「VHS(ネクストレベル)」のネタバレあらすじ結末

V/H/S ネクストレベルの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ビデオテープを見た人間が次々と姿を消していくファウンド・フッテージ・ホラー「V/H/Sシンドローム」の続編。新進気鋭の7人の監督が製作するオムニバス・タイプのホラー。

この映画を無料で観る

VHS(ネクストレベル)の主な出演者

ラリー(ローレンス・レヴィン)、エイシャ(ケルシー・アボット)、ハーマン(アダム・ウィンガード)、カイル(L・C・ホルト)、スティーヴ(サイモン・バレット)、フライシャー博士(ジョン・T・ウッズ)、ジャスティン(ケイシー・アダムス)、自転車の男(ジェイ・ソーンダーズ)、自転車の女(デヴォン・マリー・バート)、ゾンビ(ロクサーヌ・ベンジャミン)、サッカーをする父(ライアン・トーマス)

VHS(ネクストレベル)のネタバレあらすじ

【起】- VHS(ネクストレベル)のあらすじ1

【PHASE I CLINICAL TRIALS(臨床実験・フェーズⅠ)】
若い男性・ヘルマンは交通事故で左目を失いました。ヘルマンは臨床実験で、義眼を入れる手術をします。
それは、網膜に録画チップを入れるというもので、簡単にいえば目の中に録画機能がついた手術でした。無償で手術を受ける代わりに、ヘルマンは被験者となったのです。
充血と炎症が少し残ってはいますが、手術は成功しました。
医者には「しばらくの間、裸眼と義眼が競って脳に情報を送るため、支障が出るかもしれない」と言われます。
プライバシーはないのか、どうすれば録画状態をオフにできるかヘルマンは医者に聞きますが、テスト期間は我慢してくれと言われました。次回の診察を来週と決め、ヘルマンは診察室を出ます。
鏡に映した自分の目は、うっすら白くなっていました。病院を出て友人に送ってもらったヘルマンは、自宅へ戻ります。家は豪邸で、プールもあります。
少しの間は何事もありませんでしたが、異変が現れ始めました。
ヘルマンがゲームの最中にお茶を淹れようと席を立ったわずかの間に、ゲームのコントローラーが消えます。コントローラーを探していると、ヤカンがコンロから落ちました。
さらに寝室に行くと、ライトがついていてベッドがこんもり盛り上がっています。めくってみると何もありません。
振り返って血まみれの白人男性を見たヘルマンは、別室に逃げ込むと医者に電話して、明日病院へ行くから治してくれと言いました。
ドアを開けて呼びかけてみますが、血まみれの男性はいません。しかし廊下の突き当たりには、見たこともない少女が立っていました。
一瞬左を向いて元の廊下を見ると、その少女がすぐそばまで近づいていました。ヘルマンは怖くなって浴室に逃げます。
その日は浴室の浴槽で眠ったヘルマンは、翌朝寝室へ行ってみます。何もありませんでした。
朝9時にヘルマンに訪問客があります。昨日病院の待合室で見た女性でした。
クラリッサと名乗った女性は、ヘルマンに「変なものが見えるんでしょ」と核心を突きます。その通りです。
クラリッサは告白します。
難聴で生まれて、16歳の時に人工内耳を入れる手術をしたクラリッサは、音が聞こえるようになった代わりに、みんなには聞こえない音も聞こえるようになったと言いました。ヘルマンもそうなのだろうと言います。
クラリッサの言うことを信じたヘルマンは、義眼を外そうと考えました。クラリッサは「外しても見えなくなるだけで、いるのに変わりがない」「あなたが見えていることを『彼ら』も感じて、接触を図るだろう」と告げます。 この映画を無料で観る

【承】- VHS(ネクストレベル)のあらすじ2

窓の外にパンツ一丁の中年の肥満男性が現れました。クラリッサは「死んだ伯父」だと言います。
クラリッサは上半身裸になると「私に集中して」と言います。
目覚めたヘルマンは、また寝室のシーツが盛り上がっているのを見つけました。めくると廊下で見た少女がいて悲鳴をあげ、ヘルマンは驚きます。
クラリッサはプールにひきずりこまれていて、ヘルマンが助けに行きますが、クラリッサは溺死しました。
少女と血まみれの男が部屋にいるのを見たヘルマンは、洗面所でナイフを手に持ち、義眼を取り出そうとします。
その最中に、少女と血まみれの男と中年肥満男(クラリッサの伯父)に襲われました…。
【A RIDE IN THE PARK(公園の自転車)】
坊主刈りの男性・マイクは、ヘルメットにカメラをつけて撮影しようと考えます。ヘルメットをかぶり、自転車に乗ってゴールドストーン公園の山道を走らせ始めました。
そこへ突然、血まみれの女性が「助けて」と言いながら現れます。「ダンを助けて」と言う女は、突然凶暴化してマイクを襲い始めました。奥から同じように、満身創痍で凶暴化した4人の男性が現れます。
女性に首を噛まれたマイクは、女性の首を絞めると逃げました。
しばらくすると、マイクは血を吐きます(感染)。山道を転げ落ちてよつんばいになって移動しますが、しばらくするとマイクは倒れました。
男女のカップルが自転車に乗って現れ、マイクを助けようとします。マイクが血まみれで脈がないことを確認した男が、警備員に通報しました。
しかしその時、よみがえったマイクは男の顔を噛みました。女は慌てて逃げます。マイクは倒れた男の指を食べ、腹を裂いて腸を食べます。
腸を食べられていた男も目覚めました(感染)。ゾンビ化した一団は、ふもとで少女の誕生会を催すパーティーに乱入し、襲い始めます。
スキンヘッドの男がマイクに金属バットを持って応戦しました。さらにフォークを持った男がマイクの顔に刺しますが、ダメージはありません。
会場はパニックになり、あちこちで噛まれた人が蘇っていました。マイクは目に刺さったフォークを眼球ごと抜き取ると、ライフル銃で自殺します…。
【SAFE HEAVEN(安全な天国)】
若い男女の撮影クルーが、新興宗教団体を取材することになりました。リーダーは男性・アレクで、ほかに女性・レナとアジア系の男性・アダムが助手につき、カメラマンはジョニです。
宗教団体〝天国の門〟では、レベルの高い別次元の信仰があり、そこへ少しずつ近づいており、始まっている世界の終焉に向けて動いていると言いました。

【転】- VHS(ネクストレベル)のあらすじ3

アレクは団体の信者たちが住む施設を案内してもらいます。アダムに隠しカメラで撮ってくれと頼みました。
施設はけっこう広く、一通りの設備が備わっていました。信者の子どもも20人ほどいます。
アレクは奥で教祖のインタビューをしていました。しかし途中でバッテリーが切れて、車まで取りに戻ります。
そこで隠しカメラ映像を見たアレクは、自分の婚約者・レナがアダムに妊娠を告げるのを聞きました。レナはアレクと婚約している身で、アダムと浮気していたのです。アダムは中絶しようと言いました。
バッテリーを持って戻ったアレクは、教祖に「時間だ」と言われます。意味が分からずにいると、教祖は施設内のアナウンスで演説を始め、「天国への最後の門の鍵が開く」と言うと、カッターナイフを持ってアダムに飛びかかり、アダムの首を切り裂きました。
アダムの血を浴びながらハミングした教祖は、そのまま自らの腹を刺します。
別の部屋では、レナはマダムと呼ばれる女性と白いマスクをつけた女性らに囲まれていました。教祖の演説を皮切りに、子どもたちや信者は互いを殺し合ったり、自殺したりし始めます。
レナは捕まって腹に血文字を描かれました。すると、腹の内側から角が生えた怪物が出てきました。
ジョニは奥の部屋に侵入して、医療器具がある部屋に辿り着きます。そこには妊婦がおり、ジョニは殺されました。
アレクは抵抗して逃げます。サイレンが鳴り始め、死んだ人たちが生き返り始めました。
施設から車で逃げ出したアレクですが、衝突事故を起こして車が横転し、車を出たアレクはサタンのような怪物に襲われました…。
【SLUMBER PARTY ALIEN ABDUCTION(パジャマパーティと宇宙人による誘拐)】
10代後半の姉・ジェンと、10代半ばの弟・ランディは、両親が留守をすることになり、姉弟だけで家で過ごすことになりました。
姉・ジェンは恋人・ザックを呼び、弟・ランディは友人のゲイリーやダニーを呼びます。
ランディは小型犬のタンクにカメラをつけて、ボードの上に乗せて水遊びしたり、スケートボードさせたりしました。犬のタンクも楽しそうです。
夜になり、弟・ランディはいたずらを思い付きました。姉・ジェンが恋人とセックスしているのを犬・タンクのカメラで撮影するのです。
寝室に犬・タンクを放しますがあっという間に悪事はばれ、今度は弟・ランディがオナニーするところを隠し撮りされました。
みんな内輪もめしながらも、わいわい楽しく過ごします。

【結】- VHS(ネクストレベル)のあらすじ4

その最中に停電が起き、外で大音量の音が聞こえます。さらに謎の赤い光が差し込みました。
窓を見ると、手足の細くて長い二足歩行の宇宙人が3人現れます。
ランディは溺れて死に、ゲイリーと姉・ジェンは室内に逃げ込みますが、宇宙人に連れ去られます。
宇宙人に次々に襲われた一行は、いなくなりました。
犬のタンクは死んでしまいます…。
【TAPE49(テープ49)】
中年男性の私立探偵のラリーは助手の女性・アイーシャを連れ、ある男性の浮気現場を撮影していました。奥さんに雇われたのです。
見つかったラリーは、映像を渡す代わりに300ドルを支払えと要求しました。
続いての依頼は、ある女性からのものでした。独り暮らしをする大学生の息子が行方不明で、大学にも出ていないそうです。息子を家に連れ戻せば1000ドル貰えるので、ラリーは張り切りました。
青年の部屋をバールでこじ開けて室内に入ると、部屋にテレビが4~5台と、パソコンが1台あります。窓は目張りされていました。
ラリーは別室で私物を調査し、助手・アイーシャは寝室に大量にあるビデオテープを再生し始めます…。
アイーシャはパソコンのデータをコピーしながらビデオを見ているうちに、だんだんおかしくなります。やがてアイーシャは鼻血を出し始め、アイーシャの異変を感じたラリーは薬局で薬を買ってきますが、戻って来るとアイーシャは倒れていました。
アイーシャの介抱をしながら、ラリーは〝これを見て〟と書かれたビデオテープをほぼ無意識に再生し始めます。
最後に部屋の主っぽい大学生の青年がビデオに映り「覚悟はできている」「俺のテープを作る」「ありがとう」と言って拳銃自殺する様子が、ビデオに残されていました。
その直後には、部屋に入って来るアイーシャとラリーの姿が映っています。つまり、青年の自殺は、ついさっきの映像だったのです。
倒れていたアイーシャが突然ラリーを襲い、驚いたラリーは別室へ逃げて銃を構えますが、奥に顎がなくなった男性(大学生の青年)がいて襲ってきました。
ラリーは殺され、青年は親指を立てます…。
(エンド後)ビデオテープを取り出す音
(注・この作品は最後の【TAPE49】がメインの話。
【PHASE I CLINICAL TRIALS】【A RIDE IN THE PARK】【SAFE HAVEN】【SLUMBER PARTY ALIEN ABDUCTION】は、【TAPE49】の合間に挿入される形で話が展開し、
アイーシャやラリーが見た映像という位置づけになっている)

みんなの感想

ライターの感想

シリーズの第1作『V/H/S シンドローム』が話題になって作られた続編。
ちなみに第3作『V/H/S ファイナル・インパクト』も作られており、根強い人気を誇っているようである。
内容は…確かに「新人の登竜門」という感じ。
荒削りな作品のなかにも、何か未知の可能性を秘めているのを感じることができる。
不気味さはよく出ている。思った以上にグロテスク。
ホラーあり、幽霊ものあり、宇宙人あり、グロいのもあり、若干エロ(冒頭に乳わしづかみ…なんてシーンがある)要素もあり。
ホラー好きな人にはたまらないかも。但し好みは分かれるだろうな。

映画の感想を投稿する

映画「VHS(ネクストレベル)」の商品はこちら