「おはん」のネタバレあらすじ結末

おはんの紹介:1984年公開の日本映画。宇野千代の同名の作品を原作とする。第8回日本アカデミー賞優秀作品賞をはじめ多くの賞を受賞し、また日劇東宝(現・TOHOシネマズ日劇・スクリーン2)のオープニング上映作品となった。

この映画を無料で観る

予告動画

おはんの主な出演者

おはん(吉永小百合)、幸吉(石坂浩二)、おかよ(大原麗子)、お仙(香川三千)、悟(長谷川歩)、大工の棟梁(浜村純)、おばはん(ミヤコ蝶々)

おはんのネタバレあらすじ

【起】- おはんのあらすじ1

幸吉は、「おばはん」と呼ばれている老婦人の店先を借りて古物商をいとなむ男で、妻のおはんと仲の良い夫婦でした。しかし幸吉が芸者のおかよと深い仲になり、正妻であるおはんのほうが身を引きます。7年後、幸吉はおかよのところに身を置いていました。おかよは2人の舞妓を持つ置屋(タレントでいうところの芸能事務所)をしています。おばはんの使いで買い物に行った幸吉は、町で7年ぶりにおはんと再会しました。おはんから悟という息子がいることを知った幸吉は、懐かしさから遊びに来てくれとおはんに言います。

【承】- おはんのあらすじ2

後日おはんが会いに来てくれたことから、幸吉とおはんのよりが戻ります。何も知らないおかよは、姪のお仙が養女に来てくれることや、二階を増築することを楽しそうに幸吉に話しました。ある日幸吉の店に小さな男児が手毬を買いにきます。それが悟だと知った幸吉は学校帰りの悟を待ち伏せし、話しかけました。父親であることを知らないまま、悟は幸吉になついていきます。置屋にお仙がやってきました。家を継いでくれる有望な女の子が現れ嬉々とするおかよを見て、幸吉はおかよに対する心の重荷が取れます。

【転】- おはんのあらすじ3

そして幸吉は、おはんと自分と悟の親子三人で暮らそうと思い、おかよの目を盗みながら、おばはんの力を借りて借家を見つけました。しかし嵐の日、悟は借家に向かう途中で崖から落ちて亡くなります。変わり果てた悟の姿をおはんの実家で見た幸吉は悲嘆に暮れ、これがきっかけでおはんと幸吉の仲がひそかに戻っていたことが、皆に知れます。幸吉を迎えに来たおかよは、自分の幸吉への思いが強いことをおはんに主張しました。おはんは「わが身愛しの浅い心が引き起こしたことだ」とおかよに詫びます。 この映画を無料で観る

【結】- おはんのあらすじ4

そののちしばらくして、幸吉のもとに、おはんから手紙が来ました。そこには恨み言は一切なく、ただ自らの浅ましいおこないを詫びる言葉と、旅に出たことを告げるのみです。幸吉とおかよは泣きながらそれを読みました。備中玉島の駅で見かけたという人がいますが、おはんのその後の行方は分かりません。そして季節は春になり、修業を終えたお仙が舞妓として「見世出し(デビュー)」の日がやってきます。人力車に乗るお仙とおかよのあとを、幸吉は笑顔でついていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「おはん」の商品はこちら

おはん [DVD]