「ZVZ(ゾンビVSゾンビ)」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ZVZ ゾンビVSゾンビの紹介:2007年製作のアメリカ映画。生きる屍と化した人間同士の壮絶な戦いを描いたホラー。研究所から逃げ出したウサギに噛まれた傷がきっかけで、人間たちが次々とグロテスクなゾンビに変身してしまう。やがて増殖したゾンビたちは…。

この映画を無料で観る

ZVZ(ゾンビVSゾンビ)の主な出演者

アダム(ビル・ミリガン)、トレイシー・ディック(ラビー・リン)、メリー・ルーペス(ジェシー・ウィリー)、トッド・スカウト(ブライアン・チャプア)、テディシュワルチェネガー(ライアン・ウィリアムズ)、エド(エドワード・ワーナー)、アリス(ジャクリーン・マルティニ)、ジェフ・ルーペス(パトリック・ラウリー)、クリス・ロング(クリス・グラハム)

ZVZ(ゾンビVSゾンビ)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ウイルスによりゾンビ化したウサギが研究所から行方をくらます。研究員ジェフ・ルーペスも同じ時期に行方不明に。 ②ウサギは町に辿り着き、兄弟の弟・エドを噛んだ。その後カップルの男性・デビッドを噛んで逃げる。エドとデビッドは感染してゾンビ化し、周囲の人間を襲い始めた。 ③ゾンビへの対抗策は「焼く」のみ。しかしそれが判明したのはだいぶ経過してから。その頃にはゾンビは増えてしまい、手に負えなくなっていた。ウサギも健在。

【起】- ZVZ(ゾンビVSゾンビ)のあらすじ1

ある日、研究所からジェフ・ルーペスと彼が研究していたウサギがいなくなりました。ウサギとジェフがいないのに気づいたのは、女性の研究者・アリスです。
ジェフは研究室でウイルスに感染したウサギを研究し、それに対抗するワクチンを作ろうとしていました。そのウイルスに感染するとゾンビになり、凶暴化するのです。
ウイルスは人にも感染するものだったので、所長・アダムに依頼され、優秀な研究者であるジェフは急いでワクチンを作っていました。効き目のあるワクチンは作れていましたが、効果がきわめて短く、より長いものを作れと言われていました。
逃げた白いウサギは森を走り、ふもとの町で酒場の話題で盛り上がっている2人の中年の兄弟に見つかります。
弟のエドが捕まえましたが、なんとウサギはウーッと唸り(注意:ウサギは唸りません。声帯ありません。鼻を鳴らすことがあっても音は「ぶう」「ぷう」です)、シャーッといってエドの眼球を噛みました。ウサギはそのまま逃亡します。
エドはウイルスに感染しました。眼球をぶらさげて倒れたエドを抱きかかえて、兄・アンディは混乱します。
そこへウサギを探しに現れた女性研究者・アリスが通りかかりました。白衣を着たアリスを医者だと思ったアンディは「弟を治療してくれ」と言いますが、アリスは「私は科学者だ」「その男性は死んでいない」と言って立ち去ります。
しばらくするとエドが起き上がります。喜んで弟・エドを抱きしめた兄・アンディはエドに首と顔を噛まれ、感染しました。
ふもとの町の家では、デビッドとエマが喧嘩をしていました。エマは猫が好きで15年飼っているのですが、恋人のデビッドは猫が嫌いなのです。
猫を捨てたらどうかとデビッドが言ったのが、喧嘩の内容でした。
口論の最中に話題の中心の猫が外へ逃げ、その猫をウサギが狩ります。
「クー、キャキャキャ、クワー」という鳴き声に恐れをなしたデビッドはウサギをバットで殴りましたが、ウサギはぺっちゃんこになった後、それでも動きました。
這って来たウサギはデビッドの足首を噛みます。エマは包丁でウサギをグサグサ刺しましたが、しばらくするとぺっちゃんこのウサギは姿が消えていました。
エマはデビッドを病院に連れて行こうと、車に乗せます。
夫と離婚して新居に引っ越そうと思っている中年女性の母・イブと10代後半の娘・メリーは、車に乗って物件を下見に行く予定でした。途中のガソリンスタンドでメリーはトイレに寄ります。
メリーを見た3人の若者たち・トッドとクリスとテディは、メリーに声をかけたいのですが、その機会を得られないままメリーは去りました。
イブとメリー母子が立ち去った後、ガソリンスタンドでは白人男性が銃をぶっ放し始め、トッド&クリス&テディは慌てて退散します。 この映画を無料で観る

【承】- ZVZ(ゾンビVSゾンビ)のあらすじ2

不動産の仲介業者の女性は、イブとメリー母子が30分も遅刻しているのでイライラしていました。そこへゾンビ化したエドが現れ、女性を襲うと頭皮を剥いで食べ始めます。
エマはデビッドを乗せて運転していましたが、デビッドが助手席で死にます。ショックを受けたエマは泣きますが、突如デビッドが血を吐いて蘇生しゾンビ化しました。
襲おうとするデビッドをエマは銃で脅しますが、効果が見られないので、エマはデビッドを撃ちました。エマは助手席側からドアを開け、おろしたデビッドの死体にすがりついて泣きますが、デビッドは再び動き始め、エマはデビッドを撃ちながら赤い車に助けを求めます。
その赤い車はイブとメリー母子でした。メリーが目撃して母・イブに言いますが、母は信じません。遅刻しているので急いで目的地まで行きました。
メリーは警察に通報しようと携帯を出しますが、圏外で電話が繋がりません。
母・イブは車から降りて物件を見ますが、辺鄙な場所にありすぎるのと古くさいのとで気に入らず、断ろうと思います。不動産仲介の女性に会って、ひと息でまくしたてますが、女性は無反応でした。それもそのはず、頭皮が剥がれてゾンビ化しているのです。
不動産の女性はイブのくちびるに噛みつき、口周辺を食いちぎりました。母・イブは倒れます。
娘・メリーは倒れた母・イブを見て驚きますが、イブが襲ってくるので車に乗り込んで発進させました。母・イブは車のボンネットに乗りあがり、メリーは木に車をぶつけて気絶します。
トッド&テディ&クリス若者3人組は、ガソリンスタンドから逃げた後、エドとアンディのゾンビ兄弟に遭遇しました。逃げる途中、クリスが木の枝に脇腹を強く打ちつけて、負傷します。
前方からやってきた男性・ジェフが3人組と合流し、クリスの脇腹を手当てすると、森の中で夜を明かそうと言いました。
ケガをしたクリスを置いて、トッドとテディとジェフは枯れ枝を集めて焚火を起こします。火のそばで寝ますが、ふと起きるとエドとアンディがケガ人のクリスのはらわたを食べていました。
ジェフとトッド、テディはクリスを置いて逃げます。
別の場所では数人の男女がキャンプをしており、焚火のまわりで怪談話をしています。
男性の怪談話は一同に受けませんでした。その直後、男性がゾンビに襲われて噛まれるのですが、他の人たちはそれも余興の一つと思って、受け流します。
本物のゾンビだと分かった時には遅く、キャンプのメンバーは全員襲われてゾンビ化しました。
ジェフとテディ、トッドがキャンプグループのところまで行きますが、襲われているのを見て、逃げます。キャンプグループは腸をひきずり出されたり、腕の肉を食いちぎられたりして、食べられていました。
…アダム所長が夜更けに、森の中に車で乗り付けると、トランクから人間サイズのビニール袋を取り出しました。ビニールはかすかに動いています。

【転】- ZVZ(ゾンビVSゾンビ)のあらすじ3

ビニールの包みを脇に置いて、アダム所長はシャベルで殴りつけました。そして、シャベルで土を掘り、ビニールの包みを穴に落とします。
包みの中身は、妻・トレイシーでした。アダム所長はトレイシーと口論になり、殺そうと考えたのです(詳しい説明は後述)。
小休止で水を飲んで一服しているところへ、見知らぬ男性が逃げてきました。ゾンビが見知らぬ男性を襲い、噛みます。
アダム所長はゾンビをシャベルで殴りつけ、目潰しをし、頭部をシャベルで切断すると、掘った穴に埋めました。
見知らぬ男性の死体もあるので、もう1つ穴を掘らねば…と思い(先ほどの穴は妻・トレイシーとゾンビでいっぱいになったため)、またせっせと穴を掘ったアダム所長は、埋めようとすると男性の死体がないので探します。
見知らぬ男性はゾンビ化していました。アダム所長はシャベルで殴りつけ、埋めると「次は離婚弁護士を雇おう」とつぶやきます。
作業を終えて一服していると、土から手首が出てきました。きりがないのでアダム所長は逃げようとしますが、穴掘りの作業でずっと車のライトをつけていたせいか、エンジンがかかりません。
ゾンビ集団も周囲から続々と現れ、アダム所長は「ありえない」と言いました。この後、襲われたと思われます。
…車中で気絶した娘・メリーは、猫好きの女性・エマに起こされて、物件の家に入ります。嵐が近付いているのとゾンビがいるので、家に立てこもろうとしました。
メリーはろうそくに火をともし、2人は家の中でおとなしくします。
そこへ、トッド、テディが合流しました。ジェフも入れてもらいます。
外には時間の経過と共にゾンビの数が増え、囲まれていました。
アダム所長もやってきて、家に入れてもらいます。
みんなは外への脱出方法を考えますが、いい案が浮かびません。銃はエマが持ってきた1挺しかなく、弾は残り3発でした。
娘・メリーは絶望して「みんな死んじゃう」と小さくつぶやきます。
アダム所長が「奴らの1人を捕獲して、バスタブの中に入れて、弱点を探そう」と言い出しました。エマは反対しますが、テディは乗り気です。
どのゾンビを捕まえるか、みなで外を見ながら物色します。
最初に選んだ人物はクリスだったので、テディとトッドが嫌がります。次に選んだ人物はデビッドで、エマが嫌がりました。
3番目に選んだ男性は大きすぎるので、取り押さえられることができるか疑問視され、やめました。
口の裂けた女性をどうか…という声に、奥で座っているメリーが「私のママよ」と言ったので、却下されます。
けっきょく、ガウンを着た女性をターゲットにすることにしました。

【結】- ZVZ(ゾンビVSゾンビ)のあらすじ4

アダム、テディ、トッドでガウン姿の女性ゾンビを拉致し、バスタブでゾンビの手を縛り、頭を押さえつけて観察します。女性は30代前半で、瞳孔はやや拡大しており、毛細血管は切れつつあります。側頭部に外傷がありました。
まず、カッターで喉を切ってみますが、出血で動きがにぶくなるだけで、動きは止まりません。また、ゾンビの血液で人間は感染しません。
続いてハンマーとカナヅチ、ノミで頭を傷つけ、頭皮を剥いで脳を取り出してみましたが、やっぱりそれでも女性は動きました。
焼いてみると、女性は動かなくなりました。ゾンビへの対抗手段は「焼くこと」です。
女性ゾンビを焼いたことで家の中がケムリくさくなり、エマは怒ります。
エマはアダム所長と言い争いになりました。実はこの2人、知り合いだったのです。隣では、メリーとジェフが見つめ合っています。
…そろそろ種明かしを。
ジェフは冒頭でいなくなったあのジェフです。ウサギも同じ時期にいなくなりましたが、ウサギを逃がしたのはアダム所長でした。これには事情があります。
アダム所長は、自分の妻・トレイシーが浮気していると勘づき、探偵を雇いました。探偵の調査によって、トレイシーが浮気していた相手が、自分の優秀な部下・ジェフだと知ったのです。
怒り狂ったアダム所長は、トレイシーを縛って車のトランクに入れ(後ほど埋めた)、女性研究員・アリスに昇進をほのめかしてジェフのコーヒーに薬を盛り、ジェフを眠らせました。
ジェフにあやしげな薬(発狂する薬)を打つと、「お前の妻と娘に浮気をばらしたのは俺だ」と言います。ジェフの妻はイブで、娘はメリーです(見つめ合っていたのは親子だったから)。
そういうアダム所長も浮気していました。浮気相手が猫好きの女性・エマでした。
アダム所長はやけになってウサギを逃がしました。しかしここまで人間のゾンビ化が進むと思っておらず、もしちょっと困った事態に陥った時には、部下のジェフの責任にしようと思っていました。
ジェフが研究中のデータを盗み、自分の手柄にしようとも考えていました。しかしウサギのウイルスの変異が速すぎて、優秀なジェフですらワクチンを作れていない状態です。アダム所長には、とうてい作れませんでした。
朝になり、トッドは即席の火炎放射器(スプレーとライター)でゾンビに対抗しようとしますが、あまり役に立ちません。
エマが発砲してトッドを家に入れますが、弾切れを起こして脱出の見込みはありません。
ゾンビ発生の知らせを受け、兵士が1人だけ来ますが、ゾンビに囲まれて兵士は自殺します。死んだ兵士の臓物は、ゾンビが奪い合って食べました。
犠牲者は増えるいっぽうで、つまり感染者も増えるいっぽうです。
ウサギはまだいます。ひらべったいままで、道を這いながら「クックック」と笑っていました。
女性研究員・アリスがウサギに石を振りおろし「あんたのせいよ」と言うと、白衣を脱ぎ捨て、さらにシャツも脱ぎ捨てて去りました。
…解決策はありません。ゾンビはうようよしています。ジェフらがどうなったのかは、ご想像にお任せ。

みんなの感想

ライターの感想

…なんともチープな作品で、どこからどこまで本気で作ってるのか不可解である。いちおうスプラッタ系統。
ストーリーを書くとこのようになるのだが、はっきりいって「途中までわけ判んない」状態。いやほんとに。
公的サイトでは「猫」から発症したように記述されているが、違う、ほんとはウサギ。
しかも明らかに「ぬいぐるみ」と判る代物。動くとワイヤーが見える。このワイヤーがけっこう笑える。
最後にとんとんと謎解きがなされるのだが、「その設定は必要だったのか」と、思わずうなってしまった。
発生源はウサギらしいのだが、そのウサギがどうやって感染したのかも不明。対抗策もなし。
日本タイトルでは『ゾンビVSゾンビ』と謳っているが、ゾンビとゾンビは戦っていない。せいぜい「肉を奪い合う」争い程度。

映画の感想を投稿する

映画「ZVZ(ゾンビVSゾンビ)」の商品はこちら