「ABCオブデス2」のネタバレあらすじ結末

ABC・オブ・デス2の紹介:2015年公開のアメリカ映画。人気ホラー・オムニバス『ABC・オブ・デス』の続編。『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリや『屋敷女』アレクサンドル・バスティロ&ジュリアン・モーリー、『へんげ』大畑創など、世界各国の新進気鋭の監督26名が勢揃いしたホラー・オムニバス。26名の監督による26通りの〝死に方〟とは…。アルファベットの文字を割り当てられた各監督が、それぞれのアプローチで〝死〟というテーマに挑戦。

この映画を無料で観る

予告動画

ABCオブデス2の主な出演者

殺し屋(エリック・ジェイコブス)、ピーター・トーランド(ジュリアン・バラット)、フレッチャー(イアン・ヴァーゴ)、ユートピアの人(ジュリア・アルダーディス)、祖父(ニコラス・アメル)、アラブの少年(タウフィーク・バルフム)、でしゃばり男(ロバート・ブーチェック)、ミリアム(ヴィクトリア・ブルーム)、祖母(ベアトリス・ダル)、キム(ランネイル・エストレラード)、Ti(ティモシー・ポール・マッカーシー)、ヤクの売人(アンディ・ナイマン)、エスコート係(ステファニー・ウッド)、筋肉質の用心棒(ベン・マクビー)、用心棒アーノルド(ジェイソン・キャペロ)、用心棒ジャック(ジョシュ・イーシアー)、用心棒ドミナトール(デヴィッド・グティエレス)、ディレクター(ウイル・アダムスデール)、音響係(マシュー・スティア)、メイクアップ係(キャンディ・アルダーソン)

ABCオブデス2のネタバレあらすじ

【起】- ABCオブデス2のあらすじ1

〝世界各国26人の監督が、アルファベットの1文字から始まる言葉をテーマに、各自芸術の自由を駆使し「死」の物語を創り上げた。〟
〔AMATEUR(アマチュア)〕
殺し屋がヤクの取引をするターゲットを殺害しようと計画します。
ホテルの一室で取引をするターゲットを見計らい、通風口から侵入した自分がリモコンボタンを押すと、札束は爆発して取引は台無し、さらに自分自身は銃で用心棒たちを撃退する…そんなプランを立てていました。
ところが…彼は殺し屋としては、まったくのアマチュアだったのです。
実際に通風口に入ってみると、虫はわんさかいるし、通風口の床から出ている釘にてのひらを貫いてしまい、痛みに顔をゆがめます。
ほふく前進していると靴紐が通風口の切れ目にひっかかりました。靴紐は外れましたが、通風口の壁にも突起があって、顔の右半分を怪我します。
通風口の行く手から声がしました。取引が始まったようで、急いで殺し屋は銃を出しますが、自分で自分を撃ってしまいます…。
…3週間後。
ヤクの売人が取引に使う、愛人名義で借りている部屋は、悪臭が漂っていました。「月6000ドル払って悪臭屋敷かよ」と売人はぼやきます。
用心棒がふと気づいて通風口を開けると、天井裏からウジの湧いた殺し屋の腐乱死体が落ちてきました。
殺し屋にとって幸いだったのは、落ちた拍子に銃の引き金が作動し、ヤクの売人の眉間に当たったことでした。売人は即死しました。
〔BADGER(アナグマ)〕
イングランドの自然豊かなエルダーベリー谷には、数多くの野生動物が住んでいます。しかし2年前に近くに発電所ができたせいで、アナグマたちが全滅してしまいました。
マイクを持つリポーターのピーターは、そういう番組を作ろうと思い、スタッフに指示をしますが、カメラマンのミスでタイミングがずれてピーターは怒ります。
アッテンボローに賞を取られたピーターはカリカリしていて、現場の者たちに当たり散らします。
ピーターのメイク直しの間、カメラマンと音響係は何かの鳴き声を聞きました。アナグマの穴から声が聞こえたので、音響マイクを差し込むと、風の音を拾わないようマイクにかぶせている白いふわふわが奪われて、次の瞬間、別の穴から空中にぽーんと飛び出します。
アナグマは生きているじゃないか! と興奮したカメラマンと音響係は、早速そのことをピーターに告げました。しかしピーターは怒ります。「発電所のせいでアナグマは死んだ」という番組構成にして、話題にせねばとピーターは躍起になっていました。
アナグマの穴の近くに立って「いないんだ!」と熱弁するピーターは、穴にひきずりこまれます。そして次の瞬間、別の穴から上半身と下半身にちぎれたピーターが、ぽーんと飛んで来て落下します。
カメラマンと音響係は一瞬の出来事に唖然としますが、ピーターは「カット!」と言って息絶えました。
〔CAPITAL PUNISHMENT(死刑)〕
14歳の少女ルーシー・ウィルソンがいなくなりました。村は大騒ぎになり、容疑者の男を責め立てます。
男は「無実だ、殺してない」と訴えますが、村人たちは誰も信じません。村の問題は村で解決せねばと、躍起になっています。
「自白すれば警察に通報する」と言われた男は、ここで村人たちに殺されるよりは…と思い、殺していないのに「殺した。死体はケネット川に捨てた」と言いました。
しかしそれを聞いて色めき立った村人たちは「死刑を」と言い、処刑するために男を山の奥深くに連れて行きます。
村でテレビを見ていた少年が、ニュースを見ました。そこには「14歳のルーシーを連れて逃げていた26歳の男が逮捕された」というものです。少年は大人の村人たちに知らせ、えらいさんたちは処刑を中止するため、急いで車を走らせます。
しかし…知らせに行った車は接触事故で死亡しました。
無実の男は山奥で、神父に十字架を握らされ、切り株の上で首に斧を何度も振り下ろされます。しかし斧の切れ味がよくなく、無実の男はすぐに死ねません。
最終的にナイフを持ち出して切断し、とどめを刺しました。処刑した男は新入りの男の顔に血を塗ると「これで仲間だ」と言いました(狩りデビューの時に頬に血を塗る儀式がある)。
〔DELOUSED(駆除)〕
(3Dアニメ)ベッドに拘束された男が、謎の3人組の男に施術されます。首にチューブを刺されて血を抜かれた男は、死にました。
3人組のひとりが、立ち去り際に鼻についていた虫を払いました。すると鼻についていた釘が取れて出血します。
落ちた虫が巨大化して、血を抜かれて死んだ男の手を噛みます。虫に息吹を吹き込まれた男は生き返り「無事、再生できたようだな」と虫の尻部分に言われました。
虫の尻に「俺の命を与えた借りを返せ」と言われた男の噛まれた手が、巨大ナイフに変化します。男は休憩している3人組の元へ行き、ナイフで首を切断して3人の男の生首を虫の尻に食べさせました。
3つめの生首が入らず、勢いをつけた男の顔まで尻に入ってしまい、慌てて顔を出すと首が長くなります。
首を取られた3人組が背後にまわり、男の首を切断すると虫に食べさせました。全員死にます。
虫は元のサイズに戻って「命は命で払え」と言いました。
〔EQUILIBRIUM(平衡)〕
金髪男と黒髪男が無人島に漂着しています。彼らは協力して暮らしていました。
ある日浜辺に1人の女性が流れ着きました。金髪男も黒髪男も張り切って、女性のために居心地のよい空間を作ろうとします。
おしゃれなテーブルや椅子も作ります。もちろん浜辺に「SEND HELP(救助求む)」と置き石で記すのも忘れません。頭上を通った飛行機向けです。
そのうち均衡が破れ、女性は黒髪男といいムードになりました。金髪男はショックを受け、戦いに発展します。
戦いは黒髪男が優勢でしたが、ヤシの実をふりかぶった黒髪男は、それを女性にぶつけました。女性は死にます。
かくて、また金髪男と黒髪男の2人だけの生活に戻りました。漂流生活ですがそれなりに満足している2人は「SEND BEER(ビール求む)」と書き変えました。
〔FALLING(落下)〕
イスラエルの女性兵士が敵国の侵入に失敗し、パラシュートが木にひっかかりました。女性は宙ぶらりんになっています。
ロバに乗ったアラブの少年がやってきました。銃口を女性に向けます。
女は「テヒラが欲しいのか」と聞き、少年はテヒラとはどういう意味かと聞きました。テヒラとは賛美のことだと説明した女性兵士は「撃てば仲間がやってきて〝イスラエル女〟捕獲の手柄を横取りされる。それよりも生きたまま私を捕まえれば?」と言います。
「高い木に登るのが怖い?」と女は挑発し、少年は銃を背負い直すと、女性兵士を捕獲することにしました。
ナイフでパラシュートの紐を切ると女は落下しますが、その際に右足の骨が折れて皮膚を突き破る大けがをします。
それでも女は必死で落ちると同時に走り出しました。命の方が大事だからです。木の上の少年は銃を構えますが、慌てたので取り落としてしまい、銃弾が自分に当たりました。
異変に気づいた女性兵士は、片足で引き返します。少年は頭部から血を流して息絶えていました。
そこへ男3人組が車で通りかかりました。自分が殺したわけではないのに言い逃れできない状況に、女性兵士は困ります…。 この映画を無料で観る

【承】- ABCオブデス2のあらすじ2

〔GRANDAD(祖父)〕
祖父と孫が一緒に暮らしています。孫は家の古臭さを嘆き「この家はまるで50年代(のままで止まっているよう)だ」と言いました。
祖父は先に就寝し、孫も歯磨きをすると赤いブリーフひとつで寝床にもぐりこもうとします。鏡に向かってひとりごとを言いました。
突如ベッドが揺れ、スピリングの下から祖父が現れました。祖父も赤いブリーフ一枚のいでたちです。
「バカはお前だ」と言った祖父は、右手の人差指の先に、貝を開ける道具(アイスピックみたいな器具)をつけていました。
祖父は、孫が1年も家に居座って、しかも電話で友人に祖父の悪口を言ったのを怒っていました。
「マスかき野郎とお前は言ったが、マスをかけるものがあるか?」と露出させた祖父の股間はタマのみです。
祖父は孫の首に道具を突き立てて殺しました。
〔HEAD GAME(駆け引き)〕
(線描のアニメ)男女の横顔。右が男、左が女。最初は仲睦まじくキスしていた男女だが、男が女の下を噛み、女がやり返します。
女はマツゲで男を攻撃し、お互い鼻から砲弾を出して攻撃します。出たものは丸い球体として去りました。
男の頭からUFOが出て、女の頭を攻撃します。互いに眼球がマシンガンとなり、連射し合いました。互いに顔がなくなり、最後に目だけちょびっと跳ねます。
〔INVINCIBLE(無敵)〕
120歳になっても死なない母。4人の子どもたちは母を殺して財産を相続しようと考えます。
老女を椅子に拘束し、灯油をかけました。母は舌から宝石を出すと命乞いしますが、長兄がライターで母を燃やします。
燃やした男は家を欲しがり、チータ(長女)は別荘を相続することが決まりますが、現金は次男か次女かで揉めました。
その時「切手コレクションは?」と燃えた母が動きだし、次女が母の首を刎ねて殺します。
しかし母は生首になっても次女に立ち向かい、次女は殺されました。次女がいなくなったので、現金は次男のキニートが相続すると決まりました。
〔JESUS(ジーザス)〕
息子に同性愛の疑惑を持った父が探偵を雇い、探偵は息子と同性愛の相手との密会写真を撮って報告しました。
父は嘆き、悪魔が取り憑いたのだと思い込み、息子を椅子に拘束すると悪魔祓いの儀式を始めます。
2人の男性に責め立てられ、「相棒はもう落ちた(死んだ)」と言われた息子は嘆きました。
その時、息子の両手と額(茨の冠)に聖痕が現れます。息子は、恋人の男が「愛こそ法なり」というタトゥーを入れていて、自分にも勧めていたことを思い出しました。
その時悪魔祓いをしていた片方が、十字架の焼きごてをしようとしたもう片方を斧で攻撃して殺します。殺された男はゾンビ化し、もう片方に焼きごてを当てて殺しました。
息子は助かり、腕には「愛こそ法なり」のタトゥーが浮かんでいました。
〔KNELL(凶兆)〕
黒いペディキュアを塗っていた少女は、気配を感じて窓の外を見ます。向かいのビルの影に黒い球体の渦(黒い月)が発生し、向かいのビルでは殺し合いが始まっていました。
経緯が飲み込めない少女が見ていると、殺し合った人たちが一斉にこちらを見たので、不気味に思って窓から離れます。
ドアがノックされました。覗き穴から外を見ますが、誰もいません。しかしその覗き穴から黒い液体がしたたりおち、床からも窓からも黒い液体が少女にしのびよります。
少女の股間から血が落ち始めました(月経)。その血が伸びて黒い液体と混ざりました…。
〔LEGACY(遺物)〕
アフリカの部族で「息子を捧げれば、側近たちが男の子を生む」と言われたウビニ族の王様・オウォド王が、1人の息子を捧げます。
これは、実はウビニ国の王の母になりたいと思った女の陰謀でした。
息子は処刑されますが、ねずみ男となって帰ってきました。全身が毛むくじゃらの人間サイズの怪物です。
ねずみ男が触った人たちは生気を吸われてミイラ化しました。爪で他の者も襲います。
オウォド王は「王子の恨みです」と側近に言われますが、時既に遅く、部族は絶滅寸前でした。
〔MASTICATE(かみつき魔)〕
ブリーフのパンツ一丁(黄ばみあり)の白目がちの中年男が、ジョギング男を突き倒して走ります。目の前にいた女性の頭をはたいて突き飛ばしました。
突然現れたハイな男性に、街じゅう驚いています。
男性はカフェのテーブルに向かっていた男を襲い、馬乗りになって首を噛み、肉を引きちぎりました。
やってきた警官が発砲し、パンツ一丁の男性の眉間に当たって男は即死しました。
…その34分前。「〝バスソルト〟をキメるぜ!」とビールで乾杯する男性(違法ドラッグでハイになりすぎたものと思われる)。
〔NEXUS(連鎖)〕
ハロウィンの日。街は仮装した人たちでいっぱいです。
カップルの男性はフランケンシュタインの扮装で自転車に乗り、女性は白づくめのドレスに白い化粧の格好で男性と待ち合わせしていました。
ハロウィンと無縁の女性は仕事先に向かうためにタクシーに乗り、渋滞でイライラしていました。タクシーの運転手は運転しながらも、助手席に置いたクロスワード雑誌に夢中です。
「30 1つになる」という答えが分からず、考えていた運転手は、Nで始まる5文字の単語が思い浮かびません。
フランケンシュタインの扮装男はマスクのせいで視野が狭く、待ち合わせ場所に急いで自転車を走らせていました。
結果、自転車とタクシーは衝突、カップルの女性が直前まで接していたガイコツ姿の扮装の少年まで巻きこむ大事故になりました。クロスワードの答えは「NEXUS(連鎖)」でした。
〔OCHLOCRASY(MOB RULE)(愚民政治)〕※日本作品
近未来の日本。中年女性「宮崎からは」は裁判にかけられていました。
仮死状態に陥る、いわゆるゾンビ化する現象が世界的に6年間続いていました。全人口の8割までもがそのウィルスに侵されていました。
宮崎はゾンビ化した人物を多数銃殺しました。さらに2018年9月25日には、娘・まりが仮死状態に陥ったため、殺します。
…さて問題なのはここからでした。昨年、特効薬GCUが開発され、仮死状態だった人間が続々と復帰できるようになったのです。
宮崎が裁判にかけられているのは「殺さなければ仮死状態から復帰できたはずの人たちを殺害した」ということで、ゾンビ化した者たちに糾弾されているのです。
正当防衛だったという宮崎の主張は通らず、ゾンビたちによって死刑が言い渡されました。
宮崎は電気椅子の死刑を執行されますが、宮崎はじめ先に死刑を執行された者たちは蘇りました。

【転】- ABCオブデス2のあらすじ3

〔P-P-P-P SCRAY!(ピ ピ PS怖い!)〕
3人の囚人・カービーとポピーとバートが脱獄しました。しかし暗闇の中、頼りはブドウの香りのするろうそくだけで歩くので、3人とも怖がっています。
前方に、赤ん坊を抱いた筋骨隆々の男が現れました。3人はびびりますが、声をかけると筋骨隆々の男は赤ん坊を置いて踊り始め、3人も嬉しそうに踊り始めます。
カービーがくしゃみをすると、ろうそくの炎が消えて、真っ暗になりました。慌ててすぐカービーはろうそくをつけますが、筋肉質の男がそのたびに炎を消すので、真っ暗になります。
炎を消すたびに、その男の顔は小さくなったり、口が大きかったり、変な顔になっていました。
次にカービーがマッチをすると、ポピーとバートがいなくなっていました。見ると、2人は液体化しています。
向かいの男性を見ると、赤ん坊を抱いていますが、赤ん坊も男と同じ老けた顔をしていました。
〔QUESTIONNAIRE(アンケート)〕
街かどで男が無料の知能テストを受けています。女性からの質問に、どんどん答えていきました。
正解だと言われて気をよくした男性ですが、そろそろ去りたいと思います。その時女性に「全問正解すると、すごくいい仕事を紹介する」と言われて、やる気になります。
全問正解しました。…結果、男は手術台に乗せられて、脳を摘出され、ゴリラの脳と交換する実験の被験者になりました。
〔ROULETTE(ルーレット)〕
(モノクロ映画)地下室で男性2人、女性1人がロシアンルーレットを開始します。6連式のリボルバーに銃弾は1つです。
まず女性、セーフでしたが、めがね男が「こめかみに直角に押しつけろと言ったろ」と文句を言い、手本を示せと言われて2番手になります。セーフでした。
3番めのミヒャエルもセーフです。一巡して女性に順番が回りました。女性もセーフです。
めがね男はやけくそで口に咥えて引き金を引きますが、セーフです。つまりは、次が必ず当たるということです。
ミヒャエルは絶望的な顔をすると、恋人である女性に発砲しました。
〔SPLIT(破局)〕
(途中から画面が分割されてリアルタイムに映し出される形式)イギリスから仕事の出張でパリにいる夫は、妻・ミリアムにビジネスホテルでスマホから電話をかけます。
「昨夜は抜けられなかったので電話ができなかったが、契約は取れた。朝の会議次第で、うまくいけば夜の飛行機の便には乗れる」と夫は言いました。
通話途中でミリアムの方に来客があります。まだ朝の6時半です。訪問客に誰なのかと問いかけますが、答えはなく、フードをかぶった訪問客はハンマーで玄関扉のガラスを割り、侵入してきました。
夫は慌ててビジネスホテルの電話を使い、イギリスの警察に電話します。そして自宅に侵入者があって、自分は今フランスにいることを告げ、警官隊を自宅へ寄越すよう住所を言いました。
ホテルの電話を切り、通話中のスマホで妻・ミリアムに呼びかけると、ミリアムは浴室に隠れている最中で「(音が聞こえるから)声をかけないで」と言います。
しかしこれがあだになり、ハンマーで襲われたミリアムは階段から転落し、足の骨を折りました。フードをかぶった侵入者はミリアムの頭部に何度もハンマーを振りおろし、ミリアムを殺します。
その時、2階から赤ん坊の泣き声が聞こえました。夫は「子どもは傷つけないでくれ」と願いますが、侵入者の魔の手は赤ん坊にまで及び、殺されます。
ミリアムが死んだ後もミリアムのところで通話途中だったスマホを取り上げると、侵入者が「夫と話をさせて」と言いました。侵入者は女性でした。
ミリアムを殺された夫はスマホをベッドのほうに差し出すと、「君の奥さんからだ」と言います…(男同士が同性愛の浮気をしていたというオチ)。
〔TPRTURE PORN(残虐ポルノ)〕
ポルノのオーディションを受ける女性に対し、オーディションの段階からすでにカメラを回し始めている監督たちは、女性に「やれることと、やりたいことを見せろ」と言い募ります。
「口を開けろ、しゃぶれと言われたらしゃぶるか?」「ヤリマンか、言え」と監督は言い、脱げと強要します。
下着姿になった女性を見て「Cマイナス」という評価を下しますが、その時カメラマンは、ミニスカートタイプの下に、一瞬何か突起物を見て「ペニスだ」と声をあげました。監督は見ていません。
それを機に、女性の陰部から長くて黒い突起物が多数出てきました。カメラマンも監督も、その場にいた数人の男性たちはペニス状の突起物に首を絞められたり、頭を貫かれたりして死にます。
反応のないことを訝しんだ音響係が見に行き、巻き添えになりました(女性は人間ではなく地球外生命体であった)。
〔UTOPIA(ユートピア)〕
ユートピアは理想郷です。〝美しくあれ〟がモットーで、街を歩く人は皆スタイリッシュで美しい男女ばかりでした。
その中にまぎれて、さえない男が歩いています。
警告音が鳴り響きました。皆に囲まれたさえない男は、スマホで撮影されます。
認証の結果〝水準に満たず〟とさえない男は判断されました。
巡回の車が来ると、車のドアが開き、男を閉じ込めると炭化するまで燃やします。
それを見ていた皆は拍手をし、なにごともなかったようにまた歩き始めました。
〔VACATION(バカンス)〕
若い男・カートとその悪友・ディランは男2人で旅に出ています。旅先からスマホで、カートは恋人のアンバーにビデオチャットしました。
ディランは寝ていて、眠りを邪魔しないようにカートはベランダから電話をかけていました。ベランダの向こう側には海が広がっています。
アンバーは宿泊している部屋を見せてくれとカートに言いました。カートがためらっていると、起きたディランがスマホを奪って部屋に持ち込みました。カートは窓の外に閉め出します。
ディランはアンバーに「麻薬やった」「現地の母と娘を買春した。親子で買うと安く上がるから」「年増女がカートの相手。カートは年増女が大好き」と、アンバーを傷つけるようなことを言います。
しかしディランの言うことは真実で、ホテルの部屋には母娘がいました。ディランはまだ寝ている母のほうを撮影しながら「昨日(工具の)ドライバーをあそこに入れた」と言います。
カートがやっと窓から入ってきて「嘘だ。全部ディランのせいだ」と言いますが、アンバーは泣いていて聞く耳持たずです。
その時、寝ていた母が起き上がると、ドライバーでディランの首を刺し始めました。カートが助けに行こうにも窓が開かず、ディランは息絶えます。
母は窓を開けるとカートも襲い始めました。アンバーが何もできないまま、カートは電話の向こうで死にました。

【結】- ABCオブデス2のあらすじ4

〔WISH(願い)〕
テレビのヒーロー番組『ゾーブを守る者』が大好きな少年2人がいました。黒髪の少年は悪役・ゾーブのファンで、金髪の少年はカシオ王子のファンです。
前回までの放送では、戦火のハルモニアでカシオ王子は敗れて死に、邪悪なゾーブに挑む相手はファンタジーマンしかいない状況でした。
金髪の少年が「カシオ王子を助けたい」と言うと、2人はゾーブの世界へワープします。
そこは戦場のただなかでした。少年は、手下の頭がいともたやすく吹き飛ばされるのを見て、ショックを受けます。
少年たちは敵に連行されました。悪役・ゾーブははらわたを食べています。
ゾーブファンの黒髪の少年は、ゾーブに焼かれて死にました。金髪の少年は檻に閉じ込められます。
その時、ファンタジーマンが助けに来ました。「姫、早くこの袋に入って」と言われた少年は、姫ではありませんが袋に入って助け出されました。
カシオ王子のファンだった金髪の少年が、ひげまっちょ白髪の老人・ファンタジーマンのファンになったかどうかは分かりません。
〔XYLOPHONE(木琴)〕
夫婦の留守を任された子守の中年女性は、レコードでクラシックを聞いています。横で夫婦の娘が木琴を叩き始めました。
木琴はうるさく、レコード視聴の邪魔になっています。だんだん子守の女性は、少女が憎らしくなってきました。
…夫婦が帰宅すると、レコードはとうに終わっていました。子守の女性は少女をぐちゃぐちゃにして、少女の骨を木琴に見立てて叩いていました。
子守は泣きながら、夫婦を見上げます。
〔YOUTH(若さ)〕※日本作品
夫婦と高校生くらいの娘・みゆきがテーブルに座っていますが、3人とも意識は別のことに集中しています。父はギターを弾き、母は雑誌を読み、みゆきはメールを打っていました。みゆきの手首にはリストカットの跡が無数にあります。
みゆきは両脇にいる両親に向けてメールを打っているのでした。以降、メールの本文のモノローグと共に、みゆきの妄想が映像で膨らみます。
「お父さん。いや、武田さん。覚えてますか? タロウ。私が大好きだった犬のタロウ。」ここで母がブリッジし、犬のタロウに変身します。
「あの時あなたがちゃんと面倒をみてくれていたら、タロウの病気はひどくならず…。たった一週間の旅行、なんでちゃんと留守番してくれなかったの?」タロウになった母が男(義理の父・武田)を襲います。男は殴って突き飛ばしました。
「タロウはあなたがうちに来る前からの家族だったのに。仕事仕事って、家で仕事してたんだから、世話ぐらいできたはずじゃない」タロウの口からクロスボウが発射され、男の横の柱に突き刺さります。よく見るとクロスボウはコクヨ鉛筆でした。
「おかげで私たちが帰ってきた時、タロウの足は膿んでウジが湧いて…」鉛筆を男が柱から抜くとウジが発生。ウジが手の形になり、男の首を絞めあげます。
「私が育てていたお花も全部枯れてた」首を絞めるウジの手首側に花が咲きます。
「それ以来私はあなたのことが信用できなくなって、何もかもが嫌いになった。臭いも、何もかも、だらしない。磨かない歯なんていっそなくなればいいんだ」花の横に〝消臭剤〟の文字。シュッと花から噴霧され、さらにハンマーで歯を叩かれました。
「下手なギターばかり轢いて。だったら教師なんかやめて、なりたかったギタリストになればいい!」男の口からギターが出てきました。ギターのボディが出るころには、男は絶命します。
娘・みゆきの矛先は、母にも向かいます。
「お母さん、学校から注意されたご飯、覚えてますか? 好き嫌いが多いから子どもに野菜なんか出さない。料理できないくせに材料だけは買って、結局全部腐らせて、それで娘のお弁当はジャンクフード」台所にあった野菜が集まって塊になり、大きな口ができて母を襲います。塊はハンバーガーに変化しました。母は投げ飛ばしますが、ポテトが手裏剣のように投げられ、母の腕に刺さります。
「使ったものはしまわない。掃除も苦手。欲求不満。武田さんがセックスに興味がないことへの欲求不満。そのイライラを私に向けることこそ、いい加減にして!」腕に刺さったポテトが掃除機の吸い込み口になり、母を吸いこもうとします。舌が出てきて陰茎に変化し、精液を出しました。精液は母の頬にかかります。
「でも、私が一番許せなかったのは、小4の時かぶれても、薬さえくれなかったこと。私はメチャクチャ引っ掻いた。消えない痕が残った」母の頬の精液が顔の中に入り、母の顔がぶくぶくと膨張します。
「娘が卵アレルギーだってことさえ忘れてた。面倒みない子どもなんて、最初から生むな!」母の身体から卵が次々に出てきて、最後、母はバーンと破裂します。
「そんな、どうしようもない家族の真ん中にいた私の気持ちなんて、あなたたちに分かるわけないよ」
現実世界では、娘・みゆきに両親が、お使いを頼もうとしていました。娘の妄想では自分のスカートの中から巨大な指が出てきて、中指を立てます。
「行かない」と現実世界で言い放ったみゆきは、両親にグーでパンチを食らわせました。
〔ZYGOTE(受精卵)〕
雪国の一軒家に、夫婦が住んでいました。妊婦の妻は臨月で出産を控えていますが、夫・タイは旅に出ようとしています。
家にいてくれと頼む妻に、夫は「穴ふさぎ」という根っこの薬(生薬)を与え「これを噛めば生まれない」「数年分はある」と言います。
…13年後。
妻は出産せずに夫をずっと待っていました。お腹はぱんぱんに膨らんでいます。
妻は夫に言われたとおり「穴ふさぎ」の根を齧り、庭に罠を仕掛けて猫を捕まえては食べていました。
体内の子どもはとうに喋れるようになっており、母とも会話できました。
子どもは早く生まれたがっていましたが、妻は夫が帰るまで待ってくれと言います。
穴ふさぎの根もなくなり、子どもも母の胎内で育ちすぎて苦しみ始めました。
ある夜、窮屈だからといって、子どもは母の内臓を母の口から放りだしました。
腹が割れた女は、縫います。
翌日、やっと夫が帰宅しました。
妻は「異常あって、自分で切ったの」と、ぺたんこになった腹を見せます。
「また頑張るしかないな」と、夫は妻の服を脱がせました(母の皮をまとった子どもである可能性大きい)。
(エンド後)映画視聴しながらオナニーする男。「こんなのオカズになるか!」とボヤく。

みんなの感想

ライターの感想

オムニバス形式で綴られる26通りの死の話、第2弾。
これ見てると、超短編ながらきらめきが見えるのと、そうでないのとがある。
中には本当に「え、なにこのオチ」というのも多い。
個人の好みもあろうが、中でも群を抜いているのは「S」。これは途中から画面が分割して描かれ、スリリングな展開。
しかもラストはウイットのきいた結末になってるし。これは文句なしによかった。「破局」という訳をあてているが、画面「分割」の意味もあろう。
日本勢は今回2作品。「Y」はよかった。女子高校生が両親に耐えかねて…な話をきちんと描いてくれている。

映画の感想を投稿する

映画「ABCオブデス2」の商品はこちら