「ウォームボディーズ」のネタバレあらすじ結末

ウォーム・ボディーズの紹介:2013年公開。食料である人間に恋をしたゾンビと人間との恋愛を描いた作品。許されない恋をして成長していく青春ラブコメディ。終末世界、ゾンビは人間を食料として捕食していた。ある日、医薬品を取りに来たジュリー達にゾンビ達が襲いかかる。ゾンビのRは人間のジュリーに一目惚れして、自分の家へと連れて行く。最初は怯えていたジュリーだったが、次第にRの優しさに心惹かれていくのだった。

この映画を無料で観る

予告動画

ウォームボディーズの主な出演者

R(ニコラス・ホルト)、ジュリー・グリジオ(テリーサ・パーマー)、グリジオ大佐(ジョン・マルコヴィッチ)、M(ロブ・コードリー)、ペリー・ケルヴィン(デイヴ・フランコ)、ノラ(アナリー・ティプトン)

ウォームボディーズのネタバレあらすじ

【起】- ウォームボディーズのあらすじ1

いつゾンビになったか分からない一人の男性がいました。彼は自分の名前のイニシャルのRしか分かりませんでした。友人でゾンビのMと食料である人間を探しに行きます。
伝染病が感染して多くの人がゾンビとなった世界。生き残った人間達は壁を作って、ゾンビやガイコツから身を守っていました。人間達の守護を取り仕切るのはグリジオ大佐です。
グリジオ大佐の娘のジュリーと友人達は壁の外に医薬品を取りに向かいます。ボーイフレンドのペリーも一緒でした。
医薬品を探しているとR達のゾンビ軍団がジュリー達に襲いかかります。ペリーはRに襲われて脳を食べられます。
ゾンビは人間の脳を食べると、その人の記憶を得ることができます。脳を食べられなければゾンビとなります。
ペリーの記憶を見たRはジュリーとの思い出を見ます。Rは目の前にいたジュリーに恋をします。ジュリーを食べずに自分の家に連れ帰るRでした。 この映画を無料で観る

【承】- ウォームボディーズのあらすじ2

Rは自分の家にしている飛行機の中にジュリーを連れてきます。この空港には多くのゾンビやガイコツ達がいますが、Rが血や体液をつけてジュリーをゾンビに仕立てていました。
お腹がすいたジュリーのために食料を取りに行くRでした。その隙にジュリーは逃げ出します。しかし、ゾンビに見つかりそうになります。Rが助けに来てくれて大丈夫でした。
Rはジュリーに数日いたほうが良いとアドバイスします。ジュリーと少しでも長く一緒にいたいと思うRでした。食料をあげて、音楽をかけてあげます。二人は次第に打ち解けていきます。
駐車場に向かった二人はスポーツカーを乗り回します。帰ってくるとM達が襲ってきます。Rはジュリーを食わないと宣言して、その場から逃げます。
スポーツカーで逃げていると以前、人間達が住んでいた街に到着します。二人は家に泊まることにします。ジュリーはRを寝室にいていいと述べます。

【転】- ウォームボディーズのあらすじ3

Rは自分がペリーを殺したことを暴露します。薄々感じていたジュリーは翌朝一人で、人間達のいるところに帰ります。
ゾンビは眠らないため、夢を見ないはずでした。しかし、Rは夢を見ます。一人になったRは黄昏ます。このまま諦めて家に帰るほうが良いと考えます。そんな時、M達がやってきます。
彼らはR同様に夢を見ていました。他のゾンビ達にも変化が起きたのです。思考力がついたゾンビは言葉をしゃべり始めて、少しずつ人間に戻っていきます。
MはRとジュリーが自分達を変えたと話します。変わったことでガイコツから追い出されたM達でした。
ガイコツがRとジュリーを血眼になって探していることを聞きます。Rはジュリーに会いに行きます。ペリーの記憶を使って、壁の中に侵入します。
Rはジュリーの家にやってきます。ジュリーと友人のノラは驚きます。そしてジュリーはRに会いたくて、来た事を喜びます。
M達も来ている事を知ったジュリーは、グリジオ大佐にゾンビが変わっていっている事を話しに行きます。Rにファンデーションを塗って、見栄えを人間にします。

【結】- ウォームボディーズのあらすじ4

しかし、大佐との交渉に失敗して二人は逃げます。大佐は大量のゾンビとガイコツが来る情報を聞いていて、多くの兵士を集めていました。二人を追う兵士とゾンビ達を倒しに向かう兵士に分けます。
M達はRとジュリーを逃がすため、ガイコツと戦います。そこに兵士がやってきて驚きます。ガイコツをゾンビと協力して倒す兵士達でした。
Rとジュリーは多数のガイコツに囲まれます。場所は競技場の上の階で逃げ場がありませんでした。Rは下にプールがあるのを発見して、自分が下になってジュリーを抱きかかえて飛び込みます。
Rは後頭部をプールの底に打ち付けます。気絶しているRをジュリーが水の中から救い出します。
するとグリジオ大佐と兵士達が銃を持ってやってきます。Rは胸の近くを撃たれます。ジュリーが必死に交渉をしますが、大佐は聞き入れてくれません。
しかし、Rの胸の近くから血が流れているのに気づきます。Rは人間に戻ったのです。大佐は銃を下ろして、兵士達が助けに来てくれます。
それからガイコツ達は全滅して、ゾンビ達は人間と触れ合って元の人間に戻っていきます。Rとジュリーは愛し合います。人間とゾンビ達を仕切っていた壁が壊されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はゾンビと人間との恋愛を描いた作品です。それを聞いただけで、どうやって恋愛にと思うのが普通だと思います。ハテナがいっぱいの中で観る、この作品には新しさと不思議な温かさ、面白さがあります。
ゾンビのRと人間のジュリーの二人が仲良くなっていく場面があります。レコードにこだわってるRと会話するジュリー、Rを人間に見立てるために化粧をするジュリーとノラの姿など、次第に意気投合していく人間とゾンビの様子にはゾンビ映画の新しさを感じます。
また、ゾンビやガイコツといったダークな登場人物や背景の中で、ガンズ・アンド・ローゼスやボブ・ディラン、スコーピオンズの曲などの音楽が流れてきていて、不思議な温かさと躍動感を与えてくれます。
コメディ的な部分で面白いと思った部分はRとジュリーが空港でゾンビ達に見つかった時の場面です。Rがジュリーにゾンビの動きをさせてバレないようにします。ジュリーの過剰なゾンビのふりに、Rが大げさすぎと突っ込む所は面白いので必見です。
愛の力で人間とゾンビは和解することができる、お互いに憎むべき存在でも変わっていくことができることを、この作品で伝えたかった製作者の意図を感じます。人間同士でも憎み合ってても、きっと和解できるのではと考えさせてくれます。最後はハッピーエンドで見て良かったと感じた作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ウォームボディーズ」の商品はこちら