「VHS(シンドローム)」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

V/H/S シンドロームの紹介:2012年製作のアメリカ映画。新進気鋭の監督たちが結集したオムニバスホラー。ある屋敷に不法侵入した若者たちが、そこに置かれていたVHSテープを再生していくというファウンドフッテージのスタイルのもと、恐怖と怪奇のエピソードが次々と映し出されていく。

VHS(シンドローム)の主な出演者

ゲイリー(カルヴィン・リーダー)、ザック(レイン・ヒューズ)、ロックス(ケンタッカー・オードリー)、ブラッド(アダム・ウィンガード)、老人(フランク・スタック)、スティーブ(サイモン・バレット)、リリー(ハンナ・フィアマン)、シェーン(マイク・ドンラン)、パトリック(ジョー・サイケス)、クリント(ドリュー・ソウヤー)、サム(ジョー・スワンバーグ)、ステファニー(ソフィア・タカール)、女の子(ケイト・リン・シエル)、ウェンディ(ノーマ・C・キノンス)、ジョーイ(ドリュー・モーレイン)、犠牲者(グレン・マクエイド)、エミリー(ヘレン・ロジャース)、ジェームズ(ダニエル・カウフマン)、チャド(チャド・ビレラ)、マット(マット・ベティネリ)、タイラー(タイラー・ジレット)、ジャスティン(ジャスティン・マルティネス)

VHS(シンドローム)のネタバレあらすじ

【起】- VHS(シンドローム)のあらすじ1

【AMATEUR NIGHT(童貞の夜)】
若い男性・クリントは男友達のシェーンとパトリックの2人に、今夜こそは童貞を捨てろと言われていました。
しかも中央に録画機能のついているスパイ映画に出てきそうな眼鏡を渡されたクリントは、やや緊張しつつシェーンやパトリックと夜の街へ出かけます。
通りすがりの女性を物色し、バーをはしごしてナンパしました。クリントも酔っていますが、友人のシェーンとパトリックもかなり酔っています。
何軒目かのバーで「好きよ」と連呼する、目の大きな女性がクリントに言い寄ります。シェーンとパトリックはリサという女性を見つけ、ナンパに成功しました。
モーテルの一室に入った5人は、乱交パーティーみたいになるか…と思いきや、リサは車中できめたクスリで気絶します。
リサとやる気まんまんだったシェーンは落胆し、クリントのお相手の女性に言い寄りました。クリントは「僕の童貞を捨てる夜なのに」と思いつつも言い出せず、トイレに行きます。
クリントがトイレでがっくりしていると、パトリックが慌てて駆け込んできました。ソファでのほほんと仲間の様子を見ていたパトリックが、クリントに言い寄った女性に噛まれたというのです。右の手は肉が削げ落ちています。
パトリックは動転しており、シャワーカーテンのレールを引きはがすと、それを武器にトイレを出ていきました。クリントがトイレから出ると、シェーンがベッドの上で女性に噛みつかれて全身血まみれで、意識不明です。
リサを助けようとしたパトリックも女性に襲われて、噛まれまくりました。クリントは吃驚して部屋の外に逃げます。
階段を降りている最中に転倒したクリントは、女性に追い付かれました。よつんばいで近づいてきた女性の顔は、顔の中央が裂けていて歯も尖っており、獣っぽい感じです。
クリントはモーテルの別の部屋に泊まっている宿泊客に助けを求めますが、女性に襲われました。
【SECOND HONEYMOON(第2のハネムーン)】
夫・サムと妻・ステファニーは新婚旅行に出かけていました。気ままなドライブ旅行で、宿泊先のホテルも予約せず飛び込みで入ります。
西部の町で特に見るべきところもなく、取ったホテルは古くて不潔な感じがし、ステファニーは不満に思います。
その夜、サムとステファニーがいいムードになった時、ホテルの部屋に来客がありました。サムが応対します。
ノックした相手は大学生くらいの女性で、翌日、車に乗せてくれないかという頼みをしにきたのでした。サムは薄気味悪いと思って断ったそうです。

【承】- VHS(シンドローム)のあらすじ2

テンションが下がったサムとステファニーは、そのまま寝入りました。深夜、何者かが部屋に侵入して2人の寝姿を撮影すると、サムの衣服から100ドル札を抜いて、サムの歯ブラシを便器の水に浸します。
翌朝、そんなことを知らないサムは、歯磨きしました。車中で100ドル札がないことに気づいたサムは、ステファニーを疑います。とはいうものの口論にもならず、曇天の中2人は移動して、崖で記念撮影します。
その夜もサムとステファニーの部屋に、何者かが侵入しました。サムは洗面所にいたところを、フードと仮面をかぶった侵入者にナイフで首を何度も刺されて死にました。
その後、浴室でステファニーとその侵入者の女性がキスをします。
(ステファニーはレズビアン。最初の夜に車に乗せてくれと頼みに来た女性がステファニーの恋人。
ステファニーの恋人女性はサムを殺し、女性2人で第2のハネムーンを始めたという顛末)
【TUESDAY THE 17TH(17日の火曜日)】
大学生のウェンディは、婚約者・ジョーイと、女友達・サマンサ、眼鏡をかけた若い男性・スパイダーと4人で、車で湖に行きます。
特にこれという特色もない湖へ友人3人を連れていったウェンディは、キノコがびっしり生えている樹木のそばで、突然「みんなここで死ぬの」と言いました。
湖のほとりでおしゃべりした時、ウェンディは「実は昔ここで友人たちが死んだのだ」と、湖に現れる殺人鬼の話をします。みんな吃驚しますが、ウェンディは冗談だと茶化しました。
恋人のジョーイは騙された仕返しに、湖に入っておぼれた振りをします。
しかし…ウェンディの話は本当だったのです。
森を歩いていたサマンサの左目にナイフが刺さり、脳天を貫いています。スパイダーも何者かに頭を刺されて死にました。カメラを回収しに来たウェンディは、平然としています。
ウェンディは恋人のジョーイを湖に誘います。そしてさっきの惨劇の話は本当だったと告げました。
昔、正気じゃない悪魔のような男に、ウェンディの4人の友人は殺されました。ウェンディはその男に対抗するために、ジョーイら3人を「生贄(エサ)」として差し出しました。男は分裂するそうです。
カメラに男は映ります。しかし男の像の部分だけ映像が乱れ、きちんと姿が映りません。赤いマスクを被っているのが分かる程度です。
ジョーイは背後から男に首を刺され、ウェンディも木の上にいた男に襲われて腹部を刺され、腸をひきずり出されました。
(ウェンディは過去の友人4人の復讐のために行ったが、結局負けて殺されてしまった)

【転】- VHS(シンドローム)のあらすじ3

【THE SICK THING THAT HAPPENED TO EMILY WHEN SHE WAS YOUNGER(エミリーの幼少期に起きた異変)】
エミリーは医者志望の若い男性・ジェームズと交際していますが、遠距離恋愛なのでパソコンで動画チャットをします。
最近エミリーの周辺では異変が起きていました。左腕には謎の痣ができ、それがコブ状になります。さらに部屋には夜、子どもの足音が聞こえるというのです。
エミリーは「呪われてるのかも」とジェームズに訴えます。というのも、エミリーは12歳の時にも、同じような体験をしたことがあるからです。
怖いから一緒に見てくれと、エミリーはパソコンを持って夜の廊下に出ます。エミリーには見えませんが、背後に子どもがドアを開けて出ていく様子が見えました。
別の日にも、照明の切れた居間に、照明代わりにエミリーが焚いたフラッシュの中に、子どもの姿が映り込みました。
エミリーの腕のコブは目立つようになり、エミリーは気にしてメスでほじくり返します。1週間後に行った時に僕が診るからとジェームズに注意されて、やめました。
夜、また物音がしてエミリーがジェームズにパソコンチャットします。録画しておいてねと頼み、懐中電灯で家の中を探索したエミリーは、左の後ろに白い女性が立っているのを見て気絶しました。
その直後、ジェームズが気絶したエミリーの傍に来て、肋骨の下を切開し、赤ん坊を取り出します。
…エミリーは病院でアバディーン医師の診察を受け、統合失調症と双極性障害だと診断されました。エミリーはジェームズに、別れを切り出します。
通話を切ったジェームズは、別の女性とパソコンチャットします。その女性にも腕にコブ状のものができたと訴えました。
(詳細は不明だが、遠距離にいるというのは嘘で、ジェームズは女性のそばにいる。
そして何らかの方法で女性たちに植え付けた赤ん坊を、摘出することをしていた。
霊と赤ん坊との因果関係は謎のまま)
【10/31/98(1998年10月31日 ハロウィンの夜)】
ポール、マット、チャド、タイラーの4人の男性は、ハロウィンの夜、友人のジャスティンの家を訪問します。
予定どおりに行った筈ですが、ジャスティンは留守でした。家の中を4人は見て回ります。
すると屋根裏部屋で、物音と呪文のような声が聞こえます。ポールたち4人はあがっていきました。
そこには初老の男性たち数人が、1人の若い女性を縛りつけて謎の儀式を行なっていました。

【結】- VHS(シンドローム)のあらすじ4

老人たちは本気の儀式なのですが、ポールたちはそれをハロウィンのおふざけかと思い、合流します。
儀式を見られた老人は怒り、どうやらこれは冗談ではないと気づいたポールたちは、若い女性を救いだして逃げようとしました。
悪魔降臨の儀式だったのでしょうか。老人たちは宙に浮いて飛び、逃げる4人と女性の行く手には、壁から無数の手が伸びてきます。
机の上に椅子が乗っていたり、ドアが施錠されて出られなくなっています。
地下室に降りて、床や壁から伸びるたくさんの手から逃げのび、なんとか脱出をはかった一同は、女性を病院に連れて行こうとしました。
しかし車が動かなくなります。後部座席の男性の間に乗っていた筈の女性の姿が消えたと思うと、車外に立っていました。
車にはドアロックがかかっており、出られません。車は線路上で停止しており、4人の男性は電車に轢かれて死にました。
【TAPE56(テープ56)】
ロック、ゲイリー、ブラッド、ザックの4人組は、いつも徒党を組んでろくでもないことをしていました。
駐車場にいるカップルを襲って、女性の胸を露出させて撮影したものを売るのです。
ある日彼らは、謎の依頼を受けました。ある一軒家からビデオテープを1本盗んでくれというものでした。内容は「見れば分かる」そうです。
すぐにその家へ移動してガラスを割って侵入し、ビデオを探す4人ですが、2階の奥の部屋には電源が入った複数のテレビ画面と、大量のビデオテープがありました。
その部屋には老人男性の遺体もあります。さらに地下の物置にも、大量のビデオテープが発見されました。
大量にあるので「持ち帰ってから確認しようか」という意見も出ます。
どれがその「見れば分かる」テープか探すため、老人の遺体が気になりながらも、ゲイリーたちは見つけたビデオテープを片っ端から再生して、確認しました。
ところが最初に再生確認作業をしていたはずのザックが消え、続いて見始めたロックスもいつしかいなくなり、ブラッドも姿を消します。
実は途中から老人の遺体も消えているのですが、仲間たちは気づきません。
最後に再生確認をしたゲイリーは、見終わった瞬間に他の仲間たちが首を刎ねて殺されていたり、血まみれで死んでいたりするのに気づきました。
しかし時既に遅しで、死んでいた筈の老人にゲイリーも襲われました…。
彼らが殺害される様子も、ビデオテープのコレクションに加わりました。
(注・この作品は最後の【TAPE56】がメインの話。
【AMATEUR NIGHT】【SECOND HONEYMOON】【TUESDAY THE 17TH】【THE SICK THING THAT HAPPENED TO EMILY WHEN SHE WAS YOUNGER】【10/31/98】は、【TAPE56】の合間に挿入される形で話が展開し、
ゲイリー、ロック、ブラッド、ザックが見た映像という位置づけになっている)

みんなの感想

ライターの感想

グロテスクな描写が苦手な人にはオススメできません~。
腸は出ますし、首が飛びますし、なんかけっこうエグいです。
売り出し中の監督さんたちが集結して作った作品。
確かに荒削りな中に、きらりと光る可能性は見つけられます。
個人的には、動画チャットしてたカップルの話を、もうちょっと細部まで掘り下げてほしかった。
ジェームズくんは宇宙人と人間との間の子を作りたくて、複数の女性にアタックしてるみたい。
…なんだけど、一見しただけでは理解がついていかない。
グロだけでなしに、やたら「おっぱい」出てきます。…サービスのつもり?
今作品はシリーズ第1作で、これを皮切りに『V/H/S』シリーズは全部で3つあります。
興味のあるかたはぜひ一度ご覧になってはいかがでしょ。

映画の感想を投稿する

映画「VHS(シンドローム)」の商品はこちら