「カフーを待ちわびて」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

カフーを待ちわびての紹介:2009年公開の日本映画。沖縄の孤島で暮らす一人の青年の家に、謎の美女がやってきて始まるラブ・ストーリーを描いた作品。カフーとは、沖縄の古い言葉で「幸せ」や「良い知らせ」を意味する。原田マハの小説が原作。脚本は「ダーリンは外国人」の大島里美。音楽は「最終兵器彼女」の池頼広。主演は「逆境ナイン」の玉山鉄二。主題歌はmoumoonで「EVERGREEN」。

この映画を無料で観る

予告動画

カフーを待ちわびての主な出演者

友寄明青(玉山鉄二)、幸(マイコ)、新垣渡(勝地涼)、照屋俊一(尚玄)、玉城ミツ(瀬名波孝子)、比嘉辰夫(宮川大輔)、宜保秀雄(ほんこん)、新垣梨香(伊藤ゆみ)、新垣成子(白石美帆)、友寄美晴(高岡早紀)、高木吉雄(沢村一樹)、医師(大口広司)、明美(かでなれおん)

カフーを待ちわびてのネタバレあらすじ

【起】- カフーを待ちわびてのあらすじ1

沖縄の孤島で、明青は愛犬のカフーと雑貨店を営んでいました。母は小さい頃、内地に住む男性と駆け落ちして出ていきました。
病院の無い孤島なため、明青は幼い頃に左手を火傷をして後遺症が残っていました。母に捨てられて、裏に住むおばあに育ててもらいました。
小学生の時の初恋の相手の成子は、結婚に失敗して、息子のたくみと島に帰ってきていました。彼女の弟の渡は、結婚してそろそろ子供が生まれそうです。彼は、明青を兄貴のように慕っていました。
以前、明青は渡達と共に、神社の絵巻に願いを書きに行きました。内容は、幸せにするので嫁に来てほしいといったものです。
幼馴染でリゾート会社のエリート会社員となった俊一が、10年ぶりに帰ってきます。島の財政状況から、何とかしたいと観光地化を持ちかけてきます。大半の人達が賛成する中、明青や渡は反対です。
明青は、いつものようにのんびりしていると、ポストの中から一通の手紙を見つけます。内容を読んでみると、それは絵巻の内容を見て嫁に行くといったものでした。 この映画を無料で観る

【承】- カフーを待ちわびてのあらすじ2

明青は悪戯だと思って、信じませんでした。カフーがやたらと吠えて走っていくので、明青は追いかけます。すると、そこには手紙をくれた幸がいました。
彼女は、今日からお世話になりますと住み始めます。噂を聞きつけて、友人達が見に来ます。
明青は、幸に髪を切ってもらったり、おばあと一緒に食事をしたりします。幸は店番もしてくれて、大盛況となります。
ある日、リゾート開発を反対してる事から、たくみの靴が盗まれてしまいます。明青は、自分が小さい頃にも同じ目にあっていました。その時、左手をカバーして木をよじ登って靴を取りました。
たくみの靴も木に吊るされてるのを見つけて、明青が取ります。颯爽とたくみに渡しに行きます。
本土から、俊一の上司の高木がやってきます。リゾート開発の署名を人々からもらっていきます。
高木は、欲のない明青は手強いと考えていました。なので、独身は女性に弱いと考えて、嫁を紹介することを企んでいました。
渡に対しては、子供が生まれる事から、金銭的な事を話します。渡は、畑だけでは金銭的に辛い状況なのです。

【転】- カフーを待ちわびてのあらすじ3

ある日、俊一が連れて行った後、おばあが倒れてしまいます。明青は、俊一が悪いと責め立てます。しかし、俊一は俊一で、島のことを思って行動しているのだと反論します。
リゾート開発に関しての集会で、反対派の明青と渡は村長から責められます。渡は、同意書にサインしようとします。
止めようとする明青でしたが、渡から幸の事を聞かれます。絵巻を見てやってきたのを信じる明青に、渡は絵巻で悪用する人がいることを注意します。
明青は、成子から話しを聞いて、幸が高木が送り出した嫁候補だと考えます。成子と結婚するんだと嘘をついて、幸を家から出ていくように言います。
やりきれない明青は、酔っ払って俊一に殴りかかります。俊一は理由を聞いて、高木の所に押しかけます。
すると、丁度嫁候補の女性が準備しているところでした。幸は、高木が送り出した嫁候補ではなかったのです。
明青は、たくみから幸が明青に返したかったものを渡されます。それは小枝のペンダントでした。
このペンダントは昔、明青が母に贈ったものでした。おばあからは、元の場所に戻さないとバチがあたると言われていました。

【結】- カフーを待ちわびてのあらすじ4

実は、幸は明青の母と駆け落ちした父の娘だったのです。明青の母は、幸を育てた母でした。幸の父は、早くに亡くなって、それからは明青の母が幸を育てました。
病死する少し前に、幸は明青の存在を母から知ります。そして母がいなくなり、一人となった幸は、妻子のある男性と関係を持ってしまいます。
その男性は幸が妊娠した途端、別れを告げて病院に連れていったそうです。いつかはその男性と幸せな家庭を持てるかもと考えていた幸でした。
絶望の中、幸が見かけたのは神社の絵巻でした。そして幸は、明青に手紙を書いたのです。
明青は、幸を追いかけに行きます。神社に行くと予測して向かうと、幸の絵巻がありました。それは明青や皆の幸せを願うものでした。
結局会えずじまいとなった明青が帰っていると、偶然にも電車の中で幸と出会います。終わりです。

関連する映画

ラブストーリー

みんなの感想

ライターの感想

この映画の原作は、日本ラブストーリー大賞を受賞した作品です。幸が何者かなどストーリーに凝っている部分があって、夢中で見続けてしまいます。
今作は、舞台が沖縄の孤島ということもあって、美しい海と豊かな自然が映し出されています。また、長閑な明青の店や周りの風景、おばあの家など見ているだけで癒やされます。
更に、ゆっくりとした落ち着いた音楽が、それらの映像と合わせあって映画の雰囲気を引き立てています。映像が淡いのも重なって、一つの芸術のように見えてきます。
印象的だったのは、幸の過去が分かった時です。彼女が歩んできた道、そして明青の母に育てられた事などが描かれた場面では、心がジーンとなってしまいます。
この作品は、原作と違う部分がいくつかある映画です。原作では読者の判断に委ねるエンディング形式ですが、映画では一つの結末が描かれています。明青と幸が出会えて終わるハッピーエンディングで、最後まで見るとカフー(幸せ)になれる作品です。

映画の感想を投稿する

映画「カフーを待ちわびて」の商品はこちら