「あの日の指輪を待つきみへ」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

あの日の指輪を待つきみへの紹介:2007年公開。1941年と1991年を舞台に、一つの指輪に秘められた約束についてつづった感動作品。巨匠リチャード・アッテンボローが監督を務め、シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートンら出演で贈る。

予告動画

あの日の指輪を待つきみへの主な出演者

エセル・アン(シャーリー・マクレーン&ミーシャ・バートン)、テディ・ゴードン(スティーヴン・アメル)、ジャック・エッティ(クリストファー・プラマー&グレゴリー・スミス)、マリー・ハリス(ネーブ・キャンベル)、マイケル・クィンラン(ピート・ポスルスウェイト&ジョン・トラヴァース)、ジミー・ライリー(マーティン・マッキャン)、エレノア・ライリー(ブレンダ・フリッカー&カースティ・スチュアート)、ピーター・エッティ(アラン・ホウコ)、チャック・ハリス(デヴィッド・アルペイ)

あの日の指輪を待つきみへのネタバレあらすじ

【起】- あの日の指輪を待つきみへのあらすじ1

1991年、ミシガン州ブラナガンの教会で、チャックの葬儀が執り行われます。401爆撃隊の戦友の元軍人の方々が出席しています。
娘のマリーは父が話して欲しいと思っている母への愛をスピーチで話します。チャックの妻エセル・アンは外でたばこを吸っていました。
アンは長年、結婚指輪はしていました。しかしチャックとあまり喋ることも、愛してるとも言ってませんでした。
チャックの友人のジャックは卒業生の伝統として、小型の飛行機で地面近くを通ってきます。皆は大興奮しますが、マリーは怒っています。
北アイルランドのベルファストで、エレノアの孫、ジミーは老人のクィンランを訪ねます。クィンランは墜落機を掘リ出そうとしていて、ジミーは追い払われます。
ジミーは祖母が大戦中に、アメリカ人との大切な写真を持っていた秘密を彼に話します。クィンランはそれでは秘密でなくなったと、穴の中を見せてあげることにします。
IRAのキャハルとトーマスは彼らの近くにいました。ジミーとクィンランは二人を少し見ていました。
クィンランは掘り出したスイッチを押します。すると爆発音が鳴って偶然だと思います。
1941年のベルファストでは、爆撃されて大勢の人々が防空壕に逃げていました。エレノアもその一人で、軍人を脱がすのを得意としていました。
キャハルは彼女に卵を持ってきます。イギリス軍の兵士がやってきて、キャハルは自分を売らないようにとクィンランに頼みます。
銃が見つかって、周りの人々が協力してくれます。キャハルは捕まらずに済みます。
ミシガン州のブラナガンでは、ジャックとアンが友人のテディとチャックを迎えに行きます。アンは彼らから、乗ってきた戦闘機の話しを聞きます。彼女はマドンナ的存在で、テディと付き合っていました。

【承】- あの日の指輪を待つきみへのあらすじ2

テディは父から継いだ土地に、バイトの給料代わりの木材で家を建てていました。アンに結婚を申し込む時、両親が自分を嫌うだろうから、贈り物として建てているのです。
もうじきアメリカは戦争に参戦することから、テディは士官学校に行くことを決めてます。アンはテディを覚えていたいと、彼に近づいて口を触ってキスをし、体を重ね合わせて一つになります。
ハワイで襲撃が起きて、多くのアメリカ軍の兵士が亡くなります。テディは砲術学校に、チャックは操縦士、ジャックは航空士になります。
休暇がとれた者が家の建築の続きをし、テディはこの家を大学時代の仲間が集う場所とします。そしてアンにプロポーズし、戻ってきたら正式にと告げます。
テディはアンに金の指輪をプレゼントし、愛していると伝えます。アンは一生テディを愛することを涙を流しながら伝えます。
その後、テディはジャックとチャックに、もしも自分に何かあったらアンを頼むと話します。3人一緒に同乗することをテディは拒否します。
ジャックは浮気するし、ダンスを踊れないからと止めておきます。テディはチャックにアンのことを頼みます。
ある日、カナダのガンダー空軍基地から、ジャックがアンの家に電話をかけます。アンが電話に出て、テディはこの間元気だったと聞きます。
ジャックはチャックに代わってくれるように頼みます。チャックはまさかこんなことになるとはと、テディの知らせを聞いて電話を切ります。
戦争に行く前、アンとテディは見習いのウィルバーを神父にし、夜遅く教会で結婚式を挙げます。ジャックとチャーリーが参列します。
テディとジャックはベルファストにやってきます。他にも大勢の軍人がやってきます。ジャックはエレノアと出会って結婚すると言い出します。
テディはエレノアが尻軽だと言い出して、ジャックと喧嘩になります。その時にジャックは足を骨折します。
1991年に戻り、アンはテディがプロポーズしてくれた部屋を自分の部屋にします。今はマリーが使っていましたが、自分の家だから変わるようにと主張します。
アンは21歳の時に人生が終わったと語ります。マリーは何のことか、ジャックに聞きに行きます。
多くの戦死者が出て、チャックはアンの看病で助かりました。ジャックはこれ以上、掘り返すべきでないとマリーに話します。

【転】- あの日の指輪を待つきみへのあらすじ3

エレノアはジミーにクィンランと会わないようにと注意します。エレノアは人に会いにロンドンへ行きます。
ジミーは掘り出した場所から、エセル・アンド・テディと刻まれた指輪を見つけます。後ほどアンから、これはエセル・アンと読むと教えられることになります。
そしてジミーはアンの家へと電話します。マリーが電話に出て、母につなぎますが、中々でようとしません。
ベルファストからと言うと、アンは電話に出ます。ジミーは図書館で、戦死者名簿で調べて電話をかけてきました。
ジミーはつながって嬉しそうです。指輪を見つけことを話すと、電話代がなくてジミーはまたかけ直すと言います。
クィンランに小銭を貸してほしいと頼みますが、何の特にもならないと彼はひどく取り乱します。クィンランは電話を貸してくれます。
ジミーが再度かけると、アンが電話に出ます。戦死者の名簿から、テディ・ゴードンの名前を見つけていました。
彼は記録上未婚となっており、遺産を全てエセル・ロバーツにと記していました。ブラックマウンテンで見つかった指輪を送るかどうかジミーが聞くと、アンはいらないからあげると答えます。
最後にアンは結婚していたと説明します。何も知らない若いジミーは、記録上では未婚となっていると言います。アンは電話を切ります。
クィンランは帰るようにジミーに伝えます。ジミーはエレノアに見つかるからと、指輪をクィンランに渡します。
ジミーが再度穴を掘っていると腕時計を見つけます。引っ張り出すと亡骸が見つかります。
その亡骸はトーマスが埋めたものでした。協力を求めるように警察の公安部が言ってきます。もしもトーマスを見つけたら知らせるようにとも言ってきます。
ジミーが家に帰るとトーマスがいました。トーマスは穴を掘っていた丘が重要であることから、次に公安部に何か喋ったらどうなるかとジミーを脅します。
クィンランはしばらく町を離れるようにとジミーに金を渡します。アンの様子を見てきて欲しいと指輪も渡します。
ジミーは再度アンに電話して、嵐が収まるまで行かせて欲しいと頼みます。
アンは家を訪ねてきたジャックにジミーの迎えを頼みます。マリーは何も聞かされてなく、もうだめだと出ていきます。
ジャックはマリーを失うぞと警告します。アンはチャックに愛されて育ったからと理由を説明します。
ジャックは真実を話すのを試すべきだと言います。だからこそ、ジミーを迎えに行って欲しいとアンは頼みます。

【結】- あの日の指輪を待つきみへのあらすじ4

ジミーがやってきて、アンはマリーとジャックの息子のピーターを紹介します。
ジミーは掘り出したものを全てケースに詰めて持ってきてました。墜落機の部品がたくさん入っていました。
指輪も取り出して、ジミーは墜落機に乗ってたテディがアンの夫と思っていました。その話しを聞いて、マリーは父は先日亡くなったと辻褄が合いません。
ジャックはこんな形でマリーに話すことで良いのかと言います。アンはテディを失って、彼の写真を飾っていた壁をジャックとチャックに塞いでもらいました。
その壁をはがし、マリーはテディの存在を知ります。ジミーはテディが墜落した詳細を彼女に説明します。
マリーはチャックがアンを愛し続けてたのにと怒り出します。何も知らないマリーはピーターに泊めてと出ていきます。
ジャックはマリーに真実を話します。アンのことを実は愛していて、言い出せませんでした。
テディの死をうけて、アンは10年間結婚を拒みました。そして5年してマリーが生まれました。ジャックは3回も結婚をして、唯一良かったのはピーターの存在でした。
テディの遺体は見つかりませんでした。ジャックが骨折して、別の新入りがテディと乗ります。自分が乗ってればと、ジャックは涙を流します。
マリーには、何でも聞いても良いけれど、アンと結婚したかっただけは聞かないで欲しいと、ジャックは言います。
しばらくして、エレノアとクィンランの元に、ジミーがアンを連れて帰ってきます。アンはエレノアから、ジャックに求婚されたことや喧嘩した話しを聞きます。
チャックは、テディがアンを頼むと言ったことを最後まで秘密にしていました。それはジャックも秘密にしていました。マリーとピーターは、ジャックにアンに会いに行くべきと伝えます。
アンがエレノアの家にいると、外では兵士が大勢警戒していました。爆発テロが起こって、ジミーはアンに避難するようにと指示します。必ず2発目の爆発が起こるのです。
アンはゆっくりと爆死した兵士の手を握ります。クィンランは彼女の元へと歩いていきます。ジャックはアンに会いにやってきます。
ジミーは丘にいるトーマスに爆破を止めるように頼みに行きます。公安部は後ろをつけていて、トーマスは撃たれます。
アンは彼もこうだったのかと、近づいてきたクィンランに話します。ジャックは兵士に止められて近づくことができませんでした。
クィンランは実はテディの最後を見ていました。彼から指輪を渡すように頼まれ、また自由に生きろという伝言も頼まれます。
爆発が起きて、クィンランはその場を離れます。50年間、彼は吹き飛んだ指輪を探し続けていました。
アンはこの場からクィンランと離れ、瀕死のトーマスは爆破のスイッチを押します。
ジミー、エレノア、クィンランは丘にきています。アンもジャックと歩きます。
アンは何でもテディの話しを持ち出します。ジャックはやれやれな様子ですが、アンは丘の上で泣き出します。
彼女は泣けなくなっていたので、自分がどうしたのかと思います。アンはジャックの元へと行きます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、過去と現在を交互に描いているのが特徴的です。物語が展開するにつれて、真実が明らかになっていきます。
また、ベルファストで起こっているストーリーともからめ、最後に噛み合っていく演出と構成に、映画作りを熟知していると制作陣の能力の高さを伺えます。
終盤、アンが爆死した兵士を握るシーンは印象的です。遺体の見つからないテディもこうだったのかと、アン演じるシャーリー・マクレーンの表情や言葉に目が離せなくなります。
戦争という悲劇によって、引き裂かれたテディとアン、残されたアンやジャックらの心情を良く描いている作品です。言葉では表現できない絶妙な雰囲気が出ていて、感動すること間違いなしの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「あの日の指輪を待つきみへ」の商品はこちら