し、ホッケーマスクと水中銃を手に入れました。
ジェイソンの乗った小型船は川を下って海に到達し、ジェイソンはラザロ号に乗り込みます。
気難しい引率教諭・マカラロック先生とその姪・レニー、船長の息子・ショーンら高校3年生が集まり、上船しました。船は港を出ます。
船内に潜伏したジェイソンにより、船内は次々に犠牲者が出ました。ギタリスト志望の女性J.J.がギターで撲殺されたのを皮切りに、船内でクスリをきめた女性・タマラもガラスの破片で殺されます。
船長や副船長も、ジェイソンのナタと銛の攻撃で絶命し、船は遭難しました。

【転】- 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へのあらすじ3

ショーンは救難信号を出そうとしますが、ジェイソンが無線塔を破壊し、沿岸警備隊と連絡が取れません。
その頃レニーは船内で、幾度となく謎の少年の幻影を見ます。それは、溺死した少年時代のジェイソンでした。
カメラマン志望のウエインが配電盤に投げられて感電死し、死体が燃えて火災が発生します。
引率のマカラロック先生、女性のデューセン先生、レニー、ショーン(とレニーの愛犬トビー)は救命艇で逃げ出しました。海に投げ出された黒人青年・ジュリアスも乗ります。
救命艇はNYに着き喜んだのもつかの間、なんとジェイソンも泳いで埠頭に辿り着いていました。恐怖は続きます。

【結】- 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へのあらすじ4

ジェイソンは執拗に一行を追い、ジュリアスはジェイソンに殴られて首が吹き飛びました。
到着したパトカーの警官はジェイソンに襲われ、レニーが運転したパトカーは少年ジェイソンの幻と激突し、デューセント先生は車ごと炎上します。
レニーは幼少期、泳げない自分をマカラロック先生が湖に突き落とし、少年ジェイソンに足を引っ張られたことを思い出しました。
マカラロックも殺され、レニーとショーンはNYの地下鉄に乗りますが、それでもジェイソンは追ってきます。
下水溝に逃げた2人を追ったジェイソンは、レニーに化学物質をかけられ、さらに下水溝を流れる有害廃棄物を浴びて倒れました。ジェイソンの死体は少年になっていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」の商品はこちら