「さんかく」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

さんかくの紹介:2010年公開の日本映画。あるカップルとその彼女の妹との奇妙な三角関係がもたらす人間模様を描いた作品。ほのぼのラブストーリーで始まるストーリーが徐々におかしな(ホラーな?)方向へ流れる、いい意味で登場人物全員がイタい作品。

この映画を無料で観る

予告動画

さんかくの主な出演者

百瀬(高岡蒼甫)、榎本桃(小野恵令奈 当時AKB48)、榎本佳代(田畑智子)、栗田(矢沢心)、百瀬の同僚(谷口一)

さんかくのネタバレあらすじ

【起】- さんかくのあらすじ1

釣具ショップ『キャスティング』に勤務する30歳の百瀬と、化粧品販売員の29歳の佳代は、同棲して2年が経過しマンネリ気味でした。やたら干渉してくる佳代に、百瀬は少しうんざりしています。
中学3年生になる佳代の妹・桃が、夏休みを利用して2人の部屋に転がり込んできました。
桃は東京に出た片思いの先輩に会いに行きますが、先輩には彼女がいました。桃は先輩とその彼女見たさに、先輩のバイト先まで出没します(プチストーカー)。
家の中を露出度の高い服でうろうろしたり、自分になれなれしく接してくる桃に対し、百瀬は惹かれていきました。佳代は桃に注意しますが桃は気に留めず、実家に帰る前夜、百瀬と桃はキスします。 この映画を無料で観る

【承】- さんかくのあらすじ2

百瀬は桃に夢中になり、以後も桃の携帯に電話をしました。一方佳代と2人の生活が戻った百瀬は苛々し、喧嘩して家を出ます。
百瀬一筋の佳代は別れを受け入れられず、百瀬の職場に足を運び迷惑がられます。
しかし友人の栗田に「諦めちゃダメ」と応援された佳代はヒートアップし、百瀬の新居の合鍵を作って留守中に侵入し、掃除や冷蔵庫の補充、シャンプーの詰め替えなどをします(かなりのストーカー)。
百瀬は桃に電話しますが、佳代と別れた頃から留守電ばかりです。落胆する百瀬の部屋にいたずらが起こりました。
最初はドアノブにマネキンの首が提げられる程度でしたが、ある夜部屋の窓に投石され、百瀬は割れたガラスで怪我をします。

【転】- さんかくのあらすじ3

ストーカー容疑で佳代は警察から警告を受けました。それでも別れたくない佳代は、百瀬の家の前で手首を切る自殺未遂をします。
百瀬に発見された佳代は一命を取り留め、佳代は反省して百瀬と別れる決心をしました。2人で住んでいた部屋を解約した佳代は、実家に戻ります。
(実は百瀬の部屋怪事件の犯人は、百瀬に虐められる同僚の仕業です)
百瀬は相変わらず桃の留守電ばかりの携帯に電話し続け、思いを募らせていました。桃に会いたい衝動を抑えきれなくなった百瀬は、車で佳代の実家へ行きます。
しかし百瀬が見たものは、同級生の男の子と自転車で2人乗りする桃の姿でした。桃は遊びのつもりで姉の彼氏にちょっかいかけただけでした。

【結】- さんかくのあらすじ4

百瀬の出現に桃は驚き、桃の彼氏であろう男子生徒は、百瀬をストーカー呼ばわりします。
意外な言葉に戸惑う百瀬ですが、男子生徒に「毎日10件以上電話かけてたらストーカーだ」「15歳の子どもに手出すな」と言われました(百瀬もかなりのストーカー)。
柔道部所属(?)の男子生徒に一本背負いしまくられた百瀬は、目が覚めます。
しゃがむ百瀬を佳代が見つけ、優しい言葉をかけます。実は桃目的で百瀬が現れたことを知らない佳代は、自分に会いに来たと思い「私はもう大丈夫」と言います。
翌朝佳代と桃は、百瀬と会います。3人は言葉を発せずお互いに視線を交わし…佳代は微笑みました。(たぶん佳代と百瀬はよりを戻すと思われる)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「さんかく」の商品はこちら