「カンフー・マスター!」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

カンフー・マスター!の紹介:娘の同級生に恋をしてしまった40歳の女性の儚き恋愛模様を描く。
ヌーヴェルヴァーグの女性監督アニエス・ヴァルダの1987年の公開作で、原作は主演のジェーン・バーキン。バーキンの娘と、ヴァルダの息子が共演している。

この映画を無料で観る

予告動画

カンフー・マスター!の主な出演者

マリー・ジェーン(ジェーン・バーキン)、ジュリアン(マチュー・ドミ)、ルシー(シャルロット・ゲンズブール)、ルー(ルー・ドワイヨン)

カンフー・マスター!のネタバレあらすじ

【起】- カンフー・マスター!のあらすじ1

シングルマザーとして15歳の娘ルシーと幼いルーを育てるマリー。春のとある日、ルシーが自宅でパーティを開きます。招かれた一人である同級生ジュリアンは悪ぶって飲酒すると、具合が悪くなって勝手に家に上がり込んだところをマリーに介抱されました。ジュリアンはルーに子守唄を歌うマリーに見惚れますが、マリーも彼に恋心を抱きます。
ジュリアンに会いたくなったマリーが学校へ向かうと、奇遇にも彼女の車にジュリアンがぶつかります。マリーはジュリアンと一緒にカフェに出掛け、『カンフー・マスター』というゲームに夢中だということを知ります。勝ち進んでゲームのキャラクターのシルビアを開放するのだとジュリアンが教えてくれました。マリーは再び彼に会うために、学校から離れた場所にあるゲーム機を探し歩きます。
日曜日。ルシーの留守を狙ったジュリアンが、マリーを訪ねて来ます。マリーは見つけたゲーム機でジュリアンと一緒にカンフー・マスターに挑戦します。別れ際ジュリアンはマリーの手にキスし、足早に帰りました。 この映画を無料で観る

【承】- カンフー・マスター!のあらすじ2

ジュリアンが体調を崩していることを知ったマリーは、学校から授業のプリントを預かり、家を訪ねます。ジュリアンは具合の悪さや自分の若さに悶々とし、マリーの胸に触れ顔を埋めてきました。心揺れるも我に返ったマリーは冷たく帰ります。
帰宅しバスタブで泣くマリ―に、学校でマリーを見かけたとルシーが不思議そうに問いかけてきます。マリーはルシーの件だと嘘をつきました。
知人に会ったマリーは、独身を利用して恋をしなさいと指南されます。知人が15歳の息子に性教育をしていると聞いたマリーに動揺が走りました。
快復したジュリアンにマリーは電話で呼び出されます。いとこの家だと聞いたのですが、着いた場所はホテルでした。ジュリアンは大人ぶった格好をし、部屋へ行こうとエレベーターの中でキスしてきますが、マリーは思わず彼の頬を叩きます。するとジュリアンも平手打ちで返し、マリーは慌てて帰りました。

【転】- カンフー・マスター!のあらすじ3

マリーはポケットにジュリアンからの恋文が入れられていることに気付き内心嬉しく思いますが、もう会わない方がいいと心に決めました。
しかし諦めきれないジュリアンはルシーと親しくし、夏休みにマリーたちの英国への帰省に同行させてもらいます。
イースターの朝。庭で準備するマリーは近づいてきたジュリアンとキスすると、ルシーに見られてしまいます。ルシーは衝撃を受け、不潔だと泣きながら訴えました。
マリーの様子に気付いた彼女の母は「愛は最大の神秘よ」と言って、無人島にある別荘の鍵を渡しました。マリーとジュリアンは、ルーだけ連れて無人島へ向かいます。
誰もいない島でマリーとジュリアンは同じベッドで寝て、多くの会話をします。マリーは本気でジュリアンを愛し、失うのが怖いと嘆きました。

【結】- カンフー・マスター!のあらすじ4

島から戻ると二人は引き離されました。ジュリアンの母は法で裁くと脅し、ジュリアンもルシーも転校を余儀なくされたうえに、ルシーは父親に引き取られます。
それでもジュリアンのことが忘れられないマリーは、彼との想い出に触れる度に胸を傷めました。ジュリアンからの連絡はなく、彼の住所が分からないマリーは郵便局留めで手紙を出しますが、返事はありません。
季節は秋。ジュリアンはシルビアの開放に成功し、ゲームの画面には幸せに浸る画像が映し出されました。ジュリアンは〝シルビアを救うのに半年もかかった″と電話してほしいと店の人に頼みますが、電話に出たのはルーでマリーには伝わりませんでした。その後画面は“二人の幸福は長くは続かなかった”と表示します。 
ジュリアンは転校先で恋人について尋ねられ、ませた口調で「前の恋人は僕に夢中だった」と淡々と話しました。

みんなの感想

ライターの感想

タイトルはまるでコメディのようですが、美しい映像と共に綴る静かで儚いラブストーリーです。

内容に嫌悪感を抱く人もいると思いますが、ジェーンのファンとしては突飛な役が実に彼女らしく、抵抗なく鑑賞しました。この濃密な関係を、ジェーンもヴァルダも家族でこなしているところが、芸術家だなぁと思わざるを得ません。
自治問題や暗い歴史なども物語に埋め込まれ、難しい点も多いのですが、成就しない恋というものをラストシーンが全て語っていると実感しました。

余談ですが今作を取扱っているレンタル店が少なく、やっと見つけました(感涙)
貴重な母子共演(ジェーンの実家での撮影や、父母兄の出演)、突出したジェーンの存在感は彼女のファンには必見の作品ではないでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「カンフー・マスター!」の商品はこちら