「CAGED監禁」のネタバレあらすじ結末

CAGED -監禁-の紹介:2010年制作のフランス映画。紛争地帯で、牢屋に監禁された医師3人が体験する極限の恐怖を描いたホラー・サスペンス。

予告動画

CAGED監禁の主な出演者

キャロル(ゾエ・フェリックス)、マティアス(エリック・サヴァン)、サミール(アリエ・エルマレ)、スクラップ・ディーラー(イヴァン・フラネク&イゴール・スクレブラン)、囚人(ゴラン・コスティッチ)、医師(フィリッペ・カージャック)

CAGED監禁のネタバレあらすじ

【起】- CAGED監禁のあらすじ1

長閑な一軒家で、幼いキャロルとローラは遊んでいました。ローラがいなくなって、キャロルが探していると、彼女が血を流して倒れていました。
近くには猛犬がいて、キャロルに襲ってきます。キャロルは近くにあった車に乗り込み、クラクションを鳴らして助けを求めます。
20年後、ユーゴスラビアの紛争地帯で、キャロルは医師として働いていました。友人とバーに行った帰り、マンションに犬がいて思い出します。恐怖で立ちすくんでしまいます。
翌日、キャロルは同僚の医師、マティアスとサミールと出かけます。地雷が見つかったことで、道路は封鎖されていました。
マティアスは迂回すれば山を越えられ、すぐに道に戻れると言います。しかし、しばらくして地図を前に悩みます。知らないうちに国境を越えたかもしれないと、車内の雰囲気は悪くなります。
ある家の前に、男性がいたのでサミールは聞きに行きます。マティアスは何してるんだと我慢できなくなり、後をついていきます。二人とも家の中に入っていきます。
キャロルは家の外に解体された車があるのを見つけます。また、外のブランコには両目にガーゼをした少女がいました。サミールが道がわかったと帰ってきて出発することにします。
サッカー話しで、マティアスとサミールは運転しながら喧嘩しています。やれやれとキャロルは、イヤホンをして音楽を聞くことにします。
すると一台の車が通り過ぎて停まることになります。突然、覆面をして武装した男たちが銃を向けてきます。
キャロルは鉄格子のある車に乗せられ、次にサミールが乗せられます。マティアスは逃げようとして、足を撃たれて車に乗せられます。

【承】- CAGED監禁のあらすじ2

催涙ガスなようなものを入れられ、キャロルたちは意識が朦朧とする中、ある建物へと連れて行かれます。目を覚ましたキャロルは、サミールと共に牢屋に監禁されていることに気がつきます。
マティアスは別の牢屋で手当をされて監禁されていました。また、向かいの牢屋には、一人の男性がいましたが、何も話しませんでした。
キャロルは犯人グループに襲われそうになりますが、彼らを指示している医師が止めてくれます。食べ物も治療もしてくれるので、殺す気がないのだとマティアスは判断します。
ある日、牢屋の近くの電話が鳴り響きます。医師が電話に出て、2週間とバッグが102個必要と話しています。その後、医師は仲間に命令して、サミールを連れていきます。
しばらくして、奴らはサミールの死体を持ってきます。胸が大きく切り裂かれ、中の臓器は取り出されていて、クーラーボックスが近くにありました。
肉は犬の餌にするつもりです。キャロルが窓越しに見ていると、臓器が入ってるクーラーボックスと金の受け渡しが行われていました。
ある日、キャロルは窓越しに軍人が来ているのを見かけます。必死に助けを呼びますが、医師に注射で脅されます。軍人は用が済んだのか帰ってしまいます。
マティアスはマットレスの中にあるスプリングを取り出します。それを手の力で変形させて尖ったものにします。窓近くの壁を削り続けます。
そこへ医師が検診をしにきます。見つからないように、削って落ちた部分を元の場所に置きます。何とかバレずに済み、マティアスはひたすら削り続けます。
そしてついに窓の鉄格子を取り外すことに成功します。キャロルに報告しようとしますが、彼女は眠っていて気づきません。
マティアスは窓から外に出ますが、目の前には奴らの一人が立っていました。小便をかけられて罵られ、足で蹴られて牢屋に落とされます。窓に厳重な溶接をされてしまいます。

【転】- CAGED監禁のあらすじ3

絶望していたキャロルは、隣りに子供かいることに気づきます。マティアスは空耳だと言いますが、キャロルには泣き声が聞こえたのです。
奴らの一人が食べ物を持ってきた時、キャロルは押しのけて外に出ます。するとやはり、子供(アナ)が隣りにいました。しかし、ぶん殴られてしまうキャロルでした。
そしてまた電話がかかってきます。向かいの何も話してこない男が連れて行かれます。彼の助けを求める声を聞いても、キャロルは耳を塞いでおくことしかできませんでした。
またもや電話がかかってきます。キャロルの番がきてしまいます。
連れてこられた手術台には、先程連れて行かれた男の無残な姿がありました。男の死体はゴミのように落とされ、キャロルは手術台に縛られます。
まずは目に器具をつけられ、えぐり取られそうになります。しかし、拘束具が血で滑って手が抜けます。近くにあった医療器具を医師の首に突き刺して殺します。
マティアスとアナの元に行き、奴らを殺すために外に出ることにします。通り道には番犬がいて、キャロルは恐れながらも、勇気を振り絞ってドアを目指します。
訪れた部屋には、中身をくり抜かれた熊が干してありました。一人の女性(マリッツァ)が料理をしていて、キャロルは置いてあったナイフで刺します。
声を出されてしまい、必死に口を縛ります。そして熊の血を入れた容器に、マリッツァの顔を突っ込んで溺死させます。
外に出ると、奴らが3人くつろいでいました。見つからないように枝切バサミを取りに匍匐前進します。
取得すると犯人の一人がトイレに行きます。キャロルは牢屋に戻って、枝切バサミで鍵を壊します。マティアスを助け出し、次はアナを助け出します。

【結】- CAGED監禁のあらすじ4

奴らの一人(ゴラン)が牢屋のある部屋にきて、逃げていることに気づきます。そして不意をついて、マティアスが枝切バサミで殴って殺します。
3人が逃げ出してると、他の2人(イヴァンとイゴール)がゴランを呼びに行きます。マティアスは足を引きづりながら、キャロルとアナは必死に森へと向かいます。
マリッツァとゴランが死んでるのに気づき、イヴァンとイゴールは武器を持って追いかけます。また、番犬に匂いを嗅がせて探しに行かせます。
マティアスは限界がきて、足手まといだからと、2人で逃げるようにと伝えます。出血がかなりひどいのです。
マティアスは木の棒を拾って、番犬と戦います。一匹は殴り倒しますが、他の二匹に噛まれて倒れます。
キャロルと子供は軍人の車が通って助けを求めます。しかし、気づかれずに車に乗ったイゴールと番犬2匹が襲ってきます。キャロルはアナを逃がし、一人で引きつけます。
すると地雷のトラップがあるのに気づき、番犬を誘い込みます。番犬は地雷で吹き飛びます。
地雷で耳が聞こえなくなったキャロルは、畑へと逃げ込みますが、イヴァンが撃ってきます。アナはイゴールに捕まっていて、キャロルは石で殴り殺して救い出します。
生い茂る葉の下にしゃがんで、キャロルとアナは隠れます。アナが一瞬声を出してしまいますが、何とか撒くことができます。
しかし、逃げ出して走ってると、目の前に不気味なかかしが現れます。イヴァンが撃った弾がキャロルの腹に当たります。
イヴァンが現れ、キャロルは落ちてた枝を足に刺します。そして落ちた銃を拾って、イヴァンを撃ち殺します。先程通った軍人がきてくれて、キャロルとアナは助かります。
道中の車の荷台で、キャロルはアナがローラに見えます。何かに救われたかのように、そっと微笑みます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、キャロルたちが逃亡する時の緊迫感が見所です。枝切バサミを取りに行く場面や、番犬とイゴールが追いかけてくる時のハラハラ感に胸がドキドキしっぱなしになります。
また、グロテスクな描写もあり、それが恐怖を掻き立てています。臓器を摘出するために、胸ががっつり切り裂かれた描写は恐ろしい限りです。血まみれの手術台や中身のない熊も怖くて仕方なかったです。
最初に猛犬の恐怖や、ローラとの出来事を描き、最後に意味のある演出にしています。恐怖を掻き立てる演出も上手く、出演陣の良い演技と重なって、面白い作品に仕上がっています。

映画の感想を投稿する

映画「CAGED監禁」の商品はこちら